dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

厚生労働省に報告された新型コロナワクチン接種後の死亡事例は1963件、医療機関から報告された死亡事例は計8333件に上っている。

しかし、現在までに接種後死亡で政府から因果関係が認められた事例は一例もない。また、政府も医学界も、ワクチンによって起こった長期的な体調不良、いわゆる「ワクチン後遺症」の健康被害があることを公式には認めていない。

そのため、接種後に死亡した人や健康を害した人がいても、ワクチン推進側から、「ワクチンを打っても打たなくても、人間は一定の割合で死亡したり病気を発症したりする」「接種後の有害事象は幅広く報告されており、ワクチンのせいとは言えない」と反論する声が聞こえてくる。

確かに、厚労省に副反応疑いとして報告された事例のすべてが、ワクチンが原因とは言い切れないだろう。だが、医師や専門家であったとしても、すべてが「ワクチンが原因ではない」と断言することもできないはずだ。

それに、実は少なくない数の医師が、このワクチンによって病気が発症・悪化した事例、あるいは死に至った事例を経験していることを示す事実がある。

という情報・主張ですが、人類国民の真の敵で悪魔崇拝者でもあるロスチャイルド・ロックフェラー・ブッシ・ュシュワブ・ゲイツ・ソロスらイルミナティ・ディープステイト・ハザールマフィアが人口削減目的で、人工ウイルス・コロナ変異種等を意図的に開発しばら撒き広め、これを治す名目で毒ワク等を接種するよう支配化の政府らを使って愚民に接種させまくってきたわけですから、これから大量にターボ癌等で大量に殺される予定なんですけど、

少しでも良心のある医者や病院経営者は、毒ワク等で死亡した可能性の高い人数や、本当は毒ワクで殺されたのではないのかを示唆する表明をしているわけですが、

諸君はどう思うぜよ。

A 回答 (2件)

諸君はどう思うぜよ。


 ↑
何も考えず、政府やマスコミの
言うがままにワクチンなど打つ方にも
問題があります。



「アメリカの『疾病対策予防センター』の研究者が
33万人を対象に調査したところ、
未接種、2回、3回、4回とワクチンの接種回数が
増えると、
感染率が29%、33%、38%、41%と
高くなることがわかりました。
    • good
    • 1

水俣病、薬害エイズの頃から、統一移民党は国民を犠牲にして利権企業を守るのは代わっていません。

水俣チッソの娘が皇室に嫁ぐ国ですから…。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!