16年10月に結婚式場を予約しました。
挙式は、17年10月予定です。

下記のような状況ですが、キャンセルした場合、予約金の返金はしてもらえるでしょうか?

■契約時の状況■
・トイレの改修する事を約束してくれた。
・一日3組。会場が一つなので他のカップルに会う事はない。
・チャペルと披露宴会場が同じ。(挙式した後、一旦客を外に出し、チャペルと披露宴会場にセッティングしなおす)
・解約料=挙式日3ヶ月前は、予約金全額

■現在の状況■
・新しい建物を建設中。10月には完成
 (予約した時の建物=チャペル 新しい建物=バンケット。と表記します)
・トイレの改修が完了していない。改修の準備をしているという報告もない。
・新しい建物のトイレも車椅子利用不可。
・私達が予約した建物は、今後チャペルのみとして使用。新しいバンケットに移って欲しい。
・新しいバンケットでの挙式時間が契約した挙式時間と違う(日没にあわせて予約したので時間は重要)
・新しい建物が二階建てで、1階2階を違うカップルが使用。他のカップルが見えると思われる。

■その他■
・契約時に新しい建物についての説明は一切なかった。


契約した時と状況がかなり変わったので、キャンセルしようかと思っています。
この場合、予約金は返金してもらえるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問のような場合には、手付金全額返還を求められる可能性の高い事例といえます。


というのは、まだ式までの期日が5~6ヶ月とかなりあることから、少なくとも契約解除による実害は発生しないと考えられます。
この場合、当初契約内容からの変更は相手側が行ったことであり、つまり相手側が当初の契約を履行できない状況にあるためです。手付金に関して当初契約の有効性を主張するのであれば、その契約内容についても遵守しなければなりませんね。
おそらく相手もそのことはご承知とは思いますが、万一トラブルになった場合には消費者相談センターなどに相談するとよいでしょう。
もちろん契約がごく軽微の変更である場合など、なんでもかんでも認められるというものではありませんが、今回は変更となる内容も多いようですし、更に契約が解除されることによる相手の損害がないと推測されることから契約の白紙撤回(手付金は全額返還)も妥当ではないかと思われます。

あと、もう一つ検討するのは、ご質問者にとって初期の契約から変更となり、譲れない線がどこにあるのかです。
開催時刻なのか、それ以外のなにかなのか。
といいますのも、式場が当初契約時から変更が加わったとはいえ、それでもその式場を選択する価値が存在するのであれば、いたずらに式場の予約を解除して他を探すよりは満足できない条件を絞って、それだけは達成するように要望する、条件交渉に持ち込んだ方がご質問者にとってもメリットは多いと思われます。

ご質問を見て気になるのは車椅子使用不可のトイレですね。当初契約でトイレは車椅子使用可能にするという条件であり、車椅子の参列者を予定しているのであれば、これがだめとなると重大な問題ですから、なおさら手付金全額返還が相当と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

大変よく分かりました。
いざというときは、「消費者相談センターに相談」と言うのが、本当に参考になりました。
全然思いつかなかったです。

ロケーションはとても素晴らしいのですが、スタッフの対応が信用できなくなっていますので、今後も嫌な気持ちになる事があるのではという気持ちと、
何を言われても「それって本当?」と思ってしまう気持ちがあるので、キャンセルするかどうかは迷うところです。
やっぱりスタッフって重要だと思うので。

お礼日時:2005/04/19 14:04

>解約料=挙式日3ヶ月前は、予約金全額



10月の予定なら、7月までに解約すれば契約上も問題ないのではないでしょうか。
また今回は式場側の都合で、予約時の条件が守れないのですから、この点でもあなたから解約を申し出ても全額返還されるのは当然です。
本来なら先方から「解約していただくか別のプランでご了解いただきたい」と言ってきて当然ですが、いささか不親切な式場ですね。
せっかくの結婚に水をさされましたが、今ならまだ新しいプランも練れますから、よりよい式場を見つけてお幸せな結婚をされるよう陰ながら祈っております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事有難うございます。

おっしゃるとおり、実質も何もしてない状況です。
(パンフレットをもらった程度)

ほんとに、不親切なんですよ。
どうにかして、新しい建物に移動させようという魂胆がみえみえなんです。
きちんと話してくれれば、気持ちも違ったとおもうのですが・・・。

お礼日時:2005/04/19 14:06

お話をお伺いしている限りでは、予約金は法的には「解約手付」と推定されるでしょう。


つまりこの場合、予約金返金の権利を放棄して、無条件でキャンセルができます。それ以上の違約金は取られません。
逆に式場側は、予約金を倍返しすることで無条件キャンセルができます。
ただ、契約書で別の定めがしている場合はそれに従います。

しかし、契約不履行の場合なら話が変わってきます。
この場合、最初にどのように取り決めをしたかはわかりませんが、契約不履行のひとつ、「不完全履行」になる可能性がありますので、もう一度お手洗いの件と時間の件を確認したうえで、解約を申し出てもいいのではないのでしょうか。
ただ、予約金は法的には返さなければいけない(+他の式場の手配等の手間分の損害賠償も請求できます)が、これは本当に交渉次第です。

頑張って交渉してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

申込時とあまりにも状況が違うのでとまどっています。
予約金が返金されれば、キャンセルしようと思っています。

絶対に気に入った会場で挙式したいと1年前から探して予約していた事。
今から人気会場は押さえられないであろう事
を思うと慰謝料もほしいくらいですが・・・。

この件を、話し始めたところ個室に案内されましたので、同様のトラブルが多発してるのだと思います。

お礼日時:2005/04/18 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金買い取り金買い取りなんですがもし1g4200円だとします。買い取り価格も同じ金額なのでしょ

金買い取り

金買い取りなんですが
もし1g4200円だとします。
買い取り価格も同じ金額なのでしょうか?

Aベストアンサー

それでは買い取り業者に利益が出ません。

買い取り業は利益が出なければ、そんな仕事しません。

24k、地金以外の加工品には購入時より素晴らしく安い価格がつきます。

金地金でも手数料は必ず付きます。

ご参考まで。

Q主たる建物と附属建物は一個の建物として建物図面を作成する

主たる建物と附属建物は一個の建物として建物図面を作成する
というように、これらの関係は合わせて一個になるわけですよね。

例えば、
既存建物を増築し、併せて附属建物を新築した場合、
増築による建物の表題部の変更と附属建物の新築の登記を
同一の申請書で申請することができるみたいですが、
どうして附属建物は新築登記になるのでしょうか?

主たる建物と附属建物が併せて一個になるのに
なぜ附属建物部分は増築部分とならずに新築登記なのかが
わかりません。

よろしくお願いします。    

4-73

Aベストアンサー

こんにちは

主たる建物と付属建物は、不動産登記法上ひとつの不動産とみなされ、
ひとつの登記簿に登記されますが、その登記簿の中では、
主たる建物と、付属建物とは分けられています

>例えば、
既存建物を増築し、併せて附属建物を新築した場合、
増築による建物の表題部の変更と附属建物の新築の登記を
同一の申請書で申請することができるみたいですが、
どうして附属建物は新築登記になるのでしょうか?

既存建物を母屋。付属建物を母屋と離れた倉庫。
として考えてみます

主たる建物(母屋)を増築した場合、(例:2階建てを3階建てにしたなど)
その旨を増築による表題部の変更登記が必要です

付属建物(倉庫)を新築した場合は、
付属建物新築の登記が必要になります


そして、その2つの登記を申請する場合には、
別々に申請しなければならないわけでなく、同一の申請書にて
申請できると定められています


なお。。。
個人的には、あまり他の人の回答に対してコメントをしない方が良い
と思ってはいるのですが・・・

いわゆる一般用語と、法律用語では同じ言葉でも意味が大きく異なる
場合も多く、

法律にもよりますが、基本的には「法律は外国語と思え」
「わからない言葉があったら、条文や、判例、学説等でその意味を調べる」
というのは、法律に携わる人間にとっては、常識なのでは?と思います


参考になれば幸いです

こんにちは

主たる建物と付属建物は、不動産登記法上ひとつの不動産とみなされ、
ひとつの登記簿に登記されますが、その登記簿の中では、
主たる建物と、付属建物とは分けられています

>例えば、
既存建物を増築し、併せて附属建物を新築した場合、
増築による建物の表題部の変更と附属建物の新築の登記を
同一の申請書で申請することができるみたいですが、
どうして附属建物は新築登記になるのでしょうか?

既存建物を母屋。付属建物を母屋と離れた倉庫。
として考えてみます

主たる建物(母屋)を増築した...続きを読む

Q海外子会社への貸付金100億円と移転価格税制

お世話になっております。
法人税の移転価格税制について教えてください。
海外子会社に、30年ほど前に、100億円を貸し付けております。
ただ、海外子会社の営業成績が芳しくなく、結局親会社で負担しなければ
ならなくなりそうです。
そこで、寄付金で処理することになると思うのですが、
日本では寄付金は損金不算入だったと思います。
しかし、海外子会社では、収益計上することになり、このままでは、
日本と、海外の両方に課税されるような形になってしまいます。
そこで移転価格税制を導入しようと考えているのですが、
こちらを導入すると、理論上だいたいどれくらいの税金が節税される
ことになるのでしょうか?
計算式などを踏まえてわかりやすくお教えいただきたく。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

面白い質問だったので回答してみます。
そもそも誤解があるようですが、本件の場合、移転価格税制を適用したからといって、節税になるわけではありません。
こうした海外取引の課税事案では、移転価格を含め相互協議によって二重課税が排除する努力を試みますが、本件が対象となるか当局に相談された方がいいと思います。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/sonota/010625/00.htm

通常、こういったケースでは、相手国で課税される前に貸付金を出資金に振替えて清算損取ることが多いですが、否認されるケースもありますので注意が必要です。
http://www.sankei.jp.msn.com/economy/news/120712/fnc12071209160004-n1.htm

Q土地・建物の贈与予約

土地・建物の贈与予約について、教えてください。

母(昭和62年死亡)が、土地・建物の所有権仮登記を、昭和53年にしました。
原因は贈与予約です。

贈与予約をした相手も、昭和55年に死亡しています。

私と母は、昭和53年から昭和62年まで、その土地建物で、住んでいました。

私は、昭和63年から別のところに住んでいます。
現在、土地・建物を管理し、固定資産税は、私が納税しています。

このままの状態では、中途半端なので、相手方に
土地・建物の所有、管理をしてもらうか、
私が、買い取るか、したいと思います。

今後、土地・建物の所有、管理を、贈与予約をした相手の相続人(複数?)と、
どのように交渉したら、いいでしょうか?
相続人とは、面識はありません。
住んでいる所も、解りません。

弁護士等に、依頼したほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

補足、ありがとうございました。贈与予約というのを私は知らなかったので、少し気になってしまいました。将来贈与をしたときの登記の順位を保全しておくというだけの意味だと思います(自信はありませんけど)。

それと、No.3の書き込みで誤解させてしまったかもしれませんが、gooの無料相談板で質問するのなら司法書士板の方が良いのでは、と思いアドバイスしましたが、実際に専門家に頼むのなら、司法書士よりも弁護士の方が良いと思います。

というのは、相手方相続人が素直に移転登記に協力してくれるのなら司法書士でも問題はないのですが、財産を取られる立場にいる相手方が素直に協力してくれるのか疑問だからです。

話がまとまらず争いになるようですと、弁護士に頼まなければいけなくなります。また、弁護士なら相手との交渉もしてくれますし、登記手続もできるので、はじめから弁護士に頼んでしまった方が無難だと思います。もっとも、費用は高くつくかもしれませんが…。

「母が土地・建物の贈与を受けたんですけど、贈与の契約書などはありません。母の代からもう何年も住んでいるんですけど、登記をこちらの名義にできないでしょうか?」と相談してみてはどうでしょうか。

補足、ありがとうございました。贈与予約というのを私は知らなかったので、少し気になってしまいました。将来贈与をしたときの登記の順位を保全しておくというだけの意味だと思います(自信はありませんけど)。

それと、No.3の書き込みで誤解させてしまったかもしれませんが、gooの無料相談板で質問するのなら司法書士板の方が良いのでは、と思いアドバイスしましたが、実際に専門家に頼むのなら、司法書士よりも弁護士の方が良いと思います。

というのは、相手方相続人が素直に移転登記に協力してくれるの...続きを読む

Q店頭渡現金価格?

ラパンが欲しくて、昨日見積もりを取ってもらいました。
Xタイプで見積もってもらいましたが、同じ値段で
3万円高いX2タイプでも売ってくれると言ってもらえました。

結局、普通に値引きが5万5千円、上で述べたように
3万円を払わずにワンランク上の車種にしてもらえるので
そのぶんで3万円引き、これで合計8万5千円引きです。
そして、家に帰ってからパンフレットを良く見たら、
店頭渡現金価格と車体本体価格の2種類があるのです。
この違いってなんなのでしょうか??

ちなみに、見積もりでは車両本体価格で見積もられていました。
店頭渡現金価格と車両本体価格の価格差は
4万8千円です。
これは、4万8千円さらに値引きされているということでしょうか?

車を買うのが初めてなので、よくわかりません。
教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

#2ですけれど、車体本体価格で見積もらないと、仮に車内のマット類やコンポ類やカーナビがいらないと言う客があれば困りますから。
(たとえば、自分で取り付けたいとか、自分で用意したいのでその分値引きして欲しいとか)
4万8千円もの分も値引きしたと思って間違いないと思います。

Q建物滅失登記と建物表示変更登記について

主たる建物の取り壊しが完了し、建物滅失登記をすることになりました。しかしそこで問題になったのは、主たる建物の他に附属建物があることです。調べたらその場合は建物表示変更登記をしなければならないようなのですが、自分が調べたいことがいまいちはっきりわからなかったので教えてください。

この場合、まず建物表示変更登記をしてから、建物滅失登記をするということでしょうか?
それとも建物表示変更登記だけでいいのでしょうか?

また、今朝滅失登記の書類をほぼ提出できるまでにそろえて見てもらいに行ったときに窓口の方に教えていただいたのですが、忙しかったのかあまり丁寧に説明してもらえず、こちらにうかがいました。
ただその方がいうには、HPに書いてあるような「建物図面と各階平面図は必ずしも必要ではないので、とりあえず無しで出してみて、連絡が来て提出するようにと言われたら作って出せばいいですよ」とのことでした。それから「CADは扱える?」と聞かれたのですが、その図面はCADでひかなければならないものなのでしょうか?
どうしても必要ということでしたら、3年前に表示登記した時の図面をそのまま使えないかと思っているのですが・・・。(ずっと登記されておらず、3年前に登記したばかりで、以来変更はありません)

よろしくお願いします。

主たる建物の取り壊しが完了し、建物滅失登記をすることになりました。しかしそこで問題になったのは、主たる建物の他に附属建物があることです。調べたらその場合は建物表示変更登記をしなければならないようなのですが、自分が調べたいことがいまいちはっきりわからなかったので教えてください。

この場合、まず建物表示変更登記をしてから、建物滅失登記をするということでしょうか?
それとも建物表示変更登記だけでいいのでしょうか?

また、今朝滅失登記の書類をほぼ提出できるまでにそろえて見ても...続きを読む

Aベストアンサー

附属建物についても登記されている状態にあるということでよろしいでしょうか。そして主たる建物のみを取壊して附属建物は残すということでよろしいでしょうか。

その場合には建物表示変更登記を行います。附属建物も含めて一体として登記されているわけですから、全て取り壊すのでなければ滅失登記ではなくて表示変更になります。そして附属建物が主たる建物になります。

図面については主たる建物がなくなるので残った建物について作りなおす話かと思いますが、あなたの書かれている法務局の見解を見ますとどこまで求められるか何とも言えませんので、とりあえず言われた通りに無しで出してみたらいかがでしょうか。ちなみにCADでないと駄目ということはありません。

Q「金」の価格について

「金」の価格について

金の買取価格は、その先々によりに誤差が出るとは思いますが、
業者によって、どこの価格を基準に計算しているのか
と疑問に思う場合もあるのですが、
いわゆる「市場価格」の何円減、などという計算をする場合、
その「市場価格」を差す共通の市場価格はどこのものを指すのでしょうか?
(東京工業品取引所の金(標準)でよいのでしょうか?)

ご存知の方教えていただければと思います。

Aベストアンサー

金の売買をしている業者の価格の決め方ですが、国際価格を基準にしている場合と、東京工業品取引所の価格を基準にする場合と2つ有ると思います。
国際価格とはロンドンのロスチャイルド&サンズ社で、10時30分と15時に発表される価格です。
これはトロイオンスのドル建てなので、グラムと円に換算し直して、これにコストを加えて国内価格とする方法です。
http://www.yareike.com/001/ent19.html

もう1つが東京工業品取引所の価格です。
下のサイトの業者では、東京工業品取引所の金当限価格を基準として、販売価格を+20円 買い取り価格をー20円に設定していると記載があります。一度ご確認ください。
http://www.okachi.co.jp/service/gold/index.html

Q土地所有者、建物所有者、建物賃借人

土地所有者をAとし、AがBにその土地を賃貸し、Bはその土地上に建物を建て、その建物をCに賃貸していました。
ところでBはAに地代を支払わないので、AはBに内容証明郵便で土地賃貸借契約の解除の通知をしました。(勿論、催告したうえで)
その後、AはBからその建物を借地権の附随しない建物代金として買い受けました。つまり、現在では土地も建物もA所有です。
そこで質問ですが、AはCに対して建物不法占拠として明渡しを求めることができるでしようか?
私は、地代未払いによる土地賃貸借契約解除の段階でCは建物を利用する権利は無くなっていると思われますので(例え、CはBに建物賃料を支払っていたとしても)この訴訟ではAの勝訴となりそうですが、どうなのでしよう。

Aベストアンサー

 直接「的」な判例として,「特別事情があったため」土地賃貸借の合意解除が地上建物の賃借人に対抗できるとされた事例があります。
  昭和49年4月26日第二小法廷判決 昭和48オ766号,建物収去土地明渡請求
 最高裁HPから検索可

 とりあえず文献的なものを1つ紹介しますと「問答式新借地借家法の解説,石田喜久夫著,新日本法規出版」の「借地上建物の賃借人の保護」という項目に多少の記載があります。
 
 比較的自明なものとして確立されていれば,下級審レベルで終了するため,重要判例として刊行物等に記載されることはほとんど無いかもしれません。

Q金(きん)の価格下落について アナリスト・学者又はそれに準ずる方に回答求めます

金を保有している知り合いから、「金の価格下落について『教えてgoo』で聞いてもらいたい」と依頼されました。以下の文章が質問文で、転記します。この事項に精通している方、またはそれに準ずる方、ご回答お願いします。
質問:「金の価格が1グラム170円程度安くなった理由を教えてください。また、これからも暴落する可能性が高いでしょうか?」  です。

170円という数字はいつから比べてなのか書いてありませんでしたが、このような質問が出るということは、ここ最近価格下落が続いているからでしょうか。
この分野ご専門の学者や職業の方、ご協力よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

専門家でもなんでもないですが

8/13から170円程度下落しているようですね

URLのグラフをみると国内小売金価格だけが急落しています
したがって、急激な円高が作用しているようです

http://www.mmc.co.jp/gold/market/p_data/short/2007.html

一般的には有事の際は金が上昇します
株価が下がっているときも金が上昇する傾向にありますが
いまのところそれほどの影響はないように見えます
株の損きりが終わったら金に向かうのかもしれません


引用-------------
http://www.mmc.co.jp/gold/advice/qa/qa_019.html
最初に結論を申し上げましょう。金は国際的にはドル建てで取引されていますから、為替が円高ドル安に向かうと、円建ての国内金価格は下がります。
-------------

Q建物所有権の移転登記の抹消と建物の返還

学校のレポートの宿題で困っています。内容は

X所有の建物を同居中の愛人Aが知らない間に登記をA名義に変えた。Xはそれに気づいて当初はAに登記名義を元に戻すように求めたが、その後Aと婚姻することになったことなどから、長年そのままにしておいた。さらに、XはA名義のままで抵当権を設定して銀行から融資を受けるなどA名義を利用した。しかし、Xとの関係が破綻するに至って、Aは自己の登記名義を奇貨として、建物をYに売却してしまった。XがYに対して建物所有権の移転登記を抹消し、建物を返還するよう求めた。Xの請求は認められるか。

という宿題です。
Xの請求は認められますか?認められるのであれば、どのような理由で認められるのか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

同じ事例が、判例にあります、

自分で書籍を、、、、、。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報