Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

映画『波の数だけ抱きしめて』(1991年公開)監督 馬場康夫

映画やTVドラマでは、作品のストーリー以外に大災害大惨事などを警告する場面を部分的に挿入する場合があり、この映画においては冒頭のプロローグ【教会での結婚式】の場面がそれに相当するようだ。教会内部の【マリア像】のカット・壁に映る像の影がその惨事の場所である。

具体的には、北海道のえりも岬から日高本線・苫小牧・室蘭・函館本線沿岸部・内浦湾から太平洋岸に面した一体である。
おそらく千島日本海溝部の大地震による津波の影響を強く受ける地域なのだろう。津波は湾内を周回し増幅を繰り返すだろうし、引潮により太平洋外海まで流される危険性だって大いにある。
片道切符だが棺に乗って北米旅行なる体験をする残骸も多く出る事だろう。

「中山美穂 主演『波の数だけ抱きしめて』は」の質問画像

質問者からの補足コメント

A 回答 (1件)

そうです


その通りです
貴方の言う通りです
完璧です
間違いありません
感服致しましたので
ベストアンサー下さいッ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どう思う?

ご同意ありがとうございます。
辻仁成との結婚(2002年6月)の予言だけでも大丈夫なのに、私の質問は何故一度削除されたのでしょうね。
この映画は1991年公開の映画でしょう。冒頭の婚礼の男性よく似た人がミポリンの結婚相手になってるよ。
最後の方の廃れたDJの放送局なんか津波の後みたいじゃないですか?
真実を言ってなぜ悪いのだろうか?そのうちに本当の震災がやってくるよね。

お礼日時:2023/03/06 00:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!