今までコールマンの2マントルを使ってまして、この度1マントルの小さいランタン(229)を手に入れました。
そこで質問なのですが、マントルは型番が違うものは全く使えないのでしょうか?
ネットで送料を払ってまで購入するより近くのショップで手に入れたいのです。
もちろん大きさや釣り下げ方による違いがあるのは分かるのですが、よく似たものならいけないのでしょうか?
229の純正は#20らしいのですが、#21あたりならいけそうな気がするのですが?(同じ靴下型)また、他メーカーでいけるものがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 #21ですと、形こそ同じですが、#20より使用時のマントルの大きさが小さくなりますので、おすすめは出来ませんね。


 実は私も間に合わせで使用した事がありますが、光量を上げて使おうとすると、マントルの周囲に炎がまわって見えますので、状況によってはベンチが焼けて色が変わる可能性がありますよ。私は少し絞り気味で使ったため、事実上は使用する事は出来たのですが、229が持つ本来の明るさは得られなかったと思っています。
 またあくまでも自己責任になりますので、事故になる前に正しいマントルをお買い求めになる事をおすすめします。
 また、未使用未開封のマントルは、顔見知りのお店などでは、交換してくれる可能性もありますので、お聞きになってみる事もおすすめします。
 ご参考まで・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはりそれにあったものを使わないと危ないものですね。

お礼日時:2005/04/19 20:41

失敗してグローブを割るのが落ちです。


ネットで買わなくてもショップに頼んで取り寄せてもらったら良いのです。コールマンなら入手に困る事はないでしょう。

ちなみに、指定のマントル以外のものでもうまくいくケースもありますし、今回のケースもそのうちの一つです。試す前に、指定のマントルを送料なしで入手する方法をみつけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ちょくちょく行っていたショップがつぶれてしまい、違うショップではコールマンを扱っていないものですから、、、。
まぁちょっと足を伸ばせば扱っているところがあるので、聞いてみます。
でも、私の周りではコールマンを置かなくなった店が多くなってきました。

お礼日時:2005/04/20 18:29

 うまく装着できたとして(装着できない場合もあります)



 ちょっと暗くても構わないのであれば、使用は可能ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大きさや発光量が違うようですね。

お礼日時:2005/04/19 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガスランタンのマントル装着位置

この前キャンピングガスのランタンのマントルを交換しました。手持ちのプリムス用を使用したのですが空焼き後
着火してみると炎がバーナー下部に見えるではないですか。カートリッジを加熱してはいけないと思いすぐ
消したのですが、よく見るとバーナー部の一番下の噴出穴がマントルより下にありむき出し状態でした。
炎が見えたのはマントルからはみ出した穴からでたガスが燃えていたのでしょうか?バーナ部の噴出穴はマントル内にすべて納まるようにマントルの位置を決めないとこんな現象が出るのでしょうか?
ランタン使用経験豊富な方、教えてください。

Aベストアンサー

炎が見えたのはマントルからはみ出した穴からでたガスが燃えていたのでしょうか?バーナ部の噴出穴はマントル内にすべて納まるようにマントルの位置を決めないとこんな現象が出るのでしょうか?>
その通りです。マントルが被ってない穴はガスコンロと同じ状態で燃えているのです。
原理もある程度分かっておられるようですし、マントルのサイズが合ってないとやはり危険です(上下の隙間なんかも)。キャンピングガスは入手性に問題があるのかもしれませんが、そういうことならこの機会に器具ごと買い替えることも考えた方が良いのかもしれませんね。穴を全て覆うために大きなサイズのマントルを使用して、設計よりガラスに近過ぎることがないとも言えませんので。

Qランタンのポンピング不調コールマンのガソリンランタン295なんですが、

ランタンのポンピング不調コールマンのガソリンランタン295なんですが、いくらポンピングしても、空気が供給されません。
燃料タンクの蓋もしっかり締め、火力調節部分もオフを確認し穴を塞いでの結果です。
パッキンも今年に入って交換したばかりで、先週のメンテした時は問題が無かったのに…
自分の手に追えない様な問題であれば、メーカー点検修理に出そうと思います。簡単に書いてしまいましたが、ここが怪しいとか改善策があればご指導下さい。

Aベストアンサー

ポンプ用の油「ルブリカント」は、つかいましたか?コールマン製品売り場には、たいていあります。
指で塞ぐ穴から、1・2滴さすだけです。ポンプのピストンカップの、潤滑と密閉性のために必要です。
それでも直らなかったら、メーカーに依頼するしかないかも。

Q深海掘削船「ちきゅう」の掘削がマントルまで達したら?

深海掘削船「ちきゅう」の掘削がマントルまで達したら?
「ちきゅう」はマントルまで掘削することが可能とのことですが、溶岩が噴出する心配はないのでしょうか?

Aベストアンサー

マントルは固体で基本的には溶けていません。岩石が溶けてマグマになっているのは、地球上の限られた部分で、「ちきゅう」がマントルまで掘削しようとしている海洋地殻とその下部マントルはホットスポットなどを除くとまずマグマはありません。通常の地温勾配ですと、10km掘っても温度は300度程度でとてもマグマの温度には達しないのです。

万が一マグマがあるとしても、ボーリングは温度を監視しながら、泥水を循環させて掘り進みます。泥水で岩石は冷却されますし、また岩石の温度が500~600度を超えるとボーリングビットが使えなくなりますので、マグマの温度になる前に掘り進むことはできなくなります。またボーリングの穴の大きさも水よりずっと粘り気が大きなマグマが大量に噴出するには小さすぎます。なので、実際にマグマが出てくる可能性はほとんどないと言えます。
ただガスや石油、熱水などの粘性が小さな流体が吹き出す可能性はあります。これを防ぐために通常の石油探査ボーリングなどでも必ず暴噴対策をおこなっていて、その技術を「ちきゅう」でも当然使っています。

ちなみに世界で最も高温環境で行ったボーリングは岩手県葛根田地区の地熱ボーリングで、深度3729m,固結した花崗岩体を869m掘り抜いて、温度は500度に達しています。しかし、これ以上高温を掘削する技術はまだないのが現状です。

なお、ボーリング孔からマグマが噴出した事件はアイスランドで実際にありました。地下で伸びた岩脈が地熱蒸気井をたまたま通過したときに、握りこぶし大のスコリアが2個だけ飛び出してきたそうです。火山の近くだとこういうことが起きる可能性はありますが、「ちきゅう」が狙っている海域には火山はありませんので、心配することはないでしょう。

マントルは固体で基本的には溶けていません。岩石が溶けてマグマになっているのは、地球上の限られた部分で、「ちきゅう」がマントルまで掘削しようとしている海洋地殻とその下部マントルはホットスポットなどを除くとまずマグマはありません。通常の地温勾配ですと、10km掘っても温度は300度程度でとてもマグマの温度には達しないのです。

万が一マグマがあるとしても、ボーリングは温度を監視しながら、泥水を循環させて掘り進みます。泥水で岩石は冷却されますし、また岩石の温度が500~600度を超えるとボーリ...続きを読む

Qコールマンランタンの型番について

こんにちは、よろしくお願いします。

コールマンのランタンを使用していますが、先日ガラスグローブにヒビを入れてしまいました。このため、ガラスグローブを買いたいのですが、ランタンの型番がわからないため、どのガラスグローブを買って良いのかわかりません。
画像を添付いたしましたので、ご存知の方、また、どのガラスグローブを買えば良いのかご存知の方は、教えていた頂けると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このランタンは、ワンマントルランタンのようですね。型名「286A」ではないでしょうか?
随分と前に購入されたものですか? 10年ほど前からは本体に「型名」が書いてあったと記憶しています。
下記URLを参照ください。
http://www.coleman.co.jp/item/IS00060N01042.html

これであれば、下記のガラスグローブです。
http://www.amazon.co.jp/Coleman-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96-4-R214C046J/dp/B00150ZEP0/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=sports&qid=1303990696&sr=1-1

QEPIガスランタンのマントル装着法

中古でEPIガスのマイクロスーパーランタンを購入したのですが、マントルの取り付け方が解りません。ご存知の方是非ご教授願います。
(マントルは新品が3個付いていました。但し本体にもマントルにも取説はありませんでした)

質問は:

1)円盤状の”ねずみ返し=下に炎が行かないようにするための遮熱板”みたいなものの上にガス噴出口が開いており、その丁度上下あたりに窪みがあるので、ここに結びつけるのだろうと思うのですが間違いありませんか?

2)マントルは上下開口部が、緑とピンクに着色されているのですが、上下を見分けるためのものですか?
どちらが上なのでしょうか?

3)イグナイターがマントル取り付け部分に非常に近接しており、マントルを取り付けるとイグナイター部分の所だけ窪んでしまうのですが、燃焼時に問題は起こ
らないのでしょうか?

4)マントル空焼きは、ホヤをつけてした方が良いですか?それとも空焼きし終わってからホヤを被せる方が良いですか?


山は学生時代から10年以上やっており、EPIのガスストーブには馴染みがあります。しかし軽量化の名の下、山中ではもっぱらローソクを使用していたのでランタンを購入したものの、マントルの着け方が解らない始末です。

ちなみに、マントルが着けやすいと宣伝されている”SBランタン”では無く、一世代前のマイクロスーパーランタン=グローブが丸みを帯びているタイプです。

どなたか経験者の方よろしくお願いいたします。

中古でEPIガスのマイクロスーパーランタンを購入したのですが、マントルの取り付け方が解りません。ご存知の方是非ご教授願います。
(マントルは新品が3個付いていました。但し本体にもマントルにも取説はありませんでした)

質問は:

1)円盤状の”ねずみ返し=下に炎が行かないようにするための遮熱板”みたいなものの上にガス噴出口が開いており、その丁度上下あたりに窪みがあるので、ここに結びつけるのだろうと思うのですが間違いありませんか?

2)マントルは上下開口部が、緑とピンクに着色され...続きを読む

Aベストアンサー

 よいページを見つけましたのでどうぞ。
         ↓
 http://www.epigas.com/attent/lantern01.html

参考URL:http://www.epigas.com/attent/lantern01.html

Qランタンのマントルサイズ

ランタンのマントルは機種により専用のものが色々ありますが
非常時に違う規格のマントルを使用した場合どのようなことが起きるのでしょうか?
規定より大きいと暗い、小さいと破れるというようなことが起きるのでしょうか?
予備を持っていくのは当然ですが
万一予備を忘れた等緊急時のために覚えておきたいので
宜しくおねがいします

Aベストアンサー

コールマンのHPのFAQにあったのですが、

非常時なら使用してもかまいませんが、長時間使用するとマントルからあふれた炎により、グローブ、バルブなどが破損する場合があります。

となっています。
他のサイトでもあくまで非常時ならという書き方がされていました。

参考URL:http://www.coleman.co.jp/faq/faq/faq03.html

Qマントルの寿命について

サウスフィールドの3マントルランタンとテーブルランタンを使用していますが マントルをほとんど毎回代えないとだめです 
テーブルランタンは2回ぐらい使えます
3マントルはどれかひとつは運搬中に破れそれを治すために他のマントルに手が触れ結局3つとも交換に
ガスとホワイトガソリン又はメーカーで寿命は違うのでしょうか参考までに

メーカー
使用燃料
マントルの寿命(キャンプの回数)

で皆さんのご意見をお聞かせください

Aベストアンサー

EPIの小型ランタン使ってますが、ここ数年直径20mm程度の穴が開いたままです。

定格というかカタログ値では80Wらしいのですが、虫よけのテーブルランタンとしては80W以下がありがたいくらいです。

何年、あのままかな?
年間数回使って5年くらい?
知らぬ間に穴が開いていたので寿命は判りません
そもそも全開運転させませんし…

取り付け部分の形状が同じなら他社製マントルもアリかと…
知人はEPIにプリムス使ってますし。

上手に取り付けられてますか?
ふっくらと。
空焼きは必ず自動点火装置ではなく着火マンなどで。

収納は「サーマレスト」のマットを丸めて銀マット収納袋へ入れて、エア枕をその中の一番底へ
で、その上にランタンケース、その上にカトラリーの収納袋やヘッドランプを入れて、あとはガスカートリッジ入れてから入り口を封いでます

バイクや四駆での移動が多いので相当衝撃が加わってるはずですが、周りの誰もパンクしませんねー

Qコールマンランタンの型番について

コールマン ツーマントルパワーハウスの
290A740J

290A700T
とはどこか違うところはありますか?同じものでしょうか?
古い型番なのかな?思ったのですが、古い(10年)カタログと見ても、「290A740J」とかかれていました。
ご存知の方是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「J」は日本向け正規輸出品の記号だと思われます。(半分自信あり)

「290A」は基本となる製品記号、「740」は年式による細かな仕様を表していると思われます。

マントルや火屋やパッキンなどの補修部品は「290A」だけで指定できると思います。

Q地球の内部構造(マグマ・マントル)

質問が二つあります。

1. マグマの存在場所は、地殻ですか、マントルですか。

2. 調べた結果、マントルは固体のようですが、何故、プレートテクトニクスでは対流することになるのですか。対流すると言うことは、液体ではないのですか。

Aベストアンサー

地殻とかマントルとか言う用語から類推して、地球の基本的な構造はご存知と考えて説明させていただきます。

1.マグマの存在場所について
マグマは一般には地殻とマントルの境界付近で発生して、地表に向かって上昇してくるといわれます。またマグマの名称は、発生してから地表に飛び出すまでの状態を呼んでいます。ですから地殻・マントル境界付近で発生して、その後地殻内に存在する・・くらいがご質問への回答になると思います。

2.固体のマントルがなぜ流動するのか
基本的にNo.3のお答えのとおりだと思います。プラスチックや木をイメージしていただくとわかるかもしれませんが、「固体」というものも長い時間一定の「力」を加えると徐々に変形していきます。
ここでいう「固体」がすなわちマントルで「力」は熱エネルギーだと思っていただければいいと思います。

ただ「固体」という言葉が、マントルに対して適切であるかは少々疑問があるのですが・・・。なにせ温度は2000度以上になり、それに膨大な圧力がかかっているのですから、地上で私たちが見ている一般的な「固体」とはイメージが違うものだと思われます。

地殻とかマントルとか言う用語から類推して、地球の基本的な構造はご存知と考えて説明させていただきます。

1.マグマの存在場所について
マグマは一般には地殻とマントルの境界付近で発生して、地表に向かって上昇してくるといわれます。またマグマの名称は、発生してから地表に飛び出すまでの状態を呼んでいます。ですから地殻・マントル境界付近で発生して、その後地殻内に存在する・・くらいがご質問への回答になると思います。

2.固体のマントルがなぜ流動するのか
基本的にNo.3のお答えのとおりだと...続きを読む

Qコールマンのガソリンランタン

ガソリンランタン買いました。
車のトランクに横にして置いた場合(縦には置けないです)、ガソリンが漏れたりしませんか?
ちょっと不安なので質問してみました。

もし大丈夫だとしたら、「どうしてガソリンが漏れないのか」という説明も欲しいです。

これを買いました。

http://www.coleman.co.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=2000-750J

Aベストアンサー

車の種類がわかりませんが、ランタンは必ず、立てて現地まで運びましょう。そうでなくてもノーススターランタンの場合、筒型のマントルになるので現地について、あなた自身、やな思いをしますよ。 私の場合は、セダン(トヨタ チェイサー)で行ってる時からセカンドシートの足元にコールマンランタン(290、288、286)3台立てて運んでいました。その上にはシュラフ等の柔らかい物を乗せておく。 今でも車は変わりましたが車での置き場所の変更はなく、基本はセカンドシートの足元近辺です。 横にして積載した場合燃料キャップ、つまみがOFFになっていれば、基本的にはガソリンが漏れるという事は聞いた事がありません。
というか、私の周りのキャンパーの中に、ガソリンランタンを横にして積む人間がいませんが…。 マントル自身も壊れる恐れがありますが、ガラスのホヤも決定的な致命傷を受ける事でしょう。  コールマンランタンの種類の中でも、ソフトケースに入った物もありますが、基本的にはハードケースに入れて、グローブラップに包んで積載が1番おススメの積載方法かと思います。 あと、縦に積むにしても、横に積むにしてもマントルの予備は必ず、持って行く事です。 ホヤが割れても最悪、アルミホイルで代用出来ますが、マントルだけは代用品がありませんのでご注意を!  私の場合は1つのランタンに対してマントルの予備は3つ入れてあります。 といっても、3年位、マントル壊れていませんが。   それでは、楽しいキャンプライフを!

車の種類がわかりませんが、ランタンは必ず、立てて現地まで運びましょう。そうでなくてもノーススターランタンの場合、筒型のマントルになるので現地について、あなた自身、やな思いをしますよ。 私の場合は、セダン(トヨタ チェイサー)で行ってる時からセカンドシートの足元にコールマンランタン(290、288、286)3台立てて運んでいました。その上にはシュラフ等の柔らかい物を乗せておく。 今でも車は変わりましたが車での置き場所の変更はなく、基本はセカンドシートの足元近辺です。 横にして...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報