最近聞く言葉で外壁断熱材を知りました。
TVでも施工風景をしていました、
これを使用すると暖房費等がゼロですむとか言う
フレーズなんですが、本当でしょうか?

それとこの液体は個人で手に入る物なのでしょうか?
TVでは、海外の会社と取引(カナダ)とか言ってました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは、nanigaと申します。



暖房費がゼロとは、寒さが好きな人は別として、ほとんど不可能です。それは詐欺まがいですね。

外断熱は確かに性能は高いですが、それは完璧な施工のうえの話です。それと、一番ネックなのが開口部の問題です。サッシュの性能やガラスの性能の問題で、断熱は変化します。

この商品が、カナダ生まれってこともネックです。
カナダは夏に冷房がほとんどいらない気候ですよね。
日本はどちらかといえば、北海道で無い限り暑いです。
これを克服するには、相当難しい状況です。
だから、暖房費は削減できても、冷房費を削減するのは難しいです。(特に私の住んでる大阪などでは)

こんなところでどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
私も大阪人です。
新しい工法が気になって
お聞きしました。

お礼日時:2005/04/21 19:47

暖房費がゼロと言うのはありえませんね。

冷暖房費が低減されるという事があってもゼロはありえません。多分液体は、No.1の方がおっしゃるとおり発泡ウレタンの事ではないかと思います。ただ発泡ウレタンの他にも、外断熱工法であれば、構造にもよりますが、木造等で有ればウレタンボード等の成型版もありますし、RC造であればオーマル等の断熱材複合板もあるし、検討する余地は有ると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
資格だけは持っていて仕事はしていないのですが、
新しい工法が気になってお聞きした次第です。

お礼日時:2005/04/21 19:43

はじめまして。

建設業に従事しています。
一言で申し上げますと、嘘だと思います。ありえません。余程我慢強いのであれば別ですが・・
液体というのは発泡ウレタンのことでしょうか?それであればいくらでも購入できます。
ここでいう外壁断熱材とは外断熱工法のことでしょうか?
よろしくお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
外壁断熱材とは外断熱工法かはわかりませんが
TVでは壁の隙間に発泡ウレタンを流し込んでいました。流し込んで乾燥した後石膏ボードのラインで(貼る位置)
カットしていました。

お礼日時:2005/04/21 19:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発泡スチロール?の断熱材

現在新築中です。
内壁に発泡スチロール?(水色)の断熱材が施工され、その隙間には発泡剤?みたいなものが注入されています。

断熱材というとグラスウールのような物をイメージしていたのですが、こんなんで大丈夫なのでしょうか?
また、この発泡スチロールの断熱材はグラスウールのそれと比べてどんな代物なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

壁にスタイロフォームを使っているとは、
断熱仕様はよい家だと思います。
普通は、費用面からグラスウールを使うことが
おおいです。(性能も同じ厚みなら普通はスタイロの方が
上です)
まして、隙間に充填しているのはウレタンフォームだと
思いますが。普通はそこまでしてくれません。

家そのものの仕様も職人さんもいいものだと思います。

Q床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間)

床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間)

現在、次世代省エネ基準の仕様で新築中の者ですが、床下の断熱材の施工について疑問がありますので教えてください。

我家の床は、根太貼り工法です。この工法ならば、根太の間に断熱材が施工されるのが普通だと思うのですが、我家の場合は、大引の間に施工されています。そのため、床下地と断熱材との間に隙間(根太の幅55mm)が生じています。このような施工でも良いものなのでしょうか。

掲示板等を拝見しますと、床下地と断熱材は密着させるのが原則のようで、このような隙間は結露の原因となるとの記載もあります。

設計士に質問したところ、「空間が生じているが、断熱材と大引との間を密閉しており、気密性がとれているので問題はない。」とのことです。

現在、施工を中断しています。よろしくお願いします。
 
 

Aベストアンサー

大引きの上に施工する商品で工事をするのが一般的です。
それだと床材と断熱材の隙間は少なくなります。

写真を見せていただいて思うことは、わざわざ別の工法で工事をされてます。
(取り付けには時間がかかる)
床下との空気層との遮断は、隙間の数が少ないのでこちらが優れている。
私はどちらでもよいと思います。

心配なのであれば、追加費用を出して今の上に断熱材をもう一枚ひけばいいと思います。
値段は材料費だけで施工してくれるように交渉すればいいと思います。
(並べるだけの工事です、貴方でも出来ます。材料費はそんなに高くありません)

Qポリスチレンの断熱材って・・

断熱材でポリスチレン製の物がありますが、これは発泡スチロールとどう違うのでしょうか。
実際に触った感じとか、見た目なども違うのでしょうか。
断熱性能や値段も違うのでしょうか。

Aベストアンサー

>どちらの性能が上でしょうか。
既に書いたように、「押出発泡法の方が性能が高いです」
(他の方への補足でスタイロフォーム、カネライトフォームとありますがどちらも押出発泡法ポリスチレンです。大差ないので好みでどうぞ。)

>どちらを使うべきでしょうか。
それは性能の高い方が同じ厚みであればより断熱性は高くなりますのでよいですが、あとはお値段と相談です。

Q木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間に

木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間にも断熱材を敷き詰めればより断熱ができるのではないのですか?
また胴縁を使って通気層を設けますが、柱間を通気層にして胴縁を使用しない方が壁厚も減っていいと思うのですが、なぜこうしないのですか?

Aベストアンサー

mspc1982さんこんにちは。
私が理解している範囲ですが、質問に回答させていただきます。

>木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間にも断熱材を敷き詰めればより断熱ができるのではないのですか?
これについては、可能ですし実際行っている会社もありますね。
ただ、どちらかというと外張り用の断熱材厚を薄くするために用いられることが多いようです。
また、外張り断熱と充填断熱では壁内結露に対する考え方が違いますので、併用する場合はそれぞれの対策をしっかり考慮することが大切です。

>また胴縁を使って通気層を設けますが、柱間を通気層にして胴縁を使用しない方が壁厚も減っていいと思うのですが、なぜこうしないのですか?
これについては、2重通気として室内側の壁下地に通気層を設ける工法を取る会社もありますが、外壁通気層の変わりにはなりません。
まず、通気層は壁内結露の予防と起きてしまった場合のリスク回避、防水という役目があります。とくに壁内結露対策については、断熱層の外側に通気層があることが基本になります。
また、外張り断熱の場合柱間には空間が出来ますが、これがストレートに小屋裏や屋根面に通じているわけではありませんので、室内側で通気を取ると言うのは特殊なことになるのではないでしょうか。
参考になれば幸いです。

mspc1982さんこんにちは。
私が理解している範囲ですが、質問に回答させていただきます。

>木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間にも断熱材を敷き詰めればより断熱ができるのではないのですか?
これについては、可能ですし実際行っている会社もありますね。
ただ、どちらかというと外張り用の断熱材厚を薄くするために用いられることが多いようです。
また、外張り断熱と充填断熱では壁内結露に対する考え方が違いますので、併用する場合はそれぞれの対策をしっかり考...続きを読む

Q発砲スチロールを断熱材に使用した場合の健康被害について

ご指導の程宜しく御願い致します。
古い造りで断熱材が一切使用されていない家に住んでいます。
冬は寒く夏は暑いので断熱対策をDIYで行いたいと考えています。
天井裏の構造が弱いので上がっての作業が出来ないため、発泡ウレタンやグラスウールを天井裏に敷き詰める事は出来ません。
そこで、ホームセンターなどで売っている発泡スチロール板を”室内側”の天井や壁に貼り付ける方法を考えています。
その場合、その発泡スチロール板の臭いや飛散物などは人体に対して健康被害があるのでしょうか?
食品トレーやカップラーメンのカップなども発泡スチロールと聞いているので人体には悪影響が有るはずがないと思いますが、なにせホームセンターの資材コーナーのレベルですので少し気になっています。
どなたか宜しく御願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
> その場合でも室内側に施工するのは人体に良くないのでしょうね。
・その点は、特に問題無いと思います。
倉庫を、そのまま売り場にした量販店などは、鉄鋼材やスレート板に直接、断熱不燃ウレタン吹きつけ、簡単に塗装しただけの天井も良く見かけます。

ただ、人の手に触れる壁面だと、材質がガラス繊維の製品だと、肌触りがチクチク感があって不快だったり、見た目を良くするために、ひと工夫必要になるなどの問題だけです。

Q断熱材の施工

我が家(在来工法の新築)で断熱材(グラスウール)の施工が始まりました。断熱材の品名(マットエース)が分かりましたので早速どんなものなのかで調べてみましたら、施工方法の悪い施工例(防湿シートの耳を間柱の見附ではなく横に留め付ける http://homepage.mac.com/headswill/glass/manual/sekou6.htm )で施工されていることが分かりました。この場合、どういった問題が起こるのでしょうか。正しく施工し直してもらうとすると、断熱材および付属の防湿シートが傷むような気がするので、是正するにしてもどうしてもらうのが良いでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。

>一度貼ったものを剥がして使うと材が傷まないか(防湿層が破れないか)心配です。
程度にもよると思いますがひどい物は交換し
軽い破損程度なら補修用の気密テープなどを貼れば良いです。

Q断熱材と壁紙張替え

雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか?
また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか?

まだ、業者の営業の人に聞いてみていないのですが、予定していたシステムバスの組み立ての日程を変更してくれと頼むのは、まずいでしょうか?普通は、拒否されるものでしょうか?

断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室パック(グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm)をつけるケースと、普通の断熱材をつけるケースと、どちらが良いでしょうか?
業者の営業が『普通の断熱材』と言っていたのですが、『なんていう名前?』と聞いても分からなかったみたいなんですが、なんだと予想されますか?
また、グラスウールは、あまり効果が無いのでしょうか?

『グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm』の50mm、10mm、5mmという厚さですが、薄すぎる気がするのですが、この位が一般的なのでしょうか?また、こんな5mmとかでも、効果は有るのでしょうか?

壁紙を張り替えてもらいたい場合、リフォーム店にお願いする以外では、どういう所でやってもらえるでしょうか?(壁紙張替え専門店みたいなのは、有るのでしょうか?)
壁紙のショールームとかは、どこかに有りますか?

雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか?
また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか?

まだ、業者の営業の人に聞いてみていないのですが、予定していたシステムバスの組み立ての日程を変更してくれと頼むのは、まずいでしょうか?普通は、拒否されるものでしょうか?

断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室パック(グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタン...続きを読む

Aベストアンサー

>雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか?

できるだけ材料は濡らさないほうが良いと思います。
断熱壁仕様でない場合などは耐火ボードなどが貼ってある為、
裏側に面した部分は濡らさないようにしてもらいましょう。

>また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか?

断熱材の種類にもよりますがグラスウールなどの繊維系断熱材は濡れたら駄目です。

>断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室パック(グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm)をつけるケースと、普通の断熱材をつけるケースと、どちらが良いでしょうか?

コストは高いと思いますが専用品のほうが良いでしょうね。

>『グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm』の50mm、10mm、5mmという厚さですが、薄すぎる気がするのですが、この位が一般的なのでしょうか?また、こんな5mmとかでも、効果は有るのでしょうか?

天井に関しては、一般的に断熱された室内空間にシステムバスを設置するわけですから
あまり問題は無いと思います。
(但し、欠陥住宅では外壁の断熱施工がされる前にユニットバスを入れてしまい
ユニットバス廻りの断熱欠損になっている場合もあるようですのでご注意を)
壁の断熱材ですが、一般的に内壁などとユニットバスの壁との隙間が殆ど無い状態で
浴室はセットされますのでこれ以上の断熱材は無理かと思います。
床面の断熱は、ユニットバスは樹脂の床なので熱伝導は低く、
発泡ウレタンも他の断熱材に比べて熱伝導率が低い為、問題ないのではないでしょうか。
家によっては浴室部の基礎のみ基礎断熱にして、床下からの冷気進入を防ぐ方法もあるようです。
一般的な床断熱の場合ユニットバス廻りの隙間から冷気が屋内に入ってきますので
なんらかの冷気止め処理をしなければ浴室の上階の部屋などの床が寒くなります。

>雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか?

できるだけ材料は濡らさないほうが良いと思います。
断熱壁仕様でない場合などは耐火ボードなどが貼ってある為、
裏側に面した部分は濡らさないようにしてもらいましょう。

>また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか?

断熱材の種類にもよりますがグラスウールなどの繊維系断熱材は濡れたら駄目です。

>断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室...続きを読む

Qパパまるの外壁・断熱材

今、東北で いえを新築検討中です。
最近、近所で北都ハウス工業というハウスメーカーが
いっぱい建っていて、気になっています。
家の形をみても、なぜあれが売れているのか不思議です。
広告を見ても断熱材や外壁材が、どういう物を使うのかも
わかりませんでした。
以上 、 わかる範囲でいいので教えてください。

Aベストアンサー

私は長野県ですが、最近、北都ハウスで新築した者です。
長野県も最近、すごい勢いで北都ハウスが流行っているようです。
で、ズバリ、「安い」からです。他の方もおっしゃっている通り、材質・材料にこだわらない人向けの住宅メーカーだと思います。企画住宅ですから。
私もそういうタイプの人だったのですが、建てている最中から次第に材料などにも興味がわいて(まがい物ではないかどうかだけを確認したい一心で)、いろいろとチェック・問い合わせをしまくりました。おかげでうるさい客と認識されたようですが。
本題ですが、以下の通りです。ちなみに建築自体は詳しくないので、それが良いレベルのものかどうかは判断できませんので、あしからず。
(少なくとも、まがいものでは無さそうですよ)
・床下断熱材;フクフォーム2型
・壁断熱材;マグウール ポリカット430(厚み100mm)
・屋根下断熱材;カネライトフォームスーパー E-IIIb
・外壁:チューオー製の18mm金属サイディング
おそらく地域が違っても同じだと思います。新潟本社で一括手配のはずなので。
個人的には悪くないと思っています。車で言えば、軽自動車かコンパクトカーです。走るぶんには問題ありません、って感じでしょうか。
最後に、どの住宅メーカーでもそうだと私は思っていますが建ててみて痛感しましたが、結構いい加減な業界です。施工ミス・発注ミスは当たり前。ですから、自分でチェックを入れることを是非おすすめします。多分、大手の立派なハウスメーカーでも同じと思います。結局、下請け業者が入りますから。もっといえば大工など、実際に施工する人間にかなり左右されます。ハウスメーカーのグレードで左右されるのは「材料」「制度・システム」ぐらいでしょうか。施工・調整・センスはやる人次第ですよ。いい材料使っていてもいい加減に施工すれば、効果は半減するでしょうし。

私は長野県ですが、最近、北都ハウスで新築した者です。
長野県も最近、すごい勢いで北都ハウスが流行っているようです。
で、ズバリ、「安い」からです。他の方もおっしゃっている通り、材質・材料にこだわらない人向けの住宅メーカーだと思います。企画住宅ですから。
私もそういうタイプの人だったのですが、建てている最中から次第に材料などにも興味がわいて(まがい物ではないかどうかだけを確認したい一心で)、いろいろとチェック・問い合わせをしまくりました。おかげでうるさい客と認識されたようで...続きを読む

Q断熱材が無い

中古で購入した家なのですが
リフォームをすることになり和室の点検口を除いたところ
リビング天井、和室6畳の天井、2階フローリング床下に断熱材が無いのですが通常入れないのが普通なのでしょうか?

家の4方の側面と風呂場、洗面、トイレの上には断熱材があり、
1階フローリング下全てには発泡スチロールのような
断熱材がはめ込んであります。

単なる手抜きなのでしょうか?

Aベストアンサー

断熱は建物の外周面(屋根や床下を含め外部と接する部分)に入れるのが通常です。
住戸内の間仕切りや床(2階建ての場合、2階床下=1階の屋根裏)には入れていません。

他の部屋に熱が逃げてロスをするという考えもありますが、間仕切りや床でも多少なりとも断熱性能があるのと、壁などを断熱しても扉の隙間などから熱が逃げるので、きちんとやるならそれなりの気密性のある扉にしなければならなくなりますし、天井裏も室ごとに区画しておかなければなりません。

そうすると、今度は換気が悪くなるので、各室それぞれに換気設備を設けなければならなくなります。そこまでやっている住宅はまず無いでしょう。

Q断熱材の施工方法

いつも参考にさせていただいております。

新築にあたり、ただ今断熱材を敷き詰めてくれています。
工務店には、断熱を重視しているので施工をしっかりお願いしますと口をすっぱく言ってます。

先日、途中経過を見に行ったところ、気になったところがありましたので、皆様のご意見をお聞かせください。

断熱材はグラスウールで、袋に入ったタイプのを使用しています。
手前に見える側は『この面が防湿層…』と書かれており、向きは正しく施工されています。
気になったのは、サイズの問題だとは思いますが、この袋を普通にカットして、長さ調節しています。
この施工方法だと、袋型・防湿層は意味ない気がしまして。

現場監督に質問すると、「ふつうはこんなもんですよ。お施主さんの家はこの上にさらに防湿シートを貼りますから、結露・気密は問題ないです」とのこと。

この他、電気配線工事も終わっていましたが、その際に邪魔になった(?)断熱材を押しのけて配線してありました。
一箇所指摘すると、一週間後にその部分だけは断熱材の切れ端を詰めておいてくれましたが、それ以外の部分は奥の透湿シートが見えてたりもします。
防湿シートを貼る前に、明らかに隙間は確認できるのですが・・・。

おまけに断熱材の上から貼られた、防湿シートもところどころに隙間が。。。

また一週間たって見に行ったところ、半分以上は石膏ボードが貼られてしまいもう確認できません。
残った半分からは、そのままの状態の断熱材も顔を出しています。

これって大丈夫でしょうか??
大丈夫じゃない場合、泣き寝入りなのでしょうか??

ご意見お願いします。

いつも参考にさせていただいております。

新築にあたり、ただ今断熱材を敷き詰めてくれています。
工務店には、断熱を重視しているので施工をしっかりお願いしますと口をすっぱく言ってます。

先日、途中経過を見に行ったところ、気になったところがありましたので、皆様のご意見をお聞かせください。

断熱材はグラスウールで、袋に入ったタイプのを使用しています。
手前に見える側は『この面が防湿層…』と書かれており、向きは正しく施工されています。
気になったのは、サイズの問題だとは思います...続きを読む

Aベストアンサー

以前にも同様の質疑を見かけましたので貼っておきます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3702793.html
宣伝の様な方も居るようですが、
http://www.afgc.co.jp/dk/con_use/sekou_4_6.html
この辺りが参考になると思います。
コピーをみせてやり直して貰えば良いのではないでしょうか。

お金を支払うのは建築主ですから、
納得できる工事をしてもらいましょう。
どっちにしろ早めに止めて貰わないと手間隙掛かってきます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報