電子書籍の厳選無料作品が豊富!

アラフォー独身女性です。
年齢を重ねるにつれて老後のこと、自分や親の病気や介護で働けなくなったときの不安等が勝り、やりたいことや欲しいもの(お金がかかること)を我慢することが増えました。
我慢が増えたとき、心の収拾をつける上手い諦め方や考え方があれば、アドバイスいただきたいです。
このままだと、好きなことが出来ている人や、まだ将来色んな事が出来る若い人を僻んだり妬んだりする方向性に飲み込まれていきそうで、怖いです。
投資や仕事を増やして資金を作る、という解決策ではなく、我慢することが人生の衰退として卑屈に思わず、前向きに充実した日々を送れるような考え方に関する御相談のため、投資の勧誘はご遠慮いただきたく、よろしくお願いいたします。


以下は個人的な背景や考え方を書き連ねていますため、読み飛ばしていただいても構いません。
私は、結婚して自分の家庭を持つことは叶わなかったので、ドラマのような急展開が起きない限りはいずれ1人になるため、老後不安は強いです。
結婚して家庭を持ち子育てをしている同世代が羨ましくて、選ばれなかった自分、家庭を持てなかった自分を卑下して卑屈になっていたとき、このままではダメだと、結婚は出来なかった分、結婚していたら打ち込めなかったことに集中しようと決心し、元々好きだった史跡や美術館をめぐる旅行を目標に日々を生きることにしたら、人生の充実感や満足感が変わってきました。
35歳くらいまでは老後貯金も出来る範囲内で、国内外に計画的に旅行に行き、旅行前は現地のことや歴史や語学を勉強し、旅行後は再勉強と現地のスケッチを水彩画にして、旅行を中心に楽しめることを複数持つことで、自分の好きなことに没頭でき、周りの(自分が得られなかった)幸福が気にならなくなりました。

が、コロナ禍を経験して予期せず職業を失い生活が困窮した人をテレビで見たり、私は幸い仕事は通常通り続けられましたが、こうした予期しない事態で先々どうなるか分からないから、お金はどれだけ持っていても足りないことはない!と思ってしまったり、物価高騰で生活費も旅費も何でも値上がって、今後値下がる余地が無い(基本給が上がっても可処分所得は減っていく)ことを実感し、世の中は解禁ムードで何かと盛り上がっていますが、私は盛り上がれません。
海外旅行に行きたくなるようなテレビ番組が増えて、メディアが「海外旅行に行くことが最高の幸せ」だと再び煽っているようにすら感じてしまいました。僻みが強くてスミマセン。

今、私の身近には一回り程年齢は上ですが同じ独身・一般的な会社員の方で、極端なロールモデルが2人いて、
1人は貯金は40代になるまでほとんどしてこず、大型連休の都度とにかく海外旅行に行く人で昨年秋頃の燃料サーチャージがとんでもなく高騰していた時期でも「行きたいから」を優先して楽しめてしまう、人生とても楽しそうだけど、将来不安が強い私には真似できない、今をとにかく楽しめるという意味では羨ましくも思うタイプの人と、
貯蓄と老後設計を優先して楽しみを諦めた結果、楽しんでいる他人を見下して悪口を言い、自分のメンタルを保つ人(「どうせ激安ツアーの旅行をしている、なにが楽しんだ!」とか「推し活なんて老後の面倒みてもらえるわけでもないのに、バカなお金の使い方をしている!」と常に悪口に変換するので、顔つきにも出てきてしまっている人)がいます。

特に後者のような人の領域には足を踏み込まず、上手に自分の欲望(やりたいこと)をコントロールして、我慢を苦痛にしないようにしたい次第です。

コロナ禍の時は、無事に生きているだけで感謝だと思えていた時期もあり、良い考え方を掴みかけている実感があったのですが、こうして日常に戻ると現金なものでその時の感覚が薄らいでしまい、人間の欲望は尽きないものだなということと、自分の楽しみに集中出来る年代は、年齢的にももう終わってしまったのかなと、寂しく感じるようになりました。今、これまで目標にしていたことを目標に出来なくなってきていて、ただ毎日が過ぎるのみで人生を虚しく思うことが増えています。

50代になるまでに若い頃の考え方や趣味とのつきあい方等々、色々変えていくべき時期に差し掛かっているのでしょうか。

A 回答 (1件)

趣味の範囲を広げてみては とはいえ


やはりお金(資本)は掛かるけどね。
個人的に楽しむのであれば いろんな分野の映画を見つくすとか
後は 史跡をめぐる中でその時代を探求してみるとか
もうすでにやりつくしてしまっているのかもしれませんが
絵画が好きならその人の歴史をたどってみるとか
新たな挑戦として
カラーについて勉強してみるとか。
(ユーキャンで遣っている)
何れは趣味を超えて人助けの様なバイトも出来るかもしれませんよね。
カラーセラピーとかありますから。
それから
一つだけ気になる事が有りますが
保健は入っていますか?
何故か今 がん患者が急増している様な気がするので
万が一の時の保険。
現在では告知が当たり前になっていて医師も告知をしなければならない義務を課せられており本人に告知をしないと法律違反になってしまうとか。
噂なので定かではないですが。
だとしたら
告知されたら使える保険の様なものに入っておいた方が
安心だと思うのです。
危機感を持って安心できる状態で 
ご自身が満足できる生き方
自分が済んでいる町のマップをきめ細やかな視点から探索して
作り上げても面白いですよね。
誰に知られる事なく完成させて達成感を感じながら
もしかしたら市役所で買い取ってくれるかもしれないしね。
ひとりじゃなきゃ出来ない事。
足腰丈夫じゃなきゃ出来ない事を模索して
楽しめます様に。
主様ってすごいね。ちょっと感動してしまいました。
私も踏ん張らねば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます。
趣味を広げてみる、楽しみながらやってみます。
今までは遠くへ本物を見に行くことに固執していたところもあったのですが、本物を見に行くこと以外にも視野を広げれば楽しめることは多いですよね。

保険は、幸いにも医療に手厚いものに加入しています。いざというときの頼みの綱は少しでも増やしておきたく。

またモヤモヤ悩むことが出てくるかと思いますが悩みながらも歩みは止めず、健康維持しながら頑張って生きていこうと思います。

お礼日時:2023/05/15 13:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!