ニトログリセリンなどの有機物はイメージできるのですが、
硝酸ナトリウムや硝酸カリウムみたいな無機化合物まで、危険なのはなぜなんでしょう。

亜硝酸化合物でも危険物がありますね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

酸化還元反応について書いている方がいなかったので投稿しました



まず、火薬の燃焼は火薬の酸化によっておこります
何かが酸化するためには必ず酸化剤が必要です

通常の燃焼では酸素が酸化剤となります
しかし火薬では燃焼速度を稼ぐために効率的な酸化剤を加えます

そしてそのひとつが硝酸イオンです(対になっている金属イオンは酸化還元反応に関係しません)

ここで酸化数の話が必要になりますがここで書くよりも高校化学の教科書・参考書の方が詳しくてわかりやすいので省略します

半反応式は生成物によって下のいずれかになります

NO3- (硝酸イオン、窒素酸化数+5) → N(窒素原子、窒素酸化数0) + 3O2-(酸化物イオン) + 5e-
または
NO3- (硝酸イオン、窒素酸化数+5) → NO2(二酸化窒素、窒素酸化数+3) + O2-(酸化物イオン) + 2e-



火薬は酸素と結合すると大きなエネルギーを出すので火薬の威力上、酸素の存在は重要かもしれませんが酸素の酸化数は変化しません(一度窒素と反応してますから・・・)
    • good
    • 5

基本的に硝酸系って危ないです。


爆薬(ニトロや黒色火薬)を作るにも硝酸で合成したり硝酸カリウムを混ぜたりするし。
塩酸や硫酸で金属を溶かすとせいぜい水素が出るくらいですが、硝酸は二酸化窒素とかいう毒ガスもどきが発生するし・・・。
発煙硝酸を手に一滴だけ垂らしたことがあるんですけど、一生跡が残る火傷になりました。「硝酸怖えぇ~っ」て思いました。
    • good
    • 3

古い話になるのですので、詳細が曖昧になってますけど


参考までに。

私の会社、はるか昔に 硫酸とアンモニアを反応させて、
硫安を作ってましたが、反応の過程で、一緒に硝酸アンモニウムも少しだけ出来てしまうそうです。(わずかに入れる触媒の影響??)
有るときに、異常反応が起きて(硝安が原因)で、
硫安を造る工場が、大爆発で建物全てが吹き飛んでしまい
更地に変わってしまいました。 もちろん人間も、
多人数がバラバラにちぎれてしまいました。

硝安は、身近に有る薬品を混ぜると、爆薬になるので
注意が必要です。(肥料の純度でも可能)
真似る人がいるので 詳細は書きませんけど。

不用意に混ぜると危ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「化学」カテで質問させていただいてるとおり、
「なぜ、硝酸、亜硝酸化合物は危険なのか」化学的なメカニズムを知りたいのですが・・・。

簡単に窒素と酸素が分離して酸素を放出するものであるなら、自動車排気ガスなどの窒素酸化物などは、簡単に分解して大気汚染にならないようにも思うのですが・・。

硝酸カリウムなどは、カリウムという、イオン化度の一番強い金属がペアです。硝酸アルミニウムよりむしろ安定しそうな気もするんですが・・・。

お礼日時:2005/04/29 11:38

硝酸アンモニウムは化学肥料として使用されると同時に爆薬の原料です。


ナトリウムやカリウム塩よりも爆発力は大きいです。

北朝鮮での事故は貨物列車の衝突事故でなんらかの発火源があり着火して爆発したもので搭載量が大量にあったので大惨事になったと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。

結局は「酸素の供給源」だということなのでしょうが、
NO3イオンに、それだけの反応性がある、ということなのでしょうか。

硝酸アルミニウムなどは、危険物の表示がなかったと思います。

硝酸イオン→亜硝酸イオンに変化すれば、酸素原子がひとつ出来ますが、
それ以前の反応として、硝酸イオンが窒素と酸素に分かれて酸素を放出する理屈・・・?

お礼日時:2005/04/27 20:26

間違えました。


黒色火薬は硝酸カリウムと硫黄、木炭粉の混合物でした。
原理的には硝酸ナトリウムでも同様に作用する筈です。 ただ出来た黒色火薬の吸湿性は変わると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。

試験でもなんでもなく、単に興味です。

まえに北朝鮮で硝酸アンモニウムを積んだ貨車が爆発事故を起こした、という事故報道(北朝鮮の報道だからどれだけ事実かわからないですが)で、
肥料にするようなもんが爆発するか?
という疑問をもったもので。

亜硝酸ナトリウムは、現物に「危険物表示」がしてあったのを見て、亜硝酸イオンも危険なのか?というところです。

お礼日時:2005/04/24 13:08

原理は他の回答者の方のとうりです。


昔の火縄銃の発射薬を思い浮かべてください。
これは硝酸ナトリウムと硫黄、木炭粉の混合物です。
いわゆる黒色火薬です。 それ自体は安全ですが着火すると爆発します。

日本では昔、硝酸ナトリウムは産出しませんでしたから、尿と土を混ぜて床下に敷き長時間かけて硝酸ナトリウムに変化させて製造したそうです。
こうして黒色火薬の原料を得ていました。
    • good
    • 1

危険物取扱者や火薬類取扱保安責任者の勉強ですか?


#1さんの述べておられることが答えなので、あとは補足です。

NaNO3(KNO3)自身は火を着けても燃えませんが、分解して酸素を放出しやすい物質です。だから、周囲の可燃物に酸素を供給して爆発的な燃焼反応を起こしてしまう助燃性が危険とされているのです。亜硝酸化合物の危険物も同様です。
自身は燃焼しないので、可燃物を除去してしまえばそれ以上の燃焼は避けられます。

また、ニトログリセリン等の硝酸エステル類(第5類の危険物)は、自身に含んでいる酸素を使用して燃焼するので、いったん着火すると消火は容易ではありません。

参考URL:http://www.chem-station.com/kikenbutsu/3-1.htm,h …
    • good
    • 2

硝酸ナトリウム、硝酸カリウムは火薬の原料です。



危険物取扱者(第1類)の参考書などで詳しく解説されています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すみません。

危険だから、危険物に指定され、火薬の原料につかわれるのだ、という理屈はわかるんですが、
じゃあ、なぜ、硝酸化合物はそんなに危険な物質であるのか、という疑問です。

お礼日時:2005/04/27 20:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝酸とエタノール

友人が試薬の処理の際に利用していたこのなのですが、何が起こっているのか分からないので教えてください。

硝酸数ミリリットル程度と1~2滴のエタノールを混合してしばらくすると、次第に硝酸が黄色くなり、最後にはまっ茶色の煙を出しながらはげしく沸騰します。

チオールやスルフィド系試薬の強烈な臭いもこの処理でスッキリとなくなり、汚れていたガラス器具もとても美しく洗浄されていました。

ご存知の方どうか教えてください。

Aベストアンサー

何故汚れが落ちるのかは分かりませんが、
硝酸とアルコールが反応して発熱し、発熱したことによって硝酸と試薬の反応性が上がったのでは?

でも酸とアルコールを混ぜて使用することはあまりおすすめ出来ません。
反応が暴走する危険性がかなり高いです。
もし行うなら少量か低濃度で行い保護具(お面や衝立など)もばっちりします。
労災でアルコール類と酸を混ぜて爆発する事例がいくつかあるはずです。

俺はフルフリルアルコールと硝酸を混ぜて爆発させたことがあります。
混ぜるときは気を付けて下さい。

Q硫酸アンモニウムは爆発しないのでしょうか?

硝酸アンモニウムNH4NO3や
硝酸アンモニウムと硫酸アンモニウムの混合物(複塩)が爆発したのは聞いた事がありますが、
硫酸アンモニウム単独の場合は爆発するのでしょうか?

化学式では、
硝安の爆発の場合
2NH4NO3→2N2+O2+4H2O

硝安+硫安の爆発の場合
2NH4NO3+(NH4)2SO4→3N2+SO2+8H2O

だと考えられます。

とすると、硫安では
(NH4)2SO4→N2+4H2O+S
という反応が起きるのではないかと思います。

この時、(水素3モル分の燃焼熱=857.52KJ)-(アンモニア2モル分の生成熱=134.40KJ)-(三酸化硫黄の生成熱=395.18KJ)=327.94KJの熱量が発生し、
これは爆発を起こすのに十分な熱量だと思います。

しかし、調べてみたところ、硫酸アンモニウムが爆発するという事はどこにも書かれていません。
やはり爆発しないのでしょうか。

Aベストアンサー

硝酸イオン NO3- は+5価の窒素を含むイオンです。(酸化数の概念は、高校で習われましたね?)
一方、アンモニウムイオン NH4+ は-3価の窒素を含むイオンです。
すなわち、硝酸アンモニウムは2つの異なる酸化状態の窒素を、1つの化合物の中に含んでいるのです。その結果、この化合物は熱力学的に安定ではなくなっているのです。爆発で窒素ガス(0価の窒素)が発生していますよね。すなわち、+5価の硝酸イオンは0価に還元され、-3価のアンモニウムイオンは0価に酸化されてるのです。自己酸化還元反応によって、それぞれのイオンの中間の安定な酸化状態へと反応が自発的に進むのです。
では、硫酸アンモニウムはどうでしょうか。この化合物は上記のように単一の元素の異なる2つの酸化状態を含むような化合物ではありません。もちろん、硫酸イオン(+6価の硫黄)が単体硫黄(0価の硫黄)に還元される電位よりも、アンモニウムイオン(-3価の窒素)が窒素ガス(0価の窒素)に酸化される電位のほうが低ければ、ご指摘のような自発反応((NH4)2SO4→N2+4H2O+S)が起こるかも知れませんが、実際には起こりません。

硝酸イオン NO3- は+5価の窒素を含むイオンです。(酸化数の概念は、高校で習われましたね?)
一方、アンモニウムイオン NH4+ は-3価の窒素を含むイオンです。
すなわち、硝酸アンモニウムは2つの異なる酸化状態の窒素を、1つの化合物の中に含んでいるのです。その結果、この化合物は熱力学的に安定ではなくなっているのです。爆発で窒素ガス(0価の窒素)が発生していますよね。すなわち、+5価の硝酸イオンは0価に還元され、-3価のアンモニウムイオンは0価に酸化されてるのです。自己酸化還元反...続きを読む

Q亜硝酸ソーダの廃棄方法について

主題の方法について教えて頂きたいのですが、
亜硝酸ソーダの廃棄方法はMSDS等によると
「水溶液(20%以下,pH5~7)とし,攪拌下のスルファミン酸溶液に徐々に加えて分解後,中和し,多量の水で希釈して処理する。」
とありますが、何故スルファミン酸に加えていくと分解するのでしょうか?
この廃棄方法も含め、ご教授宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
スルファミン酸のアミド基と亜硝酸イオンが反応して遊離窒素と水になります。
この場合、
HSO3NH2+HNO2→H2SO4+N2↑+H2O

で、この後、硫酸を中和すればいいわけです。
なので、アミドなら何でもよさそうですが、有機化合物、アルカリ性ではアゾ反応などで余計な物が出来る可能性があるのでそれを防ぐ意味で、酸性の物、なおかつ無機という事でスルファミン酸がよいと思われます。

なお、残存のスルファミン酸は徐々に分解して硫酸と硫酸水素アンモニウムの混合物になりますので、この点も有利です。

標準の廃棄法は、色々な検討の上に確立されたものですので、勝手に変更してはいけません。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q強アルカリ水溶液を中和したいのですが・・・

苛性ソーダのフレーク状を水に溶かした液を中和して排水したいのですが、中和剤に何を使うと良いのでしょうか?
なるべく詳しく教えてください。
取り扱いのなるべく安全なものでお願いいたします。

Aベストアンサー

「濃硫酸、ビン入りですよねたしか。 」
工業用なら18リットル30kgであるはずです

「ビンから直接流し入れれば良いのですか? 」
濃硫酸を直接中和につかうと非常に調整しにくいので
濃硫酸のビンで扱いやすいものであれば直接、ポリタンクで重く扱いにくいにら小分けして置き、別のタンク又は容器に水を貯めその中に濃硫酸を全体の量(重さ)の5~10%なるように調整してその溶液を中和に使用します

くれぐれも濃硫酸の中に水を入れてはいけません反応が早すぎて熱が急激にあがり水蒸気爆発を起こします
大量の水のなかにすこしづつ濃硫酸をいれてください
又たの方も書かれていますがゴム手・ゴーグル等はしたほうがいいでしょう

「排水できる許容数値なるものってどれくらいでしょうか」

pH5.8~8.6以内で調整してください

だいたいでもいいですが100リットルに相当する苛性ソーダの量(重さ)は分かりませんか?だふん相当する濃硫酸の量も計算でだいたいでると思います、計算は私は遠慮しておきます

後中和のさいの攪拌は相当しないといけませんできたら攪拌機など機械でがベストです

「濃硫酸、ビン入りですよねたしか。 」
工業用なら18リットル30kgであるはずです

「ビンから直接流し入れれば良いのですか? 」
濃硫酸を直接中和につかうと非常に調整しにくいので
濃硫酸のビンで扱いやすいものであれば直接、ポリタンクで重く扱いにくいにら小分けして置き、別のタンク又は容器に水を貯めその中に濃硫酸を全体の量(重さ)の5~10%なるように調整してその溶液を中和に使用します

くれぐれも濃硫酸の中に水を入れてはいけません反応が早すぎて熱が急激にあがり水蒸気爆発を起...続きを読む

Q硝酸溶液を加熱すると?

実験中にちょっと火を出してしまいました。
銀含有の物質を67.5%硝酸溶液+水で攪拌加熱して溶かし、硝酸銀にして回収する予定でしたが、ボンといったと思うと火がでていました。
これはなにが悪かったのでしょうか?
あと硝酸溶液は加熱するとどうなりますか?
2HNO3→H2+O2+2NO3と
水素、酸素、硝酸ガスの発生でOKでしょうか?

Aベストアンサー

 銀含有物の具体的な成分は何でしょうか?そこに還元剤や可燃物になる成分があったのかもしれません。
 硝酸溶液は加熱しても水素は出てきません。水素にとっては、本来は水や酸化酸の水素イオンとしていた方がいいんですから。
 おそらく、窒素酸化物が大量に発生してやばいことになるかもしれません。ドラフトを用意して実験しましょう。

Qアルミニウムの腐食

アルミニウムが腐食する原因は何でしょうか?

また、どのくらい置いていたら腐食するんでしょうか?

Aベストアンサー

純粋なアルミは非常に反応性の高い金属です。
アルミサッシなど腐食されない材料として使用される理由は
傷ができたとき、瞬時に酸化皮膜(酸化アルミ)ができ、
それ以上反応が進まなくなるからです。
酸化アルミは透明な物質なので見かけ上はわかりません。
酸化アルミは非常に安定している物質なので腐食が起こりにくいのです。
ちょうど鉄棒の表面に黒さびをあらかじめつけておくのと同じ原理です。

アルミが腐食する理由としては、油や汚れなどが付着して
酸化皮膜ができる前に他の反応が起こった場合です。
つまり反応性の高いものが近くになく、いつもきれいにして空気に触れていれば
ほとんど腐食しないはずです。

Q硝酸、硫酸の中和方法

彫金でシルバーアクセを作っているものです。
以下の用途で硝酸、硫酸を購入しようと思っています。
・硫酸(希硫酸)・・・ロウ付け時の銅酸化物の除去
・硝酸(希硝酸)・・・銀の腐食を利用したエッチング

質問:使用後硫酸、硝酸の中和方法を教えてください。
   過去の質問で硫酸の中和は重曹で可能とありました
   が、(1)どれくらいの量が必要でしょうか?
   また、(2)中和後の液体は下水へ流してもよいので
   しょうか?
   (3)保存に際して注意する点などありましたら教えて
   ください。
   
   

Aベストアンサー

再々登場の rei00 です。

補足を読み直してみて,少し気になる点がありましたので追加アドバイスです。

「薬局できいたところ硫酸98%、硝酸67%のものがあるということなのでそれらを購入しようとおもうのですが・・・・」という事ですが,これらは濃硫酸と濃硝酸です。

お書きの使用濃度「硫酸1:水10,硝酸7:水3の割合」で使用されるとすると,「硝酸」は購入したそのままで,「硫酸」は10倍希釈で使用する事になります。

で,おそらく薬局で手に入るのは 500 ml ビンだと思いますので,希釈液 250 cc 位使用であれば,かなりの量を使い残す事になると思います。

また,参考 URL にあげた住友化学のペ-ジの「硫酸」,「硝酸」,「混酸」の記載を御覧になればお分かりになると思いますが,これらはいづれも「毒劇物取締法」の「劇物」に指定されている危険な薬品です。

当然,その取り扱いにも化学的知識を持っている事が必要になります。例えば,硫酸の希釈一つとっても単純に濃硫酸に水を加えると大けがする事になります。

失礼ですが,takanorik さんのご質問やお礼の内容を拝見しますと,これら薬品を取り扱われる事に関して,必要な知識をお持ちかどうか心配になります。どなたか経験者の方と一緒に行われた方がよいように思います。

参考URL:http://www.sumitomo-chem.co.jp/kiso/koyaku.html

再々登場の rei00 です。

補足を読み直してみて,少し気になる点がありましたので追加アドバイスです。

「薬局できいたところ硫酸98%、硝酸67%のものがあるということなのでそれらを購入しようとおもうのですが・・・・」という事ですが,これらは濃硫酸と濃硝酸です。

お書きの使用濃度「硫酸1:水10,硝酸7:水3の割合」で使用されるとすると,「硝酸」は購入したそのままで,「硫酸」は10倍希釈で使用する事になります。

で,おそらく薬局で手に入るのは 500 ml ビンだと思いますので...続きを読む

Qケイ酸ナトリウムが水と接触すると,pHがアルカリにシフト?

ケイ酸ナトリウムを水に接触させると,
その水のpH値ってアルカリサイドにシフトしますよね。

その理由として,Na成分が溶出しているから,とよく聞くのですが,
なぜ水のなかにNaが増えると,アルカリにシフトするのですか?

単純に,電離しているOHと「NaOH」として結合するから,
という理由なんですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

pHというのはH+の濃度をあらわしているのはご存じですね。
ケイ酸は弱酸ですので電離しにくく、Naは強アルカリですので電離しやすいのも理解できますね。
では、水のなかではケイ酸はイオンで居づらくなるのも理解できるでしょうか。ということは水の分子のH+とOH-のうちH+はケイ酸と結合しやすくなり、水の中のH+が減少するのはわかるでしょうか。(結果、イオンとしてはNa+とOH-が大多数を占める)
そうするとH+濃度が減少し、pHがアルカリ側にシフトするのも理解できると思います。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング