経済が拡大再生産を続けていくために必要な均衡条件とは何ですか?
それが崩れたときどうなるんですか?

教えてください。よろしくお願いします

A 回答 (1件)

経済の均衡とは、簡単に言えば、供給と需要の均衡ですから、拡大再生産に必要な均衡は、それに見合う需要の拡大です。



需要が再生産にともなって拡大しなければ、均衡が崩れ、過剰生産となります。

いずれにしても、均衡がとれるためには、なにを生産するのか、すなわち商品開発戦略が鍵となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすく納得できました。
ありがとうございました

お礼日時:2001/09/15 00:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミクロ経済学生産者均衡

生産者の均衡ってなんですか?消費者の均衡は理解できたのですがこっちのほうはうまく理解できません・・

Aベストアンサー

「生産者の均衡」の考え方は、「消費者の均衡」と同じです。

消費者の均衡は、消費する財の相対価格=自分の限界代替率、になるように各財の需要量を決めるということでしたよね。
生産者の均衡は、生産に利用する財(投入要素)の相対価格=自分の限界変形率(技術的限界代替率)になるように各投入要素の需要量を決めるということですね。
要するに、所与の相対価格に対して最適な投入要素比率になっている状態、なわけです。

うろ覚えですので教科書でご確認を。なんとなく公務員試験とか資格試験の本の方でこの言葉をよく見かけるような気がします。

Q経済の拡大や発展に減税や社会保障の拡大は有効?

減税の効果

経済の拡大や発展のために個人や法人の所得税や消費税や固定資産税や相続税などを減税すると経済が拡大するという説がありますが本当ですか?

減税した場合、減税率が大きいほど政府の収入は減りますが、減税で政府の収入が減る分を補うくらい経済が拡大して、減税前と同じ程度の税収がないと、財政赤字が増えるだけになりそうですが、減税による税収減少分を補うくらいの経済拡大による税収増加はできるんですか?

経済が拡大して税収も減らない(または増える)ような、都合いい税率ってあるんですか?それはどのくらいの税率ですか?


社会保障の効果

減税とは別の政策で、国民の税負担率は高くても、病気の時や、失業した時の生活や再就職や、収入が少ない人のための生活必要経費の補助や、老後の生活に困らない年金など、社会保障を充実させることにより、生活の不安がなくなるので、病気や失業や老後のために貯金する必要が無くなり、消費に支出されるので経済が拡大するという説がありますが本当ですか?

高福祉政策の財源のための高い税率負担しても、国民の消費欲や消費支出が減少せず経済が拡大するような、都合いい税率ってあるんですか?それはどのくらいの税率ですか?

減税の効果

経済の拡大や発展のために個人や法人の所得税や消費税や固定資産税や相続税などを減税すると経済が拡大するという説がありますが本当ですか?

減税した場合、減税率が大きいほど政府の収入は減りますが、減税で政府の収入が減る分を補うくらい経済が拡大して、減税前と同じ程度の税収がないと、財政赤字が増えるだけになりそうですが、減税による税収減少分を補うくらいの経済拡大による税収増加はできるんですか?

経済が拡大して税収も減らない(または増える)ような、都合いい税率ってあ...続きを読む

Aベストアンサー

そのような「学説がある」ということは本当ですが、
「その学説が常に成立する」とは限りません。

そのときの経済環境や社会環境によって、減税が経済拡大に効果的である場合とそうでない場合とがあります。
たとえば現在の日本では、国の累積赤字が大きいため、減税をするためにはそのための財源として国債を発行し、国の赤字をさらに拡大しなければなりません。そうすると、日本国の将来が不安になるために景気が冷え込むかもしれません。
現在の日本の経済・社会的環境で減税が経済拡大に効果的かどうかはやってみなければわからないのです。
いわゆる「構造不況」とそれに続く現在の不況は、減税が効果的であった従来の不況と種類が違うらしい、と言われています。いままで経験したことのない環境なので、その環境で減税が効果的かどうかはわからないのです。


同じように、そのときの経済・社会的環境により、社会保障の充実が経済にとって効果的である場合とそうでない場合とがあります。これも現時点ではやってみなければわかりません。

Qナッシュ均衡が崩れた場合どのように修復すれば

少し前にゲーム理論を取り上げたテレビ番組で男女の争いを例にナッシュ均衡を取り上げて解説していました。
ただその番組ではナッシュ均衡が崩れて両者の利益が最小化してしまうという話をしただけで、その修復方法などの話には一切ふれていませんでした。

ナッシュ均衡が崩れた場合、お互いの利益の最大化のためにどのような修復方法があるのでしょうか?男女問題でなくても、国境紛争、企業間取引など他のモデルでもよいのでご解説をお願いします。

Aベストアンサー

> ナッシュ均衡が崩れて両者の利益が最小化してしまうという話

囚人のジレンマのような例を考えているのだと思いますが、両者の利益が小さくなるような点が均衡として選ばれる可能性があります。両者ともに利益が小さくなったとしても、それは均衡です。

このような場合には、頑張って他の均衡に行くようにする以外、修復方法はありません。
しかも、丁度深いバンカーに入ったゴルフボールを出そうとしても、完全に抜けでなければ元の辺りに戻ってきてしまうように、悪い均衡に向かう力がある中で、です。

Q市場においての均衡価格、均衡取引量の決定って?

市場においての均衡価格、均衡取引量はどのようにして決定されるんですか?

消費者の最適行動(効用最大化行動)と生産者の最適行動(利潤最大化行動)を用いるところまでは分かったんですが、壁にぶち当たってしまいました。

最近、政治・経済に興味を持ち始めて勉強し始めたところです。
詳しい方、お返事お願いします。

Aベストアンサー

一般的に長期であれば、(貨幣の流通速度が一定)基本的にマネーサプライによって決まります。もっともこれは名目利子率と所得が一定という前提のうえですが。実質GDPは生産関数と生産要素(資本と労働力)できまるのでマネーサプライの影響を受けるのは価格だけということです。

Qナッシュ均衡&経済学

大学で、経済を学んでいます。ナッシュ均衡、ミクロ経済学等のわかりやすい専門書などあったら、紹介お願いします。

Aベストアンサー

 経済学部出身で専門はゲーム理論でした。
 ミクロ経済学については、「選択肢で覚える経済学」(実務教育出版)をお薦めします。これは公務員試験用の問題集ですが、一度学んだことのある人にとっては無駄なことが書いてないので最適でしょう。私は大学を出て10年になりますが、未だにおさらい用に利用しています。ちなみにこれを書いた細江先生は私の担当教授でした。
 ナッシュ均衡については、具体的な書名はお薦めできませんが、ゲーム理論の分かりやすそうな本を選ぶことをお薦めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報