【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

https://www.natureasia.com/ja-jp/am/highlight/43 …

酸化グラフェン: 毒性試験

グラフェンやグラフェン誘導体は優れた物理的特性を持つため、例えば薬物送達担体など、多様な応用可能性が示唆されている。中国科学院上海応用物理研究所のChunhai Fan率いる研究チームはこのたび、こうしたグラフェン系ナノ材料を生物医学に利用する際に起こりうる安全性の問題を評価するため、マウスを使ってナノスケール酸化グラフェン(NGO)の分布と毒性を調べた。研究チームは、NGO 片をヨウ素の放射性同位体(125I)で標識して吸入曝露させた後、マウス体内での分布を追跡した。125I―NGO は、3か月の試験期間にわたってほとんど肺に留まり、そこで用量依存的な急性肺障害や慢性肺病変を引き起こすことがわかった。さらに、125I―NGOの分布は125Iイオンの分布と異なることも明らかになった。つまり、吸入されたNGOが、放射性吸着種を肺の奥深くに運び込んでいる可能性が高いことになる。この結果は、ヒトの健康への潜在的リスクを調べる必要性とNGO片の大きさを最適化して毒性を最低限にする必要性を浮き彫りにしている。


どういう意味なのかいまいちパッとしません
工場など加工工場でまった粉塵だとかの影響など
そうした背景で有害になるということでしょうか?

どなたか サルでもわかる・・までとはいいませんが
限りなくできるだけサルにもわかる説明おねがいできませんでしょうか
よろしくお願いいたします

A 回答 (1件)

陰謀論を信じている変な人たちにとっては「酸化グラフェン」という物質が体内に長期にわたって留まり続けないと陰謀論の根幹が崩れるので、世界中の論文を漁って、それっぽいテキストを見つけてはドヤ顔をしているのです。

それはそんな駄文の一つに過ぎません。

陰謀論者が主張する「酸化グラフェン」の恐ろしさは、主に以下の3点です。
-------------------------------------------------
○酸化グラフェンはコロナウイルスやワクチンに混入されており、人体に侵入すると細胞や臓器を破壊する。

◎酸化グラフェンは5G電波やマイクロ波に反応して発熱し、人体に火傷や癌を引き起こす。

●酸化グラフェンはナノマシンやマイクロチップとして機能し、人体を遠隔操作される。
-------------------------------------------------

これらの主張は、科学的な根拠や証拠がなく、論理的にも矛盾しています。例えば、酸化グラフェンがコロナウイルスやワクチンに混入されているとするなら、その量は非常に微量であるはずです。しかし、そのような微量の酸化グラフェンが人体に侵入しても、細胞や臓器を破壊するほどの力はありません。また、酸化グラフェンが5G電波やマイクロ波に反応して発熱するというのも、物理的に不可能です。5G電波やマイクロ波は非イオン化放射線であり、物質を加熱するには強度が弱すぎます。さらに、酸化グラフェンがナノマシンやマイクロチップとして機能するというのも、現在の技術では実現できません。酸化グラフェンは単なる炭素と酸素の化合物であり、電子回路や通信機能を持ちません。

以上のことから、酸化グラフェンは科学的な常識において、陰謀論者が主張するような恐ろしい物質ではありません。むしろ、酸化グラフェンはその特性を利用して、エネルギー、環境、医療、電子工学などの分野で革新的な応用が期待されています。例えば、酸化グラフェンは水素貯蔵材料や超薄型バッテリーとしてエネルギー問題の解決に貢献できます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A