プロが教えるわが家の防犯対策術!

家の屋根について

南向きの新築物件なのですが、屋根の形状が北に向かって片流れになっています。太陽光などの話はないですが、将来的に付けようと思ってもつけれないのでしゃうか?
なぜ北に向かって傾斜するデザインなのか謎なのですが…

A 回答 (9件)

南側の窓等を大きくするため、北側に屋根が傾斜していると


考えられます。将来的に太陽光温水機や太陽光パネルを設置
する予定があるなら、屋根の形を今から変更された方が無難
と思います。後からだと屋根を取り去らなくてはならないの
で、今から変更をしましょう。
    • good
    • 0

新築の建売か中古住宅ということですね?


でしたらなぜ北向き片流れにしたかは建てた方(or設計者)に聞くしか方法はありません。
ありそうなのは北側斜線規制への対応でしょうか?
その場合、建物の北側が敷地境界ぎりぎりなのだと思います。

で、片流れの傾斜がどの程度かによりますが、屋根の軒に近い側にステーを立てて太陽光パネルを南傾斜になるよう設置するのは維持するうえでかなりリスクでしょう。ステーなどの傷みだけでなく、台風の際にパネルを下からあおられるなどして屋根を壊す恐れがありますから。
あとは北傾斜の面に設置してどれくらい発電するかですね。そこも具体的な傾斜次第でしょう。
まああまり期待しない方がよいと思います。

参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

太陽パネルのこと、かなり詳しく教えていただき、ありがとうございます!

お礼日時:2023/09/15 22:01

深く考えなくても、


日中、直接光を取り入れるか
その光を電気に変えて 日中でも暗い部屋に電気を付けるか

それだけの違い。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

色々教えて頂きありがとうございます!

お礼日時:2023/09/15 22:00

太陽光パネルは付けれるし発電もしますが効率は悪いです。




>なぜ北に向かって傾斜するデザインなのか謎なのですが…

むしろ一般的です。
建築条件によっては北側斜線制限によってそうなる場合もあるし、南側に高窓を付けて採光を取る設計もあります。

ただ太陽光パネルを設置する前提で設計をすれば、逆(南側)の流れが妥当だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一般的とのこと…安心しました。ありがとうございます!

お礼日時:2023/09/15 22:00

北に向けて落ちているの??



そこをチャンと書かないと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

北に向けて落ちています!
すみません!

お礼日時:2023/09/15 21:59

片流れ住宅の立地、逆に南へ片流れにすると、太陽の光が、屋根に当たって


奥まで届きにくいので、部屋を明るくするためには、北の間口を広くする為に屋根を、北方向への片流れにしたのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

部屋を明るくするためにということも理由としてありますよね。ありがとうございます!

お礼日時:2023/09/15 21:59

後ろにある住宅の日照権を確保する為に、法律で決まっているとか。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

日照権のようでした!ありがとうございます!

お礼日時:2023/09/15 21:58

付けること自体は可能ですが、当然日当たりの角度が得られず設置費用の割に回収コストは低いでしょうね。



北向きに片流れの家は結構多いです。

これは北隣の家への日当たりを保証するためです。
日照権など余計なトラブル抱え込みたくないですよね?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

やはり北側のお家への日当たりのためのようでした。
ありがとうございます!

お礼日時:2023/09/15 21:58

もとから付ける気のない形で、それよりも南側の壁の面積を多くして太陽光をより多く家の中に入れたかったのかとは想像します。



別に付けられないわけではないかとは思いますが、一般的にはどこまで発電できるか気になるところではあります。
もちろん全く無意味とはならないかとは思いますし、屋根に直接並べるのではなく、足場を作って出来るだけ南側に太陽光だけでも傾けることも出来るかとは思いますので、そこら辺は業者に問い合わせたら良いかと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく教えてていただきありがとうございます!
参考にします。

お礼日時:2023/09/15 21:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!