【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

秋に植えた大根 遅かったのか いまだ十分 大きくなってはいないが津軽では雪が降ってきた。
これって もう掘り起こさにゃならんのか。土寄せして白いところが見えないようにはしているが・・。弘前市 家庭菜園 初心者

A 回答 (1件)

雪国では昔から雪の中や畑の中、更には「つぐら」に入れる事で、寒い冬の間も鮮度を保ちながら保存する方法が今も残っています。



大根の葉はそのままにしておくと大根の栄養分を吸収してしまうので、冬の初霜が降りる前(11月中旬から末頃)に大根を一旦収穫し、葉の部分を切り落としておきます。

大根をそのまま雪の中に入れてしまうと、外気に触れる事で冬の間に凍ってしまいその部分が腐ってしまいます。 また雪の降る寒冷地も積もった雪により大根が凍ってしまう恐れがあるので、土の中に入れる前に肥料袋などにいれておくと良いです。

肥料袋に入れた大根は、そのまま取り出しやすい場所の雪の中に埋めるか、畑の土の中に埋めていきます。 冬の間に降り積もった雪によって、必要な分が取り出せない…という事がないようにできるだけ自宅のそばなどが良さそうです。

雪の中に埋める・土の中に入れる・つぐらに入れるのも、全て雪の下に埋もれても外気に触れない・一定の温度が保たれるといった長期保存をするための知恵が詰まっています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A