プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

たばこについてです。

いつもアイコスはヤニクラ起こすのに、
紙タバコは何度吸ってもヤニクラ起きません。

なぜでしょうか。

A 回答 (3件)

アイコスと紙タバコのヤニクラの違いは、主に以下の2つの要因によると考えられます。



ニコチンの含有量の違い
アイコスのニコチン含有量は、紙タバコの約2倍程度といわれています。ニコチンは、血管を収縮させて血流を悪くする作用があるため、アイコスを吸うと、血管が収縮して血流が悪くなり、頭痛や吐き気などの症状が出ることがあります。

一方、紙タバコのニコチン含有量は、アイコスの半分程度です。そのため、紙タバコを吸っても、アイコスほど血管が収縮しにくく、ヤニクラの症状が出にくいと考えられます。

煙の成分の違い
アイコスは、紙タバコと比べて、煙の成分が少ないといわれています。煙の成分には、ニコチンのほかに、タールや一酸化炭素、アンモニアなどの有害物質が含まれています。これらの有害物質は、頭痛や吐き気などの症状を引き起こす原因となると考えられます。

紙タバコは、アイコスに比べて、煙の成分が多いため、ヤニクラの症状が出やすいと考えられます。

また、個人差も考えられます。ニコチンの感受性が強い人は、アイコスでもヤニクラが出やすい傾向があります。
    • good
    • 1

無意識に吸い方が変わってて、肺に入る量が違うんじゃないですか?


例えば、アイコスだと紙タバコっぽい吸い感覚が薄いとか。
燃焼で出た煙じゃなくて加熱による水蒸気ですよね。
蒸し焼きと炭火じゃ違うってノリ?

紙タバコなら口の中で煙のザラザラ感を楽しんで吸うけど、
アイコスだとそれが無いから す~っと肺まで流し込んじゃうとかね。
水蒸気なら口腔内の水分も邪魔しないだろし。
    • good
    • 1

え?!紙タバコの方が起こすよ?

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A