グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

新しく茶道教室に通い始めた者です。
過去ログで、盆暮れにはお中元・お歳暮を現金で渡すことを知りました。その渡し方について下記の2点を教えてください。
(1)渡すタイミングは7月と12月?月謝と同じ日(第1週)でよいの?
(2)その場合、お月謝袋といっしょにお中元ののし袋を扇子の上に重ねてのせてお渡しするということでしょうか?
社中のお姉さま方に聞けばよいのでしょうが、私は生徒が少ない午前中に通っており、ほとんどマンツーマン状態で、他の生徒さんと話す機会がないのです。
ちなみに金額はお月謝と同額(7000円)にしようと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も茶道を習っていますが、それより先に、お花も習っていまして、同じ先生から習っています。


参考になりませんが、書かせていただきます。
私が習っている先生は、気を使わないで欲しいって言う考えの先生です。
お花はマンツーマンではないのですが、茶道は、質問者様と同様、マンツーマン状態です。
去年の2月から、茶道は習い始めまして、先生から、お古の道具を頂いたので、個人的にお歳暮を渡しました。お花の方では、習っている人たちで、毎年まとめてお歳暮を渡しております。(一応、師範を取得したので、これではいけないのかも知れませんが・・・・)
話が色々となってしまいましたが、私が習っている先生は、そういう面は、気を使って欲しくないという考えの先生なので、難しい面がありますので、お中元は渡さずに、お歳暮だけは渡して行こうと考えております。
ちなみに、お月謝は6000円です。お歳暮として渡したのは、商品券で5000を渡しました。そのお礼に、なつめと茶巾を頂いてしまいました・・・・。そういう気遣いをなさる先生なので、あまりかしこまったものは・・・・って言うのがあります。
お花の師範の申請の時も、1度しかお礼を受け取ってくれませんでした。
習っている先生の考え方もあると思いますので、難しいと思います。
お茶・お花の世界では、お中元・お歳暮は当たり前??っていわれる所もありますが、難しいですネ!
その代わりって言うのも変ですが、出掛けた時には、先生には、お土産を買ってくるようにしています。

長文になってしまい、私の体験なので、参考にならないかも知れませんが・・・申し訳ありません。
    • good
    • 1

私はお月謝は、八千円ですがお歳暮、お中元は切りよく一万を入れて台を付けていますが、


それは先生に良くして頂いているし、
ご高齢なので一年でも永く教えていただきたい気持ちをあらわす為です。
それに、高価なお道具を『御触りなさい』と、
いつも、使わせていただける御礼です。
でも、先生の中には・・・
掛物も変えない、電機だとか、
そんな先生もいらっしゃる事も聞きますから金額などは、その先生の格で決まると思います。
基本は月謝ですが、後は気持ちですよね。

私の社中の六十年お茶をやって来られた方が、先生は沢山高価なお道具もお待ちだけれど、月謝分現金のお中元は初めてだと言いましたが、
茶道は付いた家元、宗匠によって違う事が沢山有りますよね!
私は扇子に載せて出すのはお茶会の時だけですが、
流儀か地域とかでも違いが有るのでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私が通う教室では、お月謝も扇子に載せてお出しするよう、最初に先生から教わりました。
まあ通い始めたばかりなので、きっちり定石でお月謝と同額でいくことにしようかと思います・・。

お礼日時:2005/05/12 23:00

ごめんなさい!「頂く側の本音」を言わせてください。

何か「台」を付け様としていますが、不要です。
その分を失礼ですが、現金で頂いた方が嬉しいです。
渡すときは、お月謝と同じ日に、扇子に乗せて
重ねてお出しくださいませ。
私は男なので、色々お金に関することは「ハッキリ」
言う主義です。きちんと教えておかないと、他の
先生に付いた時に恥をかきます。
教え始めた頃は「様々な品物を盆暮れにもらい」
本当に困りました。きっと日本中でそんな思いを
なさっている先生が多い事でしょう。
うちにも「貴女のようにきちんと聞いて」下さる
お弟子さんがいたらどんなに嬉しいでしょう!
お中元大作戦どうぞ成功なさいますように。
ただし「心の篭った言葉」を添えるのをお忘れなく!
    • good
    • 4
この回答へのお礼

「頂く側の本音」をお聞かせくださり、ありがとうございます。アドバイスのとおり、お月謝と一緒にお渡しすることにします~。

お礼日時:2005/05/10 23:48

私の社中では、


お月謝とは別に改めてお稽古の後に台を付けてお渡ししています。
よく、時代劇でお殿様に台に載せて貢物を渡しますよね。
その台の代わりにお菓子などの上に熨斗袋をお中元、お歳暮と書いて渡していますが、
ちなみに私は表ですが、
その方が丁寧だと思うのでお勧めします。

まぁ~その先生の格も有るでしょうけれど、
茶道の先生も・・・
いろいろ、いらっしゃるし・・・
あまり、最初から無理をしない方が良いとおもいますよ。
一応他の社中の方にお聞きになって決めても良いのでは、
私の社中に大学生の子居るんですが、
お母様が現金では無く何か品物でお渡ししているようですし、
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すると、現金(のし袋)のほかに菓子折を用意するということですね!?むむむ、和のお稽古はやっぱりいろいろありますね。じゃあ、現金を7000円でなく5000円にして、差額2000円で菓子折を用意しようかな・・。
他の社中の人に聞けば良いとは思うのですが、いつもマンツーマンなので、本当に話す(お目にかかる)機会が無いので、困っています・・。

お礼日時:2005/05/10 08:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお茶事の会費を入れる熨斗袋について

初歩的な質問で恐縮ですが・・・

初めて夜噺の茶事というお茶事にお招き頂きました。
会費をお包みする熨斗袋の種類ですが、どういったものが良いのでしょうか?
水引の種類なども、詳しく教えて頂けるとありがたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.jp-guide.net/manner/na/noshi.html

同じお茶会に招かれている
相客の方達に尋ねてみましたか?
のし袋や金額,水屋見舞いなど
聞いておく方がいいです。

一般的には
赤白の水引で「結び切り」のものを
使うそうです。
意味的には「今回の,ただ一度のお茶会」を
祝い,お礼するためです。

表書きも
御茶事御礼
御礼
夜噺御礼

など,考えられるでしょうから
お茶の師匠や相客に確かめてみてください。
それも茶会に出席するための大切なマナーです。

ただ,最近は,そこのご社中の繁栄を祈って
「蝶結び」ののし袋を使うこともたまに見られるそうです。

水屋見舞いも相客と相談しておきましょう。
こちらは白封筒でいいと思います。
表書きは
御水屋見舞
などでしょうか。

夜噺とは,すてきですね。
ぜひ,よい経験をされますように。

聞いたところによりますと
ろうそくを使うと,すすで着物が汚れやすいと
聞きました。
汚れの目立たない色あいのものや
ポリエステルの着物がいいと
聞いたことがあります。
参考までに

http://www.jp-guide.net/manner/na/noshi.html

同じお茶会に招かれている
相客の方達に尋ねてみましたか?
のし袋や金額,水屋見舞いなど
聞いておく方がいいです。

一般的には
赤白の水引で「結び切り」のものを
使うそうです。
意味的には「今回の,ただ一度のお茶会」を
祝い,お礼するためです。

表書きも
御茶事御礼
御礼
夜噺御礼

など,考えられるでしょうから
お茶の師匠や相客に確かめてみてください。
それも茶会に出席するための大切なマナーです。

ただ,最近は,そこの...続きを読む

Q茶道のお歳暮について

質問お願い致します。

茶道を習い出して、初めてのお歳暮の時期なのですが、贈る必要性や、何を幾らぐらい贈れば良いのか全くわかりません。

お稽古は一人がほとんどで、他の生徒さんと話す機会もなく、先生に聞くことも出来ず困っています。

ちなみに渡す時期や渡し方、どんな言葉でお渡しすればよいのでしょうか?

色々なしきたりが全くわかりません。

流派は表千家でお月謝は一般的に良心的で、先生もお優しい方です。

私は茶道の常識を知らない全くの素人です。

詳しい方教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こればかりは先生次第ということもあるのでいろいろなケースがあると思います。
私の場合、先生が出張稽古に来てくれてる外の教室の生徒だったので内弟子さん達とはあえて一線をおいてました。
けど内弟子さん達と同じようにお月謝以外の会費を払っていたので、お中元やお歳暮は会費から捻出して代表者が用意し渡すという形だったようです。
なので私はお中元やお歳暮を先生にお渡ししたことはありません。
その代わりと言ってはなんですが、季節の果物などであまり高価でない品物を産直で送ったりしていました。

ところでお月謝の渡し方は先生が教えてくれませんでしたか?
まだ日が浅いようでしたらつい教えそびれているのかも知れませんね。
茶室に出入りするところからがお稽古ですから、お扇子の使い方についてもきちんと先生に習うと良いですよ。
教えて頂けないままなのは片手落ちというか、言ってみればその分もお月謝に含まれているわけですから。

Q茶道の月謝関係ってどうなってますか?

今度茶道を習おうかなっと思っている20代の男性なのですが?
茶道の月謝は、月の初めに収めるとして、その他にも先生にお渡しするお金ってあるんですか?
お茶の世界って、古い習わしとか尊重するって聞くんですが?
例えば、普通の世間で行っている「お中元」とかいった類なんですが、そういったときは物よりお金ですか?
年何回くらいあって、いつぐらいとかですか?
通っている教室によるとは思うのですが?
参考までにと思って。

Aベストアンサー

月謝は、月4回で6000円(水屋料込み)です。お中元お歳暮は、それぞれ3000円分の商品券をお渡ししてます。でも、これは気持ちの問題かもしれません。ただ、裏千家はお茶会の回数も多く、各先生にお茶券が分配され売れないと先生の負担になるので行ける行けない関係ナシに2枚づつ購入してます。皆さん購入されてます。また。お手伝いも多いので、私の場合は着付け代が1回につき8000円前後です。裏方の歳の方なら問題ありませんが、若年層は表を手伝うので髪もそれなりに見せないと先生に迷惑が掛かりますので・・・(。。)先生によってお茶会の手伝い等も違いはあると思いますが・・・これだけ書くとお金が掛かると思われそうですが、私の場合は本当に良い先生に出会えおつりがくるくらいです。先生選びは慎重にされてくださいね。お茶には想像つかないほどの種類の作法がありますが、先生によっては同じ事ばかり繰り返す方や掛け軸・茶花に変化の無い方もいるそうです。

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q茶道で免状をいただいた場合の先生のお礼はどうしたらいいですか?

表千家でお茶を習ってます。
このたび茶通箱のお免状をいただきました。
先生へのお礼はどうしたらいいのでしょうか?免状申請代の半分必要でしょうか?
今まで申請代の半分ぐらいときいていましたが・・・・
今回申請代が10万だったので、半分だと5万になります。
結構高額になるような気がします。こういう世界なのでしょうか?
ちなみに、同じ先生のところで習う先輩にお聞きしたら、今まで別にお礼はしていないとのことでした。
私は今までは、半額お礼していました。いままでしていたので、お礼なしというわけにもいきませんし、直接きくわけにもいきませんし、どうしようか悩んでます。
先生はとってもいい人です。でも、この先のことを考えると正直かなりきびしいかなと思っています。
先生によっても異なるとおもいますが、アドバイスいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

NO.6です。
私も実際のところ三万円でもいいかと思っています。
先生の格も分かりませんし

社中の方が半額でと言って来たのならそうすべきですが
助言するような方がいらっしゃらないのですよね?

私の社中の方で前回お礼を渡し忘れたか?(知らなかった)
少なすぎたか忘れましたが
次回、足して渡した事がありました。

私の先生は唐物を取った後
相伝をしてくださいます。
その時にお祝いの茶道具をくださいます。
もし貴女の先生もそうであればお礼をしたしないで
品物や待遇が変わってくる事も考えられます。

よく茶名を頂いた時にと回答がありますが
表千家では茶名は御自分が好きな名前を申請したければするだけと聞いています。
ですからお礼の心配はありません。

ここまで来たのですから無理せず続けてくださいね^^
あと二つだけですよ♪

三万円に高価なお干菓子の台を付けるのはいかがでしょう?
私のお勧めは京都 亀広保さんと亀伊織さんです。
特に、伊織さんは時代が時代ならご紹介がないと
作って頂けないお店でした。

参考URL:http://www.geocities.jp/kyo_gasi/index.html

NO.6です。
私も実際のところ三万円でもいいかと思っています。
先生の格も分かりませんし

社中の方が半額でと言って来たのならそうすべきですが
助言するような方がいらっしゃらないのですよね?

私の社中の方で前回お礼を渡し忘れたか?(知らなかった)
少なすぎたか忘れましたが
次回、足して渡した事がありました。

私の先生は唐物を取った後
相伝をしてくださいます。
その時にお祝いの茶道具をくださいます。
もし貴女の先生もそうであればお礼をしたしないで
品物や待遇が変わってくる...続きを読む

Q相伝料をお渡しする際の注意点

表千家を習っております。
先生から「来週、お免状を渡すから、相伝料をのし袋に入れて持ってきてください」と言われました。

相伝料や御礼自体の金額はすでに決めているのですが、どうやってお渡しすればよいのかが、わかりません。

・具体的にどのようなのし袋に入れればよいのか
 (相伝料:4万円、御礼:2万円)
・のし袋の表書きの書き方
・実際に先生にお渡しする際の注意
など…

先生や先輩が明確なことを教えてはくらさらず…。
困っております。

経験者の方、ぜひアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

おめでとうございます。

御礼はシンプルな組紐の紅白蝶結びに、『御礼』の表書きで良ろしいかと。
最初のうちは印刷のものでも可とする先生も多いようですが、上記のものが一番無難かと思います。

相伝料は水引無しの白無地熨斗袋、もしくは白封筒に『相伝料』と書いてお渡しする、月謝袋でお渡しする、など御礼よりはくだけた物を使う場合が多いようです。
「相伝料をのし袋に入れて持ってきてください」と仰られたとの事ですので、水引無しの白無地熨斗袋が適当かと思います。

お渡しする際は、お月謝と同じように広げた扇子に乗せてお渡しされれば問題ないと思います。

Qお歳暮 何をどう送るか

お茶始めたばかりで、お歳暮の時期なのですがどうしようか迷ってます。
特にとりまとめるひとはおらず、「みんなそれぞれの気持ちでその時々で色々」という事のようです。送るかお稽古に持ってくるか品物か現金とかかもそれぞれだそうです。こういう場合どうするのが無難なのでしょうか?
1現金 商品券のほうが品物よりいいのでしょうか?現金 商品券は失礼という話も聞いた事はありますので迷ってます。
2 必ず使う和菓子はどうでしょう?むしろ全く違うもののほうがいいのでしょうか?
3 他の方にならインターネットで申し込んでおくのですが、送る場合はデパートなどへ出向いて送り状つきで申し込んだほうがいいでしょうか?
送り状の場合は季節の絵はがきを使うと失礼でしょうか?

わからないことばかりなのですみません よろしくおねがいします

Aベストアンサー

 初めまして、私も(44歳)一人だけで商品券でお渡ししています。
 同じ先生の他の社中の方と、お稽古が一緒の時間にならないのと、先生以外の方の連絡先もお聞きしていないので。お会いできるのは先生宅でのお茶会のみです。現金よりは失礼にならないかなと思い、習い始めの時の月謝は週二回五千円でお歳暮も同額で、月の終わり頃に一緒にお渡ししていました。今は週四回で月謝は八千円ですが、お中元・歳暮は五千円に、本当はお月謝と同額か一万円の方が善いのでしょうけれど・・・。
 1の現金・商品券は失礼になるのではと私も思いましたが、品物も何にしようかと迷い、商品券(JCB)の方が支払い先を選ばないし、先生もお道具等の買い足しにも良いのでは、また先生によっては現金の方が便利で良いと言われる先生も。
2は、先生宅に沢山あり、京都などの老舗の和菓子ならば構わないと思いますが。たとえば「○らや」、「鶴○○信」。
3は、これこそ失礼になるように思います。私なら、どんなに重くっても持参して行きます。
 

Q茶道で入会を断られました

こんにちわ。教えてください。

私は表千家で20年近く、個人宅の先生にご指導いただいていました。
ただ、歴は長いのですが、仕事が遅くてお稽古に当てる時間も限られていたのと、
先生もご高齢であまり難しい(?)なお稽古をなさらなかったこともあり、
私自身はせいぜいお薄、お濃茶を通り一遍させていただいていたくらいです。
(お炭は1回だけ)

去年、先生がご高齢で亡くなり、
跡を継がれる方がお教室の再開を予定はしていますが
何年後かわからないということもあり、
他のお教室をさがそうかと思ったのですが。。。
まったくの初心者の友人も茶道を始めたいということだったので
ネットに載っていた教室に問い合わせをしたところ、断られてしまいました。

私としては、跡をつがれるお孫さんの教室に通うかはわからないし、
かといってまったく遠ざかっては忘れてしまってもったいないですし、
歴は長いけれど私自身は基礎もなっていないと思うので、
初心者の方とご一緒でいいので、
基礎のお薄、お濃茶のお稽古からお願いしたいとお伝えしたのですが。。。

芸事ですから、師事する先生が変わる場合は
たとえば表千家なら同門会などを通して紹介頂くのが確かに筋かもしれないのですが、
問い合わせをした教室の先生は電話口で
取り付く島もないという感じでして。
「お免状を持ってる方は扱いが違うから」
「長年他でやってきた方はちょっと難しいと思う」
「前の教室が再開されたらそちらへ戻るってことでしょう?」
と。
再開したところへ戻るかはわからないと説明したのですが、
とにかく「難しい」の一点張りで、それ以上の説明をしていただけず、
途中で一方的に電話を切られてしまいました。
なんだか、先生側に私のような立場の人間を嫌う理由があったみたいです。
ネットのお稽古ページに掲載されていたので、
文化センターのような気軽な扱いかと思ったのですが。。。

なぜそんなにも嫌がられたのでしょうか?
中途の人間はそこまで避けられるものでしょうか。
電話口の対応があまりにひどくて、さすがにショックでした。
どなたかご教授いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちわ。教えてください。

私は表千家で20年近く、個人宅の先生にご指導いただいていました。
ただ、歴は長いのですが、仕事が遅くてお稽古に当てる時間も限られていたのと、
先生もご高齢であまり難しい(?)なお稽古をなさらなかったこともあり、
私自身はせいぜいお薄、お濃茶を通り一遍させていただいていたくらいです。
(お炭は1回だけ)

去年、先生がご高齢で亡くなり、
跡を継がれる方がお教室の再開を予定はしていますが
何年後かわからないということもあり、
他のお教室をさがそうかと思った...続きを読む

Aベストアンサー

不快な思いをされましたね。お気の毒に思います。

過去に『私が習ったのと違う』等と仰る生徒さんに
苦い思いをさせられた先生なのかもしれませんが…

とりあえずその先生に『もてなしの心』が無いのは確実。
そんなお教室から学ぶことはなさそうです。

より良い先生に巡り合うまでのステップだと思って、
あまりお気にされませんよう。

Qお茶会のお祝い

近く、自分が習っている茶道の先生がお茶会で茶席を設けることになりました。私は都合で手伝えず、お客として参加します。このときに先生にお祝いを持っていくべきかな?とは思っているのですが、金額とか、のし袋の表書きとか、よくわからないので、教えていただきたいです。よろしくお願いします。(裏千家、私は30代、稽古暦10数年です)

Aベストアンサー

表千家です。私の場合ですが…。

お茶席をお持ちになることが、
その先生にとって特別光栄なことならば、
「御祝」として蝶結びになっている花結びを選びます。
結びきりは、#2の方のご紹介されたURLにもありますが、
結婚式などで「二度と同じ幸せがあってはいけない」という意味なので、
先生が二度とこういう御席をもたれないようにという意味に
なってしいそうので避けます。
花結びは、探してみると結びきりに比べて手に入りにくいのですが、
お茶では頻繁に使うので、
見かけたときにはまとめ買いしています。
金額はお茶会の中身にもよりますが、1万~5万までくらいです。

先生にとって特別な意味はなく、
お手伝いできなくて申し訳ありません…という意味ならば、
水引などがついていない白い封筒に「水屋見舞」です。
私は5000円+本当の差し入れ・・・
自分が水屋にいてもらって嬉しいお菓子
和菓子はお茶菓子があるのでケーキとか、甘くないお菓子とか、
暑い時なら着物でも飲みやすいジュースとかを持って行きます。

かつては、お茶会をお手伝いするときも先生にお礼をお渡しするの習慣があったようです。
もちろん流派や社中もあるとは思いますが…。
それは、そのお茶会でお手伝いすることからも学べることがたくさんあるからです。
それには、とっても同意しています。
お茶を飲みに行くだけでも学べることはたくさんありますよね。
なので、お茶会でお手伝いできなくても
(お稽古をお休みしてもお月謝をお支払いするように)
なんらかの形はするべきだと私は思っています。
お金じゃないけど、気持ちです。

…という意味合いから考えると、普段のお月謝などと照らし合わせて、
金額が出てくるのではないかと思います。
ご参考までに。

表千家です。私の場合ですが…。

お茶席をお持ちになることが、
その先生にとって特別光栄なことならば、
「御祝」として蝶結びになっている花結びを選びます。
結びきりは、#2の方のご紹介されたURLにもありますが、
結婚式などで「二度と同じ幸せがあってはいけない」という意味なので、
先生が二度とこういう御席をもたれないようにという意味に
なってしいそうので避けます。
花結びは、探してみると結びきりに比べて手に入りにくいのですが、
お茶では頻繁に使うので、
見かけたときにはまとめ...続きを読む

Q[茶道]お中元、お歳暮は義務ですか?

表千家で稽古しております。

今の先生に習い始めてから1年経過したところです。
サークル等ではなく隣市から通う生徒さんもおられるぐらい
その辺りでは有名な先生のようです。

先日お稽古に行ったところ、先生より
「1年経過したから、、お中元のお歳暮の時期は月謝半額相当のお金か物を月謝と一緒に収めてください。」
と言われました。
稽古後に改めて考えると「これって普通の事なのかな?」と思い始めました。
これ以外に
「1年経過したから、、冠婚葬祭時の積み立て」として月謝に千円上乗せされました。

このようにお中元、お歳暮を催促されること、また、積立金などの上乗せ金って
茶道界では普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

回答NO.2です。
私の経験はお茶と習字、和楽器です。どちらもお中元お歳暮は差し上げておりましたが、現在続いているのはお茶だけですので、お茶の先生にだけ差し上げています。
月謝と一緒でなくても構わないとは思いますが、稽古に行った時に差し上げます。袋は月謝袋と別で、熨斗袋に入れて現金にしています。
先生も色々必要経費(?)がおありでしょうから、現金の方が宜しいのではないかと思い、現金を差し上げています。
私の場合は、先生が用意されている月謝を入れる箱がありますので、月謝はその箱に入れます。お中元(お歳暮)は台(軽い菓子等)をつけて、先生の私室の方のふすまの陰に、別に風呂敷に包んで置いておきます。
これは我々の特殊なやり方かも知れません。
私の場合は年に3~4回季節の果物を別にお送りしていますが、これは貴方の場合は不必要なのでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング