坂本龍一の『御法度』サントラや『永遠の子』等で聞かれる、こすれたようなくすんだ質感の音はどうやって出すのでしょう?

スルタスト?弱音器? それだけではあの音は出ないように思いますが..?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

同様、効いたことが無いので解りませんが...



”くすんだ”系の音を出しているなら、やはりスルタスト、弱音器の可能性が高いと思います。
あと音程が低い場合、G線で弾くとかなりプルプル言いながらくすんだような音がでます。

気になるのは”こすれた”で、かなり金属的な音が含まれていれば、スルタスト奏法の逆でスルポンティ・チェロという奏法が有ります(駒の近くで弾く)本来は、堅い音を出すための奏法ですが、弓圧を下げてやると一気に係りが悪くなって、黒板を爪でひっかいたような音がでます。これに”サウンド・ブレーカー(強力な弱音器)”を掛けるとこすれた様なくすんだ音に近くなるようにも思います。(超自信なし)

更に、音楽的では有りませんが、ネックの上を(本来音程を取る位置)に弓を当てて引くと、かなり言いようの無い音がでます。(こすれた様なくすんだ音?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー機会があれば聴いて頂けたら面白いと思いますが、えも言われぬ音だと思いますので(ひょっとしたら現代クラシックではポピュラーな表現方法なのかも知れませんが)HAL3800さんのおっしゃる2.3番目の方法かも知れません。

たいへん参考になりました
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/23 04:32

聴いたことがないのでなんとも言えませんが、フラジオレットじゃないでしょうか。


弦を指先で軽く押さえることで、倍音を出すという方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど,妙にピッチが不安定なのでそうかも知れません。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/23 04:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング