結婚7年で性格の不一致を理由に夫が離婚を希望。離婚時点では双方経済的自立が可能で、子供もいない場合、離婚を望んでいない妻の側は、慰謝料の請求ってできるものですか?

これまでの結婚生活では、夫のみに収入があり、妻は学生だったため、夫が主婦の役割も兼ねていた部分があり、夫婦になってから築いた財産のほとんどは、夫の手によるものです。この場合、財産分与はどうなるのでしょうか?

元々の離婚の理由は性格の不一致ですが、現在、夫の側には交際している人がいるようです。肉体関係があるかどうかまではわかりません。

専門家、または経験者の方、ご回答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

世間では離婚時に支払われる金銭のことを一般に慰謝料といっているようですが、


法律的には次のようになります。

慰謝料…配偶者の不倫、暴力などの不法行為によって肉体的または精神的な損害を受けた場合の損害賠償金。
財産分与…婚姻継続中に築きあげた財産の分与。現在は医者や弁護士など特別の技術や能力により得た財産の場合は別として、一般の給与所得者の場合、内助の功は50%、つまり財産の半分の権利があるとされています。
婚姻費用…離婚するまでの期間の夫婦としての生活費用。夫婦は互いに扶助義務があり、その収入に応じて費用分担の義務があります。離婚するまでのあいだ別居などで生活費が渡されていない場合に問題になります。
なお、以上のような区別をせずに「解決金」といった名称で以上の要素を込めて支払われる場合があります。

ところで、ご質問の場合は、
離婚原因が性格の不一致では、一般に妻側に精神的な損害があるとはいえず慰謝料の発生の余地は少ないでしょう。
不倫があるかもということですが、不倫があるかどうかではなくそれによる精神的な損害があるかどうかということですから、今の段階では未だ損害ありとはいえないでしょう。
離婚を望んでいないのに離婚せざるを得なくなることによる損害は考えられることです。ただし、結婚前に相当の仕事をしていた人が結婚によって仕事をやめた場合などで認められたことがありますが、性格不一致での結婚生活を継続することが幸せかどうか、つまり結婚継続と離婚のどちらが損かは難しい問題ですね。
財産分与については、家事の多くを夫がしていたとあれば妻の内助の功は50%とは言えないでしょう。どの程度になるかまず話し合ってください。話し合いがつかなければ裁判所の調停であっせんを受けてください。

幸い夫婦ともに経済的自立ができるというのは結構なことですね。生活能力が低いばかりに泣き泣き家庭にしがみついているケースがよくありますが、自分の人生にプラスにならないものはきっちり清算して、これからの幸せを追求されるというほうが一般的には良いわけですし、そのために必要なのは自立できるということですから。
ご健闘を祈ります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

何が正しいのかは、最終的には当事者どうしで決めることだと思いますが、法的な概念を教えていただいて、その指針とすることができました。

それぞれの今後の幸せのためによく考えて行動したいと思います。

お礼日時:2001/09/22 00:23

NO1の追加です。

慰謝料の考えですが、例えば交通事故で相手にケガをさせてしまったばあい、治療費のほかにも「慰謝料」として通院一日につき**円というような慰謝料が発生します。

 相手に対して、損害賠償と同じように精神的苦痛を与えた場合は、慰謝料を支払うことになります。しかし、例えば夫婦双方が離婚したくて仕方がない場合は、双方の合意ですので慰謝料は発生しないと思います。一方は家庭生活を継続したい、しかし他方は何らかの理由により継続できない。結果として、離婚を選択した場合は、その離婚に至った原因によって慰謝料が勘案されると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございました。

将来のためによく考えて行動したいと思います。

お礼日時:2001/09/22 00:24

 慰謝料とは、離婚するに至った原因を作った側が、至るまでの精神的な苦痛等に対して、相手に支払う物です。

請求するか、又、支払うかは当事者同士の話し合いに寄りますし、双方の合意に至らない場合は法的判断を仰ぐことになります。

 ですから、あなたが精神的な苦痛があったと思う場合は、請求することが出来ます。額についても、いわゆる「定価」はありません。結婚年数や原因などを考慮して、判断することになります。

 財産分与は、7年間で気づいてきた夫婦の財産に対する、妻としての貢献度によって請求することが出来ます。夫の収入のみの場合であったとしても、妻として現金以外の部分で家庭に貢献しているはずですので、請求は可能です。原則は1/2づつと考えて良いでしょう。

 なお、請求期限は離婚後2年までです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

夫にとっては結婚の継続が苦痛なわけですが、妻にとっては離婚が悲しいことなわけです。結婚は契約だから、どんなに苦痛でも途中で破棄するためにはその代償を支払うべき、基本的にはそういうことなんでしょうか?

法的判断で、その苦痛に値段をつけてもらうことになると、何を根拠にそれは測られるものなんでしょうか?

ケースバイケースというお答え以外に、何かありましたらお願いします。

お礼日時:2001/09/21 13:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慰謝料受け取りに領収書は?

相手側に慰謝料を請求するのですが、それの領収書を書いてくれと言われましたが…これは要求されてしかるべきものなのですか?その領収書を確定申告の時に使われそうで(支払った慰謝料を~~代として利用されそう…)なんかしゃくな気分です?!
慰謝料の領収書は書く必要はないものですか?領収書の要求は違法なことではないのですか?…但書は慰謝料として、とは違うもので要求されています…

Aベストアンサー

慰謝料を受け取った場合、相手としては支払った事実を立証するために領収書の発行を求めることは当然です。
(2重に請求されないためも有ります)
但し書きについては、事実を記入するべきで、他の名目を記入しない方がよろしいでしょう。

又、相手が事業などに関連した慰謝料であれば、事業の経費として処理することは認められます。
これについては、やむを得ないことですから、冷静に判断しましょう。

Q双方話し合いの上離婚は確定、夫側が調停申し立て。私は妻です。

夫は職が安定せず、初めは2人の貯金で生活していましたが、
2年程前から妻側の両親から月10万円の援助が始まりました。
去年の春から妻の両親が建てた家に住み始め、
微々たるものですが費用の内5百万円を負担、
実際には金融機関からの融資が職業柄無理でしたので、
両親へ月々4万円づつ払うと約束。
ところがパートへ転職、月々4万円の返済どころか
さらに援助が必要な生活になりました。
去年冬から別居中です(実姉宅)月10万円振り込まれます、
あと2年は援助が必要と平然と言われました。
妻側の要求と致しましては、
1.両親へ5百万円一括で返済して欲しい。
2.婚姻中、1ヶ月たりとも生活させてこれなかったことに対する慰謝料と、
  事実貯金も無く、子供3人との当面の生活費として一括で200万円欲しい。
3.子供3人の養育費として、それぞれが成人するまで、
  小学生の連れ子2人は各月1万5千円(前夫からは2人で月5万円貰っていました。)
  1歳の実子には月2万円、離婚成立時月5万円になる計算です。
夫側は
1.借りたものは返したほうが良いとは思うが、自分一人で借りたお金だとは思えない。
  妻と半額負担の250万円を10年ほどかけて月々返済したい。
2.まったく支払いたくない。
3.第三者に決めてもらう。と言っております。
夫とは金銭的な事も話はしたので、これに不服で調停申し立てしたようです。
この様な内容ですが、調停が始まった場合、どうして良いのか分かりません。
調停が始まる前に、弁護士の方にご相談に伺った方が良いでしょうか?
またその場合、調停には私ではなく弁護士の方が出廷していただけるのでしょうか?
このような内容で、もしも私が不利だった場合に、
有利な立場へもっていっていただけるのでしょうか?

夫は職が安定せず、初めは2人の貯金で生活していましたが、
2年程前から妻側の両親から月10万円の援助が始まりました。
去年の春から妻の両親が建てた家に住み始め、
微々たるものですが費用の内5百万円を負担、
実際には金融機関からの融資が職業柄無理でしたので、
両親へ月々4万円づつ払うと約束。
ところがパートへ転職、月々4万円の返済どころか
さらに援助が必要な生活になりました。
去年冬から別居中です(実姉宅)月10万円振り込まれます、
あと2年は援助が必要と平然と言われました...続きを読む

Aベストアンサー

>私に言い方を変えれば良い訳ですね?
そうですね。ご両親に返済した後ご両親がどうするのかは自由ですからね。

養育費は厳しそうですね。とはいえないものはないのですからねぇ。
一応先に述べた金額の目安は、子供は親と同等レベルの生活する権利があるという考え方から来ています。
ひとつのパンも分け合う仲であるということです。

ただ、親の生活水準が低いと、、、子供も当然あおりをうけてしまいます。

こればっかりはなかなかうまくいきません。

Q自賠責慰謝料受け取りについて

教えていただきたい事がありまして質問させて頂きました
追突事故に遭いましたが、幸い軽いむちうち程度ですみまして、
治療も1ヶ月程で終了しました

治療終了後、保険会社の方に自賠責慰謝料などについての用紙を
送りましたが、音沙汰無しでしたので、保険会社の方に連絡しましたところ、「事故の加害者に連絡がとれなくて困っている」という事でした。
相手方は、何度電話しても出ないようなのですが、治療終了から半年程経っているのに、こういう状況だと自賠責慰謝料?は受け取れないのでしょうか?
何か方法がありましたら、教えていただけると幸いです
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

相手保険会社は任意保険一括払いでの対応ですか?

それとも相手加入自賠責に直接被害者請求したのでしょうか?

前者なら契約者の意向確認が必要なのかもしれませんが、後者なら、通常は加害者に問い合わせ書類を回答期限付きで郵送 電話回答とか回答書類返送がなければ、特別問題はないということで自賠責定額賠償補償金額を振り込むはずです。

半年もかかることはないはずで、担当者が放置していたか??
任意保険での処理ではなく、その担当者にあなたが直接請求できる、自賠責被害者請求に切り替えることを提案されてみては・・・・?

Q夫に仕事がない場合、離婚の際に妻が財産分与しなければなりませんか?

こんにちわ。親族のことで質問させてください。
不仲になった原因の大半が夫にあり(すぐキレて家族を罵倒する、子供に無関心、働かないetc.)、妻には特に落ち度がなくても、夫に収入がないと妻が夫に財産分与するのですか?
A子(私の親族)の夫B(50代後半)は、A子の父が経営する会社の役員でしたが、会社が3年程前に倒産状態で廃業してからは働いていません。一流大卒ですが、人に使われるのはイヤだといいます。現在は仕事を探すポーズもやめてしまいました。

A子は自宅でピアノ講師をしていて、月に数万円の収入があります。好きな仕事とはいえ、自分だけが働いて家事も手伝ってもらえません。(ただし酒乱ではなく、暴力は言葉の暴力だけです。)
夫婦には遅く生まれた子供が2人いて、大学受験を控えています。それでやっていけるのは、A子の親族の経営する会社が、A子を形だけ社員にして、給与を支払っているからです。また、A子・その妹たち・母親などで共有する駐車場等(会社組織にして賃料を分配しています)からの収入を、A子が受け取っています。合計で月50万ぐらいです。

夫婦仲は険悪で、A子は下の子が大学に入ったら離婚したいと常々言ってきました。しかしBは「離婚したら生活できないからイヤだ」という態度です。夫に収入がない場合、妻は「夫婦で婚姻中に築いた財産」の分与だけでなく、夫の生活保証の分も渡す義務があるのですか? あるいは離婚後に仕送りしなければいけないのでしょうか。Bは離婚するなら慰謝料を寄越せとも言っています。
字数制限のため説明不足ですみません。補足しますのでよろしくお願い致します。

こんにちわ。親族のことで質問させてください。
不仲になった原因の大半が夫にあり(すぐキレて家族を罵倒する、子供に無関心、働かないetc.)、妻には特に落ち度がなくても、夫に収入がないと妻が夫に財産分与するのですか?
A子(私の親族)の夫B(50代後半)は、A子の父が経営する会社の役員でしたが、会社が3年程前に倒産状態で廃業してからは働いていません。一流大卒ですが、人に使われるのはイヤだといいます。現在は仕事を探すポーズもやめてしまいました。

A子は自宅でピアノ講師をしていて、...続きを読む

Aベストアンサー

民法762条1項
夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産とする。

同2項
夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。

●このことから自宅はA子さん名義なのでA子さんのもの。
●株も同じくA子さんのもの。
●土地もA子さんのもの。
●貯金は「2項」に該当するので二人のもの。今のうちに下ろしちゃえば自分のものにできちゃいます。

養子の場合の「例外」については私の知識不足で回答できません。いましばらく調べてみます。他の回答者様の応援をお願いいたします。

養育費は普通、大学卒業か成人するまでです。で、夫が経済的に厳しい状況にあっても払うのが基本です。養育費は経済的余力がある人が「おまけ」程度に払うものではなく、子供の生活を安定させるため、自らの生活レベルを削ってでも払わなければならないものなのです。

夫が何歳かは分かりませんが、無職であっても「潜在的労働能力」を考慮して養育費を算定すべきであるという判例もあります。

一流法学部卒を自慢するくらいなら、早く職に就けそうなので(笑)ガッポリ慰謝料・養育費を貰いましょう!

民法762条1項
夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産とする。

同2項
夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。

●このことから自宅はA子さん名義なのでA子さんのもの。
●株も同じくA子さんのもの。
●土地もA子さんのもの。
●貯金は「2項」に該当するので二人のもの。今のうちに下ろしちゃえば自分のものにできちゃいます。

養子の場合の「例外」については私の知識不足で回答できません。いましばらく調べて...続きを読む

Q不倫の慰謝料請求

父親の不倫相手の女性に母が内容証明で慰謝料請求をしました。
音沙汰がないので弁護士さんから内容証明で慰謝料請求をしてもらいましたが、受け取り拒否をされて戻ってきたのでもう1度トライしたらまた受け取り拒否で戻ってきました。
相手の女性が働いて収入があるかどうか、はっきりとはわからなかったのですが、ちゃんとした職場で働いているという情報が今日入ってきました。
その女性はもともとうちの会社で働いていたので、母も私もその女性のことを知っています。

その女性はその新しい職場でうちの父と不倫して母に慰謝料請求されたことを言いふらして鼻で笑ってたとのこと。
確かな情報です。

この女性から慰謝料をとることは出来ますでしょうか。
父は自業自得ですが、母のことを馬鹿にされて、はらわたが煮え繰り返る思いです。
どうかお知恵をお貸し下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 慰謝料の「請求をする」ことは可能ですが,「とることができるかどうか」は個々の事例次第なのでやってみなければ分からないということになります。
 内容証明郵便などの請求に任意に応じなければ,裁判や調停を起こすことになりますが,裁判所に慰謝料請求そのもの或いは望む金額が認められるかどうかは分かりません。
 また,認められたとしても相手に支払能力が無ければ,現実的に取りようが無いということもあります(#1のとおり給与から取れそうではありますが)。

 お母様が裁判を起こしたりすると,相手の女性が「誘惑されて貞操の侵害を受けた」などとしてお父様へ慰謝料請求を起こしてくることも考えられます。だからどうだということはありませんが,泥沼化することもあり得るということになります。
 既に依頼を行っている弁護士と打ち合わせをして方針を決めるべきでしょう。

参考URL:http://www.gyoseisyoshi.com/wakareno/tyuuiten.htm#souba

Q離婚時に財産分与してもらった夫名義の自宅を、所有権移転手続きを済ませ、妻名義にしました。

住宅ローンは夫名義で、妻が連帯保証人です。

そのまま妻が、夫名義の口座に振込み続けるつもりですが、
万が一銀行にバレて、一括請求された場合、
連帯保証人の妻は「個人再生」はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

個人版の民事再生は、住宅ローン返済と住宅を残しつつ、その他の債務を整理するという手法ですので、質問のケースでは、質問者が主債務となる住宅ローンが無い点が要件外となります。

ローン銀行から見れば、ローン契約条項違反(無断での担保物件名義変更)だけを理由に夫に対する期限の利益の喪失(ローン一括返済要求)→当然不履行→担保物件差押→競売と進めば質問者の民事再生に関係なく、自宅の担保処分が可能になります。

自宅を担保処分された後の残債務への連帯保証債務について、質問者が債務整理をするというのは可能ですが、「自宅を確保する」という余地・可能性はありません。或いは質問者が独自で住宅ローンを負っていて、負担した連帯所掌債務を整理するというケースでは検討可能です。

銀行側が名義変更に気付かない(夫は届け出住所を変更できない・ローン返済を遅らせない・気付いても放置してくれる)、という可能性に賭けるしかなさそうです。(銀行も手間隙掛けるよりは約定返済の継続を望みます)ローンの担保付の自宅は資産では無かった(或いはローン残高以上の価値部分だけが財産だった)、と理解すべきだったという話です。

個人版の民事再生は、住宅ローン返済と住宅を残しつつ、その他の債務を整理するという手法ですので、質問のケースでは、質問者が主債務となる住宅ローンが無い点が要件外となります。

ローン銀行から見れば、ローン契約条項違反(無断での担保物件名義変更)だけを理由に夫に対する期限の利益の喪失(ローン一括返済要求)→当然不履行→担保物件差押→競売と進めば質問者の民事再生に関係なく、自宅の担保処分が可能になります。

自宅を担保処分された後の残債務への連帯保証債務について、質問者が債務整理を...続きを読む

Q夫の不倫相手に慰謝料請求することについて

夫の不貞行為が原因で離婚します。
夫と不倫相手、双方に慰謝料請求しようと考えています。
ところが夫は「俺が慰謝料払うから相手女性には一切請求しないでくれ。もし相手女性に慰謝料請求するならば俺は払わないぞ。」と言ってきました。
なので私は夫に「あなたが慰謝料払ってくれるなら女性にはしない。」と言いました。そうとでも言わないと夫は慰謝料払ってくれないと思ったからです。
でもやはり女性に対しても慰謝料請求は必ずしようと思っています。
私が相手女性に慰謝料請求したら夫は大変怒ると思います。
私が「女性には慰謝料請求しない」と嘘を付いたわけですから。
それでも相手女性に慰謝料請求することは法的に問題はありますか?
最初から夫に嘘はつかずに正直に「女性にも慰謝料請求はする。」と言っておいた方が良いでしょうか?
ちなみに私は夫と女性に600万円の慰謝料を請求する予定です。
協議離婚の場合は双方で合意すれば慰謝料の金額は幾らでもかまわないのですよね?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 ご主人から慰謝料を受け取った後、ご主人の不倫相手女性に慰謝料を請求し、受け取ることに何の問題もありません。法律的にも何ら問題ありません。

不倫は共同不法行為だから、ご主人から慰謝料を受け取れば、ご主人の不倫相手女性に慰謝料は請求できない。と、いう間違った情報がネットなどで散見されます。

共同不法行為を理由に2人に慰謝料を請求し、受け取ることは出来ない。と、いわれている原因はたぶん、夫と不倫相手女性の両方を「共同不法行為者」として訴えた場合のことをいわれているのだと思います。これだと当然請求できません。

しかし、あなたのケースは、ご主人と、ご主人の不倫相手女性を分けて慰謝料を請求されるのですから何ら問題ありません。少し問題有りなのは、ご主人の方に先に請求された。と、いうことです。本当はどの様な事があろうとご主人の不倫相手女性に先に請求すべきなのです。

慰謝料の金額は、おっしゃる通りいくら請求してもいいのです。例え裁判になってもいくら請求しても良いのです。ただし、請求の根拠に合理性がなければ請求そのものに説得力を欠きますので無駄になる可能性は高いでしょう。慰謝料請求の根拠を一つひとつ具体的に明らかにすればかなりの確率で請求者の希望に添う結果が得られます。

あなたのご質問文書の書き出しにありますように「夫の不貞行為が原因で離婚します。」この離婚原因をゆずらずに、色々な慰謝料請求の根拠を主張して行けば良いでしょう。自信を持って事に当たってください。

 ご主人から慰謝料を受け取った後、ご主人の不倫相手女性に慰謝料を請求し、受け取ることに何の問題もありません。法律的にも何ら問題ありません。

不倫は共同不法行為だから、ご主人から慰謝料を受け取れば、ご主人の不倫相手女性に慰謝料は請求できない。と、いう間違った情報がネットなどで散見されます。

共同不法行為を理由に2人に慰謝料を請求し、受け取ることは出来ない。と、いわれている原因はたぶん、夫と不倫相手女性の両方を「共同不法行為者」として訴えた場合のことをいわれているのだと思います...続きを読む

Q離婚時の財産分与について

専業主婦です。離婚時にあたり、夫婦の預貯金は合算し、分与の対象になると理解しています。子供名義の預貯金は、財産分与の対象になるのでしょうか?たとえば、教育資金のために貯めているお金など。

Aベストアンサー

厳密に言えば名義は子供であっても夫婦の財産と考えられるものなら共有資産として分与の対象になります。教育資金などもに含まれます。
しかし、子供の固有の資産(子供のものとしてもらったお年玉や贈与など)については子供の財産として分与の対象にはなりません。

Q交通事故の慰謝料の内訳について

慰謝料の内訳について質問です。合計慰謝料の中から治療費を払うのでしょうか?

2年ほど前に事故に合い、先日慰謝料計算書が保険会社から送付されてきました。
内訳は
支払われる金額合計が約160万で
治療費(支払い済)が約70万でした。
で慰謝料がいわばその残りである約90万円だったのですが

ネットで色々調べていると慰謝料についての記述が多く、よくわかりません。
よく言われている赤い本、青い本の慰謝料表は
治療費を含む慰謝料の合計なのでしょうか。
それとも別途慰謝料として表の金額だけ上限として認められるのでしょうか。

また後遺障害12級13号が認められたのですが
その場合の後遺障害慰謝料も別に請求が可能なのでしょうか。
それとも逸失利益の中に後遺障害慰謝料も含まれているのでしょうか。

教えてください。お願いいたします。


詳しい内訳は下のとおりです。

治療期間 入院40日 通院554日(実日数41日) 計554日

治療費(雑費等込み)で728.525円(既払い)

慰謝料 897.600円(任意基準)→ここが表にある慰謝料の部分なのか?

計 1.626.125円→もしくはこちらなのか?

後遺障害12級13号 2.240.000円(自賠責基準)→ここに後遺障害慰謝料が含まれているのか?

過失相殺 325.225円(20%)

合計慰謝料 2.812.375円

ちなみに無職なので休業損害や逸失利益の大きな差が出ないと思っていますが
紛争処理センターには行こうと思っています。

よろしくお願いします。

慰謝料の内訳について質問です。合計慰謝料の中から治療費を払うのでしょうか?

2年ほど前に事故に合い、先日慰謝料計算書が保険会社から送付されてきました。
内訳は
支払われる金額合計が約160万で
治療費(支払い済)が約70万でした。
で慰謝料がいわばその残りである約90万円だったのですが

ネットで色々調べていると慰謝料についての記述が多く、よくわかりません。
よく言われている赤い本、青い本の慰謝料表は
治療費を含む慰謝料の合計なのでしょうか。
それとも別途慰謝料として表の金額だけ...続きを読む

Aベストアンサー

傷害部分は治療関係費、休業損害、慰謝料の3つに大別されます。また、後遺障害部分は逸失利益と慰謝料です。
これらの合計が、質問者様の人的損害で、自賠責限度額を越えると、質問者様の過失分(20%)を相殺(減額)した金額が加害者の賠償責任額です。自賠責限度額内に収まれば過失相殺(減額)はありません。
自賠責限度額は、傷害部分と後遺障害部分は別枠ですから、それを越えるかどうかは別々に判定します。

いわゆる赤い本、青い本の慰謝料は、訴訟時の慰謝料額ですから、示談段階で提示されるはずがありません。紛センへ持ち込んでも赤い本の慰謝料額を要求するのであれば、和解の斡旋は無理です。
また、訴訟の場合は、個々の事情が考慮された上で慰謝料額が決定されるため、赤い本や青い本のように一定の基準はあるというものの、訴訟すれば赤い本の慰謝料が認定されると考えるのは早計です。

>慰謝料 897.600円(任意基準)→ここが表にある慰謝料の部分なのか?

そうです。赤い本等の慰謝料表はこの部分です。質問者様だと160万円余りになると思います。

>後遺障害12級13号 2.240.000円(自賠責基準)→ここに後遺障害慰謝料が含まれているのか?

内訳は慰謝料93万円、逸失利益131万円です。自賠責限度額一杯ですから過失相殺されていません。
赤い本では慰謝料290万円です。また、逸失利益は事故時及び症状固定時に無職であっても、将来就労の蓋然性が高い場合は、年齢別平均賃金を収入額とみなして認定が可能であり、計算方法は
 年収×労働能力喪失率×就労可能期間にかかるライプニッツ係数
です。

例)50歳男性で生涯、労働喪失率14%が認められたとすると、年齢別給与(月額)500,700円、就労可能期間17年、17年のライプニッツ係数11.274なので、逸失利益は500,700×12×0.14×11.274=9,483,418円となります。
※後遺障害12級といっても必ずしも労働喪失率が14%と認定されるとは限りませんし、期間も10年程度に限定されることもよくあります。

赤い本の慰謝料までは無理としても、紛センで和解の斡旋を受けると現状の提示額よりは多くなるでしょう。後遺障害の内容によっては、弁護士委任をして訴訟をする方が有利かもしれません。この辺りは、詳しい資料を弁護士に提示して相談される方がよいでしょう。

傷害部分は治療関係費、休業損害、慰謝料の3つに大別されます。また、後遺障害部分は逸失利益と慰謝料です。
これらの合計が、質問者様の人的損害で、自賠責限度額を越えると、質問者様の過失分(20%)を相殺(減額)した金額が加害者の賠償責任額です。自賠責限度額内に収まれば過失相殺(減額)はありません。
自賠責限度額は、傷害部分と後遺障害部分は別枠ですから、それを越えるかどうかは別々に判定します。

いわゆる赤い本、青い本の慰謝料は、訴訟時の慰謝料額ですから、示談段階で提示されるはずがあり...続きを読む

Q離婚のときの財産分与について教えて下さい

今回もお世話になります。
両親をできれば離婚させたいと考えています。母親もできれば離婚したいと思っているようです。


父親は現在会社員で、兄(俺からすれば叔父)の借金の保証人でしたがその兄が破産したらしく現在返済の身。
現在も毎日酒とパチンコで昔は払っていた生活費をここ最近滞納しています。貯金はほぼ無いようです。


母親は現在会社員で、貯蓄はいくらかあるそうです。父親が滞納した電気代、ガス代、水道代をここ最近払っています。
俺の食費なんかは全て母親が支払っています。

ちなみに自分は20才で、通信制の高校に通っていますが現在休学中です。バイトはしていて実家に住んでいます。


両親は現在家庭内別居中で、父親の借金(元は叔父の借金)の担保に自宅が入っているそうです。
自宅のローンは両親が半分ずつ払っているそうで、母親は全て払いきりました。
ただ父親はまだ完済していないようです。過去に母親がボーナス時に父親のローン支払いをしたことがあるみたいです。



以上をふまえた上で質問させて下さい。


離婚時の財産分与で、この自宅はどうなるんですか?
離婚した場合必ず家は売らなければいけないんでしょうか?

醜い話・・・正直父親に出て行って欲しいです。それは俺だけでなく母親と俺の兄も望んでいることです。それはやはりできないのでしょうか?

その辺りを知りたいです。どうぞよろしくお願いします。。

今回もお世話になります。
両親をできれば離婚させたいと考えています。母親もできれば離婚したいと思っているようです。


父親は現在会社員で、兄(俺からすれば叔父)の借金の保証人でしたがその兄が破産したらしく現在返済の身。
現在も毎日酒とパチンコで昔は払っていた生活費をここ最近滞納しています。貯金はほぼ無いようです。


母親は現在会社員で、貯蓄はいくらかあるそうです。父親が滞納した電気代、ガス代、水道代をここ最近払っています。
俺の食費なんかは全て母親が支払っています。

...続きを読む

Aベストアンサー

ローンの残っている自宅の財産分与はこちら参照
http://www16.ocn.ne.jp/~mukyajim/zaisanbunyo.htm
単純な状況であれば、おそらく相殺すると数百万分ぐらいは父親の所有になると思いますので、その分を支払って所有権を買い取ることになるかと思います。そうすれば追い出せます。

ただ担保に入っているということで問題はややこしくなるでしょう。
その担保が共有財産的な意味合いがあるということになるなら(叔父の保証人になるという行為が夫婦の決定事項で、それによる恩恵も受けていたとか)、そこも含めての折半になります。
父親の独断専行なら逆に父親に担保分を買い取らせることもできますが、あくまでも理論的に出来るというだけで実際には支払い能力が無さそうですから、家は売却してそのお金を(その叔父の借金の)債権者と母親の間で分捕りあいになるんではと。立ち回りを間違えたら取り分がゼロにすらなるかもしれません。

まずは弁護士、税理士、司法書士等の専門家に相談されてください。その担保の具体的な内容が分かれば的確なアドバイスを得られるかと思います。状況次第では殆どタダで追い出せて、家も残るかもしれません。

ローンの残っている自宅の財産分与はこちら参照
http://www16.ocn.ne.jp/~mukyajim/zaisanbunyo.htm
単純な状況であれば、おそらく相殺すると数百万分ぐらいは父親の所有になると思いますので、その分を支払って所有権を買い取ることになるかと思います。そうすれば追い出せます。

ただ担保に入っているということで問題はややこしくなるでしょう。
その担保が共有財産的な意味合いがあるということになるなら(叔父の保証人になるという行為が夫婦の決定事項で、それによる恩恵も受けていたとか)、そこも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング