先日のアメリカテロ事件で旅行予定を変更せざるをえない状況になりました。次の場合は料金の返還を求める事が出来るのでしょうか?アドバイスをお願い致します。

(1)事件当日、オアフ島のホテルに宿泊予定でしたがアメリカ本土からフライトが全線中止になってしまった為オアフ島に行く事が出来ず止む無くキャンセルしました。日本に戻ってから旅行会社に連絡をして料金の返還が出来るか確認しましたが無理との事。『ツアーであれば返還できる可能性が高いのですが・・』という回答に???という気持ちです。確かに約款には当日のキャンセルは100%キャンセル料がかかる、つまり代金の返還は無いとうたっています・・・原則としてフライトキャンセルの場合も含むとうたっているので例外もあるのではないのか、今回は前例のない大事件なので例外に当たるのではないかと思うのですが・・・どうなのでしょうか?」

(2)今回の旅行は個人旅行で企画したものです。航空チケットはFIXで変更不可となっていました。ただ、シアトル~ハワイ~成田として航空チケットを手配した為、通常シアトル~成田のチケットを購入するより20000円ほど高かったのです。しかし、実際には今回のテロ事件により飛行機のチケットが取れずシアトル~成田の直行便で帰国しました。ハワイに寄らなかったので多少の返金があると思っていたのですが・・・『本来は変更手数料がかかるのですが今回に関しては無料で変更致します』との返事・・・別に変更したくて変更したわけではないのに・・・と不服です。

以上の2件がどうも腑に落ちないんです。強く言えば戻ってくるのでしょうか?どんな事でも良いのでアドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的にはテロの場合は航空会社も旅行会社も免責です。


ただ台風とかの場合もそうなのですが・・
約款上は免責でも人道的な問題で対処しているのが
現状です。もともとFIXのチケット(日程・ルートの変更不可)
をお持ちでシアトルー成田に変更できただけ
言い方はよくないかも知れませんがよかったんじゃないでしょうか?

こういう自体でなければ変更料をとられるケースだと思います。

でもハワイに行けなかったのは残念ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。そうですか、旅行会社も免責ですか・・・変更料を取られなかっただけ良しとしなければいけないんですね。旅行会社の人に言われると納得できないのですが、一般の方に言われると納得できました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/23 23:37

テロや戦争の場合、旅行会社は免責なので返金をしなくて良いのです。

海外旅行保険も同様です。確か、航空券の裏とか保険規約に小さい字でコマコマ書かれていたと思います。

(1)ですが、ホテルを予約していて100%キャンセル料をとられたのでしょうか?日本に戻ってから旅行会社に連絡したのが、ちょっとまずかったのではないかと私は思います。私だったら、足止めされているシアトルから旅行会社か泊まる予定だったらホテルに連絡を入れます。

飛行機ですが、シアトルから成田に変更してくれただけでもラッキーだと思った方が良いと思います。FIXで変更不可を変更してくれただけでもありがたい対応だと私は思いますよ。

私の知り合いもテロの影響を受けて、NYに行くはずがカナダの確かトロントで足止めを食いました。友人も個人手配旅行だったのですが、1泊は航空会社が負担してくれ、後は全部自腹でしたよ。結局NYへは行けず、ホテルに監禁されたような状態で、日本に帰ってきましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。又、アドバイスありがとうございました。飛行機は無料で変更してもらっただけ良かったんですね。航空会社に文句を言わなくて良かったです。恥をかいちゃう所でした。(笑)ホテルはお蔭様で全額返金してもらえる事になりました。やはり、前例の無い大事件だったので特例だったそうですが・・。お知り合いの方は本当に大変でしたね。

お礼日時:2001/09/30 01:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今まで世界で重大なサイバーテロは起こってませんよね。大規模なサイバーテロは不可能?

10年位前に インターネットを利用したサイバーテロ:
原発のシステムコンピュータに進入して原子炉を暴走させる,
米軍のシステロコンピュータに進入して核弾頭を強制発射させる,
航空管制等のシステムコンピュータに侵入して次々に航空機を強制墜落させる,
病院のシステムコンピュータに侵入して医療機器を誤作動させる
などなど
がいずれ起こるようになると噂されていた記憶がありますが

せいぜい政府機関のホームページにアダルト画像を表示させたり などのいたずら程度しか起こっていません。

9/11テロでも知ったようにアメリカを大変恨んでいるテロ組織も相変わらず多数存在するかと思います。
サイバーテロの方が手っ取り早く,重大な結果をもたらせるかと思いますが現在そのような重大なサイバーテロは全く発生していません。

結局,サイバーテロって意外と難しいのでしょうか?

せいぜいホームページのいたずら程度が精一杯??

Aベストアンサー

>10年位前に インターネットを利用したサイバーテロ:
そもそも、この前提が間違っていまして、原子炉制御だの軍用だのはインターネットに直結などしていません。
ですから、貴兄が例に出した「テロ」は起こしようがないのです。

「テロ」に近い被害を出したことは結構あります。
通称「F5攻撃」と呼ばれるものが一般的で、サーバコンピュータを故障させてネット機能を低下させるというものです。
先日は北朝鮮(?)がアメリカにコレをやり、政府機関のWebなどに被害がでています。嫌がらせの域を越えていませんが。

スパムメールも、ある意味でサイバー攻撃と言われています。

Qキャンセル待ちチケットは直接空港カウンターに並んで取るもの?

キャンセル待ちチケットは直接空港カウンターに並んで取るもの?
アメリカ旅行に行くのに旅行社で格安チケットを頼んだら、キャンセル待ちといわれました。
出発予定日が近づいていますが、まだ連絡がありません。
アメリカ在住の友人は「キャンセル待ちチケットは空港カウンターに並んで手に入れるもの」といいます。
eチケットとして旅行社から手に入らなくても空港カウンターに並べば、少しでも可能性があるのでしょうか。今のところ、旅行社には手付けとして一部金を払っているだけです。
アメリカの映画でカウンターに並んで粘って手に入れているシーンを見たような気がしますが、これは正規の料金を払った場合だけに可能なことでしょうか。
あまり海外旅行をしたことがないので、どなたか説明くださると助かります。

Aベストアンサー

キャンセル待ちは 二通りあります。
一つは、代理店なり 航空会社に予約を入れて、他の乗客の予約キャンセルを待つものです。キャンセルが出て、予約が取れた時点で発券です。通常は2日前でキャンセル待ちの締め切りとなります。その時点で席が確保されないとチケット自体の発券はありません。これは質問者さんの言うフィクスチケット方式となります。
もう一つは、空港のカウンターで、予約したが搭乗しないでキャンセルされた席を待つものですが、この場合は オープンチケットを持っているか、席が取れた時点でチケットを買う(正規割引航空券など高いチケットになります)ことになります。これは、搭乗締め切りぎりぎりまで待つことが出来ます。ただし、取れないと 無駄足となり、スゴスゴと帰ることになりますが
さらに、もう一つは、もっと高くても良いから是非とも乗りたい時は、プレミアム(例えば10万円とか)を別に払って 他の乗客に変わってもらうこともあります。ただし、一年に一人か二人しかないようです。

Q夜(深夜)に食べ物の画像を見ると、何か食べたくなりますか?

飯テロという俗語がありますが、夜(深夜)に食べ物の画像を見ると、何か食べたくなりますか?

画像はぱくたそから借りたフリー素材です。
https://www.pakutaso.com/201511223214-1.html

Aベストアンサー

美味しそう〜
食べたくなる〜

Qチケット代金とキャンセル料の請求について

友人の話なのですが。

キャンペーン割引のある航空券購入手続きを、出発予定日から1ヶ月ほど前にし、出発14日前になってキャンセルしなければならない事になりました。

すぐにキャンセルの問い合わせをしたのですが、該当の営業所が定休日だったため、規定にある「2週間前でのキャンセル」ができず、キャンセル料が上がりました。

その翌日、キャンセルの手続きをしに営業所に行き、担当者に説明を聞いたところ、
「チケット代金¥50000とキャンセル料¥30000を合わせた¥80000を支払うように」
と言われたそうです。

通常ホテルやチケット等のキャンセル料とは、

正常な代金 - キャンセル料 = 差額分を返金

というものだと思うのですが、このような請求の仕方は違法ではないのでしょうか?
なお、キャンセル料に関する紙面を最初の手続きの際に受け取っておりますが、金額表があるのみで上記のような計算を示す記述はありません。


お聞きしたいことをまとめると、
・チケット代+キャンセル料金という請求について
・営業所が定休日だったため手続きが出来ず、キャンセル料が上がったことについて

なお上記のよう内容について、電話等で相談できる機関がありましたら教えていただけたら嬉しいです。
皆様よろしくお願いします。

友人の話なのですが。

キャンペーン割引のある航空券購入手続きを、出発予定日から1ヶ月ほど前にし、出発14日前になってキャンセルしなければならない事になりました。

すぐにキャンセルの問い合わせをしたのですが、該当の営業所が定休日だったため、規定にある「2週間前でのキャンセル」ができず、キャンセル料が上がりました。

その翌日、キャンセルの手続きをしに営業所に行き、担当者に説明を聞いたところ、
「チケット代金¥50000とキャンセル料¥30000を合わせた¥80000を支...続きを読む

Aベストアンサー

 チケット代+キャンセル代を払わないといけないのはおかしいですね。間違っているのですから払う必要はないです。もしも払わなければならないような事態に進展してしまった場合は根拠をじっくりと説明してもらってください。第3者からみてもどうみてもおかしい話ですから。

 定休日だったことについては、最初は民法第142条で、締め切り日が定休日だった場合は翌日まで有効になるということになっているのですが、これは支払い日でキャンセル日が前もって定休日だと分かっている場合は適用されないような気がします。とある旅行会社のホームページで「正月はどこでも定休日になりますから、年末年始は5日ほどキャンセルはできず、年明けて最初の営業日をキャンセル日とします」というようなことが書かれていました。

 相談所は日本旅行業協会(参考URL)から消費者相談コーナーのページに行くと電話番号もあります。

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/

Q何故テロは起こるのか。

テロが世界各地で起こっていますが、
テロを起こす方(原理主義の人?)はどうしてテロを起こすのでしょう。
何を期待してテロをおこすのでしょうか。
テロが起こって、何が変わるのでしょうか。

Aベストアンサー

テロの多いイスラムに限定して言えば・・・

イスラムの若い人たちはその多くが将来に絶望しています。

なりたい職業につける可能性はゼロに等しく、世の中は不安定のまま。

イスラムでは掃除人は一生掃除人でその仕事につける子供も掃除人だったりと仕事が身分制のごとく決まっているらしいです。

希望を持てないのを上の人たちが指導者(政府)が間違っているからだと非難し、
アメリカが悪いからだと常に自分たち以外の外部のせいにします。
(アッラーを信じないものは×なので)

特にイスラム原理主義の悪いのは、彼らにとって自爆テロは、絶対正義なのです。
彼らからしたらなんだかんだと内政干渉してくるアメリカは悪で彼らを倒す(打撃を与える)ことは、
ジハード(聖戦)。そのジハードで死ぬことは名誉であり、天国へ行けると確約されているので、
現実の将来に絶望して、政府や外敵を憎むことを教えられて育った若者は、
上の指示系統からの指示で(要は利用されている)喜んで自爆テロしちゃうんですよ。

もともとイスラム原理主義は排他的で戒律がきびしく柔軟性が皆無なので、残虐で最悪な結末になってしまいがち。

アメリカや欧米各国がこぞって手を引いてもイスラム同志でも主義主張が異なるので、イスラム社会が落ち着くのに少なくともあと100年はかかるのではないでしょうか。いや永遠にあの世界は紛争が絶えないかも・・。

あとテロの本質は、現実を変えるためにはもう破壊しかない、一切を破壊したあとに新しいものを打ち立てないとダメだという結論になったときにおこります。
特に若いころは誰でもそうなりがち。そしてそういう若者を生み出す輩と扇動する悪い輩がいるからなくならないんです。

テロを起こす連中はテロでは何も変わらないとはもちろん微塵も思っていないので(逆にテロしかないと思っている)、自分がテロを起こすことで何か世界が変わるきっかけになればと思ってしかけるわけです。
まともじゃないわけです。テロで満足するのは仕掛けた連中だけ。よくぞやった!で終わり。
9.11ではテロを仕掛けた連中は当然アメリカにしてやったと大喜びしたわけで、正義って人によって正反対になるんですよね。悲しい現実です。

テロの多いイスラムに限定して言えば・・・

イスラムの若い人たちはその多くが将来に絶望しています。

なりたい職業につける可能性はゼロに等しく、世の中は不安定のまま。

イスラムでは掃除人は一生掃除人でその仕事につける子供も掃除人だったりと仕事が身分制のごとく決まっているらしいです。

希望を持てないのを上の人たちが指導者(政府)が間違っているからだと非難し、
アメリカが悪いからだと常に自分たち以外の外部のせいにします。
(アッラーを信じないものは×なので)

特にイスラム原理主義の悪...続きを読む

Qエミレーツ航空のキャンセル、変更について

エミレーツ航空のサイトを見てもよくわからなかったのですが、
チケットをキャンセルもしくは変更する場合、手数料等かかるのでしょうか?
連絡なしだと全額というのはわかるのですが…
ご存知の方いらっしゃいましたら金額等教えてください。

Aベストアンサー

どこの航空会社でも同じですが、チケットの種類によって キャンセル手数料が違います。普通正規料金は直前でも無料ですが、安いチケットほどキャンセル料は高くなります。変更手数料も同様で、チケットの種類によって異なります。
hpより便名→運賃を選択し、そこの運賃条件をクリックすれば キャンセル料などが出ています。英語ですが 個人旅行なら それぐらいの英語は理解できないと・・・・

Q仏教はなぜテロがないのでしょうか?

最近、イスラム過激派のテロのニュースを毎日のようにテレビで観ますが、仏教徒がテロを行ったということを聞いたことがありません。

イスラム教徒のなかでもテロをするのは、ごく少数だと思うのですが、イスラム教ではテロがあり仏教ではテロがないのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

 確かに昔から東アジア地域では武装闘争が少ない気がします。

 なぜでしょうか。私の考えでは布教方法に違いがあると思います。仏教では、一部の日蓮系の宗派は活発な布教活動をしていますが、その他の宗派は相手を説き伏せて改宗させるようなことが少ないです。一神教で、他の宗教は認めないという考え方がユダヤ教とその派生であるキリスト教、イスラム教にはあるのでしょう。

 これは政治にも言えます。民主主義が一番で、西欧流の民主主義を輸出しようとする欧米諸国、IMFの体制が一番で緊縮財政を強いる経済体制・・・とキリスト教国、イスラム教国と仏教国の考えは異なります。(中国は現実的な道教の教えの国です。)

 どちらがよいとは言いにくいですが、一神教的な国には昔から哲学があり、仏教国は哲学には弱いように思えます。ですから言い合いになると、仏教国は負けてしまいます。また交渉事にも弱いです。

 しかし仏教国は一つの考えに集約していないので、その考えに沿ったテロなどは起きにくいでしょう。どうしても世の中は、強いものに惹かれてしまいがちですが、声を張り上げているのが正論とは限りません。自分の考えが正しいと、押し通すのがよいのか、悪いのか、何とも言えないと言えます。

 

 確かに昔から東アジア地域では武装闘争が少ない気がします。

 なぜでしょうか。私の考えでは布教方法に違いがあると思います。仏教では、一部の日蓮系の宗派は活発な布教活動をしていますが、その他の宗派は相手を説き伏せて改宗させるようなことが少ないです。一神教で、他の宗教は認めないという考え方がユダヤ教とその派生であるキリスト教、イスラム教にはあるのでしょう。

 これは政治にも言えます。民主主義が一番で、西欧流の民主主義を輸出しようとする欧米諸国、IMFの体制が一番で緊縮財政を強...続きを読む

QJAL株主優待券のチケット発行後のキャンセル方法

先日、ヤフーオークションにて格安チケットを購入しました。
出品者の方は、株主優待券を利用してチケットを予約・購入・発券してもらったようです。

現在、チケットが手元にあるのですが、予定していた日に旅行に行けなくなりました。
そこで、日程を変えるか、キャンセルし、料金の払い戻しを受ける事できるのでしょうか?

日程を変えるにしてもまだ、予定を立てることができないため、払い戻しを希望したいのですが、自分で購入したわけではないので、ちゃんと、払い戻しができるかが心配です。(オークション出品者の方が代行して払ってくれているので・・・)
もし、払い戻しができた場合、普通運賃の値段で払い戻しになるのでしょうか?
(だとしたら、かなり儲かる事になってしまうので・・・)

わかりづらい質問ですいません。

Aベストアンサー

まず、日程の変更ですが、飛行機の場合、新しい予約を入れずに現在の予約だけを取り消し、「オープン券」というものにすることができます。
その場合は、航空券発券日の翌日から起算して90日後の日までが有効期間になりますので、その間に乗ることができるのであれば、改めて予約を入れて利用できます。
なお、新規予約、予約の取消、変更は電話でも可能です。

また、その間に乗ることができないという場合は払いもどしということになりますが、購入者がクレジットカードで購入していた場合、あなたが払い戻すことはできません。(カードの売り上げを取り消すだけになるため。)
運よく(?)現金で購入していた場合はあなたが払い戻すことができます。

払いもどし額は、予約便出発前に払い戻す場合、券面額(航空券に記載されている運賃)から払いもどし手数料420円を引いた金額になります。

そのほかに、購入時に使用した株主優待券の代用として、次回に利用できる「株主優待券代替証」というものが発行されます。(空港や航空会社の市内カウンターで払い戻した場合)
ただし、航空券が5/31までに発券されている場合は、元の株主優待券の有効期限が切れていますので、代替証は発行されません。

まず、日程の変更ですが、飛行機の場合、新しい予約を入れずに現在の予約だけを取り消し、「オープン券」というものにすることができます。
その場合は、航空券発券日の翌日から起算して90日後の日までが有効期間になりますので、その間に乗ることができるのであれば、改めて予約を入れて利用できます。
なお、新規予約、予約の取消、変更は電話でも可能です。

また、その間に乗ることができないという場合は払いもどしということになりますが、購入者がクレジットカードで購入していた場合、あなたが払い戻...続きを読む

Qテロ 原因 パキスタン内部でのテロ!

パキスタン-アフガン国境でテロが増えています。
今回のテロの原因はパキスタン国軍が、国境付近のイスラム過激派の多くいるとされる地域を攻撃したことに対し、過激派側が報復したと聞きました。

このような国内でのテロは、なぜ起こるのでしょうか。私はこれまで、イスラム過激派がテロを起こす大きな原因として、アメリカを中心とした現在の体制への反発によると考えてましたし、そのような理由で外国の大使館がテロの標的にされる理屈はわかります。でも、パキスタン国内での国軍側とイスラム過激派の対立がなんでテロに結びつくのかわかりません。また、このようなパキスタン国内のテロについて、国際社会が介入する必要性あるいは効果(?)についてどう思われますか?

Aベストアンサー

イスラム過激派の根底にあるのは「自らの行為は神のため」という強い信仰心ですので治安維持のため自分達を鎮圧しようとする政府軍やら何やらも信仰を妨げる敵になってしまうんでしょう(この点についてはNO1の方が仰る連合赤軍も同様ですが。一言で言えば狂信)
パキスタンは911以降、イスラム国家のうちでは比較的親米な態度を取っていますので、そこらの事情も含んでいるとは思いますけど。

国際社会の介入についてはまずパキスタン政府が拒否するでしょう。内政干渉にもなってしまいますので、積極的にやりたがる国も多くはないでしょう。イラク、アフガンの例を見ても多数の国家による介入が事態の正常化に役立つよりはより泥沼に発展する可能性のほうが高いでしょうね。

Qオープンチケットの日付変更について

ワーホリでNZのウェリントンに来ています。
1年間のOPENチケットを持っていて、帰りはシドニー発ということになっています。
さて、帰りの日付変更をしたいのですが、どうやってやるんでしょう。
キャセイがNZに事務所を持っているか調べたら、ないようですし、わざわざシドニーまで行って、窓口で変更ということになるんでしょうか。
どなたか、変更のしかた、教えてください。

Aベストアンサー

New ZealandはAucklandにあります。
下記HPを。
http://www.cathaypacific.com/cpa/en_NZ/contactus/localcontacts

Reservations 64(9) 379-0861,
0800-800-454


人気Q&Aランキング

おすすめ情報