『檸檬』はあまりにも有名ですが、
檸檬のように丸善が出てくる小説ってほかにご存知ですか。
いろいろとあると聞いたのですが、探し方がわかりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

知っている限りですが、芥川龍之介の『歯車』と、宮本百合子の『帆』に丸善が登場します。



ちなみに芥川龍之介は『文芸的な、余りに文芸的な』でも丸善について記述しています。
    • good
    • 0

むかしの小説や評伝などに丸善はよく出てきますよ。

あまりの多さに、さすが、と思って。
残念ながら、どの作品だったかひとつも記憶していませんが、なかに、明治時代の丸善の店内風景を描いたものがあって、洋書のほかに文明の利器たる万年筆などの文具販売、喫茶店もあり、いかにもそのころの最先端といったシャレた雰囲気(いまのわれわれからすれば垂涎の的のレトロな雰囲気)の、書店というより憧れの西洋の香りただよう文化サロンといった趣きでした。いまにのこっていたらなあ、と残念におもったのを思いだします。
    • good
    • 0

有名どころでは、田山花袋の『蒲団』にもでていましたよ。


明治時代の丸善は、洋書や輸入雑貨の揃う数少ないお店だったようで、当時のハイカラな文豪たちにとったら、貴重な海外文化の摂取の場だったんでしょうね。
    • good
    • 0

小説ではありませんが、宮沢賢治さんは丸善に本を注文していたことがありましたし、丸善特製の原稿用紙を用いていた事も知られています。

「賢治は丸善の雰囲気に好感、関心と同時に批判の半面をもっていた」と原子朗さんの宮沢賢治語彙辞典にあります。ご参考までに。
    • good
    • 0

佐多稲子は大正十一年ぐらいから、二年余り丸善に勤務したようです。


周辺の様子を含めた記述は、著書「私の東京地図」(講談社文芸文庫)の挽歌の項に詳記されています。
余計なことですが、丸善にこだわられることに興味がありますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員の図書館司書について。 私は、将来司書になりたいと思い、現在勉強中です。就職について、求人検

公務員の図書館司書について。

私は、将来司書になりたいと思い、現在勉強中です。就職について、求人検索したところ、司書として働くのは、パートや派遣がほとんどで、良くて契約社員なのかな?といった印象を受けました。
そこで、公務員として図書館で働くことを、1番の目標としていきたいと思ったのですが、地方公務員の採用情報に「司書」「図書館司書」というように記載されている市は、とても数少ない事がわかりました。
しかし、よくよく調べてみると、「一般事務Ⅱ」などと書かれている中に、図書館業務が含まれる地域もあることがわかりました。
そこで、質問なのですが、地方公務員の事務職員として就職した場合、全ての市において〇図書館業務に携わり、司書として働ける可能性があるのでしょうか?
それとも、それも特殊なケースなのでしょうか?

一般事務として採用された場合、もし司書業務に携わることができたとしても、他の仕事に配属される可能性の方が高いことは承知の上です。
長々申し訳ありません。
どなたか、教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

普通、公務員として一般事務Ⅱ種で試験を受けて合格したとして図書館に勤務できるとはほぼ難しいと思います。あくまで人事課や上層部で人事異動を考えていくわけですが、ちょうどそのポストが空いていること並びにその資格を有することが条件となりますので運がむちゃくちゃ良くて図書館司書としてなれればいいかな、くらいの確率です。(正直ほとんどありえないくらいの。)
また、図書館司書というのは今ほとんどの市町村は臨時さん良くて嘱託職員がやる仕事くらいにしか上層部は思っていないのだと思います。

Q檸檬

檸檬を読んで考えたことを教えてください。
私は読んでもなんとも思わなかったので十分なお礼が言えないかもしれませんがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

梶井基次郎の「檸檬」でしょうか

昔、高校時代に読んだ覚えがあります。その時は、丸善の本屋に爆弾に見立てて置いた、鮮やかな黄色をした檸檬の光景だけが印象に残りました。
今その作品は著作件も切れていて、インターネットで読めるようになっていました。
これを機会に久し振りに読み返してみました。

作者の梶井基次郎は当時肺炎を患っていて、精神的にも参っていた様子がうかがえます。
高校時代には分からなかったことですが、これは不条理の小説だとおもいました。

現実から阻害され打ちひしがれて、かつてのような瑞々しい感性が失われつつある時、その感性を取り戻すがごとく喝を与えてくれたのが檸檬でした。それは色といい、形といい、手触り重さ温度までも全てが、彼の病んだ感性に訴えかけてくるものがありました。それを違和感有る丸善店内の本の上に置いた時、たった一つの檸檬が現実のなかで調和をもたらしたのです。そしてある意味現実への復讐を果たすべく、檸檬を置き去りにして爆弾に見立て、店もろとも吹き飛ぶ様を想像し、爽快感を味わうことが出来た。そのような内容だと思います。

死を前にした作者がこの世の不条理を感じ、檸檬に重ね合わせた自分もろとも世の中を吹き飛ばす。そんなイメージを楽しみながら、檸檬を象徴として心の浄化作用を小説に求めたいい作品だと思います。
今の時代ではアメリカのアクション映画とか、心のもやもやを吹き飛ばす娯楽的なものが多く想像しづらいと思いますが、大正当時の時代背景を考えると作者のやるせなさが伝わってくるように思います。

梶井基次郎の「檸檬」でしょうか

昔、高校時代に読んだ覚えがあります。その時は、丸善の本屋に爆弾に見立てて置いた、鮮やかな黄色をした檸檬の光景だけが印象に残りました。
今その作品は著作件も切れていて、インターネットで読めるようになっていました。
これを機会に久し振りに読み返してみました。

作者の梶井基次郎は当時肺炎を患っていて、精神的にも参っていた様子がうかがえます。
高校時代には分からなかったことですが、これは不条理の小説だとおもいました。

現実から阻害され打ちひし...続きを読む

Q知的障害者雇用の図書館司書の求人の探し方

アスペルガー症候群です。図書館司書を希望してますが、障がい者枠の求人としてあるのでしょうか?
どこを探しても見つからないので、アドバイスなどをお願いします。 

Aベストアンサー

支援学校教員です。

図書館司書ということは公務員ですよね。(私立の図書館は違いますが)

アルバイトでも準公務員扱いです。

たまに市の広報誌などに「求人広告」が載っていたりします。

複数の市や県の広報に問い合わせるか、お住まいの市の福祉課で相談される方がいいと思うのですが。^^;

ただ、中々難しいとは思います。

Qこの詩ご存知ですか?

こんばんは。

ちょっと前に「いのちはいのちをいけにえにしてひかりかがやく…」
という内容の詩を聞いていたく感動したんですけど、
タイトルも、誰の詩かもわからないのですが、もう一度全部を読みたい
のです!!

どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。
作者と、タイトル、載っている本の名前がわかると、ありがたいです。

Aベストアンサー

谷川俊太郎「クレーの絵本」の中の「黄金の魚」です。
「クレーの絵本」は講談社から1500円で出ています。

Q指定管理者制度を採用している図書館について

図書館で非正規ですが働きたいと考えています。

正しく理解できているかわかりませんが、希望している図書館は指定管理者制度を採用しているので履歴書は直接その図書館で働いている職員または役所にではなく、株式会社ヴィアックスや丸善などといった会社に提出することになると思っています。

そこで質問なのですが、ヴィアックスや丸善などといったところに提出した学歴や資格または職歴などの個人情報は図書館で働いている職員(面接に通ったら同じ職場で働くことになる方々)の誰かしらに伝えられることはあるのでしょうか?
伝えられるとしてもその図書館のリーダー的役割を担っている方くらいでしょうか?

あまり個人情報を知られたくないもので。

図書館で勤務経験のある方や、そこら辺の事情に詳しい方に回答してもらえたら嬉しいです。

Aベストアンサー

はじめまして、図書館に勤務したこともある元総務事務担当者です。

最近は個人情報保護が厳しく言われている時代です。ですので職歴などについては、派遣元企業の一部の人事担当者以外しか知ることはできません。ですので現場の図書館のリーダー的役割を担っている人であっても知らされることはありません。

また、出身大学についても、正規職員の場合は「新人紹介」などで出身大学部内報などに掲載することはあるかもしれませんが、非正規職員の場合は他の個人情報と同様に、知らされることもないでしょう。

ご希望がかなうといいですね。

Qこんな小説ご存知ありませんか

精神的束縛(離れたいのに離れられない、体が拒絶しても心が拒絶出来ない等)
が描かれた作品が好きです。
痛いもの、グロいもの、怖いものは申し訳ありませんが、アウトで。
私にとって現実的な所(日本の会社や、学校等)が舞台なのではなく、
海外物や、ファンタジーが入っている方が好みなのですが、
こんな小説をご存知の方いらっしゃいませんか?
もし宜しければ、お勧めのものを紹介してください。

Aベストアンサー

「鏡の中の少女」
http://www.kokokara.co.jp/books/book06.html

「鏡の中の孤独」(続編)
http://www.kokokara.co.jp/books/book07.html

>精神的束縛(離れたいのに離れられない、体が拒絶しても心が拒絶出来ない等)
にあてはまるのでは、と思います。
1回しか読まない本が多い中で、何度も読み返してしまった本です。
痛くもグロくも怖くもありませんでした。

Q東京で、使える図書館を探しています

質問
東京の図書館で、超大型書店並に、新しい書籍や専門書を置いてある図書館はありますか。

また、図書館情報でこんな使い方もあるなんていうのがありましたらぜひ教えてください。
よろしくお願い致します。


質問経緯
私の、地元(人口5000人の田舎町です)図書館には、蔵書が数千冊あり、児童向けが主で古本が多いという環境で、図書館は使えない本がある所というイメージがあります。運良く「地球の歩き方」を見つけても発行が90年代のものでそのまま使うのは危険なものもあります。そのため、新しい情報を集めるには不向きだと思っています。
しかし、東京に来てみると、小さな図書館なのに、図書館に雑誌が置いてあったりと、とてもビックリしました。
そこで思ったのですが、ジュンク堂や丸善では座って読むことはできるが、メモを取ることはできないし、書籍を買うための吟味が主です。そのため、大手書店と同様に新しい書籍が読め、メモをとっても怒られないように図書館を探しています。一番いいのは、自分の足で歩いて調べるのが良いのはわかっていますが、東京にはとてもたくさんの図書館があり大変です。もし、今までご利用された中で「使える!」という図書館がありましたら教えてください。よろしくお願い致します。

質問
東京の図書館で、超大型書店並に、新しい書籍や専門書を置いてある図書館はありますか。

また、図書館情報でこんな使い方もあるなんていうのがありましたらぜひ教えてください。
よろしくお願い致します。


質問経緯
私の、地元(人口5000人の田舎町です)図書館には、蔵書が数千冊あり、児童向けが主で古本が多いという環境で、図書館は使えない本がある所というイメージがあります。運良く「地球の歩き方」を見つけても発行が90年代のものでそのまま使うのは危険なものもあります。そのため、新...続きを読む

Aベストアンサー

図書館利用については既出の意見に同意ですが、文芸本を探すなら、ブックオフなどの中古書店を利用するのも手ですよ。ブックオフなどは店内で読み放題なのでお徳です。お店にもよりますが、人がたくさん集まる店舗では、新しい本も結構早くに出回ってきますし。

Qご存知の方教えてください

よろしくお願いします。
「ミスサイゴン」の文庫本なり単行本が読みたいのですが、本屋で
探してもなかなか見つかりません。ミュージカルだけで本は発刊されて
いないのでしょうか? 今年帝国劇場で行われますが、行けそうにもありません。せめて本だけでも読みたいのですが、どなたかご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

ミュージカル関係の雑誌の記事や、劇中に使われた曲の楽譜などはみつかるのですが、ノベライズといったものは出ていないようです。
またDVDやビデオも、作品が海外ミュージカルのため、版権がロンドンにあり許可されていません。
音楽CDは許可されています。
ノベライズされていないのも、著作権者が許可していないのではないでしょうか。

Q書店、図書館経験者の人教えてください。

書店の仕事は接客や発注や検品が主で、薄給で大変だと思います。
本に関する仕事で古本屋や図書館は書店と比べてどうでしょうか?

本は新品でないことや、公共施設なので、色んな利用者がいるかと思います。
大学の図書館は比較的求人が少ないですが、検品の大変さの書店を思えば
図書館でも経験は生かせると思うのです。

書店(大型で超忙しい店)と図書館の仕事の特徴の差を教えていただけますか?
できれば、ご経験者の方にお聞きしたいのでお願いします。

現在図書館司書を取るべく勉強中です。

Aベストアンサー

書店も、大規模書店であれば営業(外回り)やシステム開発などもあり
一概に店舗勤務(あるいは店舗部門)ONLY職種だけではないです。
↓求人例
http://www.junkudo.co.jp/bosyuyoukou2009.htm

http://www.kinokuniya.co.jp/06f/d04/6_040000.htm

図書館や情報センターもシステム開発や管理が主で、
”1日1回も本に触らない”という人もいます。

違いですぐ思いつくのは本を”売るか””貸すか”。
どうしても”貸す”方はメンテナンスする部門や作業が
入る、つまり装備や補修が必要です。

あとは書店・図書館どちらにせよ
正規職員なのか、そうでないのかで
新卒でも与えられる仕事(責任)が変わってくるのでは。

Qプールのお化けの話ご存知ありませんか?

小学生の男の子が主人公の、短編小説で、確か文庫本だったと思います。
ひ弱な男の子が、学校のプールでおぼれて、同い年くらいのお化けの男の子に会う話だったと思います。
数年前に読んで、また読みたいと思っているのですが題名も作者もすっかり忘れてしまいました。
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして。
その短編ですが、多分新潮文庫の
「新潮現代童話館2」に収録されている、
江國香織さんの「亮太」だと思います。

その短編は、その幽霊の子が水泳が得意で、
力を貸してもらっているうちに
二人がだんだん入れ替わっていってしまう、
という感じのものなのですが。
でも、このアンソロジーは1と2とあって、
びっくりするぐらいいい作品ばかり載っているのに
どうやら絶版みたいです。
このお話で合ってるといいんですが・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報