ネットが遅くてイライラしてない!?

ブルースリーのあの速い動きはどのような身体トレーニングによってできるのでしょうか?どのようなトレーニングをしていたかご存知の方いらっしゃれば教えていただけないでしょうか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ブルース・リー物語(?)って映画があったと思うんですが。

。。
たしか、その中でも出てましたが、今で言うEMSマシンのような、体に電極をつけて電気を流すってトレーニングをしていたのを思い出しました。
実際のトレーニングは、截拳道(ジークンドウ)でのものを参考にしてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございました。

お礼日時:2005/06/16 16:40

これはブルールスリーの伝説のひとつなんですが、彼は片手の指たてふせが出来ました。

それも指二本でのものです。この様子は彼がアメリカで道場を開いたばかりの時代にデモンストレーションで行っているもようが影像に残っています。

彼の親友であった倉田保昭(ヤスアキ)氏の証言によると絶好調なときは片手で指一本での指たてふせも出来たと彼から聞いたそうです。?

あの彼の俊敏なうごきですが彼は優秀な武術家でもありますが実はすぐれたダンサーでもありました。香港を離れる直前の1958年にチャチャチャのダンスコンテストに優勝しています。

かの大山倍達も動きが空手の足さばきによく似ているとして社交ダンスを習っています。

これ相手と間合いをとりながら動く点でよく似ていませんか。現実として武術の動きが踊りとして変化し発展した例もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。 指二本の片手の腕立て伏せは知ってましたが、一本でもできるとは驚きです。僕も試したことはありますが、指3本が限界です。
後、ダンサーでもあったことは、もっと驚きです。しかも、大山倍達もしていたとは。 

お礼日時:2005/06/07 23:06

ダン・イノサント氏へのインタビュー記事があるのですが、全部書くと長くなり、また写真を見ないと文章だけではわからないトレーニングもありますが、主だった要約をすると


フットワークと心肺機能を高めるために、ロードワーク(およそ8km)と縄跳び(20-30分)、ベンチへの跳び乗り、跳び下りと飛び越え、脚のトレーニングとしてハーフスクワット、パラレルスクワット(太股と地面が平行)をウェイト無しでおこなっていたそうです。
走るのは毎日ではなく、ウェイトトレーニングと交互の日におこなっていましたが、前腕と腹筋のトレーニングは毎日おこなっていました。
鍛える部位としては胸よりも、背中、肩、上腕三頭筋・二頭筋、腹筋、足腰を重視していました。パンチに必要なのは押す筋肉よりも、肩と背中の筋肉の動きが大切だと考えていたようです。
ウェイトトレーニングについては、当時の彼の筆によるメニュー表を見ると、3-4セットを6-10レップス、リストカールのみを限界回数までを4セットおこなっていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。とても参考になりました。
パンチを速くするにはベンチプレスで大胸筋を中心に鍛えているのかと思ったのですが違うんですね。パンチは背中で打つということでしょうか?

お礼日時:2005/06/07 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジークンドーについて

ジークンドーという格闘技について質問です。

http://www.hiroburo.com/archives/50202767.html
こちらを見ていただければ分かるとおり、非常に素早いです。

そこで疑問に思ったのですが、ここまですごい速度で攻撃できるのであれば、
なぜK-1などの舞台に出てこないのでしょうか?
動画の人物は年齢の関係から厳しいことは明らかですが、
ジークンドーを取得してる若者は居るはずです。

やっぱり武道的な攻撃は見た目こそ合理的ですが、実際にすばやい動きの中で使うのは無理なんでしょうか?

Aベストアンサー

ジークンドーは、素手で戦うことと、金的などの急所を狙うことを前提にある技術なので、K-1などのキックボクシングには不向きだと思います。

構えも、利き腕を前に出し、その腕で攻撃します。
映像の人は、右足右腕が前ですが、右利きでしょう。
キックボクシングなどは、利き腕が後ろにきて、利き腕の攻撃の威力を増します。
一方、ジークンドーは、急所を攻撃するために、威力よりもスピードと的確さを重視するわけです。
この攻撃で、グローブをつけて、顔面やボディに攻撃しても、効かせるのには無理があります。
ならば、連続技でと考えがちですが、ジークンドーの技術には、ブロックするようなディフェンスはありません。
先手の攻撃に失敗した後の対処が、あまり優れてはいません。

このことは、伝統派空手(寸止め空手)に近いものがあるでしょう。

大昔、西洋では盾と剣を持って戦いましたが、東洋では剣のみで戦うことが多かったようです。
その差が、格闘技(武術)にも影響しているようです。
キックボクシングは西洋格闘技ですから、ルールを考えれば、東洋武術で戦うのには無理があると思われます。

ジークンドーは、素手で戦うことと、金的などの急所を狙うことを前提にある技術なので、K-1などのキックボクシングには不向きだと思います。

構えも、利き腕を前に出し、その腕で攻撃します。
映像の人は、右足右腕が前ですが、右利きでしょう。
キックボクシングなどは、利き腕が後ろにきて、利き腕の攻撃の威力を増します。
一方、ジークンドーは、急所を攻撃するために、威力よりもスピードと的確さを重視するわけです。
この攻撃で、グローブをつけて、顔面やボディに攻撃しても、効かせるのには無理が...続きを読む

Qブルース・リーのような筋肉をつけたいです。

筋トレをやろうと思っています。
現在武道をやっているのですが、ブルース・リーのような
パンチやキックのスピードかつパワー、身軽なフットワーク、
持久力、柔軟性などなどを身につけたいと思っています。
そのための筋トレ、柔軟体操などの方法を教えてください。
(一日何を何回、何分間やったらよいなど)
リーさんが実際にやっていたものがわかれば一番よいのかも
知れませんが、そのような情報はあるのでしょうか。
また、参考になりそうなサイト、本などありましたら
そちらも教えていただけると本当にありがたいです。

Aベストアンサー

ブルースリーは筋肉質の肉体を作るために訓練をしてた訳ではなく武術(カンフー)を突き詰めた結果です。
筋肉質な体型があるから武術が出来る訳ではないと言ってます。
ブルース・リーは見ると解ると思いますが背中の筋肉が異常に発達してて武術(カンフー)では背中の筋肉を重要視し、そして腹筋、足腰、肩、腕といった具合に考えていたようで、胸の筋肉はパンチのスピードが遅くなり邪魔であると考えてたようで写真を見れば解りますが胸の筋肉はあまり無いです。


http://www.love-asianbeauties.com/brucelee/lee_muscle1.html

上記の事はHPを見れば書いてあるので参考になさって下さい。
トレーニング方法も書いてあります。


人気Q&Aランキング