人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現代の格闘家、過去の武道家も含めて、筋力トレーニング(体の筋力を増やすための運動)を行う者が強くなるという事例があまり見受けられない印象があります。私自身も柔道を10年ほど続けていますが、学生時代に筋トレを行っていたときは力は強くなったが、結局はバランスなどが崩れ、思ったような結果が残せなかった気がします。年配の指導者に聞くと、理由は不明ですが「筋トレなんかやらん方がいい」と頭ごなしに言う方もおられます。プロレスの神様カールゴッチも科学的な根拠なしに、ただひたすら何千回もの腕立て伏せ・スクワットを行って、無敵だった。筋力というより筋持久力なのか?・・・
私は今流行の古武術なども試してみようかと思うのですが、これも筋力云々は必要無いという教えです。格闘技において果たして筋トレというものは本当に意味のあることなのかそれとも無いのか?皆さんの経験などをお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

まず、古武術系の筋力がいらないというのは、真剣勝負について言っているものではありません。


たとえば合気道というスポーツに、乱取りがなく、相手が本気で抵抗しない型稽古だけだから、稽古をするにあたり力がいらないという意味にすぎません。
合気道には、他の格闘技・武道・武術に比べて、特に力がいらずに人を投げられる・倒せるテクニックがあるという意味では決してありません。
介護時に、効率よく患者を持ち上げられる方法、などに古武術のテクニックが有効なときはありますが、相手が本気で抵抗する真剣勝負ではまず使えません。

やはり人を投げる・倒すのにパワーは絶対に必要だと思います。パワーがあった方が有利です。
ただし、いわゆる筋トレで必要なパワーがつくか、となると微妙です。

ご自身の経験通り、筋トレを行い、筋力はついたがバランスが悪くなって…という話はよく聞きます。
筋トレで筋力を高めることは大切ですが、やはりバランスも同じくらい必要です。
一つの筋肉をばらばらに鍛える筋トレを否定する人は多々います。そういう筋トレを行うと、バランスが悪くなるという話です。
ですので、ロシア人がよくやる、反動をつけた懸垂やタイヤをハンマーでたたく行為とか、レスラーがよくやる人を持ち上げるトレーニングは、実際に使う動きに近い運動で全身の筋肉を鍛えられるので有効だと思います。
あと、上達を考えた場合、力で戦うよりは、テクニックを使った方が、上達はいいと思います。その意味で、筋トレを否定する人もいますが、個人的には、そういう場合は、筋トレを否定するのではなく、力を使った技を行うことを否定すればいいと思います。

ですので、私の意見としては、ジムでのウエイトトレーニングには懐疑的、実際に全身を使って行う筋トレには賛成、といったところです。


最後に関係ないですが、塩田先生と年をとったら筋力が…という主張について少し述べます。

塩田先生は、全盛期には当時の格闘技のレベルとしてはそこそこ強かったと思います。ただし、老後は強かったとは思いません。
達人は、別に真剣勝負で強いことが求められるのではなく、ごく限定された状況下でとてもうまく技が決まることができればいいと思います。
演武や型は、相手が小走りに向かってくる、本気で抵抗しない、掴んだら放さないなどの条件があります。
塩田先生は、その演武や型という限定された状況の中では本当に相手を投げています。演武や型では誰よりもうまかったと思います。
それで十分だと思います。
ですが、真剣勝負なら、決して強くはなかったと思います。

老後に筋力が…という主張ですが、
まず、筋力は老後絶対に衰えますが、鍛えていればその衰えも緩くなります。鍛えていなかった70歳と、鍛えていた70歳では、筋力は天と地ほど差があります。
また、筋力が衰えたら、力を使った技ができなくなるというのは本当でしょうが、柔道家やレスラーが力を使わない技ができないとも思えません。
実際の戦いの中で、力を使って技を出し合っているからこそ、理合いがつかめると思います。型でしか稽古していない人よりは、理合いを相当つかんでいると思います。
ですので、柔道家は年をとっても、型しかやっていないような武道家より数段強いと思います。
    • good
    • 0

まず私は、カラテを十年、合気道を二十年以上継続しております。

カラテの場合は、人体急所を攻撃します。極真カラテは、フルコンタクトですので、顔面殴打などの反則をのぞけば、自由に攻撃できます。そこで、3分戦って、延長戦、再延長戦と実に7分間戦うこともあります。いづれにしても、急所に的確に、正確に攻撃が決まらなければ、いくらウエイトトレーニングをしても、何の効果もないのです。貴殿も同じく、ただ力任せに相手を投げようとせずに、相手の動きを呼んで、バランスを崩すなどの工夫を、すれば良かったのです。勿論、極真でも言われたことですが、技云々言う前に力だよ!ということです。自重を利用した自力本願の稽古を積めばよいのです。マシンは、マシンが負荷をあげてくれるから他力本願になってしまいます。ですので、腕立て伏せを100回できるようにするとか、スクワット1000回というのは、正しい考えですよ。そして、合気道を絡めれば、相手の気の流れを感じ取る、ということが必要になります。気の流れは、相手の呼吸や力、攻撃の予兆などです。これらを感じ取って、不意に相手の懐に入っても、上段回し蹴りをカットできるのです。ですので、格闘技、武道は、「心・技・体」の3つの調和が不可欠ですよ。ただ闇雲に、武道を稽古しても意味がないのです。その意味においては、筋トレは、いらない、ということになります。但し、力がないのは、正義の無い力と同じく暴力に等しいのです。ウエイトトレーニング、特にベンチプレスで自重を自分の年齢の数挙上できるか否かです。これは、25歳までの方です。それ以上は、高負荷低回数でお願いします。腰痛になりますから。力で押し切れれば力は、必要ですので、そういう意味においては、筋トレは、必要!、ということになります。よろしいでしょうか?頑張って、稽古に励んでください。試合では、正攻法でせめて下さいよ。正攻法のできない方は、優勝は無理!ということです。相撲も、横綱にはなれません!極真も黒帯は、もらえませ。余談ですが、付け加えて、回答とさせていただきます。
    • good
    • 1

失礼な言い方になるかも知れませんが、問題の捉え方が少し絞れていない気がします。


「格闘技において筋トレが必要かどうか」では、答えが出ません。

「【格闘】が強くなるには筋トレが必要か」なら、必要です。
「【技】を極めるには筋トレが必要か」なら、不要です。
また、この問題については、格闘技・武道を他のスポーツと分けて考える必要はないと思っています。

そもそも筋力自体は徒手格闘では絶対的に有効ですし、それを本心から根本的に無意味だと思っている師範というのは、本当に実力のある方であればおそらく皆無のはずです。

私自身はあちこち首を突っ込んで一通り何でもやるが本当に出来る事は何もないタイプの道楽者に過ぎませんが、よくその手の専門誌で「○○道の歴史にその足跡を残す」とか「神秘のベールに包まれた、知る人ぞ知る」等と紹介される類の先生達の幾人か(故人を含め)には、お供をしながら稽古をつけて戴いたり、模範演武の受けを務めさせて戴いたり、他愛もない話のお相手をしたり、といった機会がそれなりにあり、そういう意味では一般の方よりは「達人(と言われたりする方々)」の等身大の姿、技の感触などをホンの少しだけ知っている部類かなと思います。
(あくまで外様の道楽者としての立場でしかないので、斯道を極めんとする正式な求道者の方々のように真の実像を知っているわけでは勿論ありません。それを知る力量もないと自覚しています。不遜に感じた方がいらしたらご容赦下さい)

その経験の中で言うと、「力を超えた」と持て囃されて誰でも知っているような名人であっても、実際に本音で「筋力などあらゆる面で全く意味がない」と考えているであろうと感じる方にはお会いした事がありません。
いや確かに「力は要らない」とは言ってるんですよ、もちろん。ただ、その意味を周囲が拡大解釈し過ぎなんだと思うんですね、私は。

質問者様もかなり格闘技・武道の経験がおありのようですから、実際に後進の指導をされた事もあるでしょう。その際、技術的な未熟を筋力でカバーしている選手を教えたこともあるかと思います。
そういう場合、「何でも力でごまかすなよ、ちゃんと掛かってないぞ!」などと注意しますよね?
でも、それは筋力を否定してそういう事を言っているわけではないでしょう。

単に試合の強さについていえば、徒手格闘だけでなく全てのスポーツで筋トレは有効に決まっています。技術やセンスが似たようなレベルなら、パワーがある選手の方がいい成績を出すのが自然ですから。(スタミナや精神面の問題は横に置いておくとして)
ただ、技術練習をする際には、筋力は邪魔になりますね。これも格闘技や武道だけが特別なわけでも何でもなく、どんなスポーツでも同じことです。

達人などと呼ばれる指導者が「力など不要」という場合も同じことで、その意図は決して実戦での筋力の有効性を否定しているわけではないはずです。技術的にまだまだ磨く余地を沢山残した状態の人が、とりあえずパワーでねじ伏せる方向に走ってしまい技術面の伸びが停滞することを戒めているのだと私は思っています。

実際、名手と呼ばれる方々の技は非常に上手くて無理がないんです。試合して強いかどうかはさておくとしても、テクニックという面では本当に上手いです。
で、彼等からみれば、現役バリバリの選手であっても技自体は粗く見えるのでしょうし、実際粗いんでしょう。で、そういう若手を見ると「パワーとスピードに頼りすぎて、技自体のレベルを磨く稽古が出来てない」という思いから、筋力不要論のような指導の仕方になるのでしょう。

それなりのレベルまで武道や格闘技を身につけたとしても、武道などやった事もないボディビルのチャンピオンとヨーイドンで掴み合いになったら(禁じ手でも使えばともかく)、どう頑張ってもまず間違いなく負けるという事が分からないような「達人」はいません。(いたらそれは既に達人でも何でもないですし)
彼等は、別にそういう事を言ってるのではないはずです。

結局、達人たちは単に「筋トレしても、強くはなれるかも知れないけど、上手くはなれんぞ。年とって筋肉落ちたら素人とあまり変わらなくなって、その時になって長年の努力は何だったんだと落胆したくなかったら、若いうちから上手くなる稽古もしときなさいよ」と言ってるだけだと思うのですよ。

この回答への補足

貴重な体験からの詳細なご回答ありがとうございます。確かに格闘技において同じ技術レベルならパワーはあったほうが良い。ということはわかります。それは同じ技術レベルなら体重が重いほうが有利と同じ理論ですね。
しかし、いわゆる「達人」の方たちが、そのように考えてらっしゃるのは、知りませんでした。まぁよく考えてみれば、「強さ=技術+パワー」という方程式は格闘技に限らずあらゆるスポーツにも言えることかと思います。実は私自身もいろんな格闘技関係の情報を見聞きしてきて、秘伝の技や奇術などの類は、ベーシックな格闘技術(パンチ、キック、グラウンド技術など)に通用しないだろうな・・・と漠然と考えていて、つまり、ヘビー級の総合の選手が「秘伝」の技を持つどこかの達人とノールールで相対した場合、確実に総合の選手が勝つとは思います。実際100kgの人間が70kgの人間の頭部を殴ると、死に至る重症を負わす可能性が高い。とも聞きますし・・・
少し話がそれてしまいましたが、要するに、「闘い」において筋力は有効であり、「技」において筋力は無効である。ということですね。なんとなく納得しました。ありがとうございます。

補足日時:2006/12/30 18:29
    • good
    • 0

Gです。

 補足質問を読ませてもらいました。

>最後に「スレチックトレーニングと言う名前で代表される現代の「意味を持たせた筋トレ」「用途に合った筋トレ」というものが具体的にどういったものなのか、Ganbatteruyoさんはどのような意識でトレーニングを行っているのか、教えていただければ幸いです。よろしくいお願いいたします。

ごめんなさい、アスレチック・トレーニングとタイプすべきもののことを書きました。

アスレチック、つまり、運動・スポーツです、 スポーツである限り勝たなければなりませんね。 ルールに基づいた、ということです。 格闘技だけがルールに基づいたスポーツではありません。

すべてのスポーツがルールというものに縛られているのです。 「そのルールの基づいて勝てる」選手を作る、勝てる選手にする、選手に勝てる実力をつけるというのがアスレチックトレーニングの基本となります。

生体的・体力的なことだけでなく、勝てる精神力を植えつけることも、また、勝つことの満足感、負けたときの自信(自分の向上を信じるということです)を作り出せる選手感を植えつけ、それを基にして体のすべてをそのルールに基づいて作りだす(変える・洗脳させる)、コーチングの事を言います。

生体的なトレーニング技術はこちらでは非常に発達しています。 しかし、精神力の持つ力へのトレーニングはまだまだ伸ばさなくてはならない、伸ばせる余地があると見るわけです。

それにはイメトレ(イメージトレーニング)をもっと開発したビジュアリゼーション・トレーニングといって、いつどこでも自分を試合の真っ最中に持っていける、想像するだけでなく実際にそこのいると感じさせ脳の反応をいつでも同じ状況に持っていけるようにトレーニングして、アドレナリンなどの分泌、心拍、血圧などをスタートライン、試合中、そして、ゴールイン寸前と同じ様に持っていけるようにするわけです。

これによって、使う必要のない筋肉の動き・膠着などをより現実的にコントロールし、使う必要のなる筋肉の向上を図るトレーニングをするわけです。

たとえば、400mダッシュであればいつどの時点でラストスパートを始め、そのラストスパートにおいて起き易い必要のない筋肉の膠着を起こさせないようにするか、いつ、呼吸を止めるか、などをトレーニングするわけです。 実際に自分の体がフィールドにいなくても出来るわけですね。

格闘技であれば、お分かりだと思いますが、その種目によって筋肉の使い方が大きく変わります。 この違いをはっきり選手は知る必要があるわけです。 何百とある大まかな筋肉群(細かく分類すればもっと何倍もの数になりますが)のうちどの筋肉が瞬発力を必要とし、破壊力を必要とし持続力を必要とするかを知る必要があるわけです。

簡単な例を持ってくると、膝蹴りが出来るルールであれば、立ってする場合と、寄り添ってする場合と、また、グラウンドでの膝蹴りとすべて違う筋肉の組み合わせになります。 よって、グラウンドでの膝蹴りが出来ないルールであれば、そのための筋肉群の「調整」はする必要が薄まるわけです。 お分かりですね。

これが、「意味を持たせた筋トレ」「用途に合った筋トレ」の大まかな例なのです。

これをすることで、どんな選手のレベルでも一瞬にして向上を作り出すことが出来るわけです。 これに精神的な、または、モチベーション的なトレーニングを加えることで、今の時点での実力を一挙に伸ばすことが出来、さらに伸ばせる土台が作れるわけです。

言葉にするとかなり簡単なことのように思えるかもしれませんが、おのおのの選手のバックグランドとトレーニングにたしての意識・意欲などが大きく変わる為に、これらを十分使える指導員というものが必要となっているわけです。

自分が出来るから指導員に抜擢されるという時代では今ではないのです。 自分で出来る実力を持ちさらにこれらのトレーニングを使えるだけの知識と能力とを必要とする分野なのですね。

空手の試合の現役から潔く<g>引いてチームコーチとなりナショナルコーチ(オリンピックレベル)の資格を受理した事からこの分野に足を踏み入れてしまった私ですが、今では同じトレーニング様式を違う分野で使っています。

ではまたの機会にお会いしましょう。
    • good
    • 0

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。



筋トレとは確かに筋肉を「強くする」ためのトレーニングですね。

しかし、強くすると言うことは、もちろん大きくする、と言う事ではなく、大きくはなる、と言う事なんですが、それよりも、筋肉としての「働きを高める」と言う根本的な「筋トレの理由」を意味するものなのです。

筋肉の働きとは、もちろん「破壊力」などという単語で代表される「力」がよく知られていますね。 「締め付ける力」と「貫通力」に代表されると思います。 そして残念なことにこれについての誤解と言うものが存在していると思います。 (下にもう少し書きますね)

そして、スピード、これは筋肉の働きのなかで私が属する流派や護身術の中で非常に大切にするものの代表的なものです。 これがない限りどんなことをやっても「負けない機会を作ることはできない」のです。 そしてこれは直接に破壊力・貫通力につながるものとしてトレーニングすることになります。 なぜなら、「貫き破壊する」にはこれがなければ起こらないからなのです。 

そして、持続力ですね。 これも筋トレがもたらす必要な筋肉の働きです。 これはどれだけ長く走れるか、と言う事ではなく、上に書いた筋肉の働きをどれだけ長い間続けることが出来るか、と言う事なのです。 どれだけ、破壊力・貫通力、スピードを長く最大のレベルにおいて置けるか、と言う事なのです。 息が切れる、スタミナが切れるという事柄とはちょっと違う項目に入ります。

最後に、筋トレには「精神力」を高めると言う項目が入っています。 いいえ、これは俗に言う「武道の奇麗事」の精神力ではなく、根性とか負けない精神、と言っても良いかもしれません。 筋トレの一部には必ず「筋肉への痛み」をともなうものがあります。 この痛みに耐えられる精神力へのトレーニングが意識的に入っていなくてはならないのです。 「筋トレのなかで科学的に組み入れたもの」ではなくてはならないのですから「昔のしごき」に意味を持たせ安全性を高めた取れ人グメニューの中に入っているべきもの、なのですね。

上の続きとなりますが、スポーツにはそれなりに必要な筋肉群を取れ人具する必要があります。 つまり、100m陸上選手への筋トレと100m水泳選手への筋トレは全く違う筋肉グループへのトレーニングになると言うことなのです。 これはお分かりですね。

これが、今の日本の「格闘技・武道」のスポーツ化からくる「使える為の筋トレ」になっていない大きな問題となっているのです。

つまり空手と言う名前で立ち技しかしない、合気道と言う名前でパンチやキックをしない、など「愚の骨頂」なのです。 柔道と言うスポーツにしても、嘉納柔術であった時は人を殺せる当身などがあったのです。 (逆言えば「人を殺せるから殺せないような方向に持って行ったのではないかと私は嘉納先生の思いを受け取っていますが)

寝技のない空手をどうやって空手と言う武道と言えると思っているのか私には理解が出来ません。 下にもう少し書くつもりですが、寝転がった状態で「腕立て伏せの逆の動き(と言えばお分かりになると思いますが)」のパンチ力を高めることのしない空手などあるわけがないのです。 日本の空手がレープされそうになってグランドに抑えられた女性が「護身術として使えない」のは当然ともいえることなのです。 

さて長くなりましたが、腕立て伏せのことが上に出ましたので書いてみますと、「腕立て伏せ」を「使える武道としての筋トレ」として使うことは非常に大切なことです。 上に書いた護身術としての利用はもちろんですね。 しかし、上腕3等筋の「働きとして」押すと言う働きがありますね。 この押すと言う事からストレートパンチへのトレーニングともなるのですね。 しかしストレートのパンチが「効く」ためには大きく分けて二つの筋肉の働きがうまく使われないといけないのです。 それは、スピードを使うことで相手が避けたり防御できないままに相手に「届く」事と、スピードと「貫通力」の合同で「破壊力」を出す、と言う事なのです。 腕立て伏せで何千回やったからと言って私は「だから?」と言う質問を投げる機会をくれたと言う魅力しか感じないのです。

そして、腕立て伏せを「トレーニングとして」使う「理由」がはっきりさせない限り(指導員が知っていると言うことです)押すだけの力を作ることになり、さらに「不幸ともいえる」様に、「ひとつの角度」の動きの為のトレーニングにもなってしまうわけです。 このひとつの角度、という事を認識する為に、この動きをたったままやってみてください。 この動き(自分の体に対しての方向)「だけ」に「力」をつけただけとなるのです。 お分かりでしょうか。

パンチ力がうまく生きる為にはこの角度・方向だけ強くたって仕方ないのです。10度変わったら? 45度変わったら? 水平での角度ではなく、上下ではどうでしょう。 時には15度上かもしれません、 30度下かもしれません。 そして、そのコンビネーションかもしれませんね。 カも、と言う表現をしましたら、腕立て伏せがつけてくれた方向だけでは決してありませんね。

方向が違うと言うことはつまり、他の筋肉群の働きが加わってくると言うことに過ぎません。 しかし、他の筋肉群が強化されていなければムリだと言うことになるわけです。

と言う事で、スレチックトレーニングと言う名前で代表される現代の「意味を持たせた筋トレ」「用途に合った筋トレ」が今の格闘技・武道で使われない限り、結局意味のない、実力のともわない結果しかえられない時間を無駄にしたトレーニングに見えるだけの「ダイエット運動」に成り下がってしまう、と言う事になってしまうわけです。

なぜ私が使えるようになるには格闘技の種類でも流派でもなく、有名な自称師範でもなく、「自分の実力を伸ばし教えることが出来る指導員」が必要でありまた、自分の実力を伸ばしたいのであれば自分を伸ばすことの出来る実力と知識を持った指導員を探す必要がある、と言い続けているのでしょうか。 残念ながら私の属する流派の日本での本部でもこれを実感してくれない人たちが多すぎるのです。 

一応ここで終えておきますが、これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

この回答への補足

詳しい回答ありがとうございます。確かに、というか「確実に」いまだに日本の特に体育会の学生は「筋トレ=力をつける&筋肉をつける」程度の知識でがんがんベンチプレスをし、スクワットをし、プロテインを飲み・・・という人間がほとんどです。使える筋肉・使えない筋肉以前の問題ですね。かくいう私もそのような意識で「とりあえず筋肉をつけてやる!」という筋トレのための筋トレになっていました。

空手と言う名前での立ち技のみ、柔道・合気道と言う名前でのパンチやキック無し。このことは実は私自身も疑問に感じておりました。しかし柔道の始祖嘉納治五郎先生の著書を読んでいただくとわかるかと思いますが、嘉納先生は柔道を世界に広めていくため、「精力善用、自他共栄」と言う教えを広めていくために、あえて危険な技を封印し、おっしゃるように柔術を「スポーツ」として「柔道」に生まれ変わらせたという経緯があります。私はそういう意味ではスポーツという意味での柔道は成功したのではないかなと思います。初期の柔道は危険な足間接や当身、蹴りなどがあり(型では今でもそれらはあります)それで大きな怪我をする者も多かった。しかし、通常の日々の生活がある人たちは、殺人術が必要な生きるか死ぬかという状況(戦場)にいるのではなく、あくまで柔道という己を治める道を習うために、それを習うのであり、それがスポーツという分野に収まってしまっても、当然の成り行きかと思います。

ただ護身術という意味で、おっしゃるように、押し倒されてレイプされかけた空手の女性は無力である。ということに関して「戦場」における空手は無力なのかもしれません。それは他の武道にもいえることで、柔道だろうがボクシング、レスリング、テコンドー他、すべての「スポーツ」は戦場では無力になる可能性はあります。本当の意味での護身術とは何かということがGanbatteruyoさんの目指すものなのかもしれませんが、その答えは非常に「危険」な術となるのかもしれません。

話が少しそれてしまいましたが、最後に「スレチックトレーニングと言う名前で代表される現代の「意味を持たせた筋トレ」「用途に合った筋トレ」」というものが具体的にどういったものなのか、Ganbatteruyoさんはどのような意識でトレーニングを行っているのか、教えていただければ幸いです。よろしくいお願いいたします。

補足日時:2006/12/27 02:02
    • good
    • 0

古武道~・柔道・合気道等のほとんどはかける時の瞬発性とかけた後の維持力です。

相手が力を発揮しづらい体勢に維持するので相対的に弱い力でも技はかけられますが、相手の力が自分の力+技の正確性より上回れば技は解かれてしまうかもしれません。
筋トレの多くは一つの筋肉の力を強くする為のものですが、技の動きは複数の筋肉の動きのバランスによって完成されます。従って例えカールゴッチでも、筋トレだけで技の練習をしなければ勇者にはなれなかったでしょう。
私は少しばかり合気道を齧っていますが、最近は技をキチンとかけず、力でかけているように思えます。力技だけでは結局は壁にぶつかり、更に力で打開しようとします。つまり技が荒れてしまいます。
あくまでも技は正しい手技+必要な筋力の和であろうと思います。

私は当初姿勢が保てなかったので、スクワットなどで背筋を鍛え、姿勢を良くする事が出来ました。
    • good
    • 0

>塩田剛三という方の存在は、真実なのでしょうか?私は詳しいことは知りませんが、あんなに小柄の人間がもし総合格闘技(階級無差別)などに出場した場合、果たして通用するものなのでしょうか?



嘘って意見がみられますが、とりあえず嘘ではありません。他にも、一般 (伝統的な武術以外の武道家・格闘家含む) に有名でなくとも、同等 (又はそれ以上?) の域に達していると思われる方は少数ながら現代に実在し、直接会えば分かる風格があります。

武術であっても、筋力・体力は必須です。修行年数が高くなるにつれ、技に使う分の筋肉以外の筋肉は衰え、より一層技術は精錬 (軽い力加減で予想以上の効果等) され、「自分は筋肉を鍛えている (昔は筋肉を鍛えた) 」と、自覚していなかったりで「筋力に頼らない」と述べられたり、本当にちょっとの力で大きな効果を体現してみせたりすることもあります。そればかり取り上げて間違った情報を撒き散らす方もいます。筋力が必要ないというのは極論です。

格闘技を実戦とする回答がみられますが、勿論誤りです。本物の武術流派の遣い手と、プロ格闘家が実戦で戦えば、手刀で斬られる・いつの間にか視界の外にいる、などで勝負にならないでしょう。ただし、武器禁止で試合をするとなると、柔術拳法専門の流派でないと打たれ弱いので、微妙な所でしょう。実戦では武術、試合ではプロ格闘技ではないかと思います。試合は、適当な武芸者に申し込んでみるしかありません。試合を承諾する方がどれほどおられるかはわかりませんが、礼を尽くして頼み込むつもりでないと、失礼です。

「筋トレ必要なし」は、「格闘技的な筋トレは必要ない」といっている訳で、「筋力に頼らない」も「力任せではない」という程度のことです。だから、体の使い方に合わせたトレーニングなら、効果があります。
    • good
    • 0

合気道なんかでは小柄なおじいさんが若い弟子達を何人も同時に投げたりする【演出】がありますが、あんなものは嘘っぱちです。

若者の格等家が遠慮無しに闘えば秒殺されます。
同じ体格・経験・能力同士が戦えば、筋力の強い者が必ず勝ちます。

質問者さんの場合は筋トレによりバランスが崩れたというよりも、筋トレで強くなった力に頼る柔道をするようになった。しかしながら、パワーで押し切るほどの力を得ていなかった為に結果が出なかったと言うべきでしょう。中途半端だったのです。今までのスタイルを変えてしまえるほどの圧倒的なパワーを得るまでトレーニングを続けるべきだったのです。
    • good
    • 0

ANo.1です。



>確かに技術と力があってこその格闘技という気もしますが、バランスの問題なのでしょうか
恐らくそうでしょうね
打撃、組技に関係なくパワーのある選手でも簡単に負ける事もあります。
有名なK-1のアーネストホースト選手は4連覇の実績を持ちますが
背は高いですが、決してパワー派のファイタータイプではないです。
ただ、すばらしいほどのコンビネーションの使い手です。
なので要はパワーも使い方が悪いと生かせないのだと思います。
やはり基本は技術練習だと思いますね
そこにパワーが加わればより勝利への確立が高くなると思います。

>塩田剛三という方の存在は、真実なのでしょうか?私は詳しいことは知りません
存在はしていました。
人間ですが、その世界では神様と称されたほどの人物であり
かつて極真空手の創始者大山倍達も学んだ事があるそうです。
私も大きな男が何人もひょいひょい投げられるのを見て
正直、半信半疑です。

>あんなに小柄の人間がもし総合格闘技(階級無差別)などに出場した場合、
>果たして通用するものなのでしょうか
どうでしょうね
あの人ほどの技量がないにせよ
そのお弟子さんたちが出場しない所を見るとやはり実戦では通じないのかもと思ったりします。

一応参考までに
こちらの「格闘技」ページのその他のトレーニングの所を読んでください。
また、塩田さんなどの各選手についても簡単ですが、紹介されています。
http://members.ld.infoseek.co.jp/yapppoo/
    • good
    • 0

筋トレがいわゆるウェートトレーニングならばその通り、有効性は低いのかもしれません。


なぜなら、格闘技にとってももっとも大事なことは、自分の肉体を瞬間的に自由自在に扱うことだからです。
よって、自重以上の重さを扱う必要がなく、ウェートトレもいらないというわけです。
しかし、柔道での投げやプロレスなどでは必要なはずです。
特にプロレスは見せ技のため理を無視した投げを行います。ですから強引に持ち上げる筋力が必要になるのです。
だからどのプロレスラーもスクワットなら数百回を軽くこなせるのが最低条件になるのです。

また腕立て・腹筋・背筋、、、そして何より走りこみといった筋力トレーニングはどの格闘技でもやっていることでしょう。
質問者が行った筋トレも、腕立てなどをやったとも思いますが、
バランスが崩れたのはあくまでトレーニングの仕方が悪かっただけです。
体幹部分の筋トレも重要ですが、それ以上に全体重を支える下半身の筋トレが大切です。
だからこそ、どの競技者でも延々と走りこむのです。体幹部分の数倍の時間を当てて丁度になるでしょう。
これとは違って、ブルース・リーのようにアイソメトニックで鍛え上げた筋力というものもあります。

そして武道においてはまた少し意味合いが違います。
武道はつまるところ、いかに効率よく人間を壊せるか、という点を突き詰めています。
また強力な筋力がなければ使えないのならば、それは術や理とはいえず、プロレスラーとなんら変わりがありません。
だから、筋力が持つ重要度が低下するのです。
そしてその筋力のトレーニングを技の鍛錬の中で済ませてしまうことができるのです。
柔道なら最初にやる補強運動(腕立て・腹筋・腹ばい・えび・アヒルなどでしょうか)です。
ですが、いくら技を練ったところで、老人の筋力で若者をねじ伏せるのは難しくなります。
武道をしている若者相手なら尚更に不可能になっていきます。
だから技と筋力のバランスが必要になり、ピークの年齢が定まってくるのです。
筋力を補う竹刀が存在する剣道で、時に不惑の覇者を生むのもこのバランスのなせる業です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q走る以外のスタミナ強化法

ボクシングする予定なのですが、

ランニング以外でスタミナを強化する

トレーニングはあるのでしょうか??

ロープスキッピングとランニングは結構しています。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4ラウンド程度です。

ところがボクシングにおいては日本ランカー程度でも6R、8R。
かつては世界戦などは15ラウンドという「異常な」長さの時間での試合をしていました。

これにはボクシングとキック&空手がそこに蹴りという攻撃があるかどうかが、もちろん最大の理由になるのですが、それ以外にも空手においてはグローブを使用していないなども理由になります。
(パンチにグローブを使用するかどうかだけで、その違いを詳しく説明すると、この回答欄ひとつを字数越えしてしまいます)

ボクシングとキック&空手にはパンチの打ち方や、ディフェンスまで多くの違いが生まれるのですが、それにともない先ほど話した、持久力の必要度合いも大きな違いを生みます。

極端な言い方をすれば、キック&空手に比較し、ボクシングでは純粋なパンチ力やテクニックの優劣よりも、持久力の方がウエイトが大きいと言っても過言でない側面があると、私は思っています。

パンチ力よりも持久力のウエイトが高いというのは、例えば試合前半の早いラウンドでの勢いのあるパンチでは倒れない選手が、後半のお互いフラフラになった状態のパンチでKOを生むなんて状況をみても分かると思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが、そのような性質を持つボクシングにおいては、持久力をつけるランニングという訓練が極めて大きな重要性を持っています。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでもボクシングの選手が必要としているのは「ボクシングにおける持久力」であって、それが決して「長距離選手の持久力」とは同じでないということです。

これは当たり前に思えるかもしれませんが、意外に両者の違いをはっきりと認識している人は少なかったりします。

以前私は、トライアスロンのトップ選手が・・・・あの「持久力の専門家」とでもいえるトライアスロンの日本トップクラスの選手がです!・・・テレビの企画で小学生たちの剣道合宿に参加し、一緒に剣道の素振りや切り返し(止まった竹刀を打ち込む動作)をしているうちに、あっと言う間にヘトヘトになってしまうという現実を見て、改めて「専門性」というものに驚いたことがあります。

ボクシングも同じことです。
ランニングやロープって言うのは、あくまでも持久力養成の「補助種目」であって、ボクシングにおける体力のメイン養成種目ではないと認識すべきです。

ボクシングの世界チャンピオンは、マラソンの金メダルは取れないのです。
そしてもっと大事なのは、マラソンの金メダリストはサンドバッグを3ラウンドも打てばヘトヘトになるということです。

そこでボクシングのスタミナ作りには、ランニングはもちろんですが、それに加えサンドバッグへの打ち込みを多くこなすべきです。
この思い物体への打ち込みという訓練は、パンチが「腕とコブシ」という物体を相手にぶつけるという動作であり、その腕とコブシがその軽い質量から、単に速く相手に当たるだけでは充分な打撃力を生まないという性質からも求められる必須トレーニングです。
※注1.蹴りは重さも筋力も大きいことから、有る程度足がスムーズに上がるというだけで充分な破壊力を生みますが、パンチは速く打てるだけでは足りないのです。
※注2.ただし空手のように素手でなく、グローブを使用することから、グローブの質量が加わり、空手ほどには「打ち込む」という要素は求められません

また実際に試合でのスタミナでは、ランニングのように同じペースでダラダラと長く動くという要素よりも、坂道ダッシュや階段ダッシュのようなメリハリのある動きの方が必要とされていると思います。

特にラウンド後半のラッシュなどには、ある程度ヘバった状態でのラッシュ必要となります。
そこで通常のサンドバッグ練習の後半20秒程度にラッシュをかけるとか、ランニング後半でのスピード走、坂道走などは重要です。

追記1.ランニングに比較してのスピード走の生む効果。
主にその減量効果の高さや、最大酸素摂取量の増大については「フィットネス&ダイエット」のカテに詳しい回答者が居ます。

追記2.これは少々余計なことかもしれませんが、質問者さんは回答者に一言でもお礼コメントをしたほうがいいです。
と言うのは、実は私は今まで何度かあなたの質問に回答できると思ったのですが、あなたのプロフィールを見て全然「お礼」が無いことから、あなたが質問投げっぱなしのいい加減な人だと推測して回答しないできました。
今回あなたがきちんとポイント出して閉めていると分かって(=真剣な気持ちと推測して)、それで回答する気になりました。
先日の「打たれ強いボディの作り方」などお教えしたいことが沢山あったのですが。

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4...続きを読む

Q格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

私は総合系の格闘技を週2回2時間ほどやりはじめて、1年ほどになります。

ウエイトトレーニング自体は3年ほど続けています。
私の詳細は、体重68~70kgでMAXははかっていないので、現在のはわかりませんが、
1年ほど前はベンチ90kg、スモウデッド140kgでした。スクワットは最近はじめたので、50kg10回3セットほどやっています。フォームを固めながらやっています。

私の紹介はこれくらいにして、アドバイスいただきたいのが、ウエイトトレーニングと格闘技の両立についてです。

格闘技の練習をやると、次の日まだ疲れが残っていて、ウエイトをやる気になりません。格闘技はけっこう持久系の体力も使うので、次の日も疲れが残ってしまうのです。

3ヶ月ほどそれでも無理して、毎日格闘技かウエイトをやっておりましたが、体を壊してしまったようで、2週間ほどずっと体調が悪く何もできませんでした。
オーバーワークだったようです。

そこで新しくメニューを組みなおそう!と思い、週2回か3回は何もしない休養日を設けようと思っています。

そこで格闘技が月曜日、木曜日ありますが、ウエイトをする場合格闘技の次の日に設定するのがよいのか、前の日に設定するのがよいのか悩んでいます。どちらも一長一短なのですが(^^;)

ウエイトは大きくわけて胸、背中、脚と全身鍛えています。

もしご経験あられる方でうまくいったトレーニングメニューがあれば、
教えていただけましたら、大変参考になります。

よろしくお願い致します。

格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

私は総合系の格闘技を週2回2時間ほどやりはじめて、1年ほどになります。

ウエイトトレーニング自体は3年ほど続けています。
私の詳細は、体重68~70kgでMAXははかっていないので、現在のはわかりませんが、
1年ほど前はベンチ90kg、スモウデッド140kgでした。スクワットは最近はじめたので、50kg10回3セットほどやっています。フォームを固めながらやっています。

私の紹介はこれくらいにして、アドバイスいただき...続きを読む

Aベストアンサー

私はフルコンタクト空手とウェイトトレーニングをそれぞれ週2づつ行ってますが、質問者様の悩み、凄く良く分かります。
自分の場合一番辛いのが、ウェイトの翌日の筋肉痛がひどい状態で空手の稽古をすることです。だから今は稽古の前日にウェイトをすることは絶対に避けてます。
逆に、稽古の翌日にウェイトをする分にはほとんど支障がないので、そういうパターンの日も設けています。ただこれは、格闘技の種類の違いが大きいかもしれませんね。総合系格闘技の場合、組み技などで最大筋力を長時間使い続けることが多いでしょうから。打撃系の場合は、瞬間的なので、翌日に筋疲労はあまり残らないです(もちろん稽古の内容や個人差もあると思いますが)

あと、ローテーション的にどうしても仕方ない場合、日中にウェイト、夜間に格闘技の稽古という日もごく稀にあります。ウェイト当日は比較的筋肉痛が出にくいからですが、やはり疲労から稽古のパフォーマンスはかなり落ちてしまいます。とりわけ総合系の場合は、危険が大きいかもしれませんね。

うまい回答になっていなくてすみません。私自身がずっと頭を悩ませている事柄でもあるので。お互い怪我をしないように、格闘技とウェイトトレーニングの両立を目指しましょう。

私はフルコンタクト空手とウェイトトレーニングをそれぞれ週2づつ行ってますが、質問者様の悩み、凄く良く分かります。
自分の場合一番辛いのが、ウェイトの翌日の筋肉痛がひどい状態で空手の稽古をすることです。だから今は稽古の前日にウェイトをすることは絶対に避けてます。
逆に、稽古の翌日にウェイトをする分にはほとんど支障がないので、そういうパターンの日も設けています。ただこれは、格闘技の種類の違いが大きいかもしれませんね。総合系格闘技の場合、組み技などで最大筋力を長時間使い続けることが...続きを読む

Qケンカに強い格闘技は何だと思いますか?

個人的には空手だと思っています。
自分は長年某実践空手をやっていました。空手は異種格闘技や総合では弱いというイメージを持つ人もいますが、実際のケンカでは掌底、ヒジや頭突き、金的蹴りも非常に有効に使えます。逆に言えば上段回し蹴りなどはよほどでなければ使ったことがありません。

ボクサーや総合経験者相手の場合は、ボクサーの場合は下段が入りますし、相当なパンチ力がありそうな相手の場合はソッコーで金的を入れます。総合の相手は組まれた組まれた場合はヒジや頭突き、他には足の甲などを踏みつけたり、金的にヒザを入れられます。

まぁあとは手に武器を持つ相手も多いですが、その場合は当然こちらも武器を持ちますが、スライディングして相手の足を両足で挟み込み身体を捻って相手を倒し、そこから打撃か絞めというパターンが多かったですね。

素人相手の場合は、下段か回転しての後ろ蹴りがほぼ確実に入るので、そこから畳み掛ければかなり簡単です。

ただ、一番強かったと思った相手は元相撲取りでした。
突進してきた相手に金的を入れようと思ったのですが、太ももが太すぎて入らず、こっちが吹っ飛ばされてしまい、こりゃやべぇと思い車に積んでいた木刀を持って来てなんとか勝ちましたが、かなり強かったです。木刀がなかったら負けてましたねw

まぁあとは複数相手の場合は、横蹴りや裏拳なども有効に使えるため、やはり空手が実践では一番有効な格闘技であると感じます。

このような経験から個人的には実際のケンカで強い格闘技は
空手・相撲≧キックボクシング>ボクシング>総合
と感じます。

みなさんの感想はいかがでしょうか?

個人的には空手だと思っています。
自分は長年某実践空手をやっていました。空手は異種格闘技や総合では弱いというイメージを持つ人もいますが、実際のケンカでは掌底、ヒジや頭突き、金的蹴りも非常に有効に使えます。逆に言えば上段回し蹴りなどはよほどでなければ使ったことがありません。

ボクサーや総合経験者相手の場合は、ボクサーの場合は下段が入りますし、相当なパンチ力がありそうな相手の場合はソッコーで金的を入れます。総合の相手は組まれた組まれた場合はヒジや頭突き、他には足の甲などを踏みつ...続きを読む

Aベストアンサー

合気柔術系総合(うちでは体術と呼んでいます)です。

No.1さんと同じような境遇です。

空手や相撲は強いのはわかっています。

ボクシングももちろん強い。レスリングもアマチュアならね。

総合格闘技の選手でも、寝技以外に何か武器があれば(素手での)
 #それこそミルコのハイキックみたいなもの
かなり上に来ると思いますよ。

順列つけるのは難しいでしょうね、皆さんが言われているように。

条件次第で変わりますしね。

小言に聞こえるかもしれないけれど、ひとついいかな?

申し訳ないけれど、あなたは「相手に対する攻略法」をここに揚げてしまっています。

それは戦う相手にとっては有利な情報になる、これはわかってあるかな?

爪は隠すものですよ。もったいないな。

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

Q筋トレしかやってない人と格闘技しかやってない人どちらが強い?

素朴な疑問なのですが、筋肉トレーニング・ウエイトトレーニングだけしかやらなかった人と、筋トレやらずに技や競技練習のみしかやらなかった人が対決したらどちらが強いのでしょうか?

たいてい、格闘技の練習では筋肉トレも含めてやると思いますが、そういうのをやらずに、純粋にその格闘技の技や技術で戦っても強いのでしょうか?

逆に、ウエイトトレーニングだけで、筋肉の鎧を得た人が戦ったらどうなのでしょうか?

同じ身長・同じ人種と仮定します。
体重差はなし。格闘技のみの70kgと筋トレのみの70kg。
ルールは武器無しのストリートファイトです。
格闘技は立ち技全て・柔道・レスリング・柔術等です。

Aベストアンサー

ストリート・ファイトであれば、喧嘩慣れしている、もしくは気迫があるほうが勝ちます。
経験上、実際にそうだったので、そうとしか言えません。
_________________________________________

正直なところ、仮定のケースが良くありません。
同身長の70kg同士ですよね。
格闘技のみで70kgの体を作ったのであれば、けっこう体が作れていて、経験も積んでいる段階と言えるでしょう。
一方で、筋トレのみでの70kgだとぜんぜん体が作れていないレベルです。
よって、格闘技経験者のほうが勝つ可能性が高いと言うところでしょうか。

ただ、同じ体重や筋肉量でも力の強弱は様々なので、一概には言えません。
また一方で、筋トレ前のベースとなるナチュラルな体型も関係してきます。
同じ70kgでも、もともと線が細くて筋肉をつけた場合と、がっしりした体型がベースとでは
膂力がまるっきり違うので参考になりません。

よって、簡単には論じられないところです。

いろいろと書きましたが、以上の話は闘うことについて同じ素養であるという条件つきの場合です。
ストリートファイトであれば、格闘技の経験などあまり関係ありません。
喧嘩は、喧嘩が強いものが勝ちます。

ストリート・ファイトであれば、喧嘩慣れしている、もしくは気迫があるほうが勝ちます。
経験上、実際にそうだったので、そうとしか言えません。
_________________________________________

正直なところ、仮定のケースが良くありません。
同身長の70kg同士ですよね。
格闘技のみで70kgの体を作ったのであれば、けっこう体が作れていて、経験も積んでいる段階と言えるでしょう。
一方で、筋トレのみでの70kgだとぜんぜん体が作れていないレベルです。
よって...続きを読む

Q蹴り技の威力をあげるには

押忍!大道塾をやっているものです。自分は蹴り(特に前蹴り)を極めたいと思っています。そこで今足腰を鍛える為に筋トレ(フルスクワット100回・足を逆丁字の形にして腰を下げたまます数分間耐える)をしています

そこで質問なのですが、フルスクワットを100回やっても膝にだけ負担がかかり、あんまり太ももには負担がかからないような気がします。蹴り技を極めるに当たってはスクワットは効果的な筋トレなのでしょうか?是非教えて頂きたいです。また、蹴りを強くする為の効果的な筋トレがあればそのほうも教えていただければと思います。よろしくお願いします。押忍!

Aベストアンサー

前蹴りの威力を高めるためにスクワットは効果的なトレーニングだと言えます。スクワットでは大腿四頭筋(太もも)、縫工筋(内股)、大臀筋(お尻)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、などを鍛えることができます。蹴りにおいてこれらを鍛えること非常に大切です。(筋肉の名称、位置については参考URLを見てください)

スクワットには、大きく分けるとフルスクワット、ハーフスクワット、クォータースクワットがあり、またそれぞれダンベル、バーベルを持って行う方法があります。他にも片足スクワットやジャンピングスクワットがあります。

よく言われてますがフルスクワットはやはり膝への負担が大きいです。もし行うにしても体に聞きながらやるのがいいと思います。膝への負担が大きいと感じたのなら、無理せずゆっくりやるとか、回数を減らすことを考えたほうがいいと思います。ゆっくり少ない回数で、しかし一回一回を全力で行うという方法もあります。

僕がフルコンタクト空手の道場で最初に教わったのはハーフスクワットとクォータースクワットでした。ハーフは文字通り膝を曲げる角度がフルの半分、クォーターはそれまた半分で、これらはフルよりも膝、下半身への負担が少ないです。ウエイトトレーニングをする人たちはこの三種のスクワットを負荷や回数を考慮しながらやる場合が多いです。(スクワットのやり方、フォームについては参考URLを見てください。) 僕はフルはゆっくり全力でやるが少なめにして、ハーフやクォーターを速く多くやっていました。(ちなみに膝関節痛にはファンケルとかの飲むコラーゲンが効きます。本当です。) (^_^.)

また筋力トレーニングをした後はストレッチやマッサージを念入りにしたほうがいいと思います。疲れを残さないということは実は非常に大事です。そして翌日は休んでください。筋力トレーニングは一日置きで充分です。もし毎日練習する癖をつけたいなら、今日は上半身、明日は下半身という具合に、鍛えるパーツを変えながらやるといいと思います。これはウエイトトレーニングのジムでよく言われていることです。

他には、知っていると思いますが、ミットやサンドバッグ、砂袋を使うと蹴りの威力を非常に高めることができます。しかし自宅にそういったものがない場合は、地味ですが基本の前蹴りを繰り返すのがいいと思います。基本の前蹴りの練習にもいろいろあり、ゆっくりだが一回一回を力いっぱい蹴る、力を抜いて速く多く蹴る、力を入れて速く多く蹴る、などの方法があります。

基本の前蹴りやミット、サンドバッグトレーニングにしても、タイマーを使って行うと目標が定まっていいですよ。30秒、1分、1分半、2分、2分半、3分をそれぞれ何セットやると決めて練習するといいと思います。結構ゲーム感覚でできてあっという間に時間が経ちます。特に一人練習の時にはタイマーがあると非常に便利です。最初のうちはきついかもしれないので短い時間から試してみるといいと思います。タイマーは100円ショップでも売っています。

これ以外に僕がやっていたのは、壁押し(相撲のてっぽう稽古のように壁を押す。前に出る際の足腰の力を養成できる)、そして壁蹴りです。(スポーツシューズを履いて行ってもいい。中足で蹴る) いつも硬いものを蹴っているといざスパーリングの時に非常に自信を持って行うことができます。

あと体重の重い人の蹴りは当然重いです。(^_^) 体重を増やすことも考えるといいですよ。

参考になれば幸いです。頑張って下さい!

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~toomo/html/f9.html,http://homepage2.nifty.com/physical-education/SQdeep.htm

前蹴りの威力を高めるためにスクワットは効果的なトレーニングだと言えます。スクワットでは大腿四頭筋(太もも)、縫工筋(内股)、大臀筋(お尻)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、などを鍛えることができます。蹴りにおいてこれらを鍛えること非常に大切です。(筋肉の名称、位置については参考URLを見てください)

スクワットには、大きく分けるとフルスクワット、ハーフスクワット、クォータースクワットがあり、またそれぞれダンベル、バーベルを持って行う方法があります。他にも片足スクワットやジャンピングス...続きを読む

Q柔道選手の体はなぜあんなにすごいの?

オリンピックを見ていても、柔道選手は特別いい体をしているなとおもうんですが、前にテレビで野村選手が器具を使った筋トレはしたことないって言っていたのですが、どうやってあんな体を作りだしたんでしょうか??
また、普段柔道選手はどういう練習メニューをされているんでしょうか?栄養補給のタイミング等も教えてほしいです。

Aベストアンサー

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自分の身体の移動に加え、相手の身体をコントロールするという性質を持っています。
競技の間ずっと50キロ以上時には100キロ以上の物体(しかも自分の動きに逆らおうとする物体)をコントロールしようとし続けるなんて競技はオリンピック種目の中でも、重量挙げのようなものは別として柔道とレスリング以外にありません。
したがって当然に筋トレ的要素が他の種目に比べ高くなります。

さらに柔道は恒常的に畳に叩きつけられるという要素もあるため、必然的に身体が大きく、というより「分厚く」なる要因が非常に高いのです。(これはやってみると分かりますが、単純に筋トレなどで身体を鍛えていても投げられる耐性はできません)

相手を投げる動作などで「ウォーッ」と力を身体に加える動作を、昔は「気張り」などと呼び、この反復継続が柔道に適した身体を作り上げると言われていました。

そのため必然的に柔道家は分厚く強い体型を備えることになります。

ところで、そのような競技のトップ選手の身体で60キロそこそこの選手というのは、実は男性としてはかなり元の体型が小さな部類に含まれる体型なのです。
つまり背も高くないし、また胸郭や肩幅その他の骨格も元々は比較的キャシャな部類に入る体型なのです。
(余談ですが谷亮子が長く世界のトップに君臨できたのも、女子とはいえ柔道という競技で48キロ以下に体重をセーブするのは、元の身体がかなり小さい=世界、特に欧米の層が極端に薄いという「僥倖」もありました)

ですので60キロそこそこの選手というのは、元の骨組みが小さいところに筋肉がつくので、写真で見るとかなり「いい身体」に見えます。
これはちょうど、さほどたいした運動をしていないジャニーズの男の子や、ウォーターボーイズの男の子とかが痩せているとかなり「いい身体」に見えるのと同じ原理です。

60キロ級の選手はたしかに裸の肉体は見事ですが、実際に向かい合ってみるとその体型は80キロ・100キロ級の選手と比べると、その「圧倒感・存在感」にははるかに及ばないのが実感できます。

ましてや身体を「造形」する専門家であるボディ・ビルダーには、「いい身体」って意味ではとても及びません。
ビルダーがあなたにとって「異様」に見えるのは、おそらくビルダーがコンテスト時に極限まで脂肪を削ってしまうことや、身体に特殊なオイルを塗ったりすることなどの要素から、見慣れていないって原因があると思います。
(もちろん筋力も柔道家ではビルダーに勝てませんが)。

ですので60キロクラスの柔道家が、スポーツ選手の中でも「格別」に思えるのは、あなたの「錯覚」もひとつあります。

(2)とはいえ、同じ60キロ級のスポーツ選手の中でも他の競技に比べ、たしかに「ゴツイ」印象を与えることも事実です。

これはボクシングと比較するとその特異性が際立ちます。
ボクシングと言う競技は、まずバーベルを挙げるような筋力よりも、筋肉をパーンとはじかせるバネのような筋肉特性が求められます。
また柔道に比較すると試合時間が極めて長く、持久力勝負の要素がとても大きいのです。
実際ボクシングはパンチ力なんかよりも、持久力の要素の方が強いくらいで、試合前半の生きの良いパンチではダウンしないのに、後半お互いフラフラになった状態でのパンチでKOが起きるなんてのはこれが理由です。

ボクサーが柔道家のような筋肉を付けたら、とても10ラウンド12ラウンドみたいな長丁場は持ちません。
しかし柔道家は相手の重い体重をコントロールする能力が求められ、かつそれは長くて10分程度の時間です。

そのためかなりゴツイ身体が備わるのです。
さらに軽量級では必然的に体重の減量で脂肪をそぎ落とすので、質問者さんのおっしゃるような「いい身体」が出来るわけです。

さて、ではそのようなゴツイ体型が柔道だけで出来るのかと言えば、たしかに思いっきり食事をして柔道の稽古をオーバーワークにならないレベルでやれば、ある程度は出来ると思います。
何十年も前の柔道選手は、さほど筋トレの知識実践が無くても、そういう体型を作っていた事実がありますから。

しかし現代のオリンピッククラスのトップ選手で、一切筋トレをしないという選手はおそらく居ないと思います。

単純に稽古量がハンパ無いというだけでは、大きな身体は出来ません。
たしかに柔道にはエビや脇締めなど独特な稽古法がありますが、これらは筋肉を大きくするという種類の運動ではありませんし、またそれが素人にとってキツイのは、経験が無いからだけで、一流柔道家にテニスを練習に参加させたらあっと言う間にへばることでしょう。

ちなみに余談ですが、個人的好みとしては、私は一番好きな体型は120キロクラスの格闘家の身体です。
ジュロム・レ・バンナに憧れてます(笑)
http://www.k-1.co.jp/jp/fighter/player.php?index=banner

なにか補足質問があればどうぞ。

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自...続きを読む

Q沖縄空手・上地流のような筋骨隆々の身体を作るには?

空手を行っているっものです。当方では身体を作るため基本的なウエイトトレーニングで身体作りをしておりますが、ある雑誌で沖縄空手の上地流(半硬軟流?)の達人は、筋骨隆々な身体をしていて驚きました。私としましては、あの身体こそ古来の沖縄空手を物語る鉄の身体だと感じております。また、あの身体は、沖縄空手独特の鍛錬具を使用して空手に必要な筋肉が出来上がっていることも理解しております。
そこで、上地流沖縄空手の各基本動作に必要とする、どの筋肉各部をどの様に鍛えていけばよいのか、沖縄空手、または上地流にお詳しい方、詳細ご教授いただければ幸いです。
なお、鍛錬具はありませんので、通常のトレーニングの工夫や鍛錬具の代わりとなるような使い方のものなどがあれば合わせてご教授宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

伝統鍛錬についてもう少し書きます。

イギリスの剛柔流修行者の伝統鍛錬です。繰り返しますが冒頭のチーシーはダンベルでも、サーシー(3:19~)もダンベル、鉄アレイで代用できると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=xBK5QZ-YsTs&feature=related

東恩納盛男先生の国際沖縄剛柔流の支部道場です。
伝統鍛錬、基本的な筋力トレーニングの様子が見れます。
http://www.youtube.com/watch?v=TE6wdyzk0lE&feature=related

握り甕についてですが、代わりになる器が売っているかも知れません。知人の空手家は、握りが違ってしまったがダンベルや鉄アレイを代わりに使っていた時期があったと言っていました。首、肩や腕、足腰の鍛錬になったそうです。

また、なんとバケツに砂を入れて代用していた時期もあったと言っていました。他に大きなペットボトルに水を入れ、3,4本まとめてガムテープで巻き、互いに先端をビニールひもで固く縛って結んでそれを使っていたこともあったそうです。

鉄アレイを持った状態から三戦立ち、四股立ちをして正拳突きをする鍛錬も効果的だと思います。

おわかりだと思いますが他の方のためにも一応書いておきますと、ダンベル、鉄アレイは無理のない重さから始めるのがいいと思います。また翌日は鍛錬を休んで疲れを取ってください。筋肉を休めることは重要だと思います。

ご参考になれば幸いです。

http://www.youtube.com/watch?v=TE6wdyzk0lE&feature=related

伝統鍛錬についてもう少し書きます。

イギリスの剛柔流修行者の伝統鍛錬です。繰り返しますが冒頭のチーシーはダンベルでも、サーシー(3:19~)もダンベル、鉄アレイで代用できると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=xBK5QZ-YsTs&feature=related

東恩納盛男先生の国際沖縄剛柔流の支部道場です。
伝統鍛錬、基本的な筋力トレーニングの様子が見れます。
http://www.youtube.com/watch?v=TE6wdyzk0lE&feature=related

握り甕についてですが、代わりになる器が売っているかも知れません。知人...続きを読む

Qキックボクシングの自宅でできる練習法

キックボクシング道場に通い始めて2ヶ月になります。
先日スパーリングをさせてもらって、あまりの自分の弱さに情けなくなりました。
強くなりたいです、自宅でできる効果的な練習法はありますか?
今のところシャドー、ランニング、筋トレくらいはやってるんですが、我流的なところもありますので、注意点やアドバイスがあればお願いします。正しい筋トレメニュー等もありましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び3R→シャドー(ジャブのみ3R) 物足りないですが地道な努力が人を強くします。2週間もすればジャブが早くなっているのが分かるはずです。注意点はジャブの打ち終わりにガードの所へ拳が戻っているかどうかです。これが最初は一番難しい。長年やって今でも出来てない人は多いですがそういう人達はあまり強くない。ジャブに慣れてきたら次はストレートです。打ち方は野球のバッティングをイメージしてください。手や腕の力だけで打っている人はいませんよね?腰を回転させて+腕力で打っています。このイメージでガードの位置からまっすぐ打ち当たる瞬間に力をこめる。(大事です)最初から力を入れすぎてたらものすごくスピードが遅くなります。リラックスして当たる瞬間を意識する。そしてすぐ戻す。もどしが遅いとフォームが変になります。ジムによっては戻しをすごく重視するところもありますが同感です。パンチは当ればいいから戻しより出すほうが大事だろうと一般的には思われているでしょう。ですが逆です。長く続ければわかります。  次に蹴りですがローキックは何種類かあります。これはジムによって教え方がありますが、個人的には”すりあげローキック”がよいと思います。ローキックもジャブと同じ要領で3Rします。
慣れてきたら自分でめにゅーを変えてみてください。

いっぺんにたくさん言っても混乱すると思うので技はこのくらいにしときます。  筋トレは週2~3回がベストです。筋肉は激しく疲れさせて休ませ超回復というのをします。 たとえば毎日腕立てしている人はある程度の筋肉は付きますが筋肉が疲れててあまり効果がないのです。なので2~3回がベストです。  あと食生活なども気を使ってみてはどうですか?今あるあるの納豆が問題になってますが納豆は体を作ります。牛乳や卵もです。プロテインなども効果的です。

他にもいろいろありますがまずは上記の事をしてみてください。
メンタル面 技術面など 質問がありましたら時間があればまた書き込みます。 
がんばってください。

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び...続きを読む

Q総合格闘技はあまりにも組み技系が有利 説

俺の打撃系格闘技やってる友達がこんなこと言ってた。

そいつが言うには、
「総合格闘技は組み技系上がりの選手が活躍しやすく、打撃系上がりの選手が活躍しにくいルール設定になっている。
 過去にK1勢が総合に挑戦してもほとんどが体格に劣る日本人選手ごときにも惨敗。
 一方レスラーや柔術家は打撃系上がりの選手に比べて総合で強い傾向にある。

打撃系上がりが不利な理由は、掴まれて倒されそうになった時にロープは掴んじゃいけない、目に指を入れてはいけない、噛み付いてはいけないなど等。

 これじゃそりゃ簡単に組み付かれて倒されてしまうだろ。
 大体、急所攻撃有りならお互いリスキーなので離れ際の戦いが増えて打撃の展開が増える。」と

こいつはいつも総合で打撃系の選手が負けると怒ってるみたいです。
こいつの言うように総合って打撃系出身者が不利なんですか?

Aベストアンサー

自分は修斗をやっています。

【ルールに関して】
ルールの事だけ考えたら、現在主流になってるルールはやや寝技有利かもしれませんね。
4点ポジのヒザ禁止とか、試合時間の設定(1R目が10分間以上ある)とか。
総合のルールもセオリーも未だに完全には確立されてません。トレンドがありますね。

【競技の性質について】
打撃だけでも組技だけでもだめなのが総合なので。
打撃出身であろうと寝技出身であろうと、いかに「総合」向けにアジャストできているかによって全然違いますよね。
という前提で。
打撃は的に当てる「点」だから一発がある。反面、ちゃんと当てる前にテイクダウンされたらただのマグロ。
組技は近づいてって組み付いて倒して極めるというプロセスを踏む「線」だから時間が必要。その間に一発もらうリスクの反面、展開に持ち込めばあとは自分の庭。
単純に確率論で考えれば、ピンポイントで一発当てるよりも、ちょっと痛いの我慢して組み付きにいくほうが確実でしょうねえ。

【選手のモチベーション】
これはかなり主観的な意見になりますが・・・
打撃で超一流になった人って、打撃だけで食っていけるんですよね。だって、食っていくに足りる打撃系のプロ興業あるじゃないですか。K-1とか。
寝技ってそういうの、殆どないですよね。柔術やグラップリングにそういうのがないから、一流どころが「食う為に」どんどん総合に流れてくる。だから総合で勝つための打撃にそりゃもう必死でアジャストしてくるし、研究に研究を重ねて、勝つための新しいセオリーをどんどん生み出してる。
ミルコは(身体能力もあったでしょうが)総合で勝つために組技を徹底的に研究して、捌いて打撃というセオリーを突き詰めて、それが当時の打撃系の選手に波及しました。
でもやっぱり打撃系でミルコみたいな執念でもって総合を研究して臨む人が後からあんまり出てこなくて、ちょっとした出稼ぎ感覚な人が多いような気がします。
日々セオリーが進化する総合において、この差はなにげに大きいような気がします。
なので現在は、ルール以前に総合の技術体系そのものが、寝技系の人達の研究によって造られている気がします。

そんなとこですかね。
長文すいません。

自分は修斗をやっています。

【ルールに関して】
ルールの事だけ考えたら、現在主流になってるルールはやや寝技有利かもしれませんね。
4点ポジのヒザ禁止とか、試合時間の設定(1R目が10分間以上ある)とか。
総合のルールもセオリーも未だに完全には確立されてません。トレンドがありますね。

【競技の性質について】
打撃だけでも組技だけでもだめなのが総合なので。
打撃出身であろうと寝技出身であろうと、いかに「総合」向けにアジャストできているかによって全然違いますよね。
という前提で。...続きを読む

Q打撃系格闘技出身者は総合格闘技では戦いづらいって本当ですか?

昔の格闘技関係の本の文章の一部で、
「キックボクシングなどのパンチやキックという
打撃技を身上として鍛え上げた身体は、重心が上方にあるので、
総合格闘技では戦いづらい。総合格闘技というルールで
戦うと、こうした体型の者は体重の重い、それも
重心の低い馬力ファイターに弱い。押されることに
対する筋肉ができていないためだ。」と打撃系格闘技出身
の選手は総合格闘技には向かないと思われることが
書かれてあったのですが、その文章は正しいのでしょうか?
ムエタイ出身のヴァンダレイ・シウバやK1出身のミルコが
総合格闘技で活躍したことがあることを考えると
例外もありえると思うのですが…
皆様からのご意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「秘技」のようなマイナーな存在であったことや、かつて柔道家を主人公とする「姿三四郎」の人気などによって、日本では空手より柔道が、日本の格闘技の「主役」の時代が長く続きました。

それを大きく変えたのが、かの「空手バカ一代」の出現です。

「地上最強」「一撃必殺」などのうたい文句をひっさげ、空手こそ最強という認識は、昭和40年代中盤から昭和50年代にかけてはかなり浸透しました。

もちろん大山師の功績もさることながら、試割りなどのインパクトなどもその原因のひとつだったことは言うまでもないでしょう。

実は私自身ちょうどその世代真っ只中でして、中学1年から始めた柔道部に所属しながらも、高校1年で2段を取得(これは実は年齢を誤魔化しての取得でした)してすぐに、部活での柔道の練習のかたわら、週に2回ほど少林寺拳法を習いにいったりしました。

これは
「柔道は相手をつかんでからでないと攻撃できないから、相手と接触することが即攻撃になる空手には遅れをとる」
という理論や
「いくら身体を鍛えてもブロックやレンガを割る空手の攻撃を受けたらKO必至だ」
みたいな理論を聞き、私自身も「いくら柔道をやっていても空手部の奴とケンカしたら勝てないんじゃないか」なんて不安になったのです。

そして、今から空手をやっても空手部の奴には追いつかない、ならば少林寺をやれば違うルートから近づくことが出来る。
自分の柔道の力に、少林寺の打撃が加われば空手部恐れるに足らず!
なんてバカなことを考えたのです。
(これら全てが今になるとアホな考えですが)。

その後も日本では柔道や各種格闘技は広く愛好者を有しましたが、その中でもやはり「極真」というブランドは一定の評価を得ていたのはご存知の通りです。

そしてその後極真を代表とするいわゆる「フルコン」の顔面無しというコンセプトに対するアンチテーゼとして顔面攻撃有りの空手や、グローブ空手などが、その後の大きな「大変革」の徴候として次々と生まれ始めたのもご存知の通りです。
(私が本格的に総合系の空手にはまり出したのもちょうどこの頃のことです)
__________________
前置きが長くてすいません(いつもの私の悪いクセです)。
もう少し続けさせてください。

さて、先ほど私が「後の大きな大変革」と表現したのが、ご存知のUFCにおけるグレーシーの出現です。
これはまさに格闘技に関する常識を根底からくつがえすほどの出来事でした。
格闘技界のコペルニクスと言ってもいいと思います。

たしかに多くの専門家が一撃必殺なんてのは現実的でないことや、人間が格闘をしていると自然と相手と組み合ってしまうのが自然だから、組み技系の専門家は実戦においてとても強いということはよく言われていました。

しかしなんのかんの言っても、実際の格闘では圧倒的体格を有する者が、その体重とパワーにものをいわせ圧倒するという「現実」が、実戦における勝敗を決するという考えはやはり強く信じられていました。

事実私は、当時グレーシーが出現するまでは、現実の実戦で「平均的・一般的」に最強の人間が一番多い集団は大相撲、そしてそれに続くのが重量級の柔道選手や重量級のキック・空手の選手であろうと思っていました。

しかしグレーシーの出現によって、必要充分以上に打撃に対する対策を修得した上での組み技、特に締め技&関節技のエキスパートにかかると、打撃系の選手やパワーで押し込むなんていう攻撃があっさりと封じ込められてしまうという現実を思い知らされたわけです。

つまり対多人数や対武器を想定に含めなければいけない、現実のケンカはさておき、あくまで競技としての素手1対1の対戦(つまりプライドのような総合格闘技の試合)では、締め関節の熟練度がもっとも要求されるということが分かってきたわけです。

言い方を変えれば、少しくらいパンチやキックが強くても、いったん組み付いてしまえば後は寝技の専門家には手も足も出ないということがバレてしまったわけです。

こういう経緯によって、現在の総合の試合において最低限求められる能力は
パンチ・蹴りであっさり倒されない程度の打撃力と、そこから寝技で相手を仕留める能力
これになっているのです。

さて本題の
Q:打撃系の選手は総合で闘うのに向いていないのか
を考えてみたいです。

私はこの最低限の打撃力プラス寝技の修得という、総合での能力を身につけるうえで、打撃系の選手が不利なのは重心の高さという要素は少ないと思います。

私が打撃系出身の選手が不利となる理由と考えるのは次の2つです。
一つは先ほど言った通り、人間はルール無しで殴りあっていると、自然と相手と接近して組み合うという性質があるため、ある程度打撃の経験のある者同士では、あっさりと打撃で決着の付くことの方が少なく、結局は組み技の優劣で勝負が決する以上、どうしても寝技に一日の長がある組技出身の選手が有利であること。

そしてもう一つは、打撃の修得よりも、組技の習得の方が熟練するのにより多くの経験が必要だということです。

殴る蹴るという攻撃は、ある意味素人でも持っている、人間の「原始的」攻撃方法です。
つまり締め関節等に比べると、打撃と言うのは素人のその「素人度」が低いのです。

また打撃の強弱というのは、ある程度腕力や体力、体格などによって左右されてしまいます。
ですからボブ・サップのような本来打撃の素人であっても、多少の練習によってそれなりに戦えるレベルになれるし、いやさらにはあれだけの体格とパワーを有しているとほんの数ヶ月の練習で、軽量中量級の専門家でさえ圧倒されることも大いに有りえるわけです。

しかし投げや締め関節は、極端な話しいくら体格や腕力があっても、素人では絶対に専門家に勝てません。
半年柔道を練習したボブサップでは、60キロの野村忠宏にも子ども扱いされることでしょう。

とくに柔道の世界は、多くのトップ選手がジュニアの頃からその道にどっぷり漬かっているような選手の集団です。
こういう柔道家とさえ互角以上に寝技を闘うことが出来る、柔術家や五輪銀メダリストの小川直也を数十秒でギブアップさせてしまうヒョードルのような人間の居る総合の世界では、やはり打撃系出身者は分が悪くなるのも当然なのではないでしょうか。

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「...続きを読む


人気Q&Aランキング