もうすぐアメリカが報復行動を起こすと言われていますが、みなさんはこれについて賛成ですか?反対ですか?
僕は反対です。報復は必ず報復を呼びます。今ここで報復行動を起こせば、相手は必ずまた攻撃を仕掛けてくるでしょう。そして次はアメリカだけではすまないでしょう。アメリカを支援するイギリスやフランスはもちろん、この日本も攻撃の対象になるのではないのでしょうか?アメリカは「聖戦である」と言っていますが、やはり戦争であることは変わりません。そして今回はより凄惨なものになるでしょう。戦争以外に何か手はなかったのか?なぜ戦争なのか?みなさんの意見を伺いたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

アメリカは盛んに「正義」と言っていますが、ハッキリ言って復讐(報復)と正義は全然違うと私も思います。

この2つを同時に使っているアメリカにも??です。

でも仕方ないというか・・・
やっぱり国際的に見ると強い国が、やっぱり強いんですよ。これがもし小さな力の弱い(?)国だったりしたら、またアメリカは「介入」とかして、まぁ介入しなくても、今アメリカがやってるようには出来なかったんじゃないでしょうか。(全然関係ないけど「目には目を、歯には歯を」というのはイスラムの教えですよねぇー。キリスト教では「右(左だったかな?)の頬をぶたれたら左(右?)の頬を出しなさい」とか言ってたと思うのですが・・・宗教もテキトーですよねぇ)

後はやっぱり「緊張」じゃないでしょうか。ポスト「ポスト冷戦」なんて呼ばれてるじゃないですか?結局アメリカって、世界のどこかで緊張状態があって、それを「アメリカ」がコントロールしているというか、そういう状態を維持することによって「ナンバーワン」の座も維持するというか・・・そんな気がします。結局、民間人や今回のテロ以外の国民にも犠牲が出ても仕方ないって感じですよねぇ。そういう「座」を守るためには「敢えて」戦うんだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。そうやって彼らは、常に「座」を守ってきたわけですからね・・・
う―ん、ムズカシイ。

お礼日時:2001/10/03 01:17

私の基本的なスタンスは「戦争」は絶対に「否」です。


同時に無差別の「テロ」も絶対に「否」です

それをふまえて、

まず、今回のアメリカがするであろと予測される報復行動が「是」か「非」かという事ですが、そんなに簡単に2つに1つの回答を出せる様な単純な代物ではないです。

その理由は、この事件と根幹となるテロ組織であろうともくされるイスラム原理主義派、そしてそれをとりまくイスラム社会全般、その延長線上のアラブ諸国と米国やイギリスとの過去の関わり合い、それに宗教的なものや民族的な要素が複雑に絡み現在にいたっています。
昨日、今日始まったような内容ではなく、事は百年はおろか、何千年をもさかのぼらなくては根本的な解決が出来ないような内容です。

今回の事を含め、往々にして「戦争」というのは「正義」と「正義」のぶつかり合いです。
戦争を止めさせる・・というのは片方、もしくは両者にたいし、それぞれの「正義」が間違っているとただして、捨てさせたり考え直させる事に等しく、それは究極に難しい事です。

アメリカの民意はここへ来て大分慎重論も出ていますが、それでも大勢は肯定的な意見が多いです。もし、今回の事がアメリカでなく日本で、しかも数千人単位で人が亡くなられる様な事が起こったのであれば、私も同じような感情を持つかもしれません。


今回の場合において、事態の打開に向けては、アラブ諸国及び米国と長年友好的な関係をもち、利害関係が無い様な第3国が仲介や調整に入らないと事態の収拾は難しいと思え。

・・・その意味で日本の役割は大きいはずです。

「戦争」が嫌い、「争い」は醜い、「戦い」は悲惨・・・と一面のみをみて「戦争」は絶対反対・・と唱える事は簡単です。
しかし、心ならずもそこへ至ってしまった過程を見ずにそれを唱える事は、物事の表面しか見ていないものと私は思います。

物事の真理を見ず、ただ単純に「戦争はダメだから・・」と唱える人を、「エセ平和主義者」だと私は思っています。

回答になっていませんね・・・

(あー絶対に、反論がきそうだな・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>報復行動が「是」か「非」かという事ですが、そんなに簡単に2つに1つの回答を出せる様な単純な代物ではないです。

>物事の真理を見ず、ただ単純に「戦争はダメだから・・」と唱える人を、「エセ平和主義者」だと私は思っています。


その通りだと思います。ただ単に是か非かで解決する問題ではないですね。僕の質問はすこし軽率すぎますね。

お礼日時:2001/10/03 01:23

質問の本筋とあんまり関係ないことなのですが、


アメリカは本当に「聖戦である」と言ったのですか?
「聖戦(ジハード)」という言葉はイスラム教徒が使う言葉で、
タリバン側の人ならともかく、アメリカ人は使わないと思うのですが。
もしアメリカ政府が本当にそのように言っていたのでしたら、
出典を教えていただけませんか?
    • good
    • 0

こんにちは。


報復をしてもしなくてもテロはなくならないと思います。テロリスト達はアメリカを始めとする民主主義、自由主義を否定しているのですから。それとアメリカが攻撃されたのは、民主主義の代表のような国だからです。いつ日本やイギリス、ドイツなどが攻撃されてもおかしくないのです。それと日本人も含めて多くの国の人が今回のテロで殺されてるんですから、私たちも攻撃されたと思うべきでしょう。

私たちが何もしなくてもテロリストは攻撃してきます。話し合いが通じるような奴らではないのです。よって断固とした態度が必要だと思います。場合によってはやられたら何度でもやりかえす覚悟が必要でしょう。

戦争がよくないことは十分にわかってますが、きれいごとが通じる相手ではないということも理解するべきなのではないでしょうか。
    • good
    • 0

「これ以上のテロを予防する」って目的があるのでは?


「テロ行為は割に合わない」っていうことをテロリスト予備軍に知らしめるのも目的の一つじゃないかと。

私としても戦争行為は反対なわけですが、思いつく解決策はアメリカ側が全面的に非を認めてアフガニスタンに対して十分な賠償金を支払う、といったものしかありません。
(これをしてしまうと、アメリカは更なるテロの脅威にさらされることになる。)

アメリカがイスラエル問題から手を引くってのも考えられえますが…

…難しいっすねぇ。世界平和ってのは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。参考になりました。ただですね、「これ以上のテロを予防する」、「テロ行為は割に合わない」っていうことをテロリスト予備軍に知らしめるとありましたが、僕はむしろテロを促進してしまうと思います。それこそ彼らの思うつぼではないかと思うんでけど、どうすかねぇ?

お礼日時:2001/10/02 02:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2001年の9.11はアメリカが戦争をしたいがためにしたアメリカが起こした事件ですか?

2001年の9.11はアメリカが戦争をしたいがためにしたアメリカが起こした事件ですか?

Aベストアンサー

アメリカの富に嫉妬した、イスラム原理主義組織の嫌がらせです。
恐いですよね。。富への嫉妬って。

Q「米・英の報復空爆」は報復テロを呼ぶか?

ついに米・英によるアフガニスタンへの報復空爆が開始した。ところでこの空爆への報復テロの可能性はあるのであろうか?また報復テロの可能性があるとすればどこの国で起こるのであろうか?核や生物兵器によるテロの可能性もなくはない。今後の中東情勢はどうなるのか?イスラエルは?イランは?イラクは?皆様のご意見お待ちしております。

Aベストアンサー

aquaquaさんの挙げた「イスラエルは?イランは?イラクは?」の中で一番問題国は【イスラエル】でしょう。

ご承知のように2000年間何もない所に、1948年に種として英国、米国の支援で無理やり建国したのですから・・・!
そのたった50年余りの実績を辛うじて【パレスチナ】が認めているのに、今のイスラエルは横暴すぎますね。

そのイスラエルをブッシュ政権になってから特に強力に援助するようになり【ビンラディン氏】はモヤモヤとしたイスラム社会の
空気を察知して貿易センター事件を起こしたのではないかと推理します。(但し、真犯人かどうかは未だに不明ですが???)

パレスチナの【アラファト】さんは、過去の実績、性格から考えても【ビンラディン氏】【タリヴァン】的なテロ行為を迷惑視
している筈ですが、今の情勢では米日、英仏獨は「行け行けドンドン」が主流を占めていますから、お互いに相手を【テロ行為】と
決め付け始めた以上、ここしばらくは成り行き注目...我々は静観というより、むしろ冷静に見ているよりほかありません。

【イスラエル】を今更消す事ができないなら、西欧諸国はもっとイスラエルの横暴を押さえるか、パレスチナとどうすれば
共存できるのか考えるべきでしょう。。。とくにソ連時代からロシアのユダヤ人を追い出す?形でイスラエルに入植させた以上
ロシアは無関係ではない筈です。。。

日本政府は中近東のことになるとイランと国交があるということ以外、本質的な紛争の種には目を瞑りアメリカ追随外交しか
出来ないところに問題点があるのでしょう。。。

それと最近気がついたのですが私の回りの金融関係のサラリーマン達...そこそこの大学を出ているはずですが不思議な事に
【イスラエル】建国の由来も皆さん知らなくて、紀元前から在ると思っている人もいるようです。。。

何かユダヤ民族やイスラエル問題などに詳しくなるとアメリカの不利益(特にユダヤ人の支配する金融界)になる事が多いので、
日本政府も歴史教育では明治以後と同様、戦後史には触れないように指導しているのではないかと勘ぐっているのですが。。。

aquaquaさんの挙げた「イスラエルは?イランは?イラクは?」の中で一番問題国は【イスラエル】でしょう。

ご承知のように2000年間何もない所に、1948年に種として英国、米国の支援で無理やり建国したのですから・・・!
そのたった50年余りの実績を辛うじて【パレスチナ】が認めているのに、今のイスラエルは横暴すぎますね。

そのイスラエルをブッシュ政権になってから特に強力に援助するようになり【ビンラディン氏】はモヤモヤとしたイスラム社会の
空気を察知して貿易センター事件を起こし...続きを読む

Qアメリカのイラク攻撃

最近学校の授業でこのことについて習いました。しかし自分はまだしっかりとこの問題について理解しきれていないと思います(汗)
つきましてアメリカがイラクを攻撃するのは間違えているという理由、アメリカの外交や世界戦略の問題点について意見を聞きたいのですが・・・
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

>ほかにも標的としてふさわしい国はないんでしょうか?

過去にイラクを支援してイランを攻撃していましたね。
ですから、状況によって変わります。
今、最もふさわしい国はイラクです。
まず、攻撃するには大義名分が必要であるという事。
今回はイラクの大量破壊兵器ですね。
しかし、これも参考サイトを読めば分かるようにおかしい。
でも必死でイラクは悪だとプロパガンダを流し、攻撃を
正当化しようとしていますね。

また、アメリカはアラブ諸国に経済制裁を続けていますので、
全体的に嫌われています。
そのなかで、イラクのフセイン大統領は唯一、アラブ諸国を統一し、
アメリカを倒そうと言っていますので、人気があるのです。
これをやられるとアメリカの石油産業が中東から追い出されます。
アメリカは世界一の石油輸入国ですから、ダメージも大きい。
また、他国経由で輸入することになりますので、
産業界全体も大きなコスト増です。

>アメリカの外交や世界戦略の問題点
学校で何を習った結果、何に疑問をもったのですか?
それを書いてもらえると回答しやすいのですが。

一言で言えばアメリカの外交は軍事外交です。
国家予算の軍事費は世界で飛びぬけています。
自国は軍事費を増やし、他国には減らせといいます。
核実験廃止に関してもアメリカは何度も実験を繰り返し、
すでに必要なデータをもっており、あとはコンピューターの
シュミレーションで開発できるのです。
この状態で核実験廃止というのは核はアメリカだけが持っていれば
良いという事です。

また、世界の軍需産業トップ10のうち、7社がアメリカ企業です。
石油産業も軍需産業も大きいという事は政治的に無視できないという
事です。全員が選挙権を持っていますからね。
日本のように族議員と呼ばれる人も多いのです。
郵政事業が民営化できないのも、郵政省だけが反対しているわけではなく、
その外郭団体、その下請け企業、孫企業とすごい数の人が反対している
からですね。

この軍需産業は兵器の輸出をしなければいけませんが、
平和な国は当然輸入しません。
ですから、アメリカは世界のどこかで戦争がおこっていて欲しいのです。
そのために政治、経済、民族、宗教といった対立を利用し、
対立する一方に支援という形で戦争をさせているのです。
どちらに支援するかはどちらに支援するとアメリカが得をするかで
決まります。
中東で戦争をさせれば石油利権も得る事ができて、一石二鳥です。

次に世界戦略ですね。
長くなってきたので手短に。
世界にアメリカにとって有利な資本主義、民主主義を広げる。
資本主義は強い者が弱いものを搾取するというものですので、
弱い者が多ければ、それだけ搾取する利益が大きくなります。
まだ、世界には自給自足、物々交換という地域が少なくありません。
これらの地域に資本主義を持ち込むには支援と称して、原水炉など
電気を持ち込むことです。
電気とは非常に便利な物で一度使うと電気の無い生活が出来なくなります。
しかし、電気を使うにはお金がいる。
お金をもらうには働かなくてはならない。
そして、先進国が、安い賃金でこきつかう。
このように経済的奴隷としていくのです。

とりあえず、こんなとこですかね。

>ほかにも標的としてふさわしい国はないんでしょうか?

過去にイラクを支援してイランを攻撃していましたね。
ですから、状況によって変わります。
今、最もふさわしい国はイラクです。
まず、攻撃するには大義名分が必要であるという事。
今回はイラクの大量破壊兵器ですね。
しかし、これも参考サイトを読めば分かるようにおかしい。
でも必死でイラクは悪だとプロパガンダを流し、攻撃を
正当化しようとしていますね。

また、アメリカはアラブ諸国に経済制裁を続けていますので、
全体的に嫌われ...続きを読む

Qなぜアメリカは北朝鮮を攻撃しないのですか?

なぜアメリカは北朝鮮を攻撃しないのですか?

原油が無く、キムチしかないからですか?

Aベストアンサー

バックにいる中国と事を構えると面倒なことになる、というのもあると思いますが、アメリカにとってそれだけのメリットがないからではないでしょうか。

軍を派遣するにはそれなりの金と手間がかかりますが、今の北朝鮮を攻撃してもそれに見合うだけのメリットがブッシュ政権にはないと思われているのだと思います。

イラク攻撃に踏み切ったのは9.11に対する報復・支持率回復に加え、オイルメジャーからの要求もあったと思われます。エネルギー業界は父の代からブッシュ政権の票田だそうですから。湾岸戦争も父ブッシュの時でしたね。父ブッシュは大統領選投票寸前に「砂漠の嵐」作戦を敢行して見事再選を果たしたと記憶しています。
つまりまあ、メリット=支持率と思ってしまっても構わないと思いますが。

そのイラクにも軍を展開しているのですから、余分な軍事力はさらに無くなっていますしね。イラクにおける軍事費と死者の増加に非難が高まってる今、さらに戦争を起こすのはアメリカの国内世論を考えても難しいのではないでしょうか。

要約すると
>原油が無く、キムチしかないから
言えて妙ではないでしょうか。
ブッシュ政権の支持率は今どん底ですので、大統領選挙が間近になればダメモトで一発逆転をねらって…というのもありえる話だと思います。

バックにいる中国と事を構えると面倒なことになる、というのもあると思いますが、アメリカにとってそれだけのメリットがないからではないでしょうか。

軍を派遣するにはそれなりの金と手間がかかりますが、今の北朝鮮を攻撃してもそれに見合うだけのメリットがブッシュ政権にはないと思われているのだと思います。

イラク攻撃に踏み切ったのは9.11に対する報復・支持率回復に加え、オイルメジャーからの要求もあったと思われます。エネルギー業界は父の代からブッシュ政権の票田だそうですから。湾岸戦争も...続きを読む

Q何故、今回の戦争は、起こったの?

題名の通りです。
知識のない人でも分かるように説明していただけたら、ありがたいです。

Aベストアンサー

アメリカの主張としては、
イラクが核兵器をはじめ、大量破壊兵器をもっていて危険であるから、
これを潰さなければ、世界の平和が守れない、という理由です。
少し前までは、911テロとイラクのつながりを主張していましたが、
証拠が挙がらなかったために、
大量破壊兵器を持っているから、という理由に切り替えました。
理由は変わりましたが、イラクを倒すという、結論は変わりません。

イラクが化学兵器、破壊兵器をもっているならば、
98年までアメリカが先導していた査察団をイラクに派遣して、
チェックしてみればいいのですが、
アメリカは「どうせ隠してしまうから探しに行っても無駄だだから武力行使しかない」といっています。

今までアメリカは、中東に、一つの強い国ができないように、
イラクとイランのように対立する国が現れるように仕向けてきました。
しかしその政策もここにきて限界。
戦争に勝利して、イラクに親米政権を作ったとしても、
それが逆に他の中東諸国の反米感情を煽ってしまうために、
イラクを手始めに中東諸国を、将棋倒しに倒してしまおう、
と、アメリカは考えている、という方もいます。

参考URL:http://tanakanews.com/c0909iraq.htm

アメリカの主張としては、
イラクが核兵器をはじめ、大量破壊兵器をもっていて危険であるから、
これを潰さなければ、世界の平和が守れない、という理由です。
少し前までは、911テロとイラクのつながりを主張していましたが、
証拠が挙がらなかったために、
大量破壊兵器を持っているから、という理由に切り替えました。
理由は変わりましたが、イラクを倒すという、結論は変わりません。

イラクが化学兵器、破壊兵器をもっているならば、
98年までアメリカが先導していた査察団をイラクに派遣して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報