プロ野球のサインについて教えてください。

キャッチャーが投手に対してサインを出しますが、あれはどこまで指示を出しているんでしょうか?
球種だけなんでしょうか。あるいはコース(内角高めとか)や、「のけぞらせるほどボールにしろ」とかまで決められているのでしょうか。

また、サイン自体の出し方はどんな仕組みになっているんでしょうか?
グーにしたりパーにしたり、手自体を左右に寄せたり。ときどき立ち上がって肩やら胸やらを触ったりもしてますが、あれはどう関係あるのでしょうか?

A 回答 (3件)

サインはbetter-lifeさんの言っておられることで間違いはありません。

サインはずっと、同じもの使っていると相手チームにばれる可能性があるので、試合のイニングごとにサインのパターンを変えることもあるようです。ただし、「敬遠」のサインはバッテリーよりも監督・コーチからの指示が多く、試合の勝敗を左右する局面では、ベンチからキャッチャーへ指示することが増えます。ピッチャーからどんな球種をなげたいとの指示もあります。
サイン自体ですが、グー・パーなどで球種、手の左右上下でコースなどがあります。
    • good
    • 0

プロではありませんが、社会人野球チームに親しい方がいるので、


過去に聞いた事をお話致します。

投手に対するサインは、「球種とコース」が基本です。あえてストライクが必要なく、
ボール球が欲しい時は「外せ」のサインを出すそうです。
プロではないと言っても、140キロを超える速球はサイン違いだとキャッチ出来ないこともあるそうです。
内角を要求して外角に来たら、真っ直ぐを要求してフォークが来たら、取るのは難しいようです。
もっとも長くバッテリーを組んでいると、あうんの呼吸でお互いの気持ちが分かるとも言ってました。

立って出すサインは、主にバントなどが予想される場合の内野陣の守備体系を指示するものです。
一塁手と三塁手が前に、二塁手が一塁へ、遊撃手が二塁へカバーに入るなどです。
特に二塁ランナーを三塁へ送る際などは、一球ごとにシフトを変えたりしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

立って出すサインは、座って出すサインのキーやパターンを変更するものだと聞いたことがあるのですが、違うようですね。

お礼日時:2001/10/06 22:18

立ち上がってのサインはピッチャーだけじゃなくて、野手にも出していると思いますよ。


「ちょっと右に寄れ」とか、守備に関するサインを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
なるほど。

お礼日時:2001/10/06 22:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q捕手の信頼とは?

例えば元巨人の村田真一捕手は投手陣の信頼が
厚かったといわれています。

上記の証拠として当時の巨人投手陣は村田捕手のサインに対し、首を横に
振る事は殆どなかったと思います。

しかしネット映像を見て確認したところ巨人軍投手陣は当時の2番手捕手
杉山捕手のリードに対してもあまり首を横に振る場面は見られませんでした。

杉山捕手のサイン通りに投げているということは杉山捕手も村田捕手並みに信頼
されているということではないのでしょうか?

信頼されていなかったら普通、投手陣はサインに首を振りますよね・・・?

村田捕手と杉山捕手の差は何なんでしょうか?

上記の捕手に拘らず質問文と似たような例がある場合
どのような事が考えられますでしょうか??


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>監督も捕手を村田に選んだとも考えられますよね?

結局は結果です。まず重要なのは抑えたかどうかです。それが捕手のサイン通りに投げて抑えたのなら捕手の功績大、クビを振って投げることが多かったのなら捕手の功績は小、ということになります。
それに監督から見て「この投手にはこの捕手が合っている」と思わせることができるかどうかも重要です。

Qキャッチャーやコーチのサイン

 オールスターを見ながら思ったんですが、ああいう即製混合チームの場合、球種やフォーメーション(?)のサインと言うのはどうやって決めるのでしょう?確かチームごとに違うらしいですが、「基本パターン」と言うのがあるのでしょうか?(上原が「矢野さんからフォークのサインが出たけどストレートを投げた」と言っていました)
 また、やはり「プロ」というのはそういうややこしいことでもきちんと覚えることが出来るのでしょうか?(覚えられなきゃプロじゃない、とか)

Aベストアンサー

こんばんは。

球種ごとにシンプルなサインは試合前に打ち合わせをしています。

ここで、大切なのは、絶対に自分のチームのサインを使わない、または、自分のチームのサイン解読につながるような情報は、わずかでも出さない。

ということです。

そして、上原投手が矢野捕手のサインに反したボールを投げたことについてですが、オールスターは、出場する捕手にとっては、今後も対戦するであろう相手球団の投手の球種を研究できる絶好の場です。

ペナントレースの後半戦に向かって、上原投手のフォークの切れ具合を目で見て確認したかった矢野捕手ですが、「そうはさせないよ」という上原投手の妨害にあったということですね。

相手球団に球種や調子がばれるという観点から、出場するのを嫌がる投手もいます。松坂投手などは、オールスター2年連続不参加ですが、きっと、自分の持ち球を見られたくない。オールスターに出てケガでもしたら損。オールスターの期間中、肩を休めたい。という気持ちが強かったのではないでしょうか。

Q未来の「阿部慎之助捕手」に成長する選手?

昨日、両リーグのMVP選手か発表されました。
セ・リーグは阿部慎之助捕手で、パ・リーグは吉川光夫投手でした(*^_^*)

両足首痛など故障を抱えながら、主将として巨人を3年ぶりの日本一に導いた阿部慎之助捕手。
日ハムファンの私としては吉川光夫投手の受賞と共に、嬉しいニュースでした♪

巨人ファンだった頃に阿部捕手がデビューし、最初は度胸のあるリードが功を奏していましたがペナント終盤では打ち込まれる事が多くなりました。
結果は捕手のリードだけでは無く投手の調子や力量にも左右されるため、特別悪い評価はされませんでしたが一部の解説者からは酷評されたものです(^_^;)

そんな阿部捕手が今では「日本一チームの正捕手」であり「大黒柱」と、プロ野球界が認める選手へと成長しました(^O^)
日ハムの鶴岡捕手も「雲の上の存在の人」と絶賛していたくらいですから・・・。


そこで質問です!

リーグを問わずに、今後「阿部捕手」の様に大ブレイクしそうな捕手や、絶対に大注目な捕手を教えて下さいm(_ _)m

来年の野球観戦の際に、他チームの「キーポイント」として注目したいので・・・(^_-)

昨日、両リーグのMVP選手か発表されました。
セ・リーグは阿部慎之助捕手で、パ・リーグは吉川光夫投手でした(*^_^*)

両足首痛など故障を抱えながら、主将として巨人を3年ぶりの日本一に導いた阿部慎之助捕手。
日ハムファンの私としては吉川光夫投手の受賞と共に、嬉しいニュースでした♪

巨人ファンだった頃に阿部捕手がデビューし、最初は度胸のあるリードが功を奏していましたがペナント終盤では打ち込まれる事が多くなりました。
結果は捕手のリードだけでは無く投手の調子や力量にも左右されるため、特...続きを読む

Aベストアンサー

阿部は打撃では申し分ないがリードはイマイチ…正直実松の方がリードは上手いです

楽天の伊志嶺なんかも逸材ですね
あとは 日ハム絡みなら あの大嶋捕手w

Q球種について

ピッチャーの投げる球種の違いがわかりません。
ストレートはまっすぐ、右投手ならカーブは左方向の変化、シュートは右方向の変化、フォークボールは人差し指と中指に球をはさんで投げバッターの手前で落ちる縦の変化・・とこの辺は解かるのですが、よく聞くスライダー、チェンジアップ等他にも球種がいろいろあるようですが、同じ変化球でもカーブ、シュート等とどう違うのでしょうか?
変化、投げ方等、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

参考URLに投げ方の解説があります。
フォークボールだけは投げたことがないので説明できないそうです。

参考URL:http://www.japan-net.ne.jp/~masaaki/henka.html

Q西山捕手。

単純な質問なんですが1997年以降の
元広島カープ正捕手・西山秀二捕手は
皆さんからみて、どういう捕手にみえましたか?

良い捕手だったんでしょうか?


後、悪い思いにさせてしまったら申し訳ないですが
皆さんの野球経験歴なども教えて下さい。

前の質問などでは捕手で打率260台の選手を打撃が悪すぎると
酷評したり必要以上に肩の強さに拘っていたりと本当に野球を
知ってるのかなと思う回答者がいたため、お願い致しました。

Aベストアンサー

主軸を打てるほどではありませんが意外に勝負強い打撃と、若い頃は苦労しましたが年を経るに従って巧みになっていったリード、堅実な守備を併せ持つ、なかなか優秀な捕手でした。達川の後継者としての役割を立派に果たしたと思います。

そもそも、以前は捕手に期待されていたのはリードと守備で、打撃は二流でも捕手としての能力がしっかりしていれば評価されていました。
同じ広島の達川だけでなく、伊東(西武)、梨田(近鉄)といった、名捕手といわれた選手達も、大抵は打率2割6分前後の成績でした。
野村克也はもうモンスターですから、別格扱いでしたね。

そういう風潮が変わってきたのは、良くも悪くも古田(ヤクルト)以降でしょう。以後城島(ソフトバンク)、阿部(読売)といった「打てる捕手」が持て囃され、捕手を評価する上で打撃が占める割合が以前と比べて随分増してしまったように思います。

話を戻すと、捕手としての基礎能力が西山クラスであれば、打撃成績が2割5分程度でレギュラーを張る場合も十分あるでしょう。
と言うより、阿部と西山のどちらを正捕手にしろ、と言われれば、私は西山を取ります。


そうそう、私の経験ですが、野球をやったことはあまりありませんが、観戦歴は30年以上あります。不足でしょうか?

主軸を打てるほどではありませんが意外に勝負強い打撃と、若い頃は苦労しましたが年を経るに従って巧みになっていったリード、堅実な守備を併せ持つ、なかなか優秀な捕手でした。達川の後継者としての役割を立派に果たしたと思います。

そもそも、以前は捕手に期待されていたのはリードと守備で、打撃は二流でも捕手としての能力がしっかりしていれば評価されていました。
同じ広島の達川だけでなく、伊東(西武)、梨田(近鉄)といった、名捕手といわれた選手達も、大抵は打率2割6分前後の成績でした。
野...続きを読む

Q内角高めへの対応

内角高めの球をうまく打つ、ヒットにするにはどのようなバッティングを心がければいいのですか
またどの様なトレーニングをすればいいですか

Aベストアンサー

私の経験からすると、腰の回転で打ち、脇が閉まった状態で上から叩いた状態のときに比較的良い打球が飛んでいると思います。

内角球をうまく捌くには、打撃練習で数をこなし、コツをつかまないと難しいような気がします。

Q左投げ捕手

草野球ではありますが、私のチームには左投げの捕手がいます。
左投げの捕手と言うのは不利だと思いますか?

(1)まず、二塁への送球ですが、右打者のときは打者が邪魔になってなげにくい。しかし、左打者のときは右投げの捕手は送球しにくい。
→右打者が多いとは言え、これはどちらが有利とは言えない。

(2)同じく三塁への送球は左投げだと、左打者のときは問題ないが、右打者のときは左に一歩踏み出し体を捻って送球するので送球が乱れやすい。
→右投げの捕手は右・左どちらの打者の時でも差はないので左投げの捕手は不利。

(3)キャッチャーゴロは右投げの捕手が一塁に送球する際に若干体を捻らないといけないのに対し左投げだと体を捻らずそのままの体勢で投げれる
→左投げの方が若干有利?

(4)満塁のときにおける捕手から一塁への送球の際
右投げ捕手の送球はランナーに当たりやすいのに対し、左投げ捕手の送球は角度的に当たりにくい。
→左投げの方が有利。

(5)キャッチングについては左投げの捕手だと右手で受けるため、右投げ投手の球はクロスしてくることになりミットが流れにくい。
→右投げ捕手の場合は左投げ投手に対して同じことが言えるので大差なし。

うちのチームの左投げの捕手の話していたことや
私が感じたことを書き出してみたのですがどう思いますか?

最近では左投げ用のキャッチャーミットはオーダー品だけでなく他のグローブとならんで既製品として売っている時代ですからね。

左投げの捕手と言えば、その昔ベーブルースが左投げで捕手もしていたことがあるとか??
とは言え、プロ野球界には左投げの捕手はいませんし・・・。
みなさんの考えはいかがですか?

草野球ではありますが、私のチームには左投げの捕手がいます。
左投げの捕手と言うのは不利だと思いますか?

(1)まず、二塁への送球ですが、右打者のときは打者が邪魔になってなげにくい。しかし、左打者のときは右投げの捕手は送球しにくい。
→右打者が多いとは言え、これはどちらが有利とは言えない。

(2)同じく三塁への送球は左投げだと、左打者のときは問題ないが、右打者のときは左に一歩踏み出し体を捻って送球するので送球が乱れやすい。
→右投げの捕手は右・左どちらの打者の時でも差はないので...続きを読む

Aベストアンサー

捕手が捕球してから送球する動作においては打者の右打ち、左打ちの違いや投げる方向によって変わりますので、優劣付け難いことに異論はありませんが、どのようなプレーが数多く起きるかということも考えなければならないと思います。
現実的には一塁、二塁、三塁で一番多く走者が溜まっているのは一塁です。(二塁打や三塁打よりもシングルヒット、四死球などで走者が一塁に進塁する回数が多い)
この状況で投手の投球と一塁走者の動きを観察するためには体を少し一塁走者の方向に傾ける必要があります。右足を少し下げ体を開く状態になりますが、走者が盗塁を試みた場合にこの体勢からの送球は右利きが有利です。
また、本塁でのタッチプレーでは走者が左方向から走って来ますので、左手で捕球してすばやくタッチできる右利きの方が有利ではないでしょうか。 プレーによってはキャッチャーが背後を向いている場合(本塁への悪送球の後、カバーに入った投手が捕手へ送球する場合など)三塁走者が捕手の右から走ってくる場合もありますが、どちらのプレーがより多く起こり得るかが判断基準になると思います。
想定されるプレーが全て同じ確率で起きるのならば、有意差はなく、実際にはより多く起きる可能性のあるプレーを想定した場合は右利きが有利なのでプロでは右利きの捕手が見受けられないのだと思います。

捕手が捕球してから送球する動作においては打者の右打ち、左打ちの違いや投げる方向によって変わりますので、優劣付け難いことに異論はありませんが、どのようなプレーが数多く起きるかということも考えなければならないと思います。
現実的には一塁、二塁、三塁で一番多く走者が溜まっているのは一塁です。(二塁打や三塁打よりもシングルヒット、四死球などで走者が一塁に進塁する回数が多い)
この状況で投手の投球と一塁走者の動きを観察するためには体を少し一塁走者の方向に傾ける必要があります。右足を...続きを読む

Qシュートという球種

アメリカの野球では、シュートという球種は無く、日本でシュートと呼ばれているものはファーストボールとして直球と同じにあつかわれると聞いたのですが、本当でしょうか。もしそうなら、なぜ、そうなったのでしょうか。アメリカでは内角の厳しい球はストライクにならないので、シュートの価値が低くなってしまうからなのでしょうか。

Aベストアンサー

日本で言うシュート程度の変化であれば、
アメリカではムービングボールとみなされ
結果ファストボールとして扱われるようです。
(実はTVゲームほど変化量は大きくないのです)

いいシュートは速球並みの速度から
いかに打者の手元で鋭く切れさせ
打球を詰まらせるかが鍵となるので、
そういった意味ではムービングボールに近い
用法といえるでしょう。

Qプロ野球横浜ベイスターズの新人捕手起用について

横浜ベイスターズの高城捕手は今年2012シーズン入団の高卒新人ですが、既に1軍の試合にスタメンフル出場しています。
期待の大型新人だという事はドラフト順位からわかりますが、他の捕手を差し置いてどうして、高卒ルーキーを捕手として起用できるのでしょうか?
ベテランの鶴岡は別格としても、経験を積ませておきたい捕手として、高城よりも先輩でプロ1軍経験の長い20~30才代の捕手は数人います。、送球、打力以外に、配球が大事であり、また守備位置の特性から投手からの信頼感がそれにも増して重要だと思いますが、どうして入ったばかりの19歳をフルで使うのでしょうか? 数イニングだけではないという事はかなりのものがあるのだと思います。
高城捕手のそこまでの優れた点、他の各捕手の悪い点を具体的に教えてください。
また、他の球団の例などもありましたらお願いします。(楽天の嶋捕手も早くからでていましたが、大学で4年分長く経験しているのでなんとなくわかります。)

Aベストアンサー

相川がFAでヤクルトに移籍して以降、野口、細山田、武山、黒羽根と捕手がとんと固定されません。
高城の起用は単なる思い付きとしか思えませんね、3年前の細山田と一緒じゃないですか。
結局高城もじきに使われなくなるでしょう。
シーズン当初は、肩と若さに期待とか言って黒羽根を重用していたのに、いつの間にか高城にすり替わっています。
全員が帯に短したすきに長しとはいえ、ビジョンの見えない起用法、どうしようもないです。
ファンとして歯がゆい限りです

Qピッチャーの球種ごとの癖を見つけるポイント

草野球をやっています。
素人なので、まっすぐならなんとか打てるのですが、変化球が来るとさっぱり打てません。
なんとか変化球を捨ててまっすぐに的を絞って打ちたいので、ここで質問です。
バッターボックスやベンチなどから相手ピッチャーのフォームを見ていて、一番球種ごとの癖が出やすいところはどこでしょうか。
当然、ピッチャーごとに違ってくるとは思うのですが、「ここに一番出ると思うよ」「この球種はこうなりやすい」といったことを、経験則などでいいので教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

ほとんど1,2の方の回答でいいようですので、ちょっと変わった角度から。私はキャッチャーですが、キャッチャーの配球にも癖があります。ピッチャーカウント有利の時に、真っ直ぐを要求するのか、変化球を要求するのか。ストライクをとりに行くときは真っ直ぐか、変化球か?初球は真っ直ぐを選択する率が高いかもしくは変化球か?ランナーが1塁(盗塁を警戒する場面)にいるときの真っ直ぐの確率・・・等々。

巨人の主砲ラミネス選手は、相手ピッチャーの研究はせず、キャッチャーの配球の研究をしています。もちろん本人の技量が毎年の好成績を支えているのでしょうが、この研究もその成績を支えている一因と言えるでしょう。

真っ直ぐに的を絞って打ちたいのであれば、キャッチャーに真っ直ぐを待っているということを悟られてはなりません。私がキャッチャーで初球変化球を要求し、バッターが何の反応も示さなければ、真っ直ぐはストライクのゾーンに投げさせないでしょう。真っ直ぐを打ちたいのならば、真っ直ぐを投げさせることも必要です。

まあでも野球は楽しく!変化球打ちにもチャレンジしてくださいね!

ほとんど1,2の方の回答でいいようですので、ちょっと変わった角度から。私はキャッチャーですが、キャッチャーの配球にも癖があります。ピッチャーカウント有利の時に、真っ直ぐを要求するのか、変化球を要求するのか。ストライクをとりに行くときは真っ直ぐか、変化球か?初球は真っ直ぐを選択する率が高いかもしくは変化球か?ランナーが1塁(盗塁を警戒する場面)にいるときの真っ直ぐの確率・・・等々。

巨人の主砲ラミネス選手は、相手ピッチャーの研究はせず、キャッチャーの配球の研究をしています...続きを読む


人気Q&Aランキング