日本経済に対し、世間では悲観論と楽観論が飛び交っています。
しかし何故、同じデータを参考にして、ここまで極端に違う結果が導き出されるのだろう?と思ってしまいます。

この差は一体、何が原因なのでしょうか?

それと、予想を外してばかりの経済学者が、以後も飯の食い扶持にありつけるというのも大きな疑問点です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 前の方(#3)がおっしゃっていることは気持ちとしては全く同感です。

多少の蛇足を付け加えますと・・・

 私たちほとんどすべての社会的行動の動機は利潤の介在にあります。マスコミも同じことです。TVに登場する評論家の方々がいろんなことをしゃべって、それに多くの人が魅力を感じ番組ででまたそれをみたい、聞きたいとと感じれば、視聴率があがってスポンサーはその番組に大金を払うかもしれません。ここに有効需要が発生し、お金の回る歯車が回り出すわけです。マスコミの商品はセンセーションです。それが正しいかどうかは別として売れる物なら何でも売ろうとするでしょうね。

 私は、こういうことの積み重ねで経済現象は成り立っているの思うのですがどうでしょう。悲観論であれ楽観論であれこの原則からはずれて存在するわけではありませんので、こういう騒ぎがマスコミをにぎわせているうちは、経済も、まぁ、心配ないかなと考えることにしています。
    • good
    • 1

まず経済評論家を名乗る連中は、銀行や官僚の出身者や大学教授がほとんどです。

彼らは経済理論には長けているのでしょうが、ともすれば経済指標のみで物事を捉えがちですから、頭でっかちで的外れのことしか言えません。
また実際に企業戦士として活動したことなどなく、取材活動と言っても企業トップの話を聞いて鵜呑みにするだけで、営業現場や製造現場で実際にどんなことが行なわれているかなど関心がないのでしょう。
ですから、当然、個人の主観をどう反映させるかによって、楽観論も構築できるし、悲観論もしかりです。自分が売れたいと思えばセンセーショナルな論理が展開できますので、そうすればテレビ出演や後援の仕事が舞いこんでウハウハなわけです。でキャラクターがウケれば、以後の食い扶持にもありつけるというわけです。

今のに日本経済を立て直すには、評論家など一切必要ありません。経済評論家が何を語ろうが、日本のGDPに対して1円足りとも貢献してはいない。彼らの言葉は何の付加価値も生むことの決してない、無駄な言葉を垂れ流すだけなのです。
    • good
    • 0

わたしも、予想をする人個々人の感覚的なものだと思います。

テレビ番組での討論などを見ていても、そうとしか思えません。
何故なら、ご質問にもあるように、

>予想を外してばかりの経済学者が、以後も飯の食い扶持にありつけるというのも大きな疑問点

と、わたしも思うからです。
要は、気象庁の天気予報と同じで、予想がはずれても、彼らには責任がないんですね。だから、評論家とか学者といった人々の「意見」を自分というフィルターにかけて分析するしかないのだと思います。彼らの意見を鵜呑みにできないです。
わたしの経済に詳しい友人は、そうしています。そしていつもありとあらゆる経済に関する本や雑誌を読み漁っています。
日本の企業の経営者は、こういう事をしている人が非常に少ないと、彼はいつも嘆いています。
角度を変えて見れば、そういう経営者達が動かしている日本経済だから、予想を外してばかりの経済学者でも、こちらが恥ずかしくなる「学者」を名乗ったままで、のうのうと生きて行けるのではないでしょうか?
(・・・ちょっと、厳しすぎ?)
    • good
    • 1

これはもう感覚的なものではないかと思うのですが。


例えば年度末に翌年度の経済成長率の予測が各シンクタンクより発表されますが、これもかなりばらつきのあるものとなっています。
見方の違いといったらいいのでしょうか?
エコノミストによっても楽観的に判断する人と悲観的にみる傾向にある人と分かれますし。
いい回答ができなくて申し訳ないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人が一番経済に悲観的?

ニュースで見ました。

日本人だけでしょうか?
とてもそうは思えないのですが。これだけ悪いニュースをみると世界中が悲観的になりますよ。

私の場合は、最近のニュースの傾向から、車の買い替えやパソコン、家具の購入、大型商品の購入は特に見送りました。
車もいい加減古いし、パソコンも5年以上。
買い換えたいのですが、景気の先行きをみるとお金を使う気持ちにならないのです。
食品と、下着類、靴、本、雑誌くらいは変わらず購入しています。

みなさんどうですか?

Aベストアンサー

日本が悲観的な理由のひとつは日本的文化以外にも
今のアメリカの人たちは日本のように不景気を経験してないので
楽観視してるのも無理ないかと。バブル崩壊直後の日本がそうであったように・・・。
でも今の日本は身にしみてわかってますからね、
またあの不景気以上のものがやってくるのかと思えば必要以上に悲観的にもなります。
それに日本有数の企業の多くが輸出で儲けていて赤字ですから無理もありません。
アメリカは自国消費が大きいので何とかなるというかんじはありますが、日本はアメリカが買わないよってなると心配です。
まあ、あまりにもマスコミが悲観的な方向で騒ぎすぎな点もありますが・・・。

そんな経済状況ですが、うちはけっこう今年はお金使いました。
なぜかっていうと今年は「いいものが安いから」。
今年の企業は下期に業績が回復する見込みで
つまり売れると思ってかなり在庫をつくっていたんです。
しかも、最近高いものが売れる傾向だったので、
けっこういい素材や品質のものが多いです。
でも、実際は全く売れなかったので本来なら
絶対に安くしない値段で売りさばかれています。

でも、来年からは企業が利益確保のため、生産量を落として、
安いものつまり質を落とした製品を市場に投入してくるとどこも発表胃してます。
すると全く同じものを買おうとしたら確実に今より値段が上がります。なので品質落としたくないけど安く買いたいもの(デジタル家電系)は今年が買いです。
一方で、多少機能や品質落ちてもいいようなものや、
季節性のないもの(家具とか)売れにくいものは今後安くなるので買わないほうが無難。
なので、今年のボーナスは多めに消費にまわしました。
もし、消費するなら企業の今年の決算に影響がある3月半ばくらいがベターですね。

なのでお話にある中では、多少高性能なものを求めるなら
パソコンなんかは企業が無理して売っているので買ってもいいかと思いますよ。
車はもう少し不景気になったら、ローン払えない人が増えて
今の最新モデルが安くで中古で手に入るのでやめたほうがいいかな。

日本が悲観的な理由のひとつは日本的文化以外にも
今のアメリカの人たちは日本のように不景気を経験してないので
楽観視してるのも無理ないかと。バブル崩壊直後の日本がそうであったように・・・。
でも今の日本は身にしみてわかってますからね、
またあの不景気以上のものがやってくるのかと思えば必要以上に悲観的にもなります。
それに日本有数の企業の多くが輸出で儲けていて赤字ですから無理もありません。
アメリカは自国消費が大きいので何とかなるというかんじはありますが、日本はアメリカが買わ...続きを読む

Q【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中

【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている)と言われて批判されていますが、日本は行政の役割分担がバラバラで各省庁が自分たちの都合が良い政策を打ち出して足並みが揃っていませんよね。

年金問題と非正規労働者問題、法人税の減税政策批判と雇用問題など福祉と雇用の担当部署どころか所管が違うので官政経済をやりたくても管轄が違うので各省庁のロードマップがバラバラで各省庁の政策の足かせというか間逆の政策を打ち出して足の引っ張り合いをしている状態です。

所轄の担当行政が違う各省庁が足並みを揃える政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?

今の日本の官庁の仕組みでは日本経済を良く出来ない気がしてなりません。

どうすれば各省庁が同じロードマップにのって未来に向けた1本の筋が出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

>中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている
 それを『護送船団方式』と言います
  しかしバブル崩壊とともにその政策はかなり崩壊してます
 詳しくはwikiを
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B7%E9%80%81%E8%88%B9%E5%9B%A3%E6%96%B9%E5%BC%8F

>足並みが揃っていませんよね。
 それを『縦割り行政』と言います

>政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?
 何度も改革を行い改善しております
 最も古く大きな物は『中央省庁再編』が有名です

詳しくはwikiを
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%9C%81%E5%BA%81%E5%86%8D%E7%B7%A8

 いつも思うが質問者の知識は非常に古い

Qモダンタイムスを経済的に論じると?

タイトルそのままです(笑)
この映画を観たことのあるみなさん、どういうところが経済っぽいのでしょうか?協力お願いします!

Aベストアンサー

映画(驚異的に進む機械化の中で、一個の歯車として駆けずり回る労働者)の製作された時代背景(現実世界)に、19世紀後半に世界に広まった“テイラリズム”が作用しましたが、そのことに関係がありそうですね。

(1)職人から工員へといった生産性の向上や(2)資本家と労働者というマネジメントという概念のはじまりということかな。
自分で勉強してください。
フレデリック W. テイラー1856~1915 の科学的管理法"
http://www.fuka.info.waseda.ac.jp/~washi/taylor/taylorism.html

参考URL:http://www.fuka.info.waseda.ac.jp/~washi/taylor/taylorism.html

Q経済政策を論じるときに仮に政府紙幣というものを考えるとして、普通の日本

経済政策を論じるときに仮に政府紙幣というものを考えるとして、普通の日本銀行券との違いって何なんですかね?

同じお金だから2種類作っても意味ないって一見思いそうなんですが、そのお金を直接税金のように使えるかどうかってことですよね?たぶん。

逆に日銀券ってあくまで新しく刷っても銀行に流れるだけで、税金と同じように使うことって出来ないんでしょうか?日銀が国債を買うってやつですかね?そういうやり方でできるんでしょうか?

でもそうなると今度はまた政府紙幣について考える意味もなくなりそうだし…政府紙幣って、どういうところに利点があるんでしたっけ?

Aベストアンサー

日本銀行券と違い、政府発行の金は補助貨幣といわれ、強制通用力が額面価格二十倍までである。
だから、たくさん出してもインフレになりにくい????

政府が出せるのは
五百円、百円、五十円、十円、五円、一円
記念貨幣は一万円、五千円及び千円も。

まー子供手当てを500円札で払うとか(@^^)/~~~
国家公務員のボーナスに ワールドカップ一勝記念一万円札を詰めるとか言う
手で、強引に世間に流すと言う手もあるが、
普通は、日銀に両替(日銀券と引き換え)であろう。
・普通の金は、日銀券も政府硬貨も、インフレにならないよう、磨耗した分の交換分しか、日銀は、出さない。

日銀が国債を直接国から買うことは禁止されている

、スティグリッツ米コロンビア大学教授
「政府自身が紙幣を発行すれば、国債すなわち政府の借金がこれ以上増えることはない」

紙幣発行で得たおカネは、減税など国内の需要を喚起することに使ったり、不良債権処理のために使います。日本経済は需要が不足しており、それが、物価が継続的に下落するというデフレにつながるという問題を抱えていますが、この対策にもなるというわけです。

危険も伴います。いくら借金にならないといっても、おカネが足りないからといって、政府が紙幣をむやみに発行すれば国民がそれを持つことに不安を感じるようになります。そもそも紙幣は紙切れに過ぎませんので、「信用」がなくなるとあっという間に価値がなくなります。
通貨の価値がなくなるということは、物価の上昇、インフレを意味します。 それも普通のインフレではなく、ハイパーインフレになりかねません。いくらデフレが困るといってもいきなりハイパーインフレになってしまったら、多くの人々が生活に困ることになるでしょう。榊原英資・慶応大学教授は「一回限りということを政治レベルで明確に確認する必要がある」と語っています。

日本銀行券と違い、政府発行の金は補助貨幣といわれ、強制通用力が額面価格二十倍までである。
だから、たくさん出してもインフレになりにくい????

政府が出せるのは
五百円、百円、五十円、十円、五円、一円
記念貨幣は一万円、五千円及び千円も。

まー子供手当てを500円札で払うとか(@^^)/~~~
国家公務員のボーナスに ワールドカップ一勝記念一万円札を詰めるとか言う
手で、強引に世間に流すと言う手もあるが、
普通は、日銀に両替(日銀券と引き換え)であろう。
・普通の金は、日銀券も政府硬貨も...続きを読む

Q西ヨーロッパ経済圏、北米経済圏、東アジア経済圏をランキングするとどうなりますか?

この経済がグローバル化する中で、経済力のある地域を地球上で探すと、西ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど)、北アメリカ(アメリカ、カナダ、メキシコ)、東アジア(日本、中国、韓国、台湾など)の3地域に絞られるのは間違いないと思いますが、今時点でGDPの大きさ順に順位付けするとどうなるかを教えてください。

Aベストアンサー

#1ですけど、ヨーロッパではなくEUならば、北アメリカのほうがGDPの規模は大きくなります。たぶんヨーロッパにはロシアとかウクライナとかの旧ソを含んでいるのではないかと。西ヨーロッパに限るのであれば、EUを比較対象にしたほうがいいかもしれません。また下のWikiによると東アジア3国(日中韓)を足すと、EUより大きくなる例のほうが多いので、北アメリカ、西ヨーロッパ、東アジアという比較ならば
北アメリカ > 東アジア > 西ヨーロッパ(EU)
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28nominal%29


人気Q&Aランキング

おすすめ情報