高橋尚子さんが世界記録を出したあと、シカゴ・マラソンが7日、シカゴで行われ、キャサリン・ヌデレバ(ケニア)さんに世界記録を***非公式記録***で抜かれたそうです。

この非公式記録とは何でしょうか?非公式記録で抜かれてしまうと、高橋さんの記録は抜かれたことになってしまうのでしょうか?

知っている人がいたら教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

 非公式記録には以下のパターンがあります


1.明らかに通常より有利な条件で新記録が作られた場合
#"追い風参考記録"が一番大きい例
2.指定された大会以外で新記録
#極端な話では中学校の運動会で新記録が出ても国際的には認められません^^;

 今回のマラソンの場合は男女混合マラソンで男性のペースメーカーに引っ張られ
ての記録ということで、純粋な女子マラソンの記録と認められなかったということ
です。

 それにしても、すごい記録であることは変わらないですがね^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

ということは高橋尚子選手が世界一というのは変わらないということでよろしいのでしょうか?

お礼日時:2001/10/09 18:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高橋尚子選手の初マラソンの記録について

13日に名古屋国際女子マラソンで京セラの原裕美子選手が初マラソンで優勝しました。
14日のスポーツニッポン朝刊の記事の中で有名選手の初マラソンの記録のことが書いてあり、高橋尚子選手の初マラソンは97年の大阪で2時間31分となっていました。ネットやここでの過去の質問を見ても97年の大阪が初マラソンとなっています。

しかし、昔、高橋尚子選手は大阪学院大学時代にマラソンを走った事があると聞いた記憶があるのですが、単なるうわさでしょうか。実際走っていれば初マラソンは95年より前になると思うのですが。

どうでもいい質問ですが気になりましたので、
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どこを調べても初マラソンは
97年の大阪国際ですね。

ありえるとすれば
非公認として走ってるかもしれません。
公認記録して残ってるのが
97年の大阪国際が初めてであると考えられます。

Q高橋尚子の世界最高1週間天下

高橋尚子の女子マラソン世界最高記録が、わずか1週間で抜かれました。

それはご存知の通り、アップダウンが少なく、高速コースとして知られる
シカゴマラソンでの記録で、選手はケニアのキャサリン・ヌデレバでした。
この大会には高橋選手も出場する予定でした。
しかし、残念ながら日本陸連幹部からストップがかかり、断念したそうです。
理由は、選手の健康管理、選手寿命を考えての判断でしょう。多分。


高橋選手と小出監督の思わくとしては、このマラソンにも出場し、連続して
世界記録を更新すると言う、それこそ金メダルも世界記録も手にした者に
とっての次に目指すべき、前代未聞の超大記録への挑戦、野望だったと思います。


そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、あなたは「小出・高橋」の挑戦を支持
しますか、それとも日本陸連幹部の一見うなずける判断を支持しますか?
どちらでしょうか?

様々な角度からのご意見を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

自分としては、やはり陸連を支持しますね。
理由としては、高橋選手は1週間にマラソンを2回走れる練習をしてきていたようですが、やはり人間は生身の体。故障したりして、選手生命を縮める恐れが大きいと思います。それに、精神的にもかなり大変だと思うので、あとで大きな影響がでる可能性も考えられます。まあ、高橋選手の場合は、走りたくてしかたがなくて走っているので、あまり精神的な問題はないかもしれませんが。とにかく、高橋選手は今は、日本の期待のマラソンランナーです。これからも少しでも長くやってもらうためには、やはりシカゴはやめておいて良かったのではないかと思います。

ですが、ちょっと1週間に2回のマラソンというものも、見てみたかった気がします。高橋選手・小出監督は今までの陸上の常識では考えられなかったことを今、すでにやり遂げてしまっています。例えばボルダーでの標高3500mでの高地練習なんかはそうですね。ですから、この1週間に2回のマラソンもやり遂げてしまうのでは?という気もしています。

なんかどっちなんだって感じですが、選手として考えたら陸連意見なのですが、自分の真の意見としては走ってほしかった。といった感じですね。

自分としては、やはり陸連を支持しますね。
理由としては、高橋選手は1週間にマラソンを2回走れる練習をしてきていたようですが、やはり人間は生身の体。故障したりして、選手生命を縮める恐れが大きいと思います。それに、精神的にもかなり大変だと思うので、あとで大きな影響がでる可能性も考えられます。まあ、高橋選手の場合は、走りたくてしかたがなくて走っているので、あまり精神的な問題はないかもしれませんが。とにかく、高橋選手は今は、日本の期待のマラソンランナーです。これからも少しでも長く...続きを読む

Q高橋尚子さんは世界一?

高橋尚子さんが、シカゴの大会で非公式記録を出した選手に抜かれましたが、これは、高橋さんが世界一で無くなったということでしょうか?

それとも、非公式記録なので、やはり高橋尚子さんが世界一なのでしょうか?

Aベストアンサー

どこで、『非公式記録』などという表現が使われていたか知りませんが、元々、マラソンのような大会のたびに条件が異なる競技の場合、基本的に『非公式記録』というのはありません。

100mのようなトラック競技の場合には、追い風何メートル以下とかいったかなり限定された条件下で行われるために、世界記録を上回った時には『世界新記録』という表現が使われ、追い風が強かったりして規定を超えた条件下で世界記録を上回った時には、『参考記録』という表現が使われますが、
マラソンのような条件が異なる競技の場合には、参考記録的な意味合いで、過去の世界記録を上回れば、常に『世界最高記録』という表現が使われます。

ですから、ヌデレバ選手が『世界最高記録』を出した時点で、高橋選手の記録は『世界歴代2位』ということになります。

下記参考URLは毎日新聞のサイトですが、「キーワード」欄に『高橋尚子』と入力して、
『女子マラソン:ヌデレバの記録を「新しい夢への糧」』
を見てください。高橋選手の記録について『世界最高記録(当時)』と書かれています。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/

どこで、『非公式記録』などという表現が使われていたか知りませんが、元々、マラソンのような大会のたびに条件が異なる競技の場合、基本的に『非公式記録』というのはありません。

100mのようなトラック競技の場合には、追い風何メートル以下とかいったかなり限定された条件下で行われるために、世界記録を上回った時には『世界新記録』という表現が使われ、追い風が強かったりして規定を超えた条件下で世界記録を上回った時には、『参考記録』という表現が使われますが、
マラソンのような条件が異なる競技...続きを読む

Q高橋尚子さんについて

高橋尚子さんはなぜあそこまで心が強く綺麗な人なのですか?
あんなふうにまっすぐに見れたらと思い、うらやましいです。
5年前から好きなんですが、今日さらに好きになりました。
どっからああいう気持ちがくると思いますか?
なぜ走れるんですか?

Aベストアンサー

きのうのレース凄かったですねえ。。いったん失速してカムバックしたヒーロー、というのはなにかすごく大きな存在になってはいあがってきますね。どんなスポーツでも、、。
お答えですが、
その1、きっと走るのがなによりも好きで、好きな事に毎日精進していると、あんなふうに心が綺麗になるのではないかなぁと、。Qちゃんは昨日の喝采をあとに、今日もどこかでひとりランニングしたんじゃないですかね。
その2、ああいうクラスの人達になると、自分のやっている事の延長に、神様のようなものが立っているんじゃないかなあ、と想像します。でなきゃ、他人と競争しながら、あれだけ競争心のうかがわれない人も珍しいですよね。

スランプになっても頑張っている人は、ちゃんと見ていてあげたくなりました。

Q高橋尚子

先日の世界陸上で高橋尚子さんと、野口みづきさんは、何故参加していなかったんでしょうか。

特に、高橋尚子さんは北京まで、あと3年あるので、こんなに実戦から離れて大丈夫なのか心配です。

知っている方いらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

高橋さんは怪我で選考レースに出られなかったからです。
野口さんはアテネ明けの休息で選考レースに出てないということだと思います。
参考URLは陸連の選考基準。

参考URL:http://www.rikuren.or.jp/taikai/2004/iaaf/wch05criterionm.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報