私は経済政策に興味があり、経済政策の勉強をしようと思っています。しかし、経済政策と言っても、公共事業、減税、公定歩合引き下げ、金利引き下げ、貨幣の量的緩和・・・などなどたくさんあります。ですので、どれが勉強してみて面白そうか迷ってしまいます。そこで、みなさんからアドバイスをいただきたいと思います。みなさんが勉強して面白いとか、興味がある経済政策がどんなことか。そして、どうしてその経済政策が面白いと思うか、または興味があるのか教えてください。あと、その経済政策が必要な背景なども簡単に教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

経済政策の枠として大丈夫だと思いますが、、、。



はじめはやはり面白そうなものから取りかかりたいですよね。
それならば、石原都知事が水面下で準備を進めている
「お台場カジノ化計画案」は興味引きませんか?
私はこの案を聞いたときから石原氏に興味を持ち、
都の政策をいろいろと調べました。
三宅島噴火に対する俊敏な処置、ガラパゴス諸島訪問、
外形標準課税等々、石原氏の行うことは一歩先の日本を見いだしてくれます。
その点がおもしろさにつながっていますね。

新しいことを行うと周囲のバッシングも多いですが、
国会が思うように動かせなかった?ので都知事になったという
彼の姿勢も間違いなかったのでは、、。
そのような彼自身の理念も含めて、現在の特別区(東京都)の
経済政策を学ぶのは将来の日本を考える上でも面白いと思います。
あくまでも私見ですが、、、。
    • good
    • 0

正確に言えば、経済政策が面白いと思うのは、そのバックにある理論が分かっているときです。

しかし経済政策を支える理論は、多くが関与していて、理解するのに大変です。そこで・・・

1)国や東京都の経済は大きく複雑です。しかし小泉首相や石原知事のように、ダイナミックな政策を打たないと、おもしろさが出てきません。そこで田中知事の長野県に注目するのはいかがですか?よりシンプルで、いろいろな繋がりが分かり易いです。

2)10チャンの「サンデープロジェクト」(日曜午前10時)は、国の問題も多く扱いますが、分かり易くて面白いです。

この回答への補足

石原知事の経済政策は、いろいろと聞いたことがありますが、田中知事の経済政策はどのようなものがあるのか分かりません。よろしかったら、教えていただけないでしょうか。お願いします。

補足日時:2001/10/10 17:19
    • good
    • 0

ミクロ経済ですが.


下層階級の生成機構
など面白い経済政策です。なぜ社会福祉が必要なのか.なぜマルクスが社会謝儀経済をといたのか.理解できるかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日銀の金融政策 公定歩合操作について

教えてください。金融資格を受験する予定で勉強していますが、
種類の違う参考書が2冊あり(共に19年度版)、1冊には日銀の金融政策は、
(1)公定歩合操作
(2)預金準備率操作
(3)公開市場操作 の3つがあげられていますが、もう1冊の方は(1)公定歩合操作が除かれていて、(2)と(3)だけです。一体どっちが正しいんでしょうか?

Aベストアンサー

公定歩合操作は2つの効果を目的に行われています。この内の一つである直接的な金利指標としての効果(コスト効果)は、金融の自由化に伴い日本ではほとんど失われていますが、もう一方の中央銀行の姿勢を示すという効果(アナウンスメント効果)を狙った公定歩合操作は、今年に入ってからも公定歩合操作は行われているので、残っていると見るのが妥当でしょう。
まぁ、名前は変わりましたがね。

というわけで三つ全部あるのが正解。

Q日銀の量的緩和政策解除とはゼロ金利政策終了と同じ意味ですか

今日のニュースで日本商工会議所会頭の山口さんが、「量的緩和政策解除は適切であるが、当分の間はゼロ金利は維持してもらいたい」と述べたとの報道がありましたが、
量的緩和政策を解除するということはゼロ金利政策を終了するということとは違うのですか?
量的緩和政策を解除してゼロ金利を維持したり公定歩合をゼロに維持するということは、日銀が何をどうすればそのようなことが実現するんですか。山口さんが日銀にして欲しいと言ってることは具体的に言うとどういうことなのか、金融に詳しい方、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

量的緩和政策は日銀が銀行がもつ国債を買い取ることにより銀行に余剰資金を供給して翌日物コールレートをゼロに誘導していました。
今回量的緩和政策を解除するということは、この日銀による国債の買取をやめることになります。そうすると、日銀による資金供給がストップしますので、コール市場の金利は上昇するはずです。
しかし、ゼロ金利は継続しますので、そのためには、別の方法で資金供給を続けなくてはなりません。
その方法とは日銀の公定歩合(0.1%)による貸出しだと思います。この方法により資金供給をおこない、コール市場金利をゼロに誘導するのだと思います。

Q量的緩和政策とゼロ金利政策の違いがよくわかりません。

WIKIには量的緩和は実質ゼロ金利政策と変わらないと書いており、とあるサイトではゼロ金利政策には限界があり最近は量的緩和政策が有効であると書いてありました。現在は量的緩和政策のほうがいいみたいですけどその理由もわかりません。あとゼロ金利政策は公定歩合の上げ下げとは違い無担保コール翌日物の金利をゼロ?にする政策であると自分の中では解釈しているのですがよろしいでしょうか?だとしたら公定歩合の上げ下げは量的緩和政策になるのでしょうか・・?
意味がわからなくなってきました;

Aベストアンサー

金融機関の救済と日本経済の建て直しのため
両方の政策を併用・相乗効果を企図したわけですが
異常事態下での緊急避難的な政策であることは
当事者の日銀さん自体がよく自覚しておられて
早期の是正を、模索していたため、今回の金利引き上げに
至った訳です。株価全体の上下異常変動など重大な副作用も生じました。
ゼロ金利で、極限まで日本経済を刺激して、浮上を図ったのですが・・・

Q公定歩合について

ニュースで「公定歩合(無担保コール翌日物)」という表記がされていたのですが、調べてみると公定歩合は「基準割引率および基準貸付利率」という名前のものに変わったようです。そして政策金利は現在公定歩合ではなく、無担保コール翌日物の金利であることも分かりました。
これはニュースが間違っているのでしょうか、それともまだ公定歩合というのでしょうか?あるいは名残のようなものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公定歩合。これは中央銀行の政策金利です。もっと
具体的に言うと、中央銀行が翌日もの金利の水準を
どこまで誘導するかの目標金利です。

昔は、公定歩合の変動が中、長金利にも大きな影響
を与えていましたが、今では、その影響力も少なく
なりました。

今、先進国の中央銀行が影響力を保持しているのは、
無担保コール翌日もの金利でしかない。他の金利は
市場関係者の需要と供給で決定する。

Q公定歩合と量的緩和

 金利が景気に影響を与えることを利用して、公定歩合を下げ、市中に(銀行から?)出回るお金を増やすということは理解できます。
 このことが金融政策と呼ばれるのでしょうか?

 公定歩合が史上最低の0.1%となり、もはや公定歩合を引き下げる余地がなくなると、さらに金融緩和を進めるために、市中に出回るお金を拡大させる制作として「量的緩和」を導入したとのことですが、
 この「量的緩和」とは、具体的に何をしたのでしょうか?

 また、以上の私の理解が間違っていたら、指摘してくださると幸いです。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日銀の金融政策は、公定歩合の調整だけではありません。↓をご覧下さい。
http://www.fsa.go.jp/fukukyouzai/kiso/03_03.html
このうち量的緩和と深く関係するのは、公開市場操作(国債買いオペなど)です。

量的緩和とは、市中銀行が日銀に持っている当座預金の残高に目標値を設定して、その目標値になるように、日銀が国債の買いオペなどを実施する事です。
日銀が国債を買うと、その代金は市中銀行が日銀に開けている当座預金に振り込まれます。市中銀行は、日銀の当座預金に預けているだけだと無利息なので、それを貸し出しに向けたり、国債を買ったりします。銀行から貸し出しを受けた企業や個人は、その金を使ってものを買ったりするし、市中銀行が国債を買う場合も、同じようにその国債の売り手は代金を手に入れるので、それを使います。こうして、世の中にお金が出回る事になります。(そのはずです。)
http://allabout.co.jp/career/economyabc/closeup/CU20050529A/

もちろん、量的緩和によって市中銀行の日銀当座預金残高が増えたからといって、銀行がそれを貸し出しなどに回さず、ひたすら当座預金残高が増えていくだけだったら、それは、「銀行の手元流動性が厚くなり、例えば銀行が倒産した場合でも連鎖倒産がおきにくくなる」程度の効果しかありません。

日銀の金融政策は、公定歩合の調整だけではありません。↓をご覧下さい。
http://www.fsa.go.jp/fukukyouzai/kiso/03_03.html
このうち量的緩和と深く関係するのは、公開市場操作(国債買いオペなど)です。

量的緩和とは、市中銀行が日銀に持っている当座預金の残高に目標値を設定して、その目標値になるように、日銀が国債の買いオペなどを実施する事です。
日銀が国債を買うと、その代金は市中銀行が日銀に開けている当座預金に振り込まれます。市中銀行は、日銀の当座預金に預けているだけだと無利息なの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報