人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ど素人です。簡単に説明お願いします。

A 回答 (1件)

それは精神と物体の二つの実体のことだと思います。


実体は、他のものなしで存在できる存在です。これは神だけです。
他のものなしで存在っていうのは、生まれるための原因が他のものにないって
ことであり、存在するために他のものの助けがいらないってことです。

で、もうちょっと広い目で見て、
存在するために神さましかいらないようなものも実体と呼びます。
(つまり神に創造されたもの、あるいは神によって維持されるもの)
それが精神と物体です。
それで精神の本質は思考であり、物体の本質は延長とされます。
これが一番大事な属性で、他の属性はみんなこの中に含まれるのです。
延長というのは、縦、とか横、とか高さがあるってことです。
縦も横も高さもない物体って想像もできませんよね。

で、精神と物体は当然お互いがなくても思考したり、延長を持ったりするわけです
(神さましかいらないので)
そのためこの2つは全く関係なく、むしろ反対な関係なわけです。

すると、人間みたいな精神と物体の合わさったものはどうなってるの?と
つまりどうやって、意思によって体を動かしたりできるように関係するのかというと
それは神さまが頑張っているからです(笑)
肉体は時計のように機械じかけでうごくようなものであり、心がその内に入っても動きは左右されますが、機械の仕掛けには変わりありません。
動物には心がないとされているので、ますます機械そのものです(笑)
この2つの間に深くて暗い河があることがデカルトの心身二元論の問題とされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていたただきありがとうございました!
とても参考になりました!

お礼日時:2001/10/10 10:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデカルトについて教えてください

哲学に詳しい方、暇な時に回答お願いします。
デカルトの言う「物質は延長である」というときの「延長」とはどういう意味なのでしょうか。入門書などを読んだのですがいまいち腑に落ちないのです。
「野球中継が30分延長した」とかいう時の「延長」とは違うのですよね。素人にもわかるように説明いただけますでしょうか。

Aベストアンサー

空間的広がりのことです。
デカルトの二元論において、物質は空間的広がりを持つもの、
精神は空間的広がりを持たないもの(思惟するもの)とされています。

もとの語はextensionですか。
「延長」という訳語は多少わかりにくいですが、
要するに、四方八方に延びているというイメージです。
野球中継は時間的に延びるわけですが、
ここでは空間的に延びる(というか、延びを持つ)ことを言っています。


人気Q&Aランキング