よく、「男が陣痛の痛みを味わったら死ぬ」って言いますよね。あれってどういうことなんですか?カテゴリー、ここでよいのが自信も無いんですが。陣痛の痛みを味わったら死ぬ・・・。あれは、ただの脅し文句なんでしょうか、それとも実際、男性と女性とでは、痛覚の敏感さに違いがあるんでしょうか?男性は、狩等をする立場のために痛覚が過敏に、逆に女性は妊娠、出産のために鈍感に・・・進化した、なんてこと無いですか。人によって違いはあると思うんですが。平均的にはどんなもんなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

男性が「狩等をする立場のために痛覚が過敏」になったというのは、聞いたことがありませんが、生物の進化の過程でメスは出産のために痛みに強いというのは基本的に多くの学者がいっていることで、これら全般の学界では定説ですよ。

(私は一般人ですが)NHKの教養番組でも聞いたと思うし、そんなような本も立ち読みした気がします。この20年で脳の研究が飛躍的に進みましたが、その研究の中からも、オスとメスの脳内の分泌物質の量の違いが痛覚に影響をもたらす、というような内容の話も聞いたような気がします。ですから、ただの伝承では決してないということです。
さて、少し話が違いますが、原始とか進化ということで先日なるほどと思った話です。たき火をして座っていると妙に気が落ち着き、また、たき火の周囲に人が集まってくるでしょう。あれは原始の時代には、たき火の回りを囲っていれば絶対に猛獣に教われない絶対的な現実が合ったわけです。それが人間の脳に強烈にインプットされ、それが現代人の脳の中に残っているということです。パソコンを打っているときの乾燥した心境は現代人特有ですが、たき火の横に座っているときに感じる和らぎの気持ちは、実は全く原始人の心境ということです。
    • good
    • 0

友達の中にはそれほど痛くなかったよ。

などというありがたみのない事を言う人もいましたが・・・・
私の場合陣痛に苦しんでいるときふと(産婦人科病棟は8階だったため)そうだここから飛び降りて死のう!死んでしまえば楽になると思って窓から下をながめた所で看護婦さんが「そろそろ分娩室に行きましょう。」と言ってくれたので助かりました。痛い人はそれ程痛いのです。男のみなさん感謝して下さい。
    • good
    • 1

子供が三人いて妊娠中たびたびその話題になり、そんなのは妊婦をおだてているだけだといってました。

確かに血に弱い男もいれば、動じない女もいます。

生めるのは女性だけですから感謝しましょうってことですよね。

平均的にみれば男の方が痛がらないと思います。
私は角にぶつかってもそのまま行こうとすると、神経が通ってないとか言われます。だから自分では我慢できると思うので、産めるもんなら生んでみたいと思っています。

前に尿路結石で炊いたご飯つぶ大の結石が出て来た時、痛みで苦しみましたが、
ああこれが産みの苦しみか~と妙に納得して、奥さんに感謝してます。
出てくる所と出てきた物が違いますが・・・・(^^;
    • good
    • 0

「男が陣痛の痛みを味わったら死ぬ」


それだけ、女性(妻)に感謝しなさい。
と言う風に私は考えております。

実際これについて考えたのですが、
出産を経験した男性って言うのは
居ないので、身も蓋もない事と思ってりましたが、
麻酔なし抜糸なんかを基準にして考えると
と言うことですよね?

だって・・。
手術で、帝王切開でも十分痛いと思うのですが、
TVなどで見る嫁姑問題なんか見ていると、
帝王切開は楽して・・。なんて言っている
シーンありますものね。
男の私からは、到底楽しているようには見えないのですが・・。^^;
    • good
    • 0

痛覚が鈍感というより、生命力は女性のほうがあるような気がしますね


女性の体は脂肪率も男性より高いことも影響してるのでしょうか?
例をあげると、十数年前の日本航空123便の墜落事故で生き残ったものはすべて女性でした。
阪神大震災でも父親の親友夫妻の寝室がつぶされ、同じ条件でご主人だけなくなったケースを見ると、女性のほうが痛覚、生命力は強いのでしょう。
実際、子供の誕生を前にすれば、男性、女性問わず、陣痛では死なないと思いますよ(笑)
なんか答えになってませんね・・
夫はちょっと痛いとすぐへなります。
私は多少痛くても我慢できるのですが・・
そういえば、うちの父親もそうだったかも・・
    • good
    • 0

男が敏感で女性が鈍感ということではなく、


痛みに対する受容度、あるいは忍耐度の差のことを
指しているんだと思います。
つまり女性のほうが痛みに対して男性より耐えられると。
例えば大きな怪我をすると、男性のほうがぎゃーきゃー騒ぐとか、
手術の前などは男性のほうがビビるとか言われますよね。
こういうことから、女性は出産に耐えられるよう、
痛みに強くできていると言われているんだと思います。

ただ科学的根拠もなさそうですし、
どっちかというと、女性の出産はそれくらい大変なんだよという
ことを男性に諭しているんじゃないでしょうかね、実際のところ。
    • good
    • 0

 要するに「それくらい痛いよ」という格言です(笑)


 これは生物学ではなく、言葉の問題ですね。

 陣痛時の痛みは気の持ちようや個人差によって変わるはずなので、男性だから女性だから、という話はできないでしょう。
 実際、言葉巧みに妊婦の気持ちを誘導し、それほど痛くないように感じさせる産婦人科というのもあります。

 ちなみに、「死ぬほどの痛み」というもの自体が言葉の問題で、精神的ショックによる心停止を除き、痛みだけで死ぬことはありえません。
 痛みというのはけっきょくは脳への電気信号ですから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性が甘いものを好むメカニズム?

女性が甘いものを好むメカニズムをご存知の方
お教えくださいませ(~_~;)

Aベストアンサー

以前TVでどこかの博士が発言されていましたね。
甘い物が好きかどうかは、性別で区別できないそうです。
育ってきた環境などが、影響しているのではないでしょうか。

もう1つ。
地球上に生息する動物や昆虫などで、甘い物が嫌いな生き物はいないそうです。
すべての生き物が(オスもメスも)甘い物が好きなようです。
例外は人間だけなんでしょうか?甘い物が嫌いな人もいますからね。
私は大好きですよ。最近甘さ控えめの物が多いですが、納得できません。
激甘の物ってないんでしょうか。

Q夢=現実? 痛覚

カテゴリが解らなかったので、とりあえず健康ということにしてます
違ったら申し訳ないです。


例えば
夢で殺されたりして、うなされ起きた時に夢で傷付けられた所が痛んだりするのは普通なのでしょうか?
親に聞いたところ「そんなことはない」と言われました。

こういうのは今回だけでは無く
自分の生死に関わる夢は子供の頃から見ていて(というか生死に関わる夢以外見たことが無い)痛みを感じ始めたのも子供の頃からです
子供の頃に見た夢の内容もはっきりと覚えています
そのせいか時々現実の記憶と夢の中での記憶が重なったりします
それも重なってるせいかもですが…

そういう物なのでしょうか?
それとも違うのでしょうか?

流石に激痛が走るという事は無いのですが、チクチクする痛みというか
治りかけの擦り傷を突っついてるようなズキズキ感があります

もうひとつ
夢の中での行動が一部現実に現れてるみたいです(自分談)
例えば首を振ったりとか
夢の中で自分の思った通りの行動が出来たりとか
夢の途中で首を強く振るなどをして強制的に目をさましたりとか
そういうのも普通なのでしょうか?

どうなのでしょうか?

カテゴリが解らなかったので、とりあえず健康ということにしてます
違ったら申し訳ないです。


例えば
夢で殺されたりして、うなされ起きた時に夢で傷付けられた所が痛んだりするのは普通なのでしょうか?
親に聞いたところ「そんなことはない」と言われました。

こういうのは今回だけでは無く
自分の生死に関わる夢は子供の頃から見ていて(というか生死に関わる夢以外見たことが無い)痛みを感じ始めたのも子供の頃からです
子供の頃に見た夢の内容もはっきりと覚えています
そのせいか時々現実の記...続きを読む

Aベストアンサー

 生死に関わる夢以外見たことないってすごいですね。
夢はもともと現実の記憶の整理と考えられています。
だから記憶が重なってしまうのはそういうものです。

 私も夢で背中を刺され「痛い~うげ~死ぬ~」と思った瞬間に
起きると背中に痛みが残っていることが何回かあります。子供の頃からあります。
 起きてすぐはすごく痛いですがしばらくすると落ち着きます。

その痛みは、夢のなかで刺されたことに対する痛みなのか、
寝ているときに体がひねったりつったりして痛みが出て、それが頭のなかで刺されるという夢となってあらわれるのかはわかりません。

Q市場メカニズムと資源の効率性

はじめまして。早速なんですが、授業で市場メカニズムに任せれば、資源が効率的に配分されると習ったのですが、どうして市場メカニズムに任せれば、資源が効率的に配分されると言えるのでしょうか。

Aベストアンサー

グラフを使わずにこの問題について説明するのは困難です。
資源の効率的配分は「パレート最適」と呼ばれます。まず教科書でこの項目をよく読むか、インターネットで検索してみてください。
ふつうは「純粋交換経済モデル」を使って、「エッジワースのボックス・ダイヤグラム」というグラフで説明します。
それから「資源の効率的配分」の意味は、「資源の無駄遣いがない」という意味です。「市場メカニズムに任せれば」は「市場の中で人びとが利己的に行動すれば」ということで、他人のことはともかく自分の効用(満足)少しでも高くなるように行動するということです。

Q歯が痛すぎ、死ぬ

歯医者行って痛み止め飲んだのに、歯が痛いです。
午後からの仕事休むべき?
痛すぎて死んでしまいそう。

Aベストアンサー

死ぬ前に休みましょう。心配です。
歯医者にもう一度行きましょう。
出来れば行く前に予約を含めて電話連絡を通っている歯医者にしたほうがスムーズに行きますよ。

お大事に。

Q熱膨張係数(CTE)の温度依存性のメカニズムは?

現在、金属薄膜や有機薄膜(膜厚はおよそ100-1000nm)の熱膨張係数の測定を行っています。
様々な物質の測定値をデータベース化しようとしているのですが、
どうも熱膨張係数が明確な温度依存性を持っている物質があるようです。
(温度とともに増加するものも、減少するものもありました)

この温度依存性のメカニズムについて自分なりに調べてみたのですが、
・格子定数が温度の2乗(あるいは3乗以上の項)に比例するため
と結論づけているホームページを見つけました。
(http://www.ceramics.nist.gov/srd/summary/scdtib2.htm)
これ以外のメカニズムで熱膨張の温度依存を説明できるような理論があれば、
是非教えて頂けたらと思います。

とにかく、熱膨張の温度依存について、
どんな小さな情報でも構いませんので、
ご教授頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的な物質の熱膨張の因子として,原子の熱的振動による格子振動,電子の熱的励起,および磁気的寄与があります。また,特殊なケースとして,欠陥の現象による見かけ上の体積収縮があります。(これは,炭素繊維/炭素マトリックス複合材料などに見られるケースで,温度の逆依存性を示します)

上の3つの因子の内,格子振動と電子の励起は温度と共に増加します。一方,磁気的寄与については,温度に対し増加する場合も,減少する場合もあります。
すなわち,材料によっては,非常に大きな磁気的寄与により体積の減少が起こるわけですが,このときにスピン揺らぎが発生します。スピン揺らぎとはスピンの熱的励起によって,局所的スピン密度に揺らぎが生じることを言います。磁気モーメントの振幅はスピン揺らぎの影響を受けて非常に大きな温度変化をします。この磁気モーメント振幅の熱的変化を介して熱膨張に異常が現れることになります。したがって,スピン揺らぎと熱膨張係数は密接な関係にあり,熱膨張係数の温度依存性や温度逆依存性として現れるわけです。

この温度の逆依存性を利用した金属にインバー合金があり,格子振動,電子の寄与による体積が増加分と,磁気的寄与による体積の減少分を相殺し,熱膨張係数がほぼ0の状態を達成させています。

一般的な物質の熱膨張の因子として,原子の熱的振動による格子振動,電子の熱的励起,および磁気的寄与があります。また,特殊なケースとして,欠陥の現象による見かけ上の体積収縮があります。(これは,炭素繊維/炭素マトリックス複合材料などに見られるケースで,温度の逆依存性を示します)

上の3つの因子の内,格子振動と電子の励起は温度と共に増加します。一方,磁気的寄与については,温度に対し増加する場合も,減少する場合もあります。
すなわち,材料によっては,非常に大きな磁気的寄与により体...続きを読む

Q犬が玉ねぎを食べると死ぬ?

犬が玉ねぎを食べると死ぬと聞きました。なぜそうなのか教えていただけますか?
あと、鳥を飼っているのですが、鳥にこれは絶対食べさせてはいけないというものがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

食べても平気な犬もいるようですが、基本的に食べさせないほうがいいです。
なぜそうなのか、専門的なことは下記サイト参照して欲しいのですが、溶血性貧血なるものを起こすそうで、最悪の場合は死亡もあります。
http://www.vets.ne.jp/faq/f_tamanegi001.html

他にも鳥の骨がだめなのも有名です。ちょっと調べてみたら、トマトの茎や葉、チョコレートもだめだそうです。
k82さんの質問のおかげで犬を飼っている私も勉強になりました。有難うございます。
http://www.scn-net.ne.jp/~win1/inutono%20kurasi.html

鳥は何の鳥を飼っているのか書かれないと答えづらいと思いますよ。
私は鳥に関しては解らないのでお役に立てませんが。

Q放射性物質が冷却水中に取り込まれるメカニズムは?

福島第一原発では高濃度の汚染水が大量に見つかったり海水が広範囲に汚染されたりしています。

それで、放射性物質の漏出のメカニズムつまり圧力容器内で核燃料(放射性物質)がどのようにして冷却水中に取り込まれるかを知りたいのですが、次の(a)~(c)のようなことを妄想しています。メルトダウンは2,800°Cで起き始めると聞いたのですが、
(a)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)の一部も機械的に水蒸気の中に取り込まれる。
(b)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)と化学的に反応して別の物質になり、その物質が水蒸気の中に溶け込む。
(c)核燃料が高温のため気化して水蒸気の中に取り込まれる。

上記のような妄想は多分全く的外れだと思うのですが、次の2つの場合について、どのようなメカニズムで核燃料(放射性物質)が冷却水の中に取り込まれるのかお教えいただけないでしょうか。

(1)核燃料(放射性物質)がメルトダウンしてないときつまり原子炉が正常な運転状態にあるとき。
(2)核燃料(放射性物質)がメルトダウンするとき又はメルトダウンした後。

福島第一原発では高濃度の汚染水が大量に見つかったり海水が広範囲に汚染されたりしています。

それで、放射性物質の漏出のメカニズムつまり圧力容器内で核燃料(放射性物質)がどのようにして冷却水中に取り込まれるかを知りたいのですが、次の(a)~(c)のようなことを妄想しています。メルトダウンは2,800°Cで起き始めると聞いたのですが、
(a)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)の一部も機械的に水蒸気の中に取り込まれる。
(b)そのような高温では冷却...続きを読む

Aベストアンサー

(1)
全部違う。
通常の水などが中性子を受けて、重水素やトリチウムなどができる。
(2)
放射性物質といっても多くはヨウ素セシウムストロンチウムなどです。
これらは高温で液体、気体となります。
よって高温でジルコニウム合金の皮膜が無くなったら、気体となって水蒸気と混ざります。
Cですね。

ウランやプルトニウムの場合、硫酸ウランなど溶解度の高いものに化学変化するのもちょっと思いつきません。おそらく冷却水中に溶解はほとんどしていないと思います。
冷却水中に溶解度以上のウラン・プルトニウムが含まれるとしたら、それは溶解ではなく一度メルトダウンによりとけた燃料の細かな破片が直接混じっているのではないでしょうか?
目の細かいフィルターかければ直接集められるかも。

Q原爆被爆時に水を飲んだら死ぬ?

原爆被害者の方の手記などを読んでいて疑問に思いました。

被爆者が「水をください」と頼むのですが、「水を飲むと死ぬので心を鬼にしてやらなかった」という記述が散見されます。
最初は単なる迷信だろうと思っていたのですが、その数が多いので気になりました。

そもそも被爆の経験がないわけですから、水を飲むと死ぬという経験則がないわけです。
なぜそんなことがいわれるようになったのでしょうか。
また、水を飲むとほんとうに死ぬのですか?
火傷をしているので、水を飲んだほうがよいように思えるのですが。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

広島原爆程度の線量の場合
小腸柔突起細胞が死滅。血液-胃・すい臓-小腸-血液の循環路がたたれ(胃液・膵液のぶんびつが正常各5-6リットル/日で.腸からの吸収がない)ので.脱水状態になり.喉の渇きを訴える。
既に.水吸収ができない体になっているので.水を吸収できず.嘔吐。胃液により腸管等が腐食されて.その場で死亡。
小腸の柔突起の細胞が全部なくなって(分裂できず再製されないため).腸管に穴があき(1週間後に)死亡。

Q男性性、女性性とは…

男性であれ女性であれ、本来の性に関係なく男性性と女性性を持ち合わせていますよね。その中で、ともすれば人はある一部で生きていたり、自分の男性性、女性性を成長させないままに生き問題を抱えていたりします。
さて、ふと立ち止まって考えるに、この男性性、女性性なのですが、具体的にはどういったことを言うのでしょう。(男性性は…、女性性は…のようにお答えいただけると分かりやすくてありがたいです。)いろいろなお考えをいただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
「男性性」「女性性」というとき、「身体的な性」と「ジェンダーとしての性」というものが、まず二つ分かれてきます。もっと細かく「性」を分けることもできるのですが、あまり細かい分け方をしても仕方ありません。

身体的な性というのは、身体の外見からして、男性と女性は違うということです。一次性徴、二次性徴において、男女の差は明確にあります。染色体による男女の違いも無論あります。

一次性徴のなかに、実は、生殖器官が含まれ、生殖器官のなかに、性ホルモン分泌器官があります。この有無で、男女の差が有意に出てきます。例えば、女性の方が、身体のホメオスタシス調整は精緻で微妙です。一見、女性の方が体調などで、不安定だと思えますが、実は、ホメオスタシス調整が微妙であるため、調整がうまく行かない、または調整の作業で、体調に影響が出てくるのです。

女性の方が、身体は丈夫であり、身体の調整もうまく取れていて、その結果、女性の平均年齢が、男性よりも高くなります。

男女の脳の違いは、胎児期や、その後の成長過程での性ホルモンの作用で出来てきます。男女の差は、身体的には、女性は、毎月、子供を作る準備を開始し、受精しなかった場合は、古くなった準備卵子を壊して捨て、新しい卵子を準備して、妊娠の準備をするという状態になっています。男性は、こういう周期はないのです。

心理の話ですから、ジェンダーの話になります。男性と女性は、生物的に、以上のような、違いがあり、特に、性ホルモンは、たとえ、子供を作らない女性でも、子供を作ることを前提に分泌されており、月経周期も、身体が、子供を作るに不適切な状態になるまで、50年近く継続します。

女性は、一ヶ月周期で、人格が変動しているとも極端に言えます。人格と言っても、個人が個人であることが変化するのではなく、感情とか思考とかに、周期的な影響が出てくるのです。

個人差が無論ありますが、男性の場合、何か外部で事件や異変がない限り、感情や思考は、一定のパターン、様式を維持しています。しかし、女性の場合、強弱の差はあっても、一ヶ月周期で変動しています。身体の周期変化と、この心理の周期変化は連関していて、調整の難しさが心理状態に反映します。身体の状態が不安定だと、男性でも、心理が不安定になり、敏感になります。

こういう意味で、心理の不安定さや敏感さが、女性性で、安定性が男性性だとも言えます。

しかし、ジェンダーは、社会的にも決まって来るのです。人間は社会的存在であるので、社会における役割や、社会が、どう男女を区別し、「あるべき姿」を社会的ノモス(ルール)として決めているかで、男性性、女性性は大きく決まっています。

この社会的ジェンダーは、母権制社会とか、父権制社会というような社会の態勢において、違って来ます。西欧は典型的な父権制社会です。日本などは、母権制社会であり、女性が社会の基盤にあったのです。徳川幕府のもとでは、女性の権利が制限されていたように見えますが、徳川将軍家や大名家、上級武士の家の仕組みなどを見ると、女性がそれなりの実権を持っていたことが分かります。儒教は、男尊女卑思想を主張し、徳川幕府は政治イデオロギーに儒教を使ったので、政治分野での女性の容喙は厳禁しましたが、それ以外の面では、庶民の家などは、女性中心であるとか、日本は母権制社会であったのです。

しかし、明治維新になって、西欧の真似をするため、上から父権制社会を強制しようとしました。天皇は、国家・国民の父であるとか、「家長」が家について、全権を持つとか、家父長制を押しつけようとして、そういう表層構造を造りました。

昭和後期は、敗戦後、経済復興を目指し、男は企業兵士となってがむしゃらに働いた時代が過ぎ、エコノミックアニマルでは、どうしようもないという時代になると、元々の母権社会が復活して来て、父権制を主張するにも、男は、その主張の「根拠」がなくなったのです。

元々、女性の身体や心理は、不安定であっても、強靱性があるのです。耐久性もあります。男の力は、瞬発力で、後が持続的にないのです。それは心理も同様で、同じような鬱屈した閉塞状態に置かれると、男性が心理的に参ってしまいます。女性はもっと耐えることができます。つまり、男性の心理で、女性の立場に立たせると、男性は、ほとんど、ダウンするのです。

平成になると、男女差がよく分からなくなったというのは、女性は元々の強靱さが、表に出てきたのであり、男性の方は、社会的に男性ジェンダーを支える現実的原理や基盤がなくなったので、役割が消えて、「男とは何か」が分からなくなったということです。

カール・グスタフ・ユングは、男女の差を、男性の心には、「アニマ」があり、女性の心には「アニムス」があるのが、その違いだと言いました。アニマとは何かというと説明していると複雑になるので簡単に言いますと、「ロマティック・アニマ」と呼ばれるものが理解しやすいでしょう。

ロマンティック・アニマは、男性には理解できない不思議な心を持ち、本心が分からず、変化する心と姿を持ち、非常に不思議で謎であり(スピンクスのようなものです)、しかも、魅力的で、心も体も魅惑されるような何かです。この不思議さは、一つに、男性の感情や思考は安定しているのに、女性の心理は、変動しやすく、何故、どういう風に変動したのか、男性には理解できないというところから生じています。またフェロモンで、男性は女性に魅惑されるということの心理的解釈なのです。

他方、女性の心のなかのアニムスは、合理的で、一貫し、冷静で、敵と戦い自分を守ってくれる戦士または戦士の集団として現れます。また、そういうアニムスにあこがれる心理が女性にはあります。『話を聞かない男、地図の読めない女』などという本があり、その本の受け売りを書いている人がいるようですが、一応、この本も一理あります。

ただし、「身体の性」と「ジェンダーの性」、更に「社会的性」というような概念を述べたように、性=ジェンダー一般は、非常に複雑です。男性脳と女性脳があり、これが、男女性であるというのも事実ですし、社会的ノモスの規定男女性役割・イメージがあるというのも事実です。それらに、更に、個人の経験や性格・才能で、個人的な男女性ができます。

アニマ・アニムスのイメージは、社会的に影響を受け、また身体的基盤による深層心理でも決まって来、個人のパーソナリティでも決まってくる(というか、アニマ・アニムスが個人のパーソナリティをあるところまで規定します)ということからすれば、男性性とは、アニムスの像であり、女性性とは、アニマの像だとも言えます。
 

 
「男性性」「女性性」というとき、「身体的な性」と「ジェンダーとしての性」というものが、まず二つ分かれてきます。もっと細かく「性」を分けることもできるのですが、あまり細かい分け方をしても仕方ありません。

身体的な性というのは、身体の外見からして、男性と女性は違うということです。一次性徴、二次性徴において、男女の差は明確にあります。染色体による男女の違いも無論あります。

一次性徴のなかに、実は、生殖器官が含まれ、生殖器官のなかに、性ホルモン分泌器官があります。この有無...続きを読む

Q蜂に2回刺されたら死ぬのですか?

私は小さい頃に1回蜂に刺されたことがあるみたいなのですが、あと1回刺されたら死ぬよって友達に脅されました…。
本当ですか?
もし刺されたら何%ぐらいの割合で死ぬのですか?100%ではないですよね??
あと、刺されてしまった場合はどうすれば助かりますか?
時々蜂が飛んでいるのを見るので、その度にすごく怖いです(>_<)

Aベストアンサー

ハチに複数回刺されたあとに死亡する原因は、次のような理由(すべてではないですが)です。

ハチに刺された時に、その毒に対する抗体が体の中にできます。
それと同じ毒に再度刺された時にアレルギー反応(アナフィラキシー反応)を起こすためです。

もちろん致死率は100%ではありませんが、スズメバチの場合には、年間30~40人
の死亡事故があるそうです。

私は、スズメバチにさされて数日間、高熱と吐気に悩まされました。
2度目はもっとひどくなる可能性があると聞いているので、本当に怖いです。

刺されてしまったら、すぐに刺された場所を洗い流して
病院へ行くことをお勧めいたします。

参考URL:http://wiki.pm-net.info/index.cgi/yasei?page=%A5%CF%A5%C1


人気Q&Aランキング

おすすめ情報