出産前後の痔にはご注意!

別の質問でキリスト教について教えてもらい、
ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語に少し興味を持ちました。

そこで、まず最初は数の数え方から覚えてみようとネットで探したのですが、
ギリシャ語の数字は「ミゼン、エナ…(中略)…エネヤ、ゼカ」というのは、見つけましたが
他の言語は、見つかりませんでした…(^_^;)

そこで、ラテン語・ヘブライ語での、数の数え方(0~10まで)を教えてください。
(カタカナで読み仮名を書いていただければ嬉しいです…)

また、ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語の挨拶や簡単な単語が載っているサイトや本等がありましたら、教えていただければ幸いです。
(真剣に学習を始めたわけでなく、まだ興味段階なので、あまりに高い本などは買えません…/汗)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、ラテン語では、



0  nihil ニヒル(なにもない、虚無の意)
1  unus ウーヌス
2  duo ドゥオ
3  tres トゥレス
4  quattuor クァットゥオル
5  quinque クィンクェ
6  sex セクス
7  septem セプテム
8  octo オクト
9  novem ノヴェム
10  decem デケム

英語の9月から12月までが、本来7月から10月までの呼び名であったことがわかりますね。

ヘブライ語では、(聖書ヘブライ語ではなく、現代語ですが)

0  efes エーフェス
1  ekhad エハードゥ akhat アハートゥ
2  shnayim シュナーイム shtayim シュターイム
3  shloshah シュロシャー shalosh シャローシュ
4  arba’ah アルバアー arba’ アルバー
5  khamishah ハミシャー khamesh ハメーシュ
6  shishah シシャー shesh シェシュ
7  shiv’ah シヴアー sheva’ シェーヴァ
8  shmonah シュモナー shmoneh シュモネー
9  tish’ah ティシュアー tesha テーシャ
10 ‘asarah アサラー ‘eser エーセル

左が男性形、右が女性形です。
文字はここには表示できません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

何故か、ラテン語で「8」は「オクト」だということだけ、頭の隅に記憶が残っていました!
確か、高校で習ったような…(曖昧ですが)

ヘブライ語については、本当に知識がありませんので、大変助かりました!!
数字も男性形と女性形があるんですね…!
聖書ヘブライ語と、現代ヘブライ語は全然違うものなのでしょうか?

お礼日時:2005/07/22 13:33

>聖書ヘブライ語でも、古典ギリシャ語のように「ゼロ」はないんでしょうか…?


聖書の書かれた頃ってゼロと言う概念がまだ無いんでしょうか?(^_^;)

「なにもない」という概念はありましたが、
数字としての「ゼロ」の使用は、9世紀のインドが最初です。
例えば、「10,204」と「一万二百四」を比べると、特に計算するときなど、
「0」のありがたさがわかりますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!

数字としての「ゼロ」の使用は、9世紀のインドが最初…
そう言えば、そうでしたね!!
そんな話を聞いたことがあります。
何度も有難うございました。
疑問も解決して、スッキリしました!

これからも、ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語を少しずつ勉強していきます!!

お礼日時:2005/07/25 17:39

No.2です。



>聖書ヘブライ語と、現代ヘブライ語は全然違うものなのでしょうか?

少なくとも、聖書時代(?)の日本語と現代日本語よりはずっと似ています。
でも、それには理由があります。
実は現代のヘブライ語は、聖書ヘブライ語をもとにして作られた、一種の人造語なのです。

ベン・イェフーダという人が、1890年にパレスチナで「ヘブライ語委員会」を設立。
5世紀頃にはすでに話し言葉としては使われなくなっていたヘブライ語を、
日常語として復活させたのです。

なお、イスラエルの小学校では「旧約聖書」を(当然聖書ヘブライ語で)教えているそうなので、
イスラエルの人は現代ヘブライ語だけでなく、聖書ヘブライ語もわかるのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度目の回答ありがとうございます。

聖書ヘブライ語と現代ヘブライ語は似ているんですか。
聖書ヘブライ語を基にして、現代ヘブライ語を作ったんですね…なるほど!

#1の方に教えていただいた古典ギリシャ語と、私の知っていた現代ギリシャ語が少し似ているのもそういう関係があるのかもしれませんね…?
聖書ヘブライ語でも、古典ギリシャ語のように「ゼロ」はないんでしょうか…?
聖書の書かれた頃ってゼロと言う概念がまだ無いんでしょうか?(^_^;)

お礼日時:2005/07/25 00:50

ギリシャ語は時代によって文法、発音や語彙が変わります。

キリスト教にご興味がおありということでしたら、新約聖書のギリシャ語でしょう。

>「ミゼン、エナ…(中略)…エネヤ、ゼカ」

こちらにお書きの発音のギリシャ語は「現代ギリシャ語」です。聖書のギリシャ語は今、現在ギリシャで話されている言葉とはかなり違っています。
むしろ文法は「古典ギリシャ語」のほうが共通する点が多くあります。もし今後学習されるおつもりでしたら「聖書ギリシャ語」と明記されている入門書を初めに求められるのが良いでしょう。「古典ギリシャ語」の辞書や文法書は参考に使えます。

以下、古典ギリシャ語の数詞です。

「ゼロ」はありません。

1 (α´) eis エイス(男)、mia ミア (女)、hen ヘン (中)
2 (β´)dyo デュオ
3 (γ´)treis トレイス(男・女) tria トリア (中)
4 (δ´)tettares テッタレス (男・女) tettara テッタラ(中)
5 (ε´)pente ペンテ
6 (s´)heks ヘクス
7 (ζ´)hepta ヘプタ 
8 (η´)okto オクトー
9 (θ´)ennea エンネア
10 (ι´)deka デカ

1~4の数詞は男性・女性・中性の区別があり、それぞれ語形が違います。

(カッコ)のなかは「ギリシャ数字」です。ギリシャ文字に(´)をつけて数字を表します。アルファベットの1番目 α (アルファ) + ´ で 「1」を、 2番目 β (ベータ) + ´ で 「2」 … といった表記法です。 


次に、いくつか挨拶のことばを…(サイトはわかりません)

「こんにちは」「さようなら」どちらの意味にもなるのが Chaire. (カイレ) という言い方です。 日本語の「ご機嫌よう。」に近いでしょうか。

「ありがとう」「私は感謝します」は  Eucharisteo (エウカリステオー) 。 現代ギリシャ語だと ”エフハリスト” ですから、これと比べると時代が違うと発音が違うということがお分かりになると思います。  

新約聖書には次のような一行もあります。
pater, eukaristo soi hoti ekousas mou. パテル、エウカリストー ソイ ホティ エークーサース ムー 

父よ(pater)、私の(mou)言うことをお聞き下さった(ekousas)ことを(hoti)あなたに(soi)感謝します(eucharisto)

ヨハネ伝11:41 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

古典ギリシャ語の参考サイト等は見つからずに困っていましたので、
大変助かりました!!

数字…「ゼロ」は無いんですね…!
まだゼロという概念が出来る前なんでしょうか…?

挨拶も参考になりました!ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/22 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギリシア語で0(ゼロ)って、何ていうんですか。

辞書で調べてアラビア語ではcipherと言うのがありましたが,
どうしてもギリシア語のゼロが知りたいです。

それとももともとゼロの概念がないのでしょうか?

Aベストアンサー

 
  現代ギリシア語なら、数字のゼロに対応する言葉はあります。それは中性名詞の medeniko(メーデニコン,μηδενικον。[注] これは古典ギリシア語式の読み方です。現代ギリシア語だと読み方が少し違います。例えば、「ミーディニコン」と読むのかも知れません。現代ギリシア語の辞書・文法書を入手しておかないといけませんね。このサイトで回答すると、その必要があるようです)です。
 
  しかし、古典ギリシア語の場合、確実にそうとは言えませんが、「無、何も無い」の意味の「ゼロ」ならありますが、数字を書く時の「位取り」の機能を果たすゼロ(0)はなかったというのが自然です。元々インド数字の位取りの「ゼロ」も、sunya というような言葉で、これは『般若心経』で、「色即是空」とか云っている「空」が、この言葉に当たるのですが(少し形が違っています。お経では、「空性」と云っていて、「空」の抽象的名詞になっていますが、元の言葉、そしてゼロは、この sunya・シューニャです)、結局、「何もない、無」というような意味です。位取りの記号も、これで呼んだのが画期的であったのです。
 
  古典ギリシア語で、「無、空、何もない」は、幾つか候補があると思いますが、端的に、「無、ゼロ」は、kenon(ケノン,κενον)、または keinon(ケイノン,κεινον)です。ただし、これは、数字表現の位取り記号のゼロの意味や、機能は持っていません。インド人がそういう数字の表現方法を見つけ、発明し、それがアラビアに伝わって、更にヨーロッパに伝わったので、知る限り、古典ギリシア語には、その概念や言葉はありません。ただ、概念が伝われば、「ケノン」で、位取りの「ゼロ」にしても良い訳です。
 
  なお、zero は、アラビア語の sifr の変形で、cipher というのは、アラビア語ではなく、英語です。「sifr(アラビア語) → cifra(中世ラテン語) → cifre(古フランス語) → siphre(中世英語), cipher(英語)」となったものです。
 

 
  現代ギリシア語なら、数字のゼロに対応する言葉はあります。それは中性名詞の medeniko(メーデニコン,μηδενικον。[注] これは古典ギリシア語式の読み方です。現代ギリシア語だと読み方が少し違います。例えば、「ミーディニコン」と読むのかも知れません。現代ギリシア語の辞書・文法書を入手しておかないといけませんね。このサイトで回答すると、その必要があるようです)です。
 
  しかし、古典ギリシア語の場合、確実にそうとは言えませんが、「無、何も無い」の意味の「ゼロ」ならあります...続きを読む

Q外国語で数字の「0(ゼロ)」の書き方と読み方を教えて下さい。

どこの国の言葉でもいいのですが、外国語で数字の「0(ゼロ)」の書き方と読み方を教えて下さい。いろんな種類の「0(ゼロ)」を探しております。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

書き方というと、文字の形のことでしょうか?
…多分違いますね。でも一応書いておきます。

ゼロは大抵の言語で「○」型をしていますね。
例外的にアラビア語では「・」で表します。
また、マラヤーラム語という言語のゼロはσが右に伸びたような形をしているようです。
あとは「零」。

読み方では、大抵ヌル系かゼロ系です。
ロシア語でноль[ノリ], нуль[ヌリ]
フランス語でZe´ro[ゼロ]
他には
ギリシャ語でΜηδε´ν[メーぜン](←"ぜ"は英語のth)
韓国語で零[ヨン(yeong)]
中国語で零[リン(ling)]
など。

参考URL左下の「他の言語」から各国のゼロの表記が分かります。
発音は分かりませんがローマ字なら大体想像がつくでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/0

Q古典語(ラテン語、ギリシア語…)を勉強した印象を聞かせて下さい

 来年、大学の4年になる者です。大学では英語学、言語学を専攻しています。前々からずっと古典語を勉強したかったのですが色々な事情で機会を逃し、来年こそは、と思って今から色々考えています。言語学を専攻してる者として、色々な言語に興味があるので、もちろん勉強できるものなら全てを勉強したいのですが、一年間、きちんと勉強するためにもとりあえずは何か1つだけ勉強したいと思っています。
 そこで、ラテン語やギリシア語、サンスクリット語、ヘブライ語その他、古典語を勉強された方、勉強した印象や、何かアドバイスがあればそれを教えていただけないでしょうか。
 少し漠然とした質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かれこれ15年ほど昔に大学でギリシャ語を習いました。多くの単語がギリシャ語起源である事を知って、大げさかも知れませんが知的な世界が広がった感じがしたものです。
ただ、私が付いた教授曰くギリシャ語は世界3大難解言語の一つである、との事(残りはサンスクリット語と我らが日本語だそうです)英語学やった方ならIt's Greek to me、が何を意味するかは当然お分かりですよね。でもね、ギリシャ語を学んだ後で、「ああ、ギリシャ人がギリシャ語以外を語る者をバルバローイと呼んだのも無理ないなぁ」と本気で感じましたよ。

ラテン語は独学しました。正直な話ギリシャ語に比べれば大変シンプルな言語ですし、楽に思いました。
ヘブライ語も古代オリエント史の教授から少しだけ教えていただきましたが、こっちは・・・文字に馴染みが無い分辛かったですね。結局ほとんど忘れてしまいました。
以上感想というか体験談です。

以下アドバイス。
言語マニアならいざ知らず、ギリシャ文化に興味があればギリシャ語、古代ローマに関心があればラテン語、旧約聖書の世界に惹かれるならヘブライ語を学んだ方がきっかけがある分、馴染みやすいし理解も深まると思います。英語学やった方ならラテン語は独学可能(ラテン語起源の単語多いし)だと思いますので、先生に付くならギリシャ語かヘブライ語が良いのではないでしょうか?もし、仏教哲学に興味があればサンスクリット語も良いでしょうけど。

なにせ古い話なので参考になりますかどうか・・・でも僅かでも若い方の参考になれば幸いです。

かれこれ15年ほど昔に大学でギリシャ語を習いました。多くの単語がギリシャ語起源である事を知って、大げさかも知れませんが知的な世界が広がった感じがしたものです。
ただ、私が付いた教授曰くギリシャ語は世界3大難解言語の一つである、との事(残りはサンスクリット語と我らが日本語だそうです)英語学やった方ならIt's Greek to me、が何を意味するかは当然お分かりですよね。でもね、ギリシャ語を学んだ後で、「ああ、ギリシャ人がギリシャ語以外を語る者をバルバローイと呼んだのも無理ないなぁ」と本気...続きを読む

Q“ゆな”は外国語でどういう意味なのか教えてください

6月に女の子を出産する予定です。こどもの名前を「優奈(ゆな)」とつけようとおもっているのですが、外国語で「Yuna」と表記したり、発音された場合に、おかしな印象を与えたり、変な意味になったりしないか気になります。
日本だけにとどまらず、世界中のいろんな国や文化、人と触れてほしいと願っています。
みなさま、アドバイスよろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

こんにちは。
最近の名づけでは「国際的に」という観点からお名前を考える方が増えているんですね。

私のアドバイスとしては、
「気にしなくていいですよ!」です。

フランスに滞在経験がありますが、日本人の名前は発音の他に漢字に意味がある、ということはたいていの方がご存知でした。

「あなたの名前は漢字でどんな意味があるの?」とよく聞かれました。
「名前に意味を持たせられるなんて素敵ですね。」
とよくほめて(?)もらいました。

なので、私に子供が生まれたときは特に発音に当て字をせずに、少し難しい漢字になりましたが、意味(といってもたいした事ではなく、自然にちなんだものですが)を大切に付けました。

フランスの友人たちにも、発音と名前の意味を伝えました。

国際的、といってもどの人にも自分のアイデンティティやルーツがあり、国際的に活躍している人ほどそういったことを大切にしていると思います。

USAに住むルーツがマイノリティ(非ヨーロッパ圏)の人も、最近はジョンとかマイケルよりも、ルーツにちなんだ名前を付ける人が多いとききますよ。

質問者さん自身が、生まれてくるお子さんに
「こういう気持ちから名づけたんだよ。お母さんの大好きな言葉(漢字、とか意味)だから。」

という幸せな会話ができるといいですね。
その事でお子さんがご自分に自身を持つことが、国際社会の中での相互理解ということにもつながると思います。

*ちなみに、
ヨーロッパ圏では「ユナ」ときくとUNAを想像し、
英語で言う冠詞のa、an、がラテン語系ではun、une、una となるので、
あえてイメージするとなると
「ひとつの」とか意訳すると「唯一の」かなぁ。

こんにちは。
最近の名づけでは「国際的に」という観点からお名前を考える方が増えているんですね。

私のアドバイスとしては、
「気にしなくていいですよ!」です。

フランスに滞在経験がありますが、日本人の名前は発音の他に漢字に意味がある、ということはたいていの方がご存知でした。

「あなたの名前は漢字でどんな意味があるの?」とよく聞かれました。
「名前に意味を持たせられるなんて素敵ですね。」
とよくほめて(?)もらいました。

なので、私に子供が生まれたときは特に発音に当て...続きを読む

Q七つの大罪のラテン語

 下記は『七つの大罪』のラテン語なのですが、正確な(メジャーな)
読み方をカタカナで教えてください;
傲慢 superbia
嫉妬 invidia
憤怒 ira
怠惰 acedia
強欲 avaritia
暴食 gula
色欲 luxuria

 文字で発音などは、難しいとは思いますが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

傲慢 superbia スペルビア
嫉妬 invidia インウィディア
憤怒 ira   イラ
怠惰 acedia アケディア
強欲 avaritia アワリティア
暴食 gula グラ
色欲 luxuria ルクスリア 

ラテン語は基本的にはローマ字読みで良いのですが、Vは常に[w]の音、Cは常に[k]の音、Xは常に[ks]の音になるといった決まりもありますので、ご注意ください。

Q「太陽」「月」「星」を外国語で

こんにちは。タイトル通りなんですが、「太陽」「月」「星」を外国語や神話などで言うとどうなるのかを調べています。
今のところ分かっているのが、太陽→サン・ソル 月→ムーン・ルナ 星→スター くらいです。出来れば、つづりとカタカナ表記、何語かを書いていただければ嬉しいです(分からない場合は、分かるものだけでもいいです)。
たしか、スペイン語で「月」というのをテレビで聞いたことがあるのですが、一瞬のことで、なんと言っていたか分かりませんでした。これも知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

スペイン語

太陽   Sol ソル
月    luna ルーナ
星    Estrella エストレージャ

ポルトガル語

太陽   Sol ソル
月    Lua ルア
星    Estrela エストレーラ

エスペラント(語)
太陽   Suno スーノ
月    Luno ルーノ
星    Stelo ステーロ

いずれもラテン語系なので似通っています。

Q頓服(とんぷく)とは?

簡単なことですみません。 薬でよく「とんぷく」といいますが、どんなもの(意味)なのでしょうか。 風邪のときも、ぜんぜん違う病気のときもよく聞く言葉なので、、、。

Aベストアンサー

頓服とは、飲み方の事です。
食後とか食間とか、薬には飲み方がありますが、頓服もそれです。
意味は「必用な時に飲む」です。
鎮痛剤などによくある服用方法です。
必用を感じなければ、何日間でも飲まなくてかまいません。
いつでも、必用な時に飲むというわけです。
もちろん、短時間に連続して飲むのは制限されるのが普通ですが、それは薬の説明書に書いてあります。

Q古代ギリシャ語と現代ギリシャ語は同じですか?

古代ギリシャ語と現代ギリシャ語は同じですか、あるいは、かなり近いですか?

例えば、現在のギリシャ人は、プラトンが書いた本を原文で読めますか?

Aベストアンサー

プラトン読みです。

>古代ギリシャ語と現代ギリシャ語は同じですか、あるいは、かなり近いですか?

綴り字を見ているかぎり2千数百年もの時間の流れを考慮すれば、「かなり近い」です。古典ギリシャ語しか習う機会がなく、現代語はパラパラと入門書を眺めた程度の私が現代のギリシャのウェブサイトを見て理解できるのは2-3割です。ただし、発音はかなり変化しているので耳で聞いてもほとんどわかりません。

学術的な内容の書籍などだと古典語と現代語に共通する語彙はもっと増えます。

アクセント記号は現代語だと「´」の一種類だけですが、古典語は3種類を使い分けます。

>現在のギリシャ人は、プラトンが書いた本を原文で読めますか?

以前ギリシャ出身の留学生(理科系)に尋ねたところ「勉強しないと読めない」と言っていました。日本人が古文を読むのに似た感覚のようです。今の若い世代の人より、古い文法要素の残った文語文の教育を受けた高齢者のほうが楽に読めるらしいです。

最後に例文をあげます。アクセント記号は化けるので省きました。現代語は一部翻訳サイトを使用してから修正し、サイトで出ない単語は辞書を引きました。古典語は自分で訳しました。

「アキレウスは亀より速く走る。」

現代語
Ο Αχιλλευs τρεχει γρηγοροτερα απ'την χελωνα.
オ アヒレフス トレヒ グリゴロテラ アプティン ヒェロナ.

古典語
Αχιλλευs τραχιζει θαττων η η χελυs.
アキッレウス トラキゼイ ターットーン エー ヘー ケリュス.

プラトン読みです。

>古代ギリシャ語と現代ギリシャ語は同じですか、あるいは、かなり近いですか?

綴り字を見ているかぎり2千数百年もの時間の流れを考慮すれば、「かなり近い」です。古典ギリシャ語しか習う機会がなく、現代語はパラパラと入門書を眺めた程度の私が現代のギリシャのウェブサイトを見て理解できるのは2-3割です。ただし、発音はかなり変化しているので耳で聞いてもほとんどわかりません。

学術的な内容の書籍などだと古典語と現代語に共通する語彙はもっと増えます。

アクセント記...続きを読む

Qラテン語と古典ギリシア語が無料で翻訳できるサイトを探しています。

ラテン語と古典ギリシア語が無料で翻訳できるサイトを探しています。

英語や中国語等の翻訳サイトは知っているのですが、上記の翻訳サイトが分かりません。
できれば両方教えてほしいのですが、どちらか片方だけでも構いませんので、知っている方は是非、教えて下さい。

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

ラテン語
http://dir.kotoba.jp/ddcat.cgi?k=latin&fsz=2

古典ギリシア語
http://dir.kotoba.jp/ddcat.cgi?k=greek&fsz=2

この中にいろいろありますので、使ってみてご自分にあっているものをお選び下さい。

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報