OCN光で最大124,800円おトク!

俳句の推敲をしています。
「香に酔いぬ」と「香に酔えり」はどう違いますか?
「ぬ」と「り」の違いがわかりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 自治会 困り事

A 回答 (2件)

「ぬ」「り」の違いですが、


この場合、古典文法があてはまりますね。

「ぬ」…完了の助動詞:訳(~した)
「り」…存続の助動詞:訳(~している)

となります。
なので、
「香に酔いぬ(香りに酔った)」になりますし、「香に酔えり(香りに酔っている)」となります。


ついでに古語では「酔いぬ=酔(ゑ)ひぬ」「酔えり=酔(ゑ)へり」となります。
    • good
    • 1

#1と同趣旨ですが、より積極的に言い換えれば、


「酔いぬ」は「酔ってしまう/酔ってしまった」で、(花の)香にすっかり呑まれた感じが出ると思われます。
「酔えり」だと「酔っている/酔っていた」で、
酔っている状態を多少客観的に眺めている、どこかに理性の働きが残っている感じが出ます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報