靴の上から履ける雪道用の簡易スパイクを開発しました。
高速のサービスエリア、空港の御土産や、道の駅で販売したいと思います。
しかし、取り扱ってもらえるにはどのような過程や手段が必要なのか分かりません。
何方かご存知の方は教えて頂けませんか?
尚、商品は(アイススパイク)はコンパクトなサイズで売価¥1000程のものです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

知り合いの方が商品を開発し、車関係の商品だったので高速のエリアに置いてもらおうと色々当たった結果、利権が絡んでいて購買の部署にすら近づけなかったそうです。



道の駅・空港の土産やさんは普通の店ですから直接交渉するのが一番でしょう。
この前テレビで企画した”みっくちゅじゅーちゅ”を空港の売店においてもらうのに店先で直接交渉してまたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。アドバイス有難うございました。

お礼日時:2001/10/17 10:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弥生会計07 税区分の追加

お世話になります。

固定資産売却益(会社の車の売却)の税区分で「課税売上簡易四種」、を使いたいのですがありませんでした。
この税区分を追加したいのですがどのようにすればよろしいでしょうか?

また、追加することが無理なのであれば別の税区分でどういったものが適切でしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

弥生会計では消費税設定が本則課税になっていると、税区分に「課税売上簡易四種」などの消費税の簡易課税に関する税区分が表示されません。
そのため、設定を「簡易課税」に設定する必要があります。

まず、「設定」-「消費税設定」-「消費税設定」を選択してください。そこで出てくる消費税設定画面で[課税方式]を[簡易課税]に変更してください。
以上で簡易課税の税区分が追加されるはずです。

Q広告の伝達過程

広告の伝達過程について教えて下さい。

Aベストアンサー

広告の伝達過程って製作のことですよね?

クライアント→広告代理店→広告制作会社→媒体(新聞・テレビなど)→消費者

大雑把でこんなかんじ。広告代理店、広告制作会社、媒体(新聞・テレビなど)が一つの会社(団体)の場合もあり。

Q税区分の意味

只今勉強中ですので教えて下さい。
かなり初歩的なことでお恥ずかしいのですが・・・

1.弥生の税区分の売上5%一とは売上の1%を納税するって意味ですか?
売上5%五とは売上の5%納税?
納税%が違う理由は何ですか?

2.税区分と相手税区分の違いは何ですか?

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.売上5%一:漢数字の「一」の部分が、消費税の簡易課税制度を採用している場合の「第一種事業(卸売業)に区分される課税売上」ということを意味しています。「5%」は今の消費税率のもの(かつては3%の時代があったため、その時期のものではないということ)を示しています。売上5%五なら第五種事業(サービス業)に区分される課税売上高ということです。

売上5%一なら売上の0.5%、売上5%五なら売上の2.5%を納税すると思っておけばよいです。
率が違うのは、ごく簡単にいえば、業種によってその売上を上げるためにかかる経費の率が違うためです。

2.「税区分」は自分方の消費税区分で「相手税区分」は仕訳の相手方の消費税区分です。

Qビジネスに必要な論理力?はどう身に付ける??

ソフトウェア企業につとめている、一応技術職のものです。

たとえば、ビジネスの企画発表会で、「このアプリは価格がいくらで、買う人は大体何人、経過年数が・・・」とか、そういった関連の話が説得力をもってできるようになるにはどうすればいいでしょうか?

考え方の参考になる本はありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
考え方ではなく、相手を見る力です。
価格に敏感な人には価格でプレゼンするべきだし、機能重視の人には機能比較でプレゼンすればよい。

それからプレゼン資料でも文字、数字が好きな人は具体的な数値で比較し要点を資料内に書くほうが良いが、文字の多いのを嫌う人は1ページ20文字程度の資料にしたほうが良い

私は昔プレゼンした時に1分でダメだしを受けプレゼンを中止したことがあります。
ダメだしの言葉は「文字が多い、見難い」でした
 

Q消費税区分について

法人で経理を担当している者です。消費税区分について教えて下さい。
「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。
色々なHPを参照すると意見がまちまちの様で今ひとつ解りません。回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://shouhizei.okumurayoshifumi.net/gaiyou/404.html

>「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。

両方、非課税です。

Q日本の信用を守る企業の例をお勧めていただけませんか?どうもありがとうございます❗️

日本の信用を守る企業の例をお勧めていただけませんか?どうもありがとうございます❗️

Aベストアンサー

>日本の企業が信用を守る例を閲覧をいただけませんか?

うーん、違う!

「日本の企業が自社の信用を守るためにしていることの例を教えていただけますか?」

これで各企業努力が聞ける内容になります。

Q税区分について教えてください!

税区分で売上、仕入、仮払い消費税などありますが、どれがどう違うのかわかりません。
現在、『旅費交通費』についてどの税区分を選んだらいいのか迷っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旅費交通費は課税仕入となります。ただ、宿泊代金のうち、入湯税などの税金は非課税扱いとなりますので注意が必要です。

Q<消費税区分>対象外・非課税は消費税や法人税の申告に関係しますか?

 以前勤めていた会社で税理士による消費税に関する指導を受けていたため、
消費税区分について不明なときは本や国税のHPで確認したり、
相手先での消費税処理の有無を聞くなどして仕分け伝票を起こしていました。

 現在の勤務先では消費税区分について曖昧でとまどうばかりです。

 課税については消費税の申告納付に関係するので正確に記載するべきだと思いますが、
非課税と対象外は消費税や法人税の申告にどのように関わるのですか?

 徹底して調べていたことがあるだけに税区分は重要だと思っているのですが、
実務ではなあなあにされているものなのでしょうか。

Aベストアンサー

>>非課税と対象外は消費税や法人税の申告にどのように関わるのですか?

説明を始めると膨大な量の説明が必要です。本当に理解したいのであれば、消費税法の専門書を読んでください。

ポイントだけいいますと、非課税と対象外を明確に区分する必要があるのは収益に関する取引のみです。つまり、売上や受取利息や雑収入などです。これは課税売上割合というものに影響するため、明確に区分する必要があります。

一方、費用に関する取引(仕入や支払利息や諸経費等)は非課税と対象外を区分する必要はありません。課税取引のみが消費税に影響する(仕入税額控除に影響する)ものですので、課税取引だけ集中して抽出します。

こういうことですので、費用に関する取引に関しては非課税と対象外の区分は結構なあなあです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報