上記の通りです。
イオンチャネルとイオンポンプの詳しい相違点を教えてくれたら嬉しいです。
もしこれを読んだあなたが忙しければ構いませんが、
前提として忙しくない時に、その上でもし宜しければ教えてください。
本当にお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

rutさん、こんにちは、


MiJunさん、rei00さん、akiyamaharukaさん、ご無沙汰しております。
構造生物屋のryumuです・・・最近、遊んでばっかり(?)でこっちには顔を出していなかったのですが、イオンポンプの研究者としては回答しないわけにはいかない(笑)

で、ポンプとチャネルの違いは、”輸送方向を決定するスイッチ”の有無と言えるでしょう。
従って、チャネルにスイッチ機構が組み込まれれば、ポンプと言うことになります。

また、このスイッチが働くにはエネルギーを必要とするので、外部から何らかの形でスイッチにエネルギーを供給する必要があります。

しかし、スイッチ機構の詳細については、未だ明らかになっている物はありません。
ちなみに、今年の生物物理学会でも、ポンプのスイッチと、ポンプとチャネルとの違いがシンポジウムで議論されていました(私はポンプとチャネルの違いの所は聞いていなかったので・・・・汗)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事どうもありがとうございます!
明快な答えで分かり易くて凄く嬉しいです。
是非ともこの答えを書き加えたいと思います。
本当に感謝しています。どうもありがとうございました。
けど俺もその生物物理学会に行きたかったな・・・

お礼日時:2001/10/18 01:23

rei00さん、MiJunさんお久しぶりです。



一般的な部分でいえばご自分で上げられているものでよいと思います。

機能、構造を調べられているようですので、
生理学的ないち付けをしてみては。どこでどうつかわれているか?
差が出ると思いますよ。
例えばいかにあげるようなもの。

あたりまえですが、流入、流出速度は圧倒的に違いますよね?
それによって、要するに、使い道がまったく違うというか相補的というか。

有名どころではカルシウムポンプとカルシウムチャネル、いろいろなタイプがありますが、濃度勾配を作っておくほうと、壊すほう。平常時とシグナル伝達時、どちらがどのように働くか?
電位依存でも、シグナル依存でもポンプで勾配を作っておいて、チャネルで一気に開放しますよね。
神経伝達におけるナトリウム/カリウムポンプとチャネルの関係もそうでしょ。


あと調べたことないですが、細胞内のタンパク量はどうなんでしょうね?
イメージ的にはポンプのほうが多そうですけど。
あと種類の数。

こんな部分が抜けているような気がします。
あとはご自分のこだわりでしょう。
なお、記憶のままに書き込みしましたので、もう一度文献をあたられることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生理学的なアプローチか・・・・
こう考えるといろいろな相違点が浮かんできますね・・・。
もっと早くこの返事を見ておけばな・・・と凄く後悔しています。
いろいろとありましてパソコンを見るのを疎かにしていました(泣)
けど本当にありがとうございました。
これからは生理学的にもアプローチを心がけて包括的に考えていきたいです。

お礼日時:2001/10/18 01:18

 チャネルにもポンプにも様々な種類があります。

それをまとめて「イオンチャネルとイオンポンプの詳しい相違点」と言われても回答に困ります。

 簡単に言うと,チャネルが濃度勾配にしたがって(エネルギ-を使わずに)イオンを通すのに対し,ポンプは濃度勾配に逆らって(エネルギ-を使って)イオンを運ぶ点です。

 詳しくは,MiJun さんのご指摘の通り,成書等をご覧下さい。その上で必要なら,もう少し絞った形でご質問されれば,専門家の方からの回答も得られるかも知れません。

この回答への補足

まさにreiOOさんの言うとおりだと思います。俺自身もそう思います。
もちろんお互い、様々な種類があるのはもちろん承知していますが、
イオンポンプの定義、イオンチャネルの定義の上で
その中で相違を教えていただきたいのです。
課題で上記通りの課題が出たのです。
唖然としましたが、
ポンプとチャネルは個々で説明しており、二者を比較した上での説明は俺は探せませんでした。もしよろしければ教えてくださいませんでしょうか?

今の現状といたしましては
同じ部分としては
・無機物イオンの細胞内外への輸送
異なる部分としては
・イオンポンプは立体構造が変わるが、イオンチャネルは構造変化は見られない。だが後者でもギャップ結合の開閉等における見た目の構造変化は見られる。
・濃度勾配に逆らうか従うか。前者はイオンポンプ。

相違点だけを見て調べてるからこういう結果になったかもしれません。もっとマクロに見ていれば一見遠回りに感じられるかもしれませんが(結果が出るの有無)、
分かってたかもしれません。けど俺自身これだけしかわかりませんでした。
もし忙しくなく、かつよろしければ、他の相違点を教えては貰えないでしょうか?
よろしくお願いします。

では今から文化祭の作業をいつ終わるか分かりませんが、しに行って来ます。
これはどうでもいいですね(苦笑)。

補足日時:2001/10/16 18:30
    • good
    • 0

ネットでこれらのキーワードで検索されましたでしょうか?


あるいは図書館等で「分子細胞生物学」等の成書をご覧になりましたでしょうか・・・?

それらを見て、不明の点を再質問されては如何でしょうか?

補足お願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電位依存性イオンチャネル

電位依存性イオンチャネルは,膜内外の電位差を感じとって,開閉するらしいですが,外に対して正になるか負になるかは関係ないのですか。電位差というのは絶対値で,例えば,-30mVが閾値なら,+30mVでもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ということは,静止電位から過分極して-90mV以下になっても,動作はしないということでしょうか?

-------
最初の例では、作動原理として仮想的なチャネルを考えて説明しましたが。まず、電位依存性チャネルには、いくつかの種類があります。有名なのはNaチャネルとKチャネルでしょう。活動電位の説明で、脱分極が7mVを超えた(つまり、静止電位を-70mVとして-63mV付近)ところでNaチャネルが活動しはじめ、Naの流入に寄与します。また、脱分極が50mV付近(-20mV付近)からKチャネルが開き始めます。これらの他にClチャネルもあるし、同じKチャネルでも何種類かのタイプがあって、それぞれで動作の様子(開閉が早い、遅い)が違っているのです。
立体構造解析から、電位感受性の仕組みが見えてきましたが、少なくともタンパク質が膜に挿入されている方向で規定されるので、膜電位の方向が感じ取れるのは間違いありません。

Qイオンチャネルの選択性

イオンチャネルの特異的透過性についての質問です。
カリウムイオンチャネルがナトリウムイオンよりも大きいカリウムイオンをはるかに透過させやすいのはなぜですか?
イオン半径だけでは説明できないのは分かりますが、なぜだか分かりません。
あと、ナトリウムイオンチャネルはカリウムイオンチャネルよりも半径が大きいのにカリウムイオンは透過させにくいのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
この選択的透過性はカリウムチャンネルの構造に関係があります。同じような大きさのK+とNa+において、K+の方が透過しやすいのは、簡単に言えば、カリウムチャンネル内の=Oグループと透過するイオンとの距離が適切か適切でないかということになります。K+はイオンチャンネル内で四方向の酸素原子から均等に同じ距離(同じ強さ)で引かれている(つまりイオンチャンネルの中心にある)と思ってください。 Na+はイオンの直径が小さすぎる(酸素原子からの距離が遠い)ため中心ではなく少しずれてしまい二方向の酸素原子からのみ引かれていると思ってください。これがNa+が透過しにくい理由です。

<追加>
両イオンともチャンネルに入る前は水分子とくっ付いているわけですが、K+の場合その水分子との結合力がチャンネル内で酸素原子との結合力にそのまま置き換わることができます。しかしNa+の場合はいくつかの結合力が無駄になってしまいます。そのためカリウムチャンネルはK+に適した構造となっています。

おそらくこの説明では分かり難いと思います。図があればよかったんですが、とりあえず参考程度にお願いします。

こんにちは。
この選択的透過性はカリウムチャンネルの構造に関係があります。同じような大きさのK+とNa+において、K+の方が透過しやすいのは、簡単に言えば、カリウムチャンネル内の=Oグループと透過するイオンとの距離が適切か適切でないかということになります。K+はイオンチャンネル内で四方向の酸素原子から均等に同じ距離(同じ強さ)で引かれている(つまりイオンチャンネルの中心にある)と思ってください。 Na+はイオンの直径が小さすぎる(酸素原子からの距離が遠い)ため中心ではなく少...続きを読む

Qすごく困ってます。イオンチャネルの解析での、ゲート電流とノイズ解析についてわかりません。

初めまして。私、文系の大学3回生なのですが、もういちど理系の大学に進もうと思っている者です。今、神経科学を学んでいる最中なのですが、イオンチャネルの数とコンダクタンスの統計的解析について全くわかりません。ゲート電流から求める方法とノイズ解析から求める方法をわかりやすく、どなたか教えていただけないでしょうか? お願い致します。

Aベストアンサー

ゲート電流を使う方はトリビアルだが、ノイズの方はWiener-Khinchinの定理を使っている。どんな回路であろうが、入力すると出力が得られる系の、周波数に依存する複素インピーダンスの逆数は、電流自己相関のフーリエ変換で表すことが出来る。これは非平衡統計の基礎となる定理なので、まともな教科書ならどれにでも載っている。逆に、これの書いてない教科書はトンデモなので気を付けること。ともかくこの定理を使えば、自己相関をとる電流はノイズで良いので、ノイズから複素インピーダンスを求めることが出来る。コンダクタンスもわかる。

Qこちらの木(花)の名前をお教えて頂ければと思います

こちらの木(花)は何というのでしょうか。お教えいただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アセビ(馬酔木) です。

白の花と、ピンクの花があります。

アセビ(馬酔木) ツツジ科アセビ属
http://www.yasashi.info/a_00044.htm
http://homepage.mac.com/n_yoshiyuki/hana/asebi.html
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-asebi_large.html

Q陽イオン交換体と陰イオン交換体

レーニンジャー新生化学に
「イオン交換クロマトグラフィーは、特定のPHでのたんぱく質の正味の電荷の違いや程度の違いを利用する。カラムの基質は、荷電した官能基を含む合成ポリマーであり、陰イオン基が結合したものが陽イオン交換体、陽イオン基が結合したものを陰イオン交換体と呼ぶ。」とあるのですが、この文章に関して僕なりの解釈をしたので、ただしいか聞いてください。
「イオン交換クロマトグラフィーは、特定のPHでのたんぱく質の正味の電荷の違いや程度の違いを利用する。カラムの基質(もととなっている物質)は、荷電した官能基(+の電荷を帯びている官能基or-の電荷を帯びている官能基)を含むポリマーであり、
+の電荷を帯びている官能基に陰イオンが結合したものが陽イオン交換体で、-の電荷を帯びている官能基に陽イオンが結合したものが陰イオン交換体である。」…(1)
また、(2)の考え方も正しいでしょうか?
「陽イオン交換体の例…DEAE-
           陰イオン交換体の例…CM-  」…(2)
この2点を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

> +の電荷を帯びている官能基に陰イオンが結合したものが陽イオン交換体で、
> -の電荷を帯びている官能基に陽イオンが結合したものが陰イオン交換体

陽イオン交換体は「-の電荷を帯びた官能基が結合したもの」、
陰イオン交換体は「+の電荷を帯びた官能基が結合したもの」です。

「陽イオン交換体」のというのは、「自分自身が陽イオンになっている交換体」なの
ではなく、「陽イオンを交換するもの」という意味でつけられている名前です。
(交換体自身は、交換したいイオンと対になるための逆電荷を帯びています)

ですので、
 自身が正電荷を帯びているDEAEは陰イオン交換体、
 自身が負電荷を帯びているCMは陽イオン交換体
ということになります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報