マカヤとかは毎年株が太っていくのですが、稲も何とか越冬させることが出来ればよいなーと考えています。いかがなものでしょうか?(トラクターも田植え機も売れなくなるからこんな研究をしては行けないのでしょうか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

稲は一年草ですから無理です。

暖かい地方で株を籾殻等で覆って越冬させることは可能です。春には株から芽が出ます。しかし、かろうじて越冬したということと、本来の稲として二年目も収穫が出来るかどうかは別物です。
稲の改良を研究するなら直播方式で現在と同じ収穫と味を確保することではないでしょうか。その前に直播は病気(密植による)と台風(密植により茎が弱い)との戦いになると思います。気候条件がよく台風のない地域では現在すでに直播が主流になっている筈です。(海外)

この回答への補足

じつは南九州の農家なのですが、早期水稲なかなか美味しくならないのでしばらく作っていませんでした。来年からまた少しだけでもと、作ることになったのですが、海のそばで一応無霜地帯、けど凍る年もあります。直播方式参考になりました、薄く条播きをしてから水を少しづつ入れるといいのでしょうか?
「一年草だから無理」という件気になったのですが、これは「無理だから一年草」と考えていいのでしょうか、となると北海道で一年草でも沖縄で越冬できれば多年草と言う事になってしまうし、解らなくなります

補足日時:2001/10/19 22:16
    • good
    • 0

直播の参考URLです。



参考URL:http://karamatsu.shinshu-u.ac.jp/lab/hagiwara/di …
    • good
    • 0

稲の直播は、西日本ではときどきやっています。

直播機というのがあって、ポリタンクに入れた種籾を一列(数列)にきっちりと落としていくように出来ています。動力も何もなく、手で押し歩きながら車輪を回転させるだけなので、値段は安いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、参考になりました

お礼日時:2001/10/20 19:26

補足について。



*一年草
温暖な地域で越年して芽が出ることはありますが、実用性はありません。

*直播
近くで見たことも経験もありません。北米等で大型農場〔水田)で飛行機を使って直播をしている映像を見た程度です。台風の多い宮崎や鹿児島では直播は茎がよわくむりではないでしょうか。実験する価値はありそうですが。田植え以外の水の管理は同じだと思いますよ。直播は温暖地より寒冷地で研究・実験がすすんでいるようです。参考URLで研究してください。

http://www.niplo.co.jp/etc/toku/body/body02.html


http://www.affrc.go.jp/ja/db/seika/data_narc/h09 …

http://www.toukei.maff.go.jp/genti/1997_12/97_12 …

参考URL:http://narc.naro.affrc.go.jp/oldss/souken/s201.h …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q田植えでの最適な稲の間隔は?

子供が小学校で田植えを行います。(田んぼ作りから行うかなり本格的な内容です)
そこでお聞きしたいのですが、田植えをするにあたって、できるだけ収穫量を上げるためには、何センチくらいの間隔で稲を植えればよいのでしょうか。
全くの農業未経験者ですので、わかりやすいご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。まずいろいろな説や考え方があるのを前提でお答えします。植える間隔が広いと一つの株の成長が良く太く背も高く大きな株になります。逆に間隔が狭いと背が低く比較的小さな株になります。分けつ数なども違います。単位面積当たりに施す肥料の量はだいたい決まっていることからも想像できると思います。ところが収穫量は株の成長だけで決まるわけではありません。稲の開花タイミングや稔りつつある秋に台風などの暴風がどのくらいあるかも重要なファクターになります。そこで株の成長は見た目にあまりよくないかもしれませんが背の低い稲を作ることで強風に強く収穫量を安定させるという方法が考え出されました。通常の1列に植え込む間隔を10cmから15cmで植え込む苗の数は3から5本程度、列の幅は後から施肥や草取りなどのために田に入るので狭くしないようにして下さい。品種にもよりますが収穫量は安定して多くなります。ちなみにたくさん植えるということは苗もたくさんいるということになりますので例年やっている行事だとしたら、前年より3割以上多く苗を準備してくださいね。

Q田植え後稲の葉の虫は害虫?

 田植え後7日の稲の葉に小さい虫がついていました。この虫の種類、害虫で駆除が必要か、必要であれば薬の名前が知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

画像が悪すぎで見極められませんが、この時期発生するのは
イネゾウムシ、イネミズゾウムシかとおもいますが・・・

生態と画像
http://www.pref.saga.lg.jp/sy-contents/shigoto/nogyo/nougyoushikensenta/kenkyu/nouse/by/by2.php?sa=ine&bg=miz

商業栽培ですので防除についてはリンク先からたどっていける「農薬登録情報検索システム」か
管轄の農協、普及センターへお問い合わせください。(農薬取締法の関係で)

ただ、田植え時の薬剤箱施用と比べると今からの防除は効果がよくありません。

Q乗用田植え機での田植えの方法、順番とか

こんばんは、初めて田植え機で田植えをすることになりました。
長方形なんですが、うまく全体を田植えするには、どうやってやればよいのでしょうか?

まず端からまっすぐ行きますよね、そしてUターンしてバックして田植えすると田植え機の全長分田植えが出来ないと思うんですが、どうやるのか素人でもわかるように教えてください。
あと、注意事項とかもよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も図を書いてみました。

5========== 4
∥ 9======== 8∥
∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥
∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥
∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥
∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥
∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥
∥∥∥∥∥∥∥∥∥ 1∥∥
6========= 7∥
2========== 3
↑出入り口

かなり上級ワザですが、こうすれば4隅の手植え部分は殆どありません。

最初に植え始めは出入り口と反対の位置から。
それで、植え始めは畦際から田植機2条分(4条植なら8条分)空けて植えていきます。
(分からない場合は畦際から田植機でマーカーを付けていくと綺麗に空けれます)
最後も2条分空けて、次は枕(横方向)の植え付けにかかります。
2周すれば出来上がり。

Q稲はなぜ何百年も同じ田で栽培しても「連作障害」を起こさないのでしょうか

稲はなぜ何百年も同じ田で栽培しても「連作障害」を起こさないのでしょうか?

Aベストアンサー

ご参考に
http://www.pcc-gardendesign.net/rensaku/rensaku-what.htm#gifu

水稲は連作障害を起こしません。
大量の水を使いますが、その水にいろいろな成分を含んでいます。
不足する成分を補ったり、過剰な成分を洗い流したりしてくれます。

陸稲は、使う水が少ないので連作障害を起こします。

連作障害に関しては未解明の部分もあります。
稲は生理的に連作障害を起こさない植物である、という説もあります。

Q田植え

田植えも終わり何とか、ひと段落。
と、思いきや・・・田植え後の水管理ってドーしてられますか?祖父が他界し初心者に近い若夫婦が田植えをしました(^_^メ)・・いろんな意見を聞きますが、一日置きに水をはりに行かないといけないという方も居られますが本来これほどにしないとダメなんですかね?もう少し楽をしょうと思うとどの様な方法が有りますか?もっと教えてもらっとけば良かった(>_<)普段は共働きで田一筋に構えないのが悲しいですが・・・と言ってもそれ程多い田でも無いのですがね。詳しい方参考の為教えてください。

Aベストアンサー

一番楽にする方法は、まず稲が水没しない程度に目一杯水を貯め、次は田んぼの表面に水がなくなりかけたら、また目一杯貯める…を繰り返すことです。
水深ゼロの状態から、満タンに貯まるまで何時間かかるか、次に水深ゼロになるまで何日かかるかを計測すれば、水やりに行く回数は減るでしょう。

ただし、この方法は稲の生理を全く無視したものであり、結果生育や収量にどのような影響を与えるかについては計り知れないので、期待する収量が得られるかは全くもって保証できません。

参考までに、当面の水やりの基本的な事項を列挙しておきます。稲は低温に弱いので、いかに保温するかが大事です。
1)入水は朝又は夕方の気温が低いとき。日中は水温を高めるため、水を動かさない。
2)気温の高い日は水深は浅め、低い日は保温のため水深を深めに管理する。

稲の生育は、適切な水管理によってコントロールされるものです。
水管理で楽しようと思ったら、ある程度生育・収量を犠牲にする覚悟でやってください。
毎日田んぼに行くのが面倒だとしても、せめて週間天気予報で気温の推移を確認し、早めに水管理しましょう。
生育が進んでからの水管理については、必要があれば別途補足します。

一番楽にする方法は、まず稲が水没しない程度に目一杯水を貯め、次は田んぼの表面に水がなくなりかけたら、また目一杯貯める…を繰り返すことです。
水深ゼロの状態から、満タンに貯まるまで何時間かかるか、次に水深ゼロになるまで何日かかるかを計測すれば、水やりに行く回数は減るでしょう。

ただし、この方法は稲の生理を全く無視したものであり、結果生育や収量にどのような影響を与えるかについては計り知れないので、期待する収量が得られるかは全くもって保証できません。

参考までに、当面の水やり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報