どなたか、蟻酸、クエン酸の分解方法を教えてください。後、塩酸、硝酸の分解法があれば教えてください。高温で焼却以外に簡単な方法はないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

rei00 です。



 補足拝見しましたが,目的は「金属等を回収」ですね。この金属等はどういうものを考えてられますか?金属そのものでしょうか,それとも,何かの塩でしょうか?水溶液中ではその金属はイオンとして存在していますから,金属そのものの回収は無理だと思います。

 塩として回収する方法は存在すると思いますが,私は詳細を知りません。必要でしたら,どんな金属を,どういう溶液から,どういった形で回収したいのかをお示しになって,別質問にされた方が良いと思います。

 なお,先の回答の「排水規準以下であれば中和した後希釈して流す事もできる」は,「排水基準以下のphまで分解」するという事ではなく,「排水基準以下の濃度まで希釈」するという意味です。ただ,金属イオンが含まれている様ですので,これは無理かも知れませんね。
    • good
    • 0

・分解の目的は何でしょうか?


・どの程度まで分解できれば良いのでしょうか?

 お書きの酸は天然にも存在する酸ですから,排水規準以下であれば中和した後希釈して流す事もできると思いますが。

 補足下さい。

この回答への補足

・ph調整せずに紫外線などで直接分解して、金属等を回収したいんです。
・排水基準以下のphまで分解できればいいんですが。そのまま排水したいので副生成物ができないような方法があればいいのですが・・・
 ないでしょうか?

補足日時:2001/10/19 13:05
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫酸、硝酸、塩酸、発煙硝酸の瓶のパッキンは何か。

硫酸、硝酸、塩酸、発煙硝酸の瓶のパッキン(蓋の裏についる白くて丸い板みたいの)はなんですか?
シリコン? ポリエチレン?ポリスチレン?ポリプロピレン?テフロン?
それと、硝酸をエタノールが入ってた褐色のよく洗った瓶に保存しても大丈夫ですか?
希硝酸を作ったはいいものの、希硝酸入れようと思っていた、空の硝酸の瓶を割ってしまい、たまたまエタノールが入ってた褐色の瓶を見つけたのでそれに入れることにしました。硝酸の瓶じゃないからといって光で分解されたりしませんよね・・・(ーー;)

                              長々と申し訳ありませんm(_ _)m

Aベストアンサー

多分、低密度ポリエチレンだと思います。
簡単に言うと、タッパウェアのフタの部分と同一素材です。

容器自体はポリプロピレンや高密度ポリエチレンなどの比較的固い素材が使われます。
しかし、すべてがこの素材だけではフタと本体の接触面積が少なくて、液漏れします。
そこで、柔軟性のある低密度ポリエチレンを使うことで、容器とフタの接触面積を
増やしています。
一部のペットボトルのフタにもこのようなパッキンが使われています。

瓶は、褐色であればたいていはOKです。
ただ、ワインの瓶などには「褐色もどきビン」があり、これでは意味が無いです。
薬品の入っていたビンならば、酸化鉄などによる発色で本当の褐色ビンでしょう。
要は紫外線を防げると、光による分解反応が抑えられる訳です。

希硝酸程度でしたら、光のあたらない場所であって長期間の保存で無いのならば、
透明なビンでも使えます。
今は、透明ビンと褐色ビンの製造コストが大差ないので、全ての薬品に
褐色ビンを使う傾向があります。

Q塩酸、硝酸、希硫酸

また質問して悪いんですけど、アルミニウムイオン、銀イオンを得るためにそれぞれアルミニウム、銀に酸の水溶液を加えて温める。それからマンガンイオンを得るために炭酸マンガンに酸の水溶液を加えて温める。この3つの反応を行うのに好ましくない酸はそれぞれどれかっていう問題なんですけど。理由付きでどうか教えて下さい!

Aベストアンサー

何回でも『レポート』じゃない限りいいんじゃない?

硝酸がすべて溶解する。だから塩酸と希硫酸が好ましくない酸となる。
理由
Alは不導体を形成しない。(Al2O3が形成する・しかも濃硝酸と濃硫酸のとき)
そのためすべての酸に溶ける

Agイオン化傾向の表を見ながら回答すると
塩酸× 希硫酸×(濃硫酸○熱濃硫酸になるためだが答えが出せなくなる) 希・濃硝酸○


とここまでで答えが出る。答えがなしと選択肢があればそれは高校レベルを超えてるようなきがする。あれば理由追加しなければだめですね・・・

炭酸塩は弱酸だから強酸との反応によりCO2発生よりすべて○と推測できる

と高校レベルの回答にしましたがよろしいですか?後期試験ですか?がんばってください。

Q塩酸酸性、硝酸酸性、硫酸酸性の違い

塩酸酸性、硝酸酸性、硫酸酸性の違いを教えてください。

たとえば、水質分野だと
・ ヘキサン抽出物は塩酸酸性で保存
・ 砒素 前処理を要しないときは塩酸添加で酸性
     前処理を要するときは硝酸添加で酸性    本参考

違いはなんなんでしょうか?
またどうしてその塩酸なり硝酸を選ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

ごく簡単に説明すると、
塩酸:還元性あり(酸化剤と会うと塩素ガスになる)、揮発性あり(後処理の時除去できる)、周囲を酸で侵す可能性あり。銀や水銀と不溶性の塩を作る。
硝酸:希硝酸でも酸化性あり(銅をとかせる希酸は希硝酸だけ)、酸化性に伴い、どんな金属類でも溶解できる(核物質の取り扱いはもっぱら硝酸)、窒素酸化物を発生するのでその注意も必要。
硫酸:熱濃硫酸では酸化性、脱水性を示すが、希硫酸は酸化性も還元性も示さない、しかしアルカリ土など不溶性の塩を作るので、取り扱い順序を間違えると、問題が発生する。揮発性がないため除去が困難、だが周囲を侵す心配がない。
と言った基準で選ばれています。

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Q硝酸銀に塩酸を加えたときの沈殿の計算・・

化学の宿題中ですけど
・・分かりません!!!泣

0.1mol/lの硝酸銀10mlに十分な塩酸を加えると何mgの沈殿が生じるか。

「十分な塩酸」で解けるんですか;
わかる方教えてください。お願いします泣

Aベストアンサー

>「十分な塩酸」で解けるんですか;
解けます。
なぜなら、塩酸を加えればくわえる程、沈殿物が増えるのではないからです。
一定以上の塩酸を加えても沈殿物が増えなくなります。

↑これじゃわからないかな~と思ってたとえを考えました。
我ながら幼稚な例とは思いますが、参考までに^^

男の子と女の子が一人ずつ手をつなぐとします。
男の子5人と女の子はたくさんいます。
男女ペアは何組できますか?

これと同じことですよ。
まずは化学式を書いてみましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報