出産前後の痔にはご注意!

酸化された銅を塩酸に入れると光沢が戻ると思いますが
そのときに起こっている反応を化学式を交えて教えてもらえないでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

塩酸」に関するQ&A: 塩酸と硫酸の判別方法

A 回答 (6件)

masa1000rx さんが回答されている通りです。



 空気中の酸素との反応によって銅は表面が酸化されて,酸化銅の被膜ができます(2Cu + O2 → 2CuO 銅の酸化数が 0 から +2 になるので酸化反応です)。

 この状態のものを塩酸に入れると,masa1000rx さんが回答されている反応が起こって,塩化銅ができ溶解します。この反応をもう少し細かく書くと,CuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2O となります。この時,銅の酸化数は +2 から +2 と変化しないので,この反応は酸化還元反応ではありません。

 一方,金属の銅はイオン化傾向が水素よりも弱いため,水素イオン(H+)に代わってイオン(Cu2+)になる事ができません。

 結果として,金属の銅が表面に現れて光沢が戻ります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
かなり分かってきたような気がするのですが
追加で質問させていただいてよろしいでしょうか?。
 1.CuOはなぜCu2+とO2-にわかれるのでしょうか?。
 2.塩化銅は塩酸に溶けるのですか?。
教えてください。
お願い致します。

お礼日時:2001/02/09 23:19

rei00 です。

お礼拝見しました。お返事が遅くなりましたが,もう問題は解決しましたでしょうか。

>rei00さんはこの分野にとても詳しいので
いえそんな事はありません。むかし高校と大学の教養課程で学んだ事を思い出しつつ,若干の検索結果を元に回答しているだけです。あ,「経験者」っていうのは昔勉強したって事で,銅関係の仕事や研究の経験者ではありません。あしからず。

>甘えるようで申し訳ないのですが再び質問をさせてください。
質問はいくらしていただいてもかまいません。遠慮なさらずに。ただ,私が回答できるとは限りませんので,別質問とされた方が良いかも知れません。

>1.CuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2Oのように反応が起こるのはなぜですか?。このようになった方がエネルギー的に安定するのでしょうか?。
エネルギ-的に安定するといえばそうです。本当の所は私にもよくわかりません。お許し下さい。

>2.[Cu(H2O)6]2+ は錯イオンっていうものですか?。また、[Cu(H2O)5]2+でもなく、[Cu(H2O)7]2+でもなく[Cu(H2O)6]2+の形を取るのはなぜでしょう?。
そうです。錯イオンです。なぜ [Cu(H2O)6]2+ の形を取るかですが,銅イオンの周りには電子対(2個の電子)が入る軌道と呼ばれるものが,6個空の状態であります。ここに電子対が入ったほうが安定になるので,電子対を持ったものが存在すると錯イオンを形成します。

>3.塩素は単にCl-の形で存在しているのですか?。
H3O+ などの+のものが近くにいるかも知れませんが,殆どその影響は考えなくてもよいと思います。

他の関連質問も拝見しましたが,中々勉強熱心な方とお見受けいたします。この際ですから,高校か大学教養程度のレベルから少し勉強されてはいかがですか。今お持ちの疑問点と照らしあわせながら勉強すれば,そんなに難しくありませんよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

rei00さんご回答ありがとうございました。
数回に分けてとても詳しく説明いただいたので
ほぼ理解することができました。
他の質問にも答えていただいて恐縮です。。。

他の質問もそうなのですが
私が今、化学関係の記述を見ていて一番引っかかるのは
「次のように反応が進みます。」と反応式が書かれているのですが
(例えば今回のCuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2O)
なぜその反応式のように反応が進むのかが理解できないことです。
rei00さんのおっしゃるように
高校の化学からやりなおしてみます(ちょっと面白くなってきたので)。
といっても高校ではあまり化学やらなかったのですが。。。
もちろん大学ではやっていません、、、

ちなみに大学教養レベルで良い教科書あったらご紹介いただけませんか?。
よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/02/22 21:27

rei00 です。

お礼拝見しました。
「かなり分かってきたような気がする」との事,回答してよかったです。

>1.CuOはなぜCu2+とO2-にわかれるのでしょうか?。
CuO という一つの分子があって,Cu2+ と O2- に別れるのではありません。CuO は分子式ではなく組成式です。酸化銅という物質の中に Cu2+ イオンと O2- イオンが 1:1 で存在すると言う事を示しているだけです。つまり,Cu と O は元々 Cu2+ と O2- の状態で存在しているわけです。ただ,水に溶けにくいため固体として表面にくっついているわけです。

>2.塩化銅は塩酸に溶けるのですか?。
塩酸に溶けるのではなく,水に溶けるのです。下の回答で「CuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2O」と書きましたが, Cu2+ イオンの周りには水分子が存在して実際は [Cu(H2O)6]2+ の形になっています。この [Cu(H2O)6]2+ の形が酸化銅(CuO)からはできにくく,水に溶けない訳です。しかし,塩化銅(CuCl2)から [Cu(H2O)6]2+ の形が簡単にできるため,塩化銅は水(この場合塩酸)に溶けます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

追加質問にも丁寧に回答していただいて感謝しています。
rei00さんはこの分野にとても詳しいので
甘えるようで申し訳ないのですが再び質問をさせてください。
なにぶん化学の知識がないもので回答をいただくと
その内容についても疑問が出てしてしまいます。。。
 1.CuO + 2HCl → Cu2+ + 2Cl- + H2Oのように反応が起こるのはなぜですか?。
  このようになった方がエネルギー的に安定するのでしょうか?。
 2.[Cu(H2O)6]2+ は錯イオンっていうものですか?。
 また、[Cu(H2O)5]2+でもなく、[Cu(H2O)7]2+でもなく
  [Cu(H2O)6]2+の形を取るのはなぜでしょう?。
 3.塩素は単にCl-の形で存在しているのですか?。
いろいろ質問してすみませんがお願いします。 

お礼日時:2001/02/15 20:14

2Cu+2HCl→H2+2CuCl


ってところですね。 銅が溶け、水素が発生します。

しかし、酸化銅が還元されるわけではなく「銅の表面が一層溶けて綺麗な面が出てくる」というだけの事で、酸化銅やその他の不純物は、ビーカーの底に沈んでいるはずです(あるいは、酸化銅自体でイオン化するのでしょうか? この点については、不勉強で判りません)。
ですから、汚れた銅板が塩酸に漬けたらきれいになるという現象は、銅板表面をヤスリで削って鏡面加工するのと原理的にはかわらない、物理的な現象です。 それ自体を化学式ではあらわせません。

実際の酸化銅の還元については、下のURLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.tamagawa.ac.jp/gakubu/CHUGAKU/micohp/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ただ、銅は塩酸には溶けないようです。。。
イオン化傾向が関係しているみたいですね。

お礼日時:2001/02/09 23:08

 酸化銅は塩酸に溶けますが、銅が普通の条件では塩酸に溶けないため、表面の酸化銅のみが除去され、金属銅の光沢が見えてくるのが原因です。



 このときの 反応は
CuO + 2HCl -> CuCl2 + H2O
ですよね。

 もし、レポートなのだったらなぜ銅が溶けないのかも書いてみれば、評価アップかも知れません。「金借るな、まあ当てにすな、ひどすぎる借金。」って習いませんでしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

徐々に分かってきたような気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/09 23:07

回答といえるかどうかわかりませんが、一例としてハンダ付けの際のフラックスの役目についての解説が下記のURLにあります。

参考になればよいのですが。

参考URL:http://lab.ee.uec.ac.jp/text/soldering/flux.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、ちょっと違うみたいです。
でも、「参考URL」は参考にさせていただきました。

お礼日時:2001/02/09 23:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学の銅と塩酸の反応についてです

一般的には銅はイオン化傾向が小さく、希塩酸と反応して水素は発生しない。といわれていますよね。

ある質問で、塩酸濃度の違いによっては銅と反応して水素ができる。と意見があったのですが、詳しい方、どうか教えてください。

ネットなどで見る限り、わずかに反応はするものの水素が発生することはないようなのですが…

Aベストアンサー

CuO+2HCl→CuCl₂+H₂O
水素はできません。
 また、塩酸に過酸化水素水を少し入れると溶けます。

銅の表面には空気中の酸素と徐々に反応して酸化銅の皮膜が形成されますので、古い十円玉を塩酸につけると緑色の銅イオンが確認できます。

Q塩酸に銅が溶けない訳は何ですか?

塩酸に銅が溶けない訳は何ですか? イオン化傾向が関係しているからですか?

Aベストアンサー

>ひとつは、塩酸が持つ塩化物イオンに反応しないように、不動態が銅の表面にできるためです。
できません。
不動態ができるのは硝酸と鉄、アルミニウムなど、「酸化力のある」酸と特定の金属間に限られます。
塩酸には全く酸化力はないので不動態はできません。

Q酸化銅が酸を使って銅になる・・・?????

こんにちは。質問します。
自由研究で、「十円玉の汚れを取る」というのをしているんですが
酸化銅と炭素を加熱すると銅になる(汚れが取れる)のは知っているんですけど
十円玉(酸化銅)に酸がつくとどうして汚れが取れるんでしょうか?
いろいろ調べたんですが分かりません。
教えてください!

Aベストアンサー

No.2のご回答で、概ね良いかと思います。
しかし、酸に溶けるかどうかに関する議論には注意が必要です。
すなわち、銅は硝酸などの酸化力を持つ酸には溶けます。銅を溶かす際には、酸化できるかどうかということが重要になります。

したがって、銅が酸に溶けないと言うのは塩酸や酢酸などの酸化力のない酸についてのみ当てはまることです。

酸化銅の場合には、銅はすでに酸化されていますので、単体の銅に比べて簡単に溶け、酸化力のない酸であっても溶けてしまうということです。


それと、銅というのは比較的酸化されにくい金属ですので、酸化銅は銅の表面を薄くおおっているに過ぎません。そのために、それが溶けてなくなってしまっても、見た目には、小さくなったのではなく、汚れが取れたように見えるのでしょう。

Q銅イオンにアンモニア水を加えた場合

先日、高校のテキストを読み返していたら銅イオンの反応ところの補足事項に目が留まりました。
銅イオンを含む水溶液に塩基を加えると
Cu^2 + 2OH^→ Cu(OH)2
となることは理解しているのですが、この塩基がアンモニア水である場合では反応が違うと補足されているのです。
何がどう違うのかどうしてもわかりません。
どなたか教えていただきませんか?? 

Aベストアンサー

 その違いというのは、小量のアンモニア水と過剰量のアンモニア水
を加えた際の違いだと思います。

銅イオンは水中で[Cu(H_2O)4]~2+ の水和イオンで青色をしており、
そこに少量のアンモニアや水酸化ナトリウムを加えると水酸化銅(II)
を生成します。 Cu^2+ + 2OH^- → Cu(OH)_2
ちなみにアンモニアは水溶液中で
      NH_3 + H_2O⇔NH^4+ + OH^-
の平衡状態で存在しています。だから上のように反応します。
 
しかし、過剰量では 
Cu(OH)_2+4NH_3→[Cu(NH_3)_4]_2++2OH^-
のように反応してしまい、水酸化銅(II)の沈殿がとけてしまい、テトラアンミン銅(II)イオンの深青色溶液になってしまうことから、その教科書には反応が違うとして記されているのだと思います。
わかりにくい説明で申し訳ありません。 
    

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Qケチャップやソースで10円玉がピカピカになる理由を教えて下さい。

先日、ライフのカテゴリーでお世話になりました。
見なくても、この質問には差し支えないですが・・、参考までに。
http://questionbox.msn.co.jp/qa3237852.html

小銭をピカピカにする方法について質問したところ、ケチャップやソースでピカピカになる、とのことです。
試してみました。

ソースはウスターを使いました。
浸けて一分もしない間に表面に粒々が浮かび、ピカピカの顔を覗かせました。
ケチャップもソースよりは時間がかかりますが、ピカピカになりました。

そこで、どうして?と思いました。

10円玉は銅で出来ていて「Cu」ですよね。
表面のどす黒い色は酸化銅ですか?
酸化銅は錆とは違うのですか?
錆とは青いものをイメージしてしまって、10円玉の表面は錆ではない、と思うのです。

ケチャップとソースに共通するのは、野菜が原料である、ということだと思います。
そして、どちらも少し「酸味」があります。
だから「酸」が10円玉をピカピカにしているのだろうな・・と思います。

ケチャップやソースで試す前には塩素系の漂白剤を使いました。
たぶん、これが失敗だったと思うのです。
酸素系なら成功してたでしょうか?

化学式、というのでしょうか。
そういったものも出来るなら教えて欲しいです。

宜しくお願いします。

先日、ライフのカテゴリーでお世話になりました。
見なくても、この質問には差し支えないですが・・、参考までに。
http://questionbox.msn.co.jp/qa3237852.html

小銭をピカピカにする方法について質問したところ、ケチャップやソースでピカピカになる、とのことです。
試してみました。

ソースはウスターを使いました。
浸けて一分もしない間に表面に粒々が浮かび、ピカピカの顔を覗かせました。
ケチャップもソースよりは時間がかかりますが、ピカピカになりました。

そこで、どうして?と思いま...続きを読む

Aベストアンサー

> 錆とは青いものをイメージしてしまって、10円玉の表面は錆ではない、と思うのです。

錆にも幾つか種類があります。
例えば、鉄では黒錆・赤錆などで、これらは組成が違います。
(鉄と酸素の比から、四酸化三鉄(黒)、三酸化二鉄(赤)などとも
 呼ばれます)

銅の場合も、黒くなる場合と、いわゆる緑青色になる場合が
ありますが、どちらも錆といって差し支えないと思います。
(酸化銅(黒)、塩基性炭酸銅(緑青)など)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E9%9D%92


さて、褐色に錆びた十円玉などがソースなどによって金属
光沢を取り戻したとのことですが、これは、ご想像の通り、
酸によるものです。
ソース・ケチャップなどに含まれる有機酸と、十円玉表面の
酸化銅が反応すると、水に溶けるようになります。
その結果、その下のまだ酸化されていない銅が表面に現れた、
ということです。

この反応は、例えば食酢の酢酸でも起こります。
 CuO + 2 CH3CO2H → Cu(CH3CO2) + H2O

ソースなどには酢酸以外にもいろいろな酸が含まれているはず
ですが、基本的には上の式と同様の反応が起こります。
(「~CO2H」から「H^+」が外れて、代わりに「Cu^2+」が結合)


> 酸素系なら成功してたでしょうか?

いわゆる「漂白剤」と呼ばれるものでは、金属の錆を取り除く
(漂白する)ことはできません。

衣服などの汚れは、主に有機物なので、これらは「酸化」する
ことで色が消えたり、繊維からはがれやすくなったりします。
そのため、「漂白剤」には相手を酸化する薬剤が含まれています。
(その役割をするのが塩素(Cl2)又は次亜塩素酸などの場合が塩素系、
 過酸化水素などの(塩素系以外の)過酸化物の場合が酸素系)

ところが、金属の錆は既に酸化されてしまったもの、いってみれば
酸化によって色がついたようなものなので、これに漂白剤を
つけた場合、まだ錆びていない部分が酸化されて錆になることは
あっても、錆が消えることは(通常は)ありません。
(但し、緑青のように炭酸塩などの分解しやすいものが含まれて
 いる場合は、見た目の色が変わる可能性はあります)

> 錆とは青いものをイメージしてしまって、10円玉の表面は錆ではない、と思うのです。

錆にも幾つか種類があります。
例えば、鉄では黒錆・赤錆などで、これらは組成が違います。
(鉄と酸素の比から、四酸化三鉄(黒)、三酸化二鉄(赤)などとも
 呼ばれます)

銅の場合も、黒くなる場合と、いわゆる緑青色になる場合が
ありますが、どちらも錆といって差し支えないと思います。
(酸化銅(黒)、塩基性炭酸銅(緑青)など)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E9%9D%92


さて、褐色に錆びた十円玉...続きを読む

Q銅は硫酸にになぜ溶けないのですか?

タイトル通りです!!
かんたんでいいのでお願いします。

Aベストアンサー

イオン化傾向もありますが、希硫酸には酸化能力がないからです。
濃硫酸には酸化能力があるので、熱した濃硫酸には銅は溶けます。
硝酸も酸化能力があるので銅を溶かします。
希硫酸でも過酸化水素などの酸化剤を加えれば銅が溶けます。

Qヨウ素とヨウ化カリウム水溶液

高校化学からの質問です。
参考書に、ヨウ素はヨウ化カリウム水溶液に溶けるとあったのですが、どのようにとけているのでしょうか?イオンになって溶けているのではないようなのですが。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず初めに、ヨウ化カリウムを水に溶かすと、K+(カリウムイオン)と、I-(ヨウ化物イオン)に電離します。
  化学式であらわすと、KI⇔K+ + I- となります。
ここにヨウ素を入れると、ヨウ化物イオンと反応して、I3-(三ヨウ化物イオン)となって溶けます。
  化学式であらわすと、I2 + I- ⇔I3-
となります。
 このような仕組みでヨウ素は溶けています。

参考URL
 ・wikipedia ヨウ素 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E7%B4%A0
 ・wikipedia 三ヨウ化物 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E3%83%A8%E3%82%A6%E5%8C%96%E7%89%A9
 ・wikipedia ヨウ化カリウム http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E5%8C%96%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0        

まず初めに、ヨウ化カリウムを水に溶かすと、K+(カリウムイオン)と、I-(ヨウ化物イオン)に電離します。
  化学式であらわすと、KI⇔K+ + I- となります。
ここにヨウ素を入れると、ヨウ化物イオンと反応して、I3-(三ヨウ化物イオン)となって溶けます。
  化学式であらわすと、I2 + I- ⇔I3-
となります。
 このような仕組みでヨウ素は溶けています。

参考URL
 ・wikipedia ヨウ素 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E7%B4%A0
 ・wikipedia 三ヨウ化物 http://ja.wiki...続きを読む

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式

タイトルのとおりなのですが、二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式が
どういうふうになるのかおしえてほしいのです。
硫化水素 H2S→2H+ + S + 2e-
二酸化硫黄 SO2 + 4H+ + 4e- → S + 2H2O
ということまではたぶんあっているとおもうのですが・・・
このあとどうやっていけば酸化還元反応式ができあがるのかが。。。
教えて下さい

Aベストアンサー

そこまでわかっているのなら、後は
e-が消えるように2つの式を足し合わせるだけです。
最初の式を2倍して、2番目の式と足せば、
2H2S + SO2 + 4H+ + 4e- → 4H+ + 2S + 4e- + S + 2H2O
両辺から同じものを消して
2H2S + SO2 → 3S + 2H2O
となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング