小学生や中学生が女子には「さん」男子には「君」を
つけて呼ぶのはなぜですか?
男子、女子にかかわらず「さん」や「君」ををつけて
呼ぶのが普通だと思います。

A 回答 (1件)

多分・・・という憶測程度で申し訳ないんですが。


もともと「君」は目上に対する呼称だったのですが、幕末の頃、志士たちの間で
「君」と「僕」と呼び合う様になったそうです。(「僕」は遜りですね。)

そして維新後、あるものは政治に参加、また若い者たちは学生として近代学問を身に着けていきます。
こうして志士→学生へと「君」と「僕」が移っていったのではないでしょうか。
基本的に志士も学生(当初の)も男の世界でしたから「君」と「僕」は男同士の
呼び方と定着したのでしょう。

「さん」は男女関わらず用いられますよね。
ですから先輩方には男でも「さん」で呼ぶことがあります。
「君」は男同士が同輩若しくは目下に対して用いられてきた。
それが男女共学の時代となり女子生徒も男子生徒を皆が(それまでの)呼ぶように「君」を用いるようになったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。参考にします。

お礼日時:2001/10/19 23:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報