1.自分が運転して、いつもサークル活動に参加しているのですが、帰りは車で来なかった人を最寄駅まで送っていくのが当たり前のようになっています。しかし、私の家族から、人を乗せて怪我をさせたら取り返しがつかないので、人を乗せるのを反対されています。仲間に「乗せてくれないなんてケチねー」、みたいに思われずに乗せないで済むにはどうしたらいいでしょうか。
2.万が一乗せて、同乗者に怪我を負わせた場合、どのような責任を負うのでしょうか?
3.同乗者がアメリカ人(短期日本に旅行中の方)だった場合、どうなるのでしょうか?

A 回答 (6件)

>仲間に「乗せてくれないなんてケチねー」、みたいに思われずに乗せないで済むにはどうしたらいいでしょうか



 サークル帰りの車でも、人気のある車(定員一杯)とない車(誰も乗ろうとしない)がありますよね。
 幸いにして、president21さんは前者の方のようですので、中々難しいですね。

 定員の少ない車(ツーシーター) or 軽自動車(後部座席の狭いやつ) にして物理的に「乗れない」か、「乗りたくない」車にするしかないような気が・・・。

 比較的収容能力の高い車を乗っているのであれば、「乗車拒否」は現実問題不可能でしょう。(人間関係を損なう)

ということで、

(1)事故の加害者にならないように真剣運転。
(2)十分な金額の搭乗者保険をかける

 しかないでしょうね。(1)は当然として、現実的には保険でしょうね。そもそも保険はそうしたときに備えるものですし。
    • good
    • 0

法律上の問題など皆さん適切な回答を寄せられていると思いますので省きますが、



車の運転免許(一種の場合)というのは「車を運転しても良い」というものと考えてはいかがでしょうか?
人を乗せても良い免許は二種免許、だからタクシー・バスなどお金をもらえる。(^0^)


当然ながら人を乗せる場合、乗せる方も乗る方も、もしもの事故の場合を考えてしかるべきだと思います。

私は二種免許を持っていますが、家族以外の人を乗せる機会が出来たため、任意保険にそれまで付けていなかった搭乗者保証を追加しました。
    • good
    • 0

 そういうのって、日常的にありますよね。

途中で、乗せてあげるとかって。

 1について、「あなたの車に乗せていただいて、万が一事故によって私がケガなどの損害を受けても、私は一切運転手であるあなたに損害賠償を請求いたしません。」というような書類に署名していただいてから乗ってもらう・・・・としたら、誰も乗ってくれないし友達が少なくなるでしょう?? 乗せる側も、乗せてもらう側も「事故は無い」ことを前提にしていますし、「まさかこの車が事故になんて・・・」という認識でしょう。
 サークル活動でしたら、乗せてあげる人はある程度特定されるでしょうから、何かの折に、「もし、事故にあった場合は好意同乗者という制度があって、互いに好意で乗せた、乗せてもらったの関係の場合は、普通の事故よりも補償額が少なくなるってことを理解していてね。」程度を伝えておけば良いのではないでしょうか。

 2について、同乗者がケガをした場合は、同乗者に対して民法上の損害賠償責任が発生します。単独事故の場合は、運転手が同乗者の治療費・通院交通費・慰謝料・休業補償などの、事故による損失や負担増の部分についての賠償責任があります。又、他の車も関係する場合は、相手の車と自分の車との過失割合に応じて、同乗者にも損害賠償責任が発生します。その他、道路交通法、傷害罪などは、運転手自身が問われるものです。

 3について、外国人であっても2と同様の責任が発生します。国内法が適用されます。
    • good
    • 0

 このような相手を法律上は「好意同乗者」といっています。

「好意同乗者」に対する民事上の損害賠償責任については、一律に定率(20%程度)減額するとか、慰謝料部分について減額するとか、一般的に通常の場合より、減額されます。ですから、万が一事故が起こっても、十分な賠償をしてあげられないよぐらいはいってもいいかと思います。外国人であっても同じことです(日本法で処理されます)。下記URL参照。

参考URL:http://www.nextlink.ne.jp/info/databank/cat9/dat …
    • good
    • 0

さきほどの回答#1のなかに間違いがありました…、訂正いたします。



4つの責任
(1)民事上…
(2)刑事上…
(3)道義上…
(4)「行政罰」でした、すいません…

民事上→損害賠償(治療費・慰謝料・休業補償、その他)
刑事上→業務上過失致傷・道交法違反、等々…(こちらになります)
道義上→社会の信用、地位の失墜、等々…
行政罰→免許停止・取り消し・違反点数加算、等々…

お詫びいたします…。
    • good
    • 0

>1.自分が運転して、いつもサークル活動に…



どうしても車で行かなければならないのでしょうか?
他の方が車で来ないのなら、ご自身も電車を利用されたほうがいいのでは…。
どうしても乗せたくないのなら「ごめん、本当は方向が違うんだ」と言ってごまかす?

>2.万が一乗せて、同乗者に怪我を負わせた場合…

たとえ相手が「同乗者」でも「歩行者」でも、人身事故は人身事故です、
当然、運転者であるあなたには「4つの責任」を取らなければなりません。

(1)民事上の責任
(2)刑事上の責任
(3)道義上の責任
(4)道交法上の責任

相手が怪我をした場合は、治療費・慰謝料・休業損害等々、相当の賠償をしなければなりません、

が、相手が同乗者の場合「好意同乗」と言って、慰謝料のみは減額される場合があります。

>3.同乗者がアメリカ人(短期日本に旅行中の方)だった場合…

人身事故の場合は、相手の国籍は関係ありません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑法の『者』の読み方

大学の刑法の授業で、例えば「人を殺したる者は…、」という条文の『者』は、人ではなく行為を意味するものだから、「もの」ではなく「しゃ」と読む、と学者は言っていたのですが、
ほんとうにその読み方でいいのですか?
常識はずれで不自然な読み方だと思うのですが。

Aベストアンサー

法律上は規定なし。
法学上(講学上)通説や多数説、有力説か如何かは知らないが、社会科学に絶対的正解など存在しないので其の学者の支持する説はそうであると言う事です。

Q自動車事故を起こし同乗の家族が怪我で、犯罪になるか

息子(未成年)が自動車事故を起こし、同乗していた義母が救急車で運ばれたのですが、その時の事故処理の交通指導課の人が、息子に対して、おばあさんのけがの状況によっては、犯罪者になるんだからな と言いました。免許を持ってるってことはそういうことなんだから というようなことを。
警察官は、責任を持って運転をしなさい、反省しなさい というようなことを言いたかったのだと思うのですが、事故を起こした本人もショックを受けている時に、そんなことを言うなんて、ひどいと思いました。

1度ではなく、程なくまた別の場所にでも同じことを繰り返し息子本人に言ったので、
私が、その警察官に「おばあさんの状況がはっきりしないのに、状況によってはなんて言わないでください」というようなことを言ったなら、
「孫がやったことだから、痛くても大丈夫大丈夫って言うかもしれないしな」と態度を変えました。

私は、この警察官の先の発言が適切ではない、むしろ、精神的にダメージを受けている未成年にしてはならないことではないかと思い、この警察官に反省をさせ、謝罪をさせる、あるいは罰則を与えることができないか、教えいただきたくお願いします。

義母は、CTやレントゲン検査では異常がなく、頭の裂傷を縫っただけで、痛みどめと体の湿布を出されて帰されました。

息子(未成年)が自動車事故を起こし、同乗していた義母が救急車で運ばれたのですが、その時の事故処理の交通指導課の人が、息子に対して、おばあさんのけがの状況によっては、犯罪者になるんだからな と言いました。免許を持ってるってことはそういうことなんだから というようなことを。
警察官は、責任を持って運転をしなさい、反省しなさい というようなことを言いたかったのだと思うのですが、事故を起こした本人もショックを受けている時に、そんなことを言うなんて、ひどいと思いました。

1度ではなく...続きを読む

Aベストアンサー

事故状況が書かれていないので、色々言われれる方はいますが、検察官の言葉は不適切と言えると思います、まず自爆自己なのか?車同士なら、息子さんが全責任を負う状況かは裁判所が下すもので、警察官が下すものではないという事です、仮に自爆自己でも、子供の飛び出し、車の信号無視を回避しての事故などもあります、この場合も必ずしも、運転者が犯罪者となるとは限りません(特に信号無視の回避による事故は、信号無視をした車が悪い訳です、ただ接触していない場合捕まる率は低いですが)。
刑を確定する所は裁判所であって、それにより犯罪者となった場合は仕方ないですが、状況も把握しきっていない現場のいち警官が、言って良い言葉ではないと思います。
とは言え、その時の会話が録音されていれば、検察に訴える事も可能ですが、身内の聞いただけの話だと、証拠性が低いので、どうにもならないのも事実です。
警察官が言う事がまれにあるとしたら、病院から死亡の通知が来た時くらいでしょう。

本来回答を書くつもりは無かったのですが、ここでの回答者さんが、全く事故状況が判らないにも関わらず、法律を、印籠代わりに質問者を責めるような回答をしているので、それは違うだろうと思い回答をしました。

事故状況が書かれていないので、色々言われれる方はいますが、検察官の言葉は不適切と言えると思います、まず自爆自己なのか?車同士なら、息子さんが全責任を負う状況かは裁判所が下すもので、警察官が下すものではないという事です、仮に自爆自己でも、子供の飛び出し、車の信号無視を回避しての事故などもあります、この場合も必ずしも、運転者が犯罪者となるとは限りません(特に信号無視の回避による事故は、信号無視をした車が悪い訳です、ただ接触していない場合捕まる率は低いですが)。
刑を確定する所は...続きを読む

Q松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

Aベストアンサー

#1です。詳細が揃いましたので、改めて回答します。

名前の読み方は、
『バマザキ フタオ』
さんでした。

出典は、

タイトル:松川15年・真実の勝利の為に
出版社:労働旬報社
出版年数:昭和39年8月
読み仮名記載ページ:44ページ

【補足】

1,現在、労働旬報社は「旬報社」に改称
2,上記の本は現在絶版ですが、復刻版として事件50年目に復刻。しかし流通してない為、現物がご希望の場合には松川事件研究の福島大学・伊部(イベ)教授までお問い合わせ下さい。

イベ先生の連絡先電話番号は、このサイトの性質上ここに記載出来ませんのでご理解下さい。

大変申し訳ありませんでした、頑張って下さい。

Q交通事故、同乗者の身内が怪我を、人身事故扱いにするべきか。

先日母が交通事故を起こしました。事故を起こしてからまだ数日しか経っていません。
ちなみに母は今まで事故を起こしたことがなくゴールド免許でした。
相手はいませんが、ガードレールに車の左側が衝突する自損事故で、身内の同乗者(祖母)が腹部を打ち入院手術する怪我をしてしまいました。
怪我は小腸に穴が開き腹膜炎を起こしたためにその穴を塞ぐ手術をしました。
高齢(80歳以上)のために回復が遅いことが予想されますが、順調に回復には向かっています。そのほかに首と腰に打ち身があるようです。
しかし交通事故以前より年齢と共に足腰が弱っており、この事故での入院生活をきっかけに歩けなくなるような予感もあります。
ちなみに入院費は健康保険の適応で高齢者なので一割負担との事です。細かい金額は忘れましたが「一ヶ月4万~5万+食費で、最高でもそれ以上にはならない」と病院からは説明を受けたそうです。(この病院からの説明というのは私が直接聞いたわけではないのであいまいな部分もあるのですが…)

現時点では警察では被害者が身内(運転者の実の母)ということもあり物損事故扱いにしてくれています。
しかし任意保険を適用するためには警察に診断書を提出し人身事故扱いにしなければなりません。
人身事故になった場合、運転していた母は当然のごとく刑事処分(罰金もしくは状況によっては懲役や禁固刑などの刑事処分)と行政処分(免許停止・取り消しなど)が課せられることになります。
もちろん被害にあった祖母は運転者である実の娘(私の母)に対して損害賠償や重い刑事罰などを望むようなことは絶対にありませんので「重い刑事罰にはならないのではないか」と思っています。しかしその一方で「ある程度重い罰金刑になってしまったら」という不安も正直あります。

そこで人身事故として祖母の治療費を任意保険で賄うべきか、それとも人身事故扱いにしないで治療費を自費で支払っていくべきなのか判断に困っています。
任意保険の担当者の方からは手続きを急ぐようにいわれています。(ちなみに保険の担当者の方にアドバイスを求めたところ「保険を使ったほうがいいのでは」と言われたそうです。)
私は母に重い刑事処分・行政処分が課せられるのであれば人身事故扱いにはしないで入院費は自腹で支払ったほうがいいし、刑事処分・行政処分が軽く且つ入院費が高額になる場合は人身事故にして任意保険を使うべきだと思っています。
祖母のことはたいへん心配しておりますが、私としては事故を起こしてしまった母が金銭的にも精神的にも負担がかからない選択肢を選べるように助けてあげたいと思っています。

そこで質問なのですが、このようなケースの場合、刑事処分・行政処分の罪はどの程度のものになりそうでしょうか?人身事故扱いにするべきか、それとも物損事故にして治療費は自己負担するべきなのでしょうか?

判断材料が少ないかもしれませんが何卒アドバイスのほうよろしくお願いします。

先日母が交通事故を起こしました。事故を起こしてからまだ数日しか経っていません。
ちなみに母は今まで事故を起こしたことがなくゴールド免許でした。
相手はいませんが、ガードレールに車の左側が衝突する自損事故で、身内の同乗者(祖母)が腹部を打ち入院手術する怪我をしてしまいました。
怪我は小腸に穴が開き腹膜炎を起こしたためにその穴を塞ぐ手術をしました。
高齢(80歳以上)のために回復が遅いことが予想されますが、順調に回復には向かっています。そのほかに首と腰に打ち身があるようです。
...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故になります。

ただし同乗者は「好意同乗者」ですから、刑事処分と行政処分は相当に軽減されます。

刑事罰行政罰を受けたくないばかりに、人身事故扱いにしないと治療費を自分が負担しなくてはならないため、とてつもない金額になる可能性があります。

保険に入ってるのでしたら、そういう「お馬鹿な選択」はやめましょう。

Q「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えて!

「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

さっき実家の祖母に電話して聞いたところ、「ひらかわ・なみりゅう」さんとのことです。
ちなみにこちらでも調べましたのでご参考に。1928年10月10日の神奈川県生まれの方だそうです。

Q単独事故で同乗者に怪我をさせた場合どうなる?

単独事故を起こしました。自分を含め同乗者が1名おり、二人とも重傷扱いになりました。自動車保険によりお金が支払われているため、同乗者も責任は問わないと言ってくれているのですが、警察では、同乗者が怪我をしているので人身事故になると言われ、安全運転義務違反(重傷事故)になるとの事で11点の減点となりました。この他、罰則金等の処罰はいくらぐらいになるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

人身事故の罰金というのは刑法の自動車運転過失傷害罪の適用になります。
これは自動車を運転していて、過失により他人を怪我させた場合に適用になる罪であり、刑法上の他人とは自分以外のものですから、同乗者が誰であれ処罰は同じです。

ただし、怪我をした被害者が減刑の嘆願書を提出すれば刑が減じられる可能性はあります。

Q「支払者」読み方についてご教授ください。

お世話になります。日本語の学生の純です。

下記言葉どう読みますか。
「支払者」しはらいしゃですかしはらいものですか。
もし両方の読み方正しいなら、どの場合どう読めば良いか教えていただけますか。

よろしくお願いします。
学生 純

Aベストアンサー

こんばんは。

「しはらいしゃ」です。

「者」を「もの」と読む言葉はたくさんあります。
A「しゃ」と読むのが正しい言葉
B「もの」と読みのが正しい言葉

Bのパターンは、その人を見下げている場合が多いです。
(「働き者」(はたらきもの)のように、良い意味で使う場合もありますが。)

ご参考に。

Q相手の急な車線変更に伴う急ブレーキによる同乗者の怪我

相手の急な車線変更に伴う急ブレーキによる同乗者の怪我

片側3列の一般道路の真ん中を走行中に、相手の方が急に右側の車線から当方の車線に入ってきて、しかも
一番左側の車線に寄っていくようにして停止したため、(一番左側の車線はパーキングメータが設置しており、いわば二重縦列駐車のような状態になった)衝突回避のため慌てて急ブレーキを踏み。寸前で停止した
ものの、後列中央に座っていた子供が「飛んでくる」形で前列中央のインパネに顔を強打して、顔を怪我
してしまいました。

私のほうも子供にシートベルトをさせていなかったという落ち度はあるのですが、あまりにも急で非常識な
車線変更だったので、相手側になんらかの補償を求めることができないものかと考えております。
(相手側も車線変更の急さに関して認めていた)
先方の車のナンバー等は確認しているのですけれども、何から対応というのは可能なものなのでしょうか?
お教えいただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

>先方の車のナンバー等は確認しているのですけれども、何から対応というのは可能なものなのでしょうか?
 
相手に賠償責任を認めさせるのも可能ですが、その場合、人身事故にしなければならず、人身事故にした場合は「質問者さんが、人身事故の刑事処分・行政処分を受けることになる」のでご注意を(事故の扱いとしては「単独事故で同乗者が怪我をした場合」に該当し、同乗者の怪我の責任は運転者が負う事になるので)
 
なお、処分の内容は、以下の通り
シートベルト装着義務違反(※):1点
事故の程度:専ら以外の原因、治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故
人身付加点数:2点
刑事処分の相場:罰金刑120000~150000円
注:子供が6歳未満の場合は「チャイルドシート装着義務違反」となる。
 
そういう訳で、相手からお金を取れたとしても、自分が国家に最低12万を払わされる事になります。
 
「相手から自分が払う罰金以上の金が取れる」と言う確証が無い限り、人身事故にしない方がお得です。
 
また、警察で事故調書を取れば、
 
・子供が6歳以上の時
道路交通法第71条の3第2項
自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転席以外の乗車装置(中略)に乗車させて自動車を運転してはならない。
 
・子供が6歳未満の時
道路道交法第71条の3第4項
自動車の運転者は、幼児用補助装置(いわゆるチャイルドシート)を使用しない6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。
 
のどちらかに違反したのが明白になり、行政処分(違反点数1点)の対象になります。
 
もし、ゴールド免許所有者であれば、ゴールドが消えますし、相手に責任を認めさせてもメリットよりデメリットの方が遥かに多く、どう考えても損をします。

>先方の車のナンバー等は確認しているのですけれども、何から対応というのは可能なものなのでしょうか?
 
相手に賠償責任を認めさせるのも可能ですが、その場合、人身事故にしなければならず、人身事故にした場合は「質問者さんが、人身事故の刑事処分・行政処分を受けることになる」のでご注意を(事故の扱いとしては「単独事故で同乗者が怪我をした場合」に該当し、同乗者の怪我の責任は運転者が負う事になるので)
 
なお、処分の内容は、以下の通り
シートベルト装着義務違反(※):1点
事故の程度:専ら以...続きを読む

Q被保険者の読み方

被保険者の読み方は、「ひほけんじゃ」ですか?「ひほけんしゃ」ですか?
また、介護保険での被保険者証は、「ひほけんじゃしょう」ですか?「ひほけんしゃしょう」ですか?

Aベストアンサー

追記から

介護も国保も後期高齢者医療保険も
全て「保険者」です。
読みは「ほけんしゃ」です。

Q娘が顔に怪我を負い・・・困ってます!

7月29日に娘がブランコに乗っていました。ブランコは二人乗りしていたんですが、其処にサッカーボールを持って男の子が娘に目がけて2回ボールを投げてきてバランスを崩し・・・ブランコから落ちてしまいました。顔をから落ちて・・・3針縫う怪我を負いました。
ボールを投げた子供とブランコを二人乗りして乗っていた子は兄弟で・・・娘がブランコから降りたいといっても降ろしてもらえずこのような怪我になりました。サッカーボールも娘に目がけて投げています。

今は、3針縫った怪我の他に唇の下に・・・火傷のようにケロイド上の傷が残り形成外科に通ってます。

3カ月間私も相手の誠意を見定めてましたが、怪我を負わせた日に子供に謝りに来ただけ・・・後はこちらが形成外科に行く承諾をとるために呼び出した時に子供と奥さんが来ただけです。
3針縫った治療費も私たちが請求して一ヵ月後に支払に来ました。

このような状態で3ヶ月が経ち・・・今回形成外科の診察をして・・・ようやく手術が出来る様になり医師からの説明を受けて・・・一回の手術では治らない・・・と言われ治療費も高額なので説明をしたところ・・・全くの無反応でしたから・・・治療費の事が不安に成り呼び出した所・・・生活が大変だから払えないから考えて欲しいと言ってきました。しかし、この3月間何も誠意も見せませんし・生活が苦しいと話してる態度も開き直ってる状態です。御夫婦で働いていて、持ち家です!

私たちも、慰謝料の事は請求してません・・・治療費と交通費を払って欲しいと念書を申し出てもハンコは押せない・・・念書の様に支払いは出来ないの一方的な話しで・・・加害者がどちらか判りません?

このような方にはどの様に対応すべきか・・・専門的な事や・・・慰謝料もどの位い請求できるのか?
女の子の顔です・・・将来の事を考えるとキチンと治してあげたいと思います!

7月29日に娘がブランコに乗っていました。ブランコは二人乗りしていたんですが、其処にサッカーボールを持って男の子が娘に目がけて2回ボールを投げてきてバランスを崩し・・・ブランコから落ちてしまいました。顔をから落ちて・・・3針縫う怪我を負いました。
ボールを投げた子供とブランコを二人乗りして乗っていた子は兄弟で・・・娘がブランコから降りたいといっても降ろしてもらえずこのような怪我になりました。サッカーボールも娘に目がけて投げています。

今は、3針縫った怪我の他に唇の下に・...続きを読む

Aベストアンサー

「生活が大変だから払えない」という言葉が出るような相手なら、当事者同士で話をしてもこじれるだけです。早い段階で弁護士を通すべき事案だと思います。

ケロイド状の傷というのが真性ケロイドなのか、肥厚性瘢痕なのか、あるいはキズが治る段階でのただの瘢痕なのか、文面だけではわかりませんが、どんなに治療費をかけても「治せない傷」というものもあります。
少なくとも、何回も手術が必要、治療費が高額になる、ということがわかっているようですが、場合によっては一生ものの傷が顔に残るかもしれない、治療も数十年がかりの長いものになるかもしれない、という可能性を考えて対処してください。

女の子の顔にケロイドが残るような傷は重い障害として認定されます。
相手方に請求する金額は、
・長年にわたる治療費、通院にかかる費用
・後遺障害による遺失利益
これだけで1千万を下回ることはないと思います。
さらに慰謝料を載せて、請求額は相当な金額になることが予想されます。
一回の手術費用を出し渋る相手を素人が説得できるわけがありません。
おそらく調停に持ち込んでも説得できませんから、払わざるを得ない状況になるように法の力で強制するわけです。

怪我をさせた経緯については相手方も認めているようですし、怪我の程度は医師に診断書を書いてもらえばいいので、事実関係で争う部分はあまりなさそうです。
争うのは金額の部分ですね。
相手方が事実を否認(やったのはうちの子じゃなかったと言い出すとか)しない限り、裁判としては比較的あっさり終わるケースだと感じます。
判決が出ても「お金がないから払えない」と言い続ける人はいますが、持ち家がある相手でしたら強制執行もできますし、今回のケースで質問者さんが損をしたり、空振りに終わる心配はないでしょう。

まず、なるべく早く弁護士に相談すること。
今の段階では双方とも、何を言ってよくて、何を言ってはいけないのかわかってないと思います。
感情から出た言葉が後々不利な証拠として持ちいられることも多いので、当事者相手に余計なことを言わないように気を付けてください。
逆に、相手も余計な事をたくさん言っているので、録音するなどしてなるべく証拠を残しておくといいです。

請求額のうち、大きいのは後遺障害による遺失利益ですが、これは障害の程度と年齢などから客観的に一定の額が算出されます。
慰謝料は最終的には大した金額になりませんが、慰謝料の額というのは決まった相場があるわけではないので、請求時には心理的効果を狙って高額を吹っかけることもあります。
どちらにしても、素人が考えて良い結果が出るものとは思えませんので、弁護士に依頼してください。

怪我の方も気になりますが、法律カテですので、法律面からのアドバイスに留めておきます。

「生活が大変だから払えない」という言葉が出るような相手なら、当事者同士で話をしてもこじれるだけです。早い段階で弁護士を通すべき事案だと思います。

ケロイド状の傷というのが真性ケロイドなのか、肥厚性瘢痕なのか、あるいはキズが治る段階でのただの瘢痕なのか、文面だけではわかりませんが、どんなに治療費をかけても「治せない傷」というものもあります。
少なくとも、何回も手術が必要、治療費が高額になる、ということがわかっているようですが、場合によっては一生ものの傷が顔に残るかもしれな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング