日本習字をなさっていて教授免許状をもっている方に質問です。

小学生や中学生に習字を教えたい場合、漢字の部・かなの部(硬質)
共に五段以上の資格が必要なのでしょうか?
それと、教室を開く上での条件と言うものはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.2です。


No.5さんの回答は全くその通りだと思いしゃしゃり出てきました。

>しかし、現実的には無謀だし、生徒さんに対しても指導力不足になって失礼になると私は思います・・・5段取得以上は必要だと思います

永年続けてきた子供はたとえ中学生でも相当な実力があります。
先にも書きましたが、息子は中2で成人部1級ですが、中にはもっと上手い子供もいます。
新しく教室を開かれたとしても、他の教室に通っていたお子さんが引っ越して来られる場合もあるわけで。中には息子と同じように特待生として成人部の段位を取得している可能性もあります。
それを考えるとやはり高段位を取得しておく方が良いですね。

また、
>特に子供さんへの指導は習字指導に加え、情操教育の使命もありますから常に真摯な姿勢で幅広い分野の自己研鑽に励む事も大切かと思います

これも本当に重要なことで、実際息子の指導者は人間的にも素晴らしい方で安心して任せることが出来ます。
「そういう方だからその教室を選んだ」と言っても過言ではありません。
個人的にはどこまでいっても人間性を重視します(良い人にしか素晴らしい字は書けないと思っています)ので、腕前は息子を指導しながら徐々に上げていってもらっても、それはそれで構わないのですが、初めから双方兼ね備えているに越したことはありませんよね。
ただ、オリンピック金メダル獲得選手のコーチが皆金メダルを獲得しているわけではありませんから、指導力と実力は微妙に作用するのもであると認識しています。

ちなみに日本習字の場合は、同じ段位であっても認定基準がイマイチ曖昧な部分が有ります。というのは、「あれ?これでもOK?」というような・・・。No.5さんの参考URLにある作品紹介ページを見ていても、正直あまり上手いとは思えないのですが、それでも観峰賞が取れていたりします。
段位の認定にも正直ばらつきがあると、以前から疑問を感じていますね。
息子は生徒部8段位の認定試験の際、絶対不合格だと思えたお友達(実際あまり・・・なんです)が一緒に合格していた事に疑問を抱いていました。
多分ある程度は継続年数も合否に左右するのかと感じています。

とある大手の書き方教室の講師など、さほど上手くないにもかかわらず、大勢の子ども達が入会しているところを見ると、講師に対して『完璧な腕前』を求める保護者はそう多くは無いように思えます。
上手いだけでも子供達はついてきません。

私は一保護者の立場として、思いやりと向上心のある講師が一番だと考えています。

どこまでいっても商売ですから、ニーズを把握するところから始めて見られてはいかがでしょうか?
色々な書道教室に見学に行ってみるのも良いかもしれませんね。

子ども達が笑顔で「こんにちは~」と入ってくるような、楽しい教室を開講できますように・・・成功をお祈りいたします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事遅くなりすみませんでした。

皆さんの回答を見せていただきよくわかりました。
今後、ちゃんと教えれるように毛筆・ペン共に上段を目指して頑張って行きたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/05 08:44

日本習字の場合は、取得段位によって指導できる対象者の範囲が決められております。



<成人の「毛筆漢字部」において(18歳以上に限定)>


・初段取得で初等師範免許→小学生以下への指導が許されます。

・二段取得で中等師範免許→中学生以下への指導が許されます。

・三段取得で高等師範免許→高校生以下及び一般成人への(二段まで)指導が許されます。

・四段取得で正師範免許→一般成人(三段まで)への指導が許されます。

・五段取得で教授免許→一般成人すべてへの高度な指導が許されます。

 注意:基本は「毛筆漢字部」ですが、
 成人に「毛筆かな部」を指導する場合は、当然ながら「毛筆かな部」の段位取得も必要です・
 同様に、成人に「ペン部」を指導する場合に於いては「ペン部」の段位取得も必要になります。

中学生以下に限定して習字を教えたいのでしたら、
最低条件としては、成人の「漢字部」の2段以上を取得していれば教室を開く事は可能です。
しかし、現実的には無謀だし、生徒さんに対しても指導力不足になって失礼になると私は思います。
指導される側の小学生の親御さんにとっても習字教室の先生は子供への習字教育全般を託す先生になるわけですから、ちゃんとした日本習字の教室を開こうとすれば、
「漢字部」「かな部」「ペン部」のそれぞれに5段取得以上は必要だと思います。

特に子供さんへの指導は習字指導に加え、情操教育の使命もありますから常に真摯な姿勢で幅広い分野の自己研鑽に励む事も大切かと思います。
(習字に関係ないような子供の素朴な質問にも答えてあげる必要もありますから・・・)

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~megu2/
    • good
    • 4

1.小 中 を指導の場合。

全て二段~三段取得して いれば、大丈夫です。

2.教室を開く条件は、簡単です。人数分の部屋と、 机/(椅子か座布団)があればいいです。

3.人数が多くなったら、時間をずらしてください。

4.私の場合は、硯は(重いから安いのを用意た。)  文鎮も(重いから安いのを用意した。)下敷きも  用意した。(しわしわにするからw)最初は人数  分だけ用意すればいいでしょう。

5.後は学び方に従って、準備してください。

※ 余計なことですが、机等は中古品屋を当たってみ たらいいとおもいます。

 成功を祈ります。 
    • good
    • 3

かつて習い、5段で教授資格を取って退きました。



成人部初段合格者
初等師範免許状・・・幼児・小学生への実技指導力を有することを証明するもの

成人部二段合格者
中等師範免許状・・・中学生への実技指導力を有することを証明するもの

成人部三段合格者
高等師範免許状・・・高校生・一般成人(二段まで)への実技指導力を有することを証明するもの

成人部四段合格者
正師範免許状・・・一般成人(三段まで)への実技指導力を有することを証明するもの

成人部五段合格者
教授免許状・・・・一般成人すべてへの高度な実技指導力を有することを証明するもの

です。
教室は5段を持っていれば開業はできるはずです。
    • good
    • 2

中学生の息子が成人部1級(生徒部8段位取得済み特待生)の者です。



下記HPをご覧になるとお分かりいただけると思いますが、中学生までの指導なら成人部2段(中等師範)に合格すればよい筈です。

うちの指導者は漢字、かな共に5段以上です。
どちらかだけの開講も可能かもしれませんが、指導を受ける側の保護者としては、毛筆が達者でもペン字が下手だと正直不安になりますね。
特に小中学生の指導となると硬筆も大切な要素ですし、お手本も両方一緒になっていたはずです。
色々見て回りましたが、小中学生対象の書道教室の場合は毛筆だけを指導するところは少ないですね。
なのでやはり両方2段位まで取得されておく方が良いのではないかと思います。

HPの中にお問い合わせ欄がありますので、そちらから質問されると確実ですね。

参考URL:http://www.nihon-shuji.or.jp/open/features/index …
    • good
    • 4

教える場合、教える人にはあるレベル以上の書写の能力が必要ですが、貴方にはそれがありますか?


五段以上とはどこの書道協会(乃至それに類するもの)の資格でしょうか?
教える場合何を手本として教えますか?
資格はないはずですので、生徒さんに正しい字を教えて頂いたら良いと思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q習字のお手本

小学校4年生の夏休みの宿題なんですが、習字で「市民」または「新市」を
書いてきなさいと...

お手本もない状態ではとんでもないものが出来上がりそうで...
かといってお手本を書けるような知り合いもいません。

親馬鹿であることは十分承知しておりますが、お手本となるような書籍また
はHPに心当たりはないでしょうか?

Aベストアンサー

word等の文章作成ソフトを使い、特大の楷書体フォントで印刷する、という方法ではどうでしょうか。
子供に作ってあげたところ、手本として十分に利用できたようです。

Q習字教室は、級や段がとれたほうがよいのでしょうか?

大人ですが、習字教室に入ろうと思います

2つの教室のどちらがいいのか迷っています。以前、2つの教室に入っていました。

1つめは、級や段はくれません。習字教室に入っていたときは、級や段をもらえたらなあと思っていました。週1で、三年くらい通いました。女の先生です。

2つめの教室は、級や段はくれます。しかし、2年間、週1にかよって、4級だったと思います。男の先生です。しかし、級や段をうけなくても、当時 1ヶ月 または、三ヶ月ごとに、月謝のほかに、さらに5000円の会費がいりました。男の先生です。

どちらの教室も、習字が、そううまくなるということはなかったです。

そこで、お尋ねします。
今回、習字教室にまた入るとすると、どちらの教室の方がよいでしょうか??
級や段は、とれればこしたことないですが、……。さりとて、お金もかかります

どちらの教室も週1です。うまくなる見込みは、そうないですし。
しかし、勉強の秋です。なんとかがんばろうと思います。週1の習字では、全くうまくならないのも「自分に腹立たしいです」

教えてください。よろしくお願い致します。

下記のホームページで、級や段があることはよいことを学びました。
未だに迷っています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3313860.html

水曜日が女の先生の習字教室です
金曜日が男の先生の習字教室です

早く決めないと思っています。

大人ですが、習字教室に入ろうと思います

2つの教室のどちらがいいのか迷っています。以前、2つの教室に入っていました。

1つめは、級や段はくれません。習字教室に入っていたときは、級や段をもらえたらなあと思っていました。週1で、三年くらい通いました。女の先生です。

2つめの教室は、級や段はくれます。しかし、2年間、週1にかよって、4級だったと思います。男の先生です。しかし、級や段をうけなくても、当時 1ヶ月 または、三ヶ月ごとに、月謝のほかに、さらに5000円の会費がいりました。男...続きを読む

Aベストアンサー

 tadasi1さんあなたの質問は無かった事にして私の言葉を聞いて行動してください。級も段位等の資格も取得出来ないのであれば励みにもならないし、人に指導も出来ません。

 一般的には、入会金と月謝と資格認定料(賞状)だけです。最近はこの外に名目をつけて徴収しますが、よく調べて入会ください。それぞれの教室・学校によって多少金額が違うだけです。

(1) 大人は18歳以上です。
(2) 最初は級=8級~1級。毛筆・ペン。
(3) 準初段~五段(毛筆・ペン)六段・七段・八段は試験制度(毛筆)
(4) 場所によって多少違いますが、四段以上を正師範としています。この外に、允可がつけばそれなりの試験等を受けて称号がもらる。
(5) かな(変体かな)書道級・段は別になります。
(6) 暮らしの書も(5)に同じ。

 あなた指定のURLは見ていませんが、3年以上習えば子供を指導できます。5年以上習って師範になれば大人を指導できます。誤解をしてほしくないのは何処でも同じでないことです。多少のづれはあるが内容は同じです。どうぞ頑張ってください。       翠     峰

 tadasi1さんあなたの質問は無かった事にして私の言葉を聞いて行動してください。級も段位等の資格も取得出来ないのであれば励みにもならないし、人に指導も出来ません。

 一般的には、入会金と月謝と資格認定料(賞状)だけです。最近はこの外に名目をつけて徴収しますが、よく調べて入会ください。それぞれの教室・学校によって多少金額が違うだけです。

(1) 大人は18歳以上です。
(2) 最初は級=8級~1級。毛筆・ペン。
(3) 準初段~五段(毛筆・ペン)六段・七段・八段は試験制度(毛...続きを読む

Q習字のお手本について

楷書の文字の(習字)を習い始めました。

先生のお手本と同じ文字を書くように言われ、まねしていました。4ヶ月経ち、先生から「線が細い、文字が小さい」と言われました。
先生のお手本の文字は小さく、線も細いです。

そこで、初めて文字は、大きく太い線で書くことが分かりました。
あとどのようなことに気をつければよいのでしょうか?教えてください。

また、楷書のお手本は、なぜ、細く、小さい文字で書いてあるのでしょうか??
教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

細部まで見やすい為でしょうね。

字が太かったら「筆の打ち込み」「止め」「はね」(←例が極端ですが)などといった楷書にとって大事な部分が潰れて見にくいでしょう?
字が細ければそういった所を強調できますしね。

字が小さいという事に関しては・・・すいません。判りかねます。
基本、手本というものはそこまで小さくない筈なんですが。

私から書道を学ぶ上で気をつけるべき事をアドバイスさせて頂くと、部分部分にこだわり過ぎないように、という事ですね。必死に手本を見て、ゆっくりじっくり書いて似せようとすると、かえって全体のバランスがおかしくなります。

ある程度基礎ができてきたら、全体の「感じ」「雰囲気」を似せるようにしてください。(言葉で言うのは難しいです)

最初は、先生の字を必死でトレースしていた時よりかえって下手になるかもしれませんが、慣れてくると確実に一段階レベルが上がっています。

なんか、役に立ったか立たないのか分からない文章で申し訳ないのですが、少しでも参考になれば幸いです。
頑張ってください。

Q日本習字と教育習字

教育習字普及連盟の初等部師範を学生の時に取得しました。
十数年のブランクを経て、また頑張ってみようと思っています。

ネットで色々検索したところ、日本習字教育財団が教育習字と同じような手本や半紙を使っていることを知りました。

日本習字と教育習字は何か関係があるのでしょうか?

ゆくゆくは高等部師範まで取ったら、書道教室をやりたいと思っています。
教育習字では、ブランクはあっても以前の段位の続きからできるそうです。

子どもが通っている書道塾では、白い半紙を使い、先生が手本を書いてくれています。
のびのびと書けているようです。
でも、私が書道教室を開いたら、日本習字や教育習字のような半紙や手本を使いたいと思っているのです。

HPを見比べると、日本習字のほうが規模が大きいようで、教室開設となると日本習字のほうがいいのかな?と思ってしまいます。

教育習字で段位の続きからやるか、日本習字で新しく受講を始めるかで迷っています。
アドバイス頂けたらと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

日本習字の師範免許皆伝です。

毛筆、あるいは硬筆を習いたいと思う子どもは、その教室が日本習字であるとか教育習字であるとか、
そういうことは気にしないと思いますので、あなたがやりたい方でやれば良いかと思います。
教育習字でやってこられたのであれば、日本習字にシフトチェンジすると、
字形の違いに戸惑うと思いますよ。

教育習字のサイトを見てみましたが、日本習字とはやはり字形が違います。
日本習字をはじめ、県の書道協会など、日本にはいくつかの書道団体があります。
それぞれ流儀などが違いますから、ひらがな一つにしても、「正しい字」とされるものは違ってきます。

ひとつ言っておきたいのは、本来、書道には段級位など存在しません。
書を極めるということは、位に縛られるものではありませんから。
書道の世界に段だの級だのを持ち込んだのは日本習字です。
日本習字は規模も大きいですが、宗教くさいと言われることもあります(笑)
だから日本習字は、書道ではなく「習字」と言った方がぴったりきます。

>子どもが通っている書道塾では、白い半紙を使い、先生が手本を書いてくれています。
>のびのびと書けているようです。

あなたの仰っているこの部分の先生は、きっと日本習字ではないのでしょうね。
こういう教室であっても、十分、字は上達すると思います。

とりあえず、日本習字は飛び級などもありますし、初段~三段くらいまでは簡単に上がれるでしょう。
教室に通えば、先生にお支払いする月謝が発生しますが、自宅で、通信講座でやれば、
年2万円前後で手本一式などを含む受講ができます。

最後はやはりご自身のお気持ち次第だと思いますので、
あなたが教育習字がお好きなのであれば、そちらを続ける方が懸命だと思います。
日本習字に興味がおありなら、一度資料を請求してみるのも良いかもしれません。

日本習字の師範免許皆伝です。

毛筆、あるいは硬筆を習いたいと思う子どもは、その教室が日本習字であるとか教育習字であるとか、
そういうことは気にしないと思いますので、あなたがやりたい方でやれば良いかと思います。
教育習字でやってこられたのであれば、日本習字にシフトチェンジすると、
字形の違いに戸惑うと思いますよ。

教育習字のサイトを見てみましたが、日本習字とはやはり字形が違います。
日本習字をはじめ、県の書道協会など、日本にはいくつかの書道団体があります。
それぞれ流儀...続きを読む

Q集王義之書般若心経のお手本が欲しいのですが・・・。

「集王義之書般若心経」(別名「習字聖教序)」のお手本を安価で手にいtれたいのですが、どうしたらいいでしょうか?大きな本屋さんで、調べてもらったのですが、出版、発売されたことはあるのですが、廃番になって、普通の本屋さんでは、手に入らないようなのです。どうしたら、比較的簡単に安価に手に入れることができるでしょうか?

Aベストアンサー

「集字聖教序」のことですね?
お手本とは、原典の載った本でいいのですか。

二玄社の「中国法書選」シリーズの16
「臨書を楽しむ」シリーズの5
先日、同社からカタログが来たばかりですが、在庫ありますよ。
あと芸術新聞社発行「古典渉猟」の6集に、石飛博光氏の書き起こした臨書があります。
夫々千数百円です。ネットか電話で郵送してくれます。

それとも半紙とか半切の原寸大手本でしょうか。
二玄社からほかのものと15枚セットで、聖教序も2枚入った原寸半切手本セットがありますが、一万円しますね。

参考URL:http://nigensha.co.jp

Q書道 習字 ペン習字練習法

こんばんは。

書道・習字について教えていただきたいことが御座います。

要点としてはどのような方法で練習をされていたのでしょうか?ということです。


私は現在ペン習字を始めて1ヶ月ほどになります。
練習には“書き込み式ボールペン字の練習帳”とジャポニカ学習帳を使用しております。

現在は平仮名を練習しており、本を見ながら学習帳(5mm方眼1ページ330字)に
・平仮名すべてを1回
・1日1行ずつ(あ行、か行….)各字30回
・名前 数回
・数字 数回
・行、数字については5mm四方にて数回
計1ページを1時間ほど掛かり練習しております。

1日1行で現在4周目にはいったところです。

正直少しは成果がでていると思います。
平仮名の3割ほどは比較的満足に書けるようになりました。

が、ふと練習方法に疑問が生じました。

次のカタカナにいっていいものなのかどうか
平仮名・カタカナ・漢字と同時進行が良いのか
平仮名を全体的に済ますべきなのか
平仮名1文字ずつ完璧にしていくべきなのか

現在は時間・金銭面等々の都合により難しいのですが、いつしか毛筆かペンの教室に通いたいと思っております。

現在の練習や将来の教室選びの参考にさせていただきたく下記に質問をまとめさせていただきました。

(1)通学 or 通信
(2)学習時期・期間
(3)練習方法
(4)練習方法良い点
(5)練習方法悪い点・改善点
(6)成果自己評価

是非とも皆様の体験をお聞かせ下さいませ。

宜しくお願い致します。

こんばんは。

書道・習字について教えていただきたいことが御座います。

要点としてはどのような方法で練習をされていたのでしょうか?ということです。


私は現在ペン習字を始めて1ヶ月ほどになります。
練習には“書き込み式ボールペン字の練習帳”とジャポニカ学習帳を使用しております。

現在は平仮名を練習しており、本を見ながら学習帳(5mm方眼1ページ330字)に
・平仮名すべてを1回
・1日1行ずつ(あ行、か行….)各字30回
・名前 数回
・数字 数回
・行、数字については5mm四方にて数回
計1ページを1...続きを読む

Aベストアンサー

質問の趣旨とはずれるかも知れませんが・・・

私は字を本気で上達させたいのであれば毛筆を練習すべきと思っています。
ペン字はあくまでペンで書いた時の「見た目」を良くするだけで、
短期間のうちにある程度まで上達することは可能ですが、それ以上となると
やはり毛筆の技術や知識も必要となってくると思っています。
ペン字のお手本を書いているような先生方もみな、毛筆にも熟練しているはずです。

質問者様の文面から、真摯に高い目標をもって字を学びたいのだとと推察いたしましたので、その前提でお話させていただきますね。

本来であれば、早めに良き教室を見つけ、毛筆と硬筆を並行して習うべきかと思います。
独学だと、変なクセがついてしまう心配もありますし、常に「これで本当にいいのかな」
という疑問もつきまとうのではないでしょうか。
ただ、今すぐに書塾に通うことが難しいとのことですので、自宅で行うペン字練習の方法で考えて見ます。

小学生の習字や硬筆は、基本的に「平仮名」>>「カタカナ」>>「漢字」の順で習います。
「平仮名」はもともと漢字の草書体が変化したもので、丸みがあることが特徴ですが、「カタカナ」は、漢字の楷書体の一部を切り取って成立しました。つまり、「カタカナ」を練習することは、漢字の練習の基礎とも言えるわけです。
ですから、上記の順番で練習することは悪いことではないと思います。
とは言っても、形を優先するペン字においては、それほど順番にこだわらず、漢字の練習中心、または漢字とカタカナ並行でもいいのではないでしょうか。漢字の形が良くなってくると、自然とカタカナも上手く書けるようになりますよ。

ただ、字の形と同じぐらい大切なことがもう一つあります。
一文字一文字はそれほど上手ではないのに、その人が書いた文章全体を見るととても綺麗でまとまって見えることがあります。もちろんその逆もあります。
大切なのは字と字のバランスなのです。

・文字の大きさをそろえること
・書く位置をそろえること(筋を通すこと)
・漢字に比べ、仮名はやや小さめに書くこと
・文字と文字の間隔がばらつかないようにすること
・その文字だけに集中せず、時々全体を見るようにして書くこと

このあたりに気をつけて書けば、全体がとても美しく見えてきます。
一つの文字にこだわって、何度も練習するのはいいですが、(自分の書き方が絶対に正しいかどうかわからないのに)こだわりすぎて書きすぎるのも危険です。それならばむしろ、
全体のバランスということを特に気をつけて書く練習をすべきです。
筆を使うテクニックに比べて、全体を見て考えながら書く、という力はなかなか身につかないものです。こういうセンスを今ちょっとずつ磨いておくことは、きっと将来本格的に学ぶ時にも役に立つはずです。

余談ですが、いつか書塾を探す時には、漢字だけではなく「毛筆かな」も学べるところが理想です。漢字の書き方とかなの書き方はかなり違うので、両方とも教えられる先生は少ないのですが、かなを学ぶと、普段書く字にも大きな影響があると思いますよ。美しい「仮名」文字は、他人を感動させる力があると、私は思います。

質問の趣旨とはずれるかも知れませんが・・・

私は字を本気で上達させたいのであれば毛筆を練習すべきと思っています。
ペン字はあくまでペンで書いた時の「見た目」を良くするだけで、
短期間のうちにある程度まで上達することは可能ですが、それ以上となると
やはり毛筆の技術や知識も必要となってくると思っています。
ペン字のお手本を書いているような先生方もみな、毛筆にも熟練しているはずです。

質問者様の文面から、真摯に高い目標をもって字を学びたいのだとと推察いたしましたので、その前提でお話...続きを読む

Qお手本なんていらない!

皆サマ、世の中お手本が基準になって動いていると思いますが、時にお手本なんていらない!って思う時はありますか?


例:お手本がいい加減だったとき。

Aベストアンサー

「躾け」 というお手本はいい加減ですね。

子供が言う事を聞かなかったら、叩く、怒鳴る、罰を与え
むりやり屈服させ従わせる。
結果、他所の子に暴力を振るい責任を問われるか、
心が病んで不登校や引きこもりで親子共倒れし易くなる。

親が躾けに成功したと思って満足しても、本当はただの虐待。
「理解させ納得させる事」ができない自堕落な愚か者の結論。

とりわけ無知で自堕落な者は
暴力をエスカレートさせ子供を殺してしまう。


世界で一番醜悪なお手本かもしれませんね。
本来の目的を理解せず手段だけ真似る者は親になる資格など無い。

Q書道師範としてを習字を教えているものです。日本では習字を習う人は毎年減

書道師範としてを習字を教えているものです。日本では習字を習う人は毎年減少しています。しかし、海外で漢字がCOOLでカッコイイと人気であることを知りました。不思議な気がします。どこが外国人にアピールするのでしょうか?どんな人が興味を持つのでしょうか?日本文化に興味を持つ知的な教育水準の高い人、あるいは漢字タトーをいれた不良っぽい人?どこの国で人気があるのでしょうか?アメリカ、ヨーロッパの国?年齢層は?海外経験のある方などお教えください。(私の書道塾の生徒も少なくなり、外国人向けになにかできないかと考えています。)よろしく御願いします。

Aベストアンサー

私は以前アメリカ西海岸にしばらく滞在していましたが、確かに漢字は人気があるようでした。
年代としてはやはり20代、30代が中心で、特に不良っぽい人という感じではなく、わりとそこらへんに居る普通の若者です。
人通りの多い街中でも漢字をプリントしたTシャツやシールを売っており、シールは刺青代わりに貼るものです。
そこで売っているシールはごく普通の無難な文字で、「春」「雲」「風」「紫」などでしたが、そのシールを買いに来た客は二の腕に「台所」という文字を刺青していたのには大爆笑でした。
本人もやはりその意味は知らずに入れてしまったようです。
彼らは漢字をアートとして受け入れており、デザイン的に気に入っているだけで意味はそれほど気にしていないようです。

漢字に限らず世界的に日本食がブームになっていますし、日本のコミックも世界中で翻訳されて読まれていたり、柔道、空手をはじめとして武道を志す人達も多くなりましたし、日本ではすっかり廃れてしまった感じの算盤なども海外で見直されていたりなど、日本の文化は世界的に注目されていますよね。

Q英語の筆記体のお手本

書道・ボールペン字のお手本のように、英語筆記体のきれいで実用的なお手本が載っている本やサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
書き忘れたことがありますので、追加します。
No.2の参考URLで
「ペン字のおけいこ」→「英数字混じり文」
をクリックして下さい。
筆記体と書いてある所の右側の四角をクリックすると、筆記体のお手本が出てきます。

Q茶道教室の月謝の相場&東京都中央区付近でのお教室を教えてください

まったくの初心者ですが、茶道を習おうと思っています。

1.お月謝の相場が知りたいです。
1ヶ月3時間×3回6000円(+茶会などの諸経費あり)というところを見つけたのですが、これは安いほうですか?相場は大体どのようになっているのでしょうか。(カルチャーセンター、お教室などによるとは思うのですが)

2.東京都中央区付近でのお教室を探しています。
流派についてはよくわからないので問いません。
ネットで検索してもなかなか情報が出ないので、ご存知の方がいらっしゃったらお聞きしたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

■私の先生の教室は、単に月謝だけですと、月6,000円です。原則月2回(3回のときもある)です。
■茶道教室は千差万別と聞きます。しかし一般的な茶道の教室は、(1)お中元お歳暮その他が必要、(2)武道その他と同じく、段階があり、そのつど先に進む費用が発生します。
■流派は問わないとのことですが、なにせ夜間人口の極端に少ない区ですので、先生がお住まいになっておられるとは考えにくい。表千家・裏千家・江戸千家・大日本茶道学会のHPをご覧になって、お電話かメールで、教室を紹介していただくのが一番です。
■また、紹介されても、まず見学をおすすめします。月謝だけでは決められません。
■でもでも、茶の湯はとってもいいものです。ぜひ入門なさってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報