ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

仕事で経理の仕事をしているのですが、バイトの方なのですが
他社でも働いていて雇用保険を他社でも加入してた事が判明し、
今回当社の雇用保険を喪失し今までの雇用保険料を返金して
欲しいと言われました。
この場合、当社から納付している分の保険料(14ヶ月分)は
職安から返金してもらえるものなのでしょうか?
わかりましたら教えて頂きたくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

雇用保険は、適用事業所に雇用される労働者は、適用除外者を除き、原則として雇用保険に加入させなければならないことになっています。



で、適用除外者にそのバイトの方が該当するかどうかが問題となると思います。週の所定労働時間が20時間以上だったでしょうか?1年以上継続して働いていて(14ヶ月ですし、これはクリア)週20時間以上の所定労働時間であれば雇用保険に加入義務がありますので、返金して欲しいと言われても返金できるものではありません。(そうバイトの方に説明して納得していただくしかないでしょう)

20時間未満であった場合、労働保険料の修正申告をすれば取り返せるとは思いますが参考URLをご覧になっていただければ。尚、保険料の申告納付は各地の労働局(厚生労働省)でやっていたかなと。ですので修正申告の用紙を労働局から入手して、理由書を作ってとまあ面倒とは思いますが頑張ってください。

参考URL:http://www12.ocn.ne.jp/~sr-koba/roudouhokenn1.html
    • good
    • 4
この回答へのお礼

やはりいろいろ面倒な手続が必要になるのですね。
保険料の修正申告までするなんて・・・
どうにか説得してみたいと思います。ありがとうごさいました。

お礼日時:2005/07/28 20:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険二重加入について

雇用保険二重加入について

先日派遣の仕事が決まりました。
3か月以上なので社会保険の対象となると言われました。
しかし実は実家が自営業(有限会社)をしており、
私はそちらの社員という事で社会保険、厚生年金、
雇用保険に加入しています。

実家の給与のほうが高額だし、派遣は不安定で
3か月で終わる可能性もあるとの事で、
できれば派遣会社の社会保険には加入したくありません。

社会保険と年金は二重加入できると派遣会社から言われました。
ただ雇用保険だけは二重加入できないので、実家の会社を
退職?してくれとの事です。

良く考えたら普通にダブルワークで働いてる方もいます。
そういう人たちは保険はどうなっているのでしょうか?

絶対雇用保険に加入しないといけない場合、
給与の高いほうに加入したいのですが、どうなんでしょうか?


知識がなく雑文ですみません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

厚生保険(健保年金)は二重加入可能だが、労働保険(雇用労災)は高い方だけです。
尚派遣先で労災になった場合、派遣の賃金ベースしか出ません。
また、家業から賃金が出る場合は就労と見なされ、支給無しに(医療だけ)
派遣会社には被保険者証だけ渡し、手続き停止で充分。
後、家業を役員にして社保脱退の回答もありますが、役員就任で雇用保険は失権し、受給は一切不可。
派遣の離職で受給するのは不正受給です。
受給は育児休業給付とか、教育訓練給付で受けるべき。

Q雇用保険の2重支払いについて。

雇用保険の2重支払いについて。
自営を始めて収入が少なかったのでバイトをしました。
そこのバイト先で雇用保険を支払っていたのですが、自営をやっていてもらえる見込みがないので、そのバイトを辞める際、経理から、掛けてたお金が戻ってくるかもと言われましたが実際の所どうなんでしょうか?
過去に知り合いでバイトを二つ掛け持ちをしていて雇用保険を2重で支払っている方がいましたが、そういう場合も片方はもらえる見込みが無いのに(2つ同時に辞めて、尚かつ収入の多い方しか支給されないんですよね?)2重で払わなければいけないのでしょうか??
本日ハローワークに問い合わせところ返ってこないと言われましたが、どうも腑に落ちないというか。。。

Aベストアンサー

> 自営をやっていてもらえる見込みがないので、そのバイトを辞める
> 際、経理から、掛けてたお金が戻ってくるかもと言われましたが
> 実際の所どうなんでしょうか?
雇用保険の正式な被保険者だけど、失業等給付はもらえない人に対して、雇用保険料は戻って来ません。
但し、自営業が主たる収入であり雇用関係の成立が認めがたい人(事前に職安と要相談)は、雇用保険の被保険者となる事自体が手続き間違いの可能性がある。その場合には会社は早急に資格喪失の手続き(平成20年3月以前の分は労働保険料の修正申告も)を行い、徴収した雇用保険料を当人に返す義務がある。

> 過去に知り合いでバイトを二つ掛け持ちをしていて雇用保険を
> 2重で支払っている方がいましたが、そういう場合も片方は
> もらえる見込みが無いのに(2つ同時に辞めて、尚かつ収入の
> 多い方しか支給されないんですよね?)2重で払わなければ
> いけないのでしょうか??
雇用保険は主たる収入を得る労働関係に基づき加入できるかどうかが決まりますので、従たる収入に対する雇用保険被保険者資格は取得できません。
又、同一の被保険者番号では同一期間内に重複加入は出来ません。
よって
・事実関係が不明なのでどうしてそうなったのかはコメントできませんが、二重加入するのは手続き間違いです。
・当然に収入が多いほうが正式な雇用保険被保険者資格ですから、少ない方の実績は無視されます。
・余計に徴収された雇用保険料は会社を訴えてください。

なお、私は当然のように「主たる」とか「従たる」とか書いてきましたが、そんな事を書いた条文は見たことは無いと指摘される実務経験者がいると思います。確かに法条文にはその旨の記載は有りません。この事は監督省庁が発する『行政手引』(通達)にその旨が書かれております。出来れば大きな本屋に行かれ、『労働法全書 2009年』の1657ページを見てもらうと助かるのですが・・・
「1 法における労働者とは、事業主に雇用され、事業主から支給される賃金によって生活しているもの及び事業主に雇用されることによって生活使用とする者で現在その意に反して就業することができないものをいう。
  法における雇用関係とは、民法第623条の規定による雇用関係のみではなく、労働者が事業主の支配を受けて、その規律の下に労働を提供し、その提供した労働の対償として事業主から賃金、給料その他これらに準ずるものの支払を受けている関係を言う(行政手引20004)。
 2 イ 二以上の事業主の適用事業に雇用される者の被保険者資格 
 (イ)同時に二以上の雇用関係に有る労働者については、当該二以上の雇用関係のうち一の雇用関係(原則として、その者が生計を維持するに必要な主たる賃金を受ける雇用関係とする)についてのみ被保険者となる 【以下 省略】(行政手引20354)」

職安はこの『行政手引』に従い、全国一律の事務手続きを行っておりますので、不服があるのでしたら厚生労働省を相手取って訴訟するしかありません。

> 自営をやっていてもらえる見込みがないので、そのバイトを辞める
> 際、経理から、掛けてたお金が戻ってくるかもと言われましたが
> 実際の所どうなんでしょうか?
雇用保険の正式な被保険者だけど、失業等給付はもらえない人に対して、雇用保険料は戻って来ません。
但し、自営業が主たる収入であり雇用関係の成立が認めがたい人(事前に職安と要相談)は、雇用保険の被保険者となる事自体が手続き間違いの可能性がある。その場合には会社は早急に資格喪失の手続き(平成20年3月以前の分は労働保険料の修正...続きを読む

Q雇用保険の2重加入になってしまいますか?

妹は社会保険完備の契約社員をしていたのですが

上司の度重なる「お誘いメール(食事)」「手を握られるなどのスキンシップ」
「飲めないお酒を付き合いで飲まされる」などの嫌がらせを受けたため

1年で仕事を辞めました。(契約満了期間は果たしたそうです)
その後、失業保険を受給し終わってから

就職活動を再開してるのですが
前職の事を伏せて社会保険完備の契約社員、パートに採用された場合
前職で加入した雇用保険と新しい会社の雇用保険の関係はどうなりますか?

妹は前職ではセクハラを散々受けており
そのことは履歴書に書きたくないし
辞めた理由をセクハラとは言えないから辛いと悩んでいます
私も妹のメールを見たことがありますが、確かに体目的で誘われてたっぽいのです。

辞める時もかなり上司から誹謗中傷されたらしく
前職確認で有りもしないことを言われたら嫌だと泣いてました。

このような場合、雇用保険の扱いはどうなりますか?
妹は新しい会社で新しい雇用保険に入ることに問題はありませんか?

Aベストアンサー

職歴を隠すことはよろしくないと思います。
経歴の作用と考えられる場合もありますからね。

ですので、契約満了もしているのであれば、契約満了と書けばよろしいのではありませんかね。
面接等で更新しなかったなどの理由を問われたら、上席者の人間性が合わなかったとすればよいでしょう。

嘘は良くありませんが、正しいことの一部を伝えることは問題ありません。さらに報復などを考えれば、人間的なかかわりの部分を詳しく言わないのもおかしくありませんからね。

さらに、雇用保険手続きでは、一人ひとりを雇用保険の番号で管理しています。
もしも、雇用保険番号を持っていない(新卒採用や親族会社勤務のみなど)として処理したとしても、手続きを行うハローワークでは、雇用保険番号の重複発行をしないようにするため、名前や生年月日などで名寄せ処理を行います。そこで、採用された会社の説明と異なれば、本人への確認扱いとなることでしょう。その確認作業では、従業員の連絡先等はありませんので、勤務先に連絡があり、取り次がれることとなります。その結果、職場での対応となることでごまかしきれないこともあるかもしれません。
このようなことから、嘘や偽りと判断されない範囲で、会社へ職歴を伝えた方が良いでしょう。

また、前職の会社の雇用保険の資格喪失手続きが終わっていない場合、再就職先の雇用保険資格取得手続きは保留となります。採用された会社が疑うようなことにもつながりますので、職歴は伝えるべきでしょう。履歴書等に職歴が記載されており、採用された会社がそれを持参したうえでの雇用保険資格取得手続きであれば、過去に複数の雇用保険番号等を得ているような場合に、ハローワークで番号の統合等の処理が進むことにもなります。

前職の退職の際に失業給付を受けているということですので、前職の雇用保険の資格喪失手続きが終わっていると思いますので、上記を注意すれば困ることは少ないと思います。一度失業給付等の保険給付を受ければ、過去の加入歴などはリセット(今後の給付の際に考慮されない)こととなります。
しかし、今後何かがあり、職歴の確認ができる役所は、ハローワークと年金事務所ぐらいとなります。正しい情報が分散されるだけで困ることもあると思います。

ご注意ください。

職歴を隠すことはよろしくないと思います。
経歴の作用と考えられる場合もありますからね。

ですので、契約満了もしているのであれば、契約満了と書けばよろしいのではありませんかね。
面接等で更新しなかったなどの理由を問われたら、上席者の人間性が合わなかったとすればよいでしょう。

嘘は良くありませんが、正しいことの一部を伝えることは問題ありません。さらに報復などを考えれば、人間的なかかわりの部分を詳しく言わないのもおかしくありませんからね。

さらに、雇用保険手続きでは、一人ひとりを...続きを読む

Q社会保険が二重加入になっていまいました

4月15日に、アルバイトを辞め、4月16日から今の派遣会社のアルバイトを始めました。(共に社会保険あり)
実は、入社日は、3月27日でしたが、以前のアルバイト中に仕事を探していて、今の仕事をすぐに辞められないので、4月16日を勤務開始日にしてもらったんです。
社会保険の加入なんですが、勤務3ヶ月の実績がないと駄目だといわれ、さかのぼり加入も可能とのことでしたので、先日、さかのぼり加入をお願いいたしました。
申請時に、入社日を聞かれて、4月16日ぐらいから働き始めたと答え、7月給与からの分の加入か、入社日からかと聞かれて、保険の空白期間が発生するのが嫌だったので入社日からお願いしますといいました。
数日前、仮の保険証が郵送され、今日、病院で使用し、初めて3月27日加入(二重加入)になっていることに気づきました。
病院から派遣会社に訂正してもらうようにいわれ、すぐに連絡したんですが、一回申請したものは訂正できない、以前の会社に保険料を返してもらい、その間にかかった病院代も、対処してもらうように言われました。
気が重かったんですが、以前の会社に事情を説明して、問い合わせたんですが、夕方、連絡があり、すべて済んでしまっているから、こちらの方が無理だといわれました。
日付の訂正だけなら出来ないはずはないからまだ、支払いもしてないし(7月に受け取る給与で3か月分払う予定)もう一度、今の職場に頼むようにいわれました。
4月16日まで、働いていないし、2重加入なんて起こるとは思っていませんでしたが、4月16日からの加入になるか確認しなかった私が悪いんだろうとは思いますが、双方に断われ困っています。
こういう場合、対処方法があるんでしょうか。よろしくお願いします。

4月15日に、アルバイトを辞め、4月16日から今の派遣会社のアルバイトを始めました。(共に社会保険あり)
実は、入社日は、3月27日でしたが、以前のアルバイト中に仕事を探していて、今の仕事をすぐに辞められないので、4月16日を勤務開始日にしてもらったんです。
社会保険の加入なんですが、勤務3ヶ月の実績がないと駄目だといわれ、さかのぼり加入も可能とのことでしたので、先日、さかのぼり加入をお願いいたしました。
申請時に、入社日を聞かれて、4月16日ぐらいから働き始めたと答え、7月給与からの分の...続きを読む

Aベストアンサー

それは、、、難しい問題ですね。
実は社会保険は二重加入できるのです。
なので、、、両方の会社から断られたらどうにもなりません。
健康保険については保険者が異なる場合には、保険者選択届を出してどちらか一つに出来ます。
厚生年金についてはそのまま二重になります。

ただ厚生年金はもちろんその二重分は年金金額に反映はされます。

あと雇用保険については二重加入は出来ないので、多分派遣会社の方の加入を遅らせることになるのではないかと思います。

では。

Q会社に副業がバレない為の社保や年金について

現在、私は会社員ですが、生活が苦しく、本業にバレないように副業(アルバイト)をしようと考えています。

「住民税」については、この「教えて!goo」の別の質問者の方への答えを読んで「併徴(へいようちょうしゅう)の申込み」という方法が有ると知りました。

あと気になる点として、「社会保険」・「厚生年金」・「確定申告」などについて、何か手を打たないといけない事があるのでしょうか。

副業の収入種別は「給料」で、月に8~9万円くらいの見込みです。

無知なもので、おかしい質問内容になっているかもしれませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アナタにとってはどうでもいいことをまず指摘
社会保険とは、狭義において「健康保険」と「厚生年金」を指します。
ですので、個人住民税が解決しているのであれば、考慮すべきは次の4つです。
 ・健康保険[公的医療保険]
 ・厚生年金[公的年金]
 ・雇用保険
 ・所得税

先ず簡単に答えられるのは所得税
これは、主たる勤務先では年末調整を行ってもらいながら、従たる勤務先では年末調整を行わず、両方の収入を確定申告をすればよいだけであり、主たる勤務先には確定申告が行われた事は通知されません。多分、個人住民税をご質問為された際にこの点は説明があったと思います。

次に雇用保険
これは、週20時間以上の労働契約になっているのか否かで話しは変わります。
・20時間未満
 入りたくても雇用保険への加入は出来ない。
・20時間以上
 法律上は同時に2つの勤務先での加入は出来ないので、違法を当たり前としているバイト先に勤める。
 但し、従たる勤務先では加入できないので、バイト先には副業である旨がバレテも良いのであれば、その旨を延べれば雇用保険に加入いる必要はなくなる。
もしも、バイト先で加入したいのであれば、加入はやめた方がよいです。
 雇用保険番号不明⇒ハローワークで調査⇒加入中がバレル⇒二重加入はできない


最後に社会保険(健康保険と厚生年金)
これは、法律上は労働時間・日数及び収入に関係なく、法に定めた適用除外[例えば2箇月以内の期間を定めたアルバイトで契約延長又は再雇用なし!]に該当しない限り、適用事業所に勤める労働者は強制加入。
但し、『常用性』と言う概念があり、その常用性の有無を判断する為に出された通達が、所謂「4分の3基準」と呼ばれるものです。この基準は実務では間違った解釈で流布しているために「週30時間(あるいは4週又は月で120時間)未満の労働であれば加入できない」としている企業が見受けられますので、その様ないい加減(大手スーパーでもそう見たいですよ)ところでバイトすれば問題なし。
逆にバイト先で加入手続きをするのであれば、厚生年金は「基礎年金番号」で管理しているためにバレてしまいます。

アナタにとってはどうでもいいことをまず指摘
社会保険とは、狭義において「健康保険」と「厚生年金」を指します。
ですので、個人住民税が解決しているのであれば、考慮すべきは次の4つです。
 ・健康保険[公的医療保険]
 ・厚生年金[公的年金]
 ・雇用保険
 ・所得税

先ず簡単に答えられるのは所得税
これは、主たる勤務先では年末調整を行ってもらいながら、従たる勤務先では年末調整を行わず、両方の収入を確定申告をすればよいだけであり、主たる勤務先には確定申告が行われた事は通知されません。...続きを読む

Q有給休暇中の次職場での就業は可能?

こんにちは。
質問させてください。


現在、転職活動中の身です。
雇用形態は正社員です。

仕事後にハローワークに通い、転職活動中です。

次の仕事が決まった場合(正社員)、
現在の仕事をたまった有給休暇で休もうと(有休消化)思っていますが
次の会社が「すぐこれないか?」と言った場合、
有休消化中に、次の会社で働くのは可能なのでしょうか?

例えばそれは正社員でなく、アルバイト扱いやパート扱いなどで
見習い期間として働くなど。

いわゆるダブルワークになるかと思いますが
これについて、法的な部分などで
ダメということはあるのでしょうか?


私が現在の会社を辞めたいという言葉は
直接上司に話したことはありますが、
上司はもうちょっと我慢してみろ
お前の人生のためだ、という返しで止まっています。


なお、現在在職中の会社で、誓約書を見ましたが
副業についての禁止は記載されていませんでした。
(一般常識でOUTなのかな?という部分から書かれていない可能性ありますが)


また、辞めるときには1ヶ月前に言うこと
という記載はあります。


余談ですが、現在の会社に特別迷惑をかけるつもりはないので
(辞めること自体迷惑ではありますが・・・)
辞めます!明日から有休消化させてください!
なんていうつもりはありません。
余談ですが。


何か情報をお持ちの方
よろしくお願い致します。

こんにちは。
質問させてください。


現在、転職活動中の身です。
雇用形態は正社員です。

仕事後にハローワークに通い、転職活動中です。

次の仕事が決まった場合(正社員)、
現在の仕事をたまった有給休暇で休もうと(有休消化)思っていますが
次の会社が「すぐこれないか?」と言った場合、
有休消化中に、次の会社で働くのは可能なのでしょうか?

例えばそれは正社員でなく、アルバイト扱いやパート扱いなどで
見習い期間として働くなど。

いわゆるダブルワークになるかと思いますが
これについて、法...続きを読む

Aベストアンサー

結論からいえば、原則として問題ないぜ。ただ、次の会社には話を通しておくほうがいい。それと、職種などによっては注意したほうがいい。


有給時の過ごし方については、何ら制約されない。有給休暇というのは、その日(ないしその時間帯)の労働を免除する性質のものであり、労働者に心身を回復させなければならない義務はない。もちろん、労働者が労働義務を果たせない場合にその範囲で使用者はその労働者を不利に扱ってよく、そうならないために心身を回復させたほうがよいとはいえる。ただ、繰り返すが、それは法的義務ではない。

まして、退職日まで有給を消化する場合には、退職日まで労働を免除されるということだから、労働者がどのように過ごそうとも、もはや所属先の会社には無関係となる。

ただし、緊急時の対応について予め合意している場合には、その対応義務を果たせなかったときに、問題となりうる。合意のある場合に果たせないときのリスクを負うか果たせるように努めるのかは、労働者側の選択となる。

また、職位が高い者や専門性の高い職種については、競業避止義務の課せられる場合がある。この場合に副業禁止規定がなくても同業の仕事をおこなうと、義務違反となる。あなたの職位や職種次第、次の会社の業種や職種次第だってこった。

そして、税関係や保険関係にも注目しておくのがいい。ダブルワークの期間について、次の会社で特別な処理が必要となりうるためだ。有給消化中のダブルワークとなることを、次の会社には伝えておくのがいい。


それと、念のためコメントすると、「重労働のボランティアをやってもいい、その為に会社で居眠りをしてもいい」というのは、就業時間中に労働を提供していないのだから、懲戒処分等の対象にすればよい話だ。「重労働のボランティア」をしても会社で労働義務を果たせばよく、有給時の過ごし方を制約する理由にならない。

「元気を回復して月曜日から健康的に働くため」と就業規則等に定めてあったとしても、その定めは法的義務にはならず、単なる訓示規定でしかない。訓示規定に過ぎないからこそ、労基法違反にならない。有給時の過ごし方を制約する理由にならない。

「会社から呼び出しがあったらすっとんで来い、と言われ」労働者がこれに応じた場合には、契約上の緊急対応義務が生じるに過ぎない。つまり、実際に緊急の呼び出しに備えて有給時の過ごし方が事実上制約されることはあっても、法的に制約されることはない。

「次の会社で労災にあった」ら、次の会社に法律上の義務が生じるに過ぎない。前の会社は関係ない。

民法上の2週間前までの退職通知義務は、日給月給制である場合などの条件がある。「労働者側からの退職は2週間前までに申し出ればよいとされています。」との回答があるが、この回答者は、従前の回答の傾向を見るに、どのような場合でもそうだと盲信しているようだ。

結論からいえば、原則として問題ないぜ。ただ、次の会社には話を通しておくほうがいい。それと、職種などによっては注意したほうがいい。


有給時の過ごし方については、何ら制約されない。有給休暇というのは、その日(ないしその時間帯)の労働を免除する性質のものであり、労働者に心身を回復させなければならない義務はない。もちろん、労働者が労働義務を果たせない場合にその範囲で使用者はその労働者を不利に扱ってよく、そうならないために心身を回復させたほうがよいとはいえる。ただ、繰り返すが、それ...続きを読む

Q社会保険料の2重払いについて

私は5月に勤務先が変わりました。
前の会社は会社への勤務は10日ごろまでで
契約的には5月27日付けで退職になりました。
その際、社会保険は5月分まで支払いました。
(5月も健康保険は使っていました。)
そして10日以降は就職活動をして
5月23日に次の勤務先に入社しました。
すると新しい会社からも5月分の社会保険料を請求
されました。
5月分を前の会社で払ったことをいうと
通常は退職月の社会保険料は請求されなく(できない?)
新しく入った会社が入社月の社会保険料を請求するという法律上なっているとのこと。
(社会保険事務所に確認しました)
でも、前の会社に最後の保険料はまちがいなく5月分
ということで確認しましたし、そのことを社会保険事務所にいうと、
「では、5月分の厚生年金料は前の会社に申請すれば
還付する手続きをとっていただけます。
ただし、健康保険は、厚生年金とは別の法律になっており、2重払いした場合でも還付されません。」
と言われました。
納得がいきません。
社会保険事務所の方がいうので間違いないと
思いますが、これを民間企業がやっていたら
詐欺だと思います。
どなたか社会保険のしくみについてご存知の方が
いらっしゃいましたら、この場合の対処法について
アドバイスをいただければと思います。
宜しくお願いいたします。

私は5月に勤務先が変わりました。
前の会社は会社への勤務は10日ごろまでで
契約的には5月27日付けで退職になりました。
その際、社会保険は5月分まで支払いました。
(5月も健康保険は使っていました。)
そして10日以降は就職活動をして
5月23日に次の勤務先に入社しました。
すると新しい会社からも5月分の社会保険料を請求
されました。
5月分を前の会社で払ったことをいうと
通常は退職月の社会保険料は請求されなく(できない?)
新しく入った会社が入社月の社会保険料を請求するという法律上な...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと整理しますね。

A社
 5/27退職
B社
 5/23入社

ですよね。
社会保険(健康保険・厚生年金保険)の資格喪失日は退職日の翌日ですから5/28となります。
社会保険料は、資格喪失日が所属する月分の保険料はかからなくなっていますので、A社から5月分の保険料を引かれるということはないはずです。

また、B社の社会保険料は資格取得年月日(入社日)の所属する月分より発生しますので、5月分から発生することとなります。

もし、A社で5月分として社会保険料を引かれているのであれば、それはA社の経理上のミスですから、A社から返還してもらうようにしましょう。
A社としても、社会保険事務所からの5月分の社会保険料の請求は、あなたの分は含まれずに来ているはずです。

なお、健康保険にしても厚生年金保険にしても、二重払いについてはありうることではあるのですが、ご質問のケースは二重払いというよりも、ただ単純に経理上のミスですから、A社から返還してもらうこととなります。(健康保険法や厚生年金保険法は関係ありません。)

ただし、A社に5月に支払った保険料が、本当に5月分であるかどうかを確認してから請求してくださいね。
本来であれば4月分の社会保険料は5月に支払われる給料から差し引くのが通例ですので、4月分の保険料をA社の担当者が間違って「5月分です」と言ってしまった場合も考えられますので。

ちょっと整理しますね。

A社
 5/27退職
B社
 5/23入社

ですよね。
社会保険(健康保険・厚生年金保険)の資格喪失日は退職日の翌日ですから5/28となります。
社会保険料は、資格喪失日が所属する月分の保険料はかからなくなっていますので、A社から5月分の保険料を引かれるということはないはずです。

また、B社の社会保険料は資格取得年月日(入社日)の所属する月分より発生しますので、5月分から発生することとなります。

もし、A社で5月分として社会保険料を引かれているのであれ...続きを読む

Q雇用保険被保険者番号の二重登録について

現在、2つの雇用保険被保険者番号を持っています。
現職に就いてからの雇用保険被保険者番号が今までのものと違います。
職歴に前職を省いて記載しているからかもしれません。
この様に会社側が手続きをした時、ハローワークでは前職でひっかからなければ、前々職で検索してくれないものなのでしょうか?-(1)

ネット検索で、
『雇用保険被保険者証を紛失した後、再交付の手続きをせずに企業に再就職して、新規扱いとなり、新たに番号を取得するケースがある』
という事を知りましたが、会社の方で、前職から雇用保険被保険者番号が検索できなかった為、新規扱いにしたのかもしれません。
番号を1つに統一するとなると、ハローワークに『雇用保険被保険者証の統一届』を提出する事が必要なようですが、ハローワークから会社の方には連絡はするのでしょうか?-(2)
(会社では、新雇用保険被保険者番号を控えていると思いますが、旧番
号へ戻しますとの連絡がハローワークから会社へいくのでしょうか?)

また、その場合、会社の方は不審に思うのでしょうか?-(3)

Aベストアンサー

>職歴に前職を省いて記載しているからかもしれません。
 ・推察するに、入社時に雇用保険被保険者証を提出していない、
  前職で(履歴書上)雇用保険に入っていなかった等で再発行も出来ない・・雇用保険被保険者証を持っていない事にしてあるのでは
  (雇用保険被保険者証を提出すれば、加入時に前職の会社がわかるため、あえて提出しなかった)
 ・持って居ない、加入していないので会社は新規に加入しただけだと思いますが・・基本的に貴方の申請が基になっている

・現在の雇用保険被保険者証を利用すればいいだけでは
・雇用保険被保険者証の統一届は会社がハローワークにするもので、貴方が直接するものではありません、
 (旧雇用保険被保険者証を会社に提出して、新番号との統一処理を会社に頼む・・会社は雇用保険被保険者証の統一届に記載して、ハローワークに提出の手順です)

Q転職後も前の会社で有給休暇消化は可能?

5月末日で今の会社Aを退職し、6月1日から新しい会社Bに転職します。
ただ、引継ぎが忙しく有給休暇を20日くらい残したままです。


そこで、新しい会社Bで勤務しながら、転職前の会社Aから給与をもらうことは可能でしょうか。
雇用保険、社会保険をストップすれば問題ないのでしょうか。

Aベストアンサー

可能か可能でないかでいえば、可能です。
しかし、新しい会社と古い会社がそれを認めてくれればですね。

会社に2つ在籍してはいけないという法律はありません。ようは会社と従業員の間での契約関係の問題です。
ちなみに、それとは多少ケースが違いますが、私は、以前3月末に退職し、4月から新しい会社に勤務しましたが、前の会社から6月に賞与が支給されたことがあります。
前の会社は、賞与は4月から9月(冬支給)、10月から3月(夏支給)の業績に対して出すものだから、会社を退職していてもその対価は払うべきだというまともな従業員規則を持っていたからです。

ケースは違えど、ようは2つの会社に在籍をして、2つの会社から給料をもらうのが可能な以上、ご質問のケースも可能ということにはなります。
あとは、新旧両社とよく話しあったほうがよいですね。
特に新しい会社はこれからのあなたの生活の基盤となりますので、副業禁止などの規定があるのかないのか、有休消化とは言えその規定にひっかかったりしないかなどよく確認されたほうがよいでしょう。

Q前の会社の在職期間や雇用状態が転職先にバレますか?

前の会社の在職期間や雇用状態が転職先にバレますか?
8月30日から新しい会社に勤めることになりました。
しかし、ある事情から新しい会社には今現在は仕事をしていないと報告していますが、
実際は前の会社に籍が残っています(9月20日まで)。
実情は有給休暇の消化中であり業務上は問題ないのですが、
社会保険の手続きや税金の書類などで、9月20日まで前の会社に籍があることが
新しい会社に知れてしまうことがあるのでしょうか?

出来れば、このまま前の会社は9月20日まで在職状態を保ちたいのですが、
バレるようなら有給消化を諦め、9月20日より前での退職もやむを得ないかと考えています。

補足ですが、次の会社は正社員でなく契約社員の扱いです。
ネットで調べてみると、雇用保険は「31日以上雇用される見込みがあること。」の
条件を目にするので、新しい会社の保険申請が雇用開始の31日後なら
大丈夫かなとも思うのですが・・・(←あくまでの個人的な希望的憶測です)。

Aベストアンサー

 厚生年金保険・健康保険の二重加入については両会社の了解が必要になります。了解なしで行った場合その後に新会社と質問者との関係がどうなるかは分かりませんので回答できません(スイマセン)

 2以上の事業所から報酬をうける被保険者(厚生年金保険・健康保険)についての標準報酬月額は各事業所について、資格所得時決定・定時決定・随時決定の規定によって算定した額の合計額を報酬月額とし、これを基礎として標準報酬月額を算定します。

 従って質問者が8月30日現在で入社して9月20日まで現在の会社に在職していた場合は新会社の資格所得時決定と現在の会社の報酬月額と合算したものが8月標準報酬月額になります。

 合算した標準報酬月額はどちらの事業主が届け出る義務が有るのでしょか?

 合算した標準報酬月額により計算された厚生年金保険・健康保険料はどちらの事業主が納付義務が有るのでしょう?

 合算した標準報酬月額により計算された厚生年金保険・健康保険料の事業主負担分はどちらの事業主が負担義務が有るのでしょう?

 報酬月額の多い方の事業主が義務を負います。

 

 

 厚生年金保険・健康保険の二重加入については両会社の了解が必要になります。了解なしで行った場合その後に新会社と質問者との関係がどうなるかは分かりませんので回答できません(スイマセン)

 2以上の事業所から報酬をうける被保険者(厚生年金保険・健康保険)についての標準報酬月額は各事業所について、資格所得時決定・定時決定・随時決定の規定によって算定した額の合計額を報酬月額とし、これを基礎として標準報酬月額を算定します。

 従って質問者が8月30日現在で入社して9月20日まで現在...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング