最新閲覧日:

先日液晶テレビ(三菱のLCD-H32MX5)を購入しました。
そのとき店員に液晶テレビの寿命を聞いたら7~10年と言っていました。
液晶テレビの寿命は約60,000時間(24時間付けっぱなしで6.8時間)で画面が暗くなっても買い替えバックライトの交換で済むことが多いと事前にネットで調べていたので店員の言う寿命は謎です。

寿命以外で壊れることもあるから、7~10年と言ったのかは分かりません。
例えば寿命以外で壊れる良くある原因ってありますか?

その店員の言う7~10年に何か根拠があるのか知りたいので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

回答にもあるように、バックライトの寿命は6万~10万時間程のようですね。


現在は、液晶でも4Kがあったり、どんどん高画質になっていますね。

・薄型テレビ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%84%E5%9E%8B …

A 回答 (7件)

>店員の言う7~10年に何か根拠があるのか知りたいので教えて下さい



一般的に言われている液晶テレビのバックライトの寿命、約60,000時間で液晶テレビの寿命を考えれば、
1日に7時間見たとして、約20年以上持ちますよね。またもし一日に20時間見たとしても、8年ぐらい。
そう考えれば、売るほうとしても7~10年と言っておけば、それほど問題ないし、購入者もそのくらい持つならば20~40万払ってもいいかな?と考えてくれることを期待して、
単純に液晶テレビの寿命を7~10年と言っているのでは?

>例えば寿命以外で壊れる良くある原因ってありますか?

製品によっても違ってくるでしょうけど。
少し話題になっていたのは以下などを

http://www.insideout.co.jp/yamasaki/archives/000 …
(山崎潤一郎さんの情報発信サイト)

しかし寿命と言う言葉も微妙で例えば、7~10年は故障しないと言っているわけではなく、7~10年以上たった製品が故障したら、修理するより新製品に買い換えた方がお得という意味で言っているのかもしれません。

また、バックライトの交換というのも、例えばPCの液晶ディスプレイなどの場合、バックライト部のみを交換してくれるところと、液晶パネル全体を交換するところメーカーによって違ってきます。(PC液晶ディスプレイの場合、バックライト部だけなら、2万~3万円程度 液晶パネル全体だと5万~10万円程度など。)
液晶テレビの場合、どのようになるのかわかりませんが。(メーカー修理だと、最低でも何万という感じでしょうし、そのころに、薄型テレビの値段がもっと安くなっていれば、、)

家も液晶テレビを買ってまだ1年たってないのですが、7~10年は故障しないことを期待していますが。もし保障期限後すぐに壊れたら上記URLにあるように一応交渉はするつもりですけど
(最近も買って1年半くらいの掃除機が故障してメーカーに修理をお願いしたら、ちょっと足せば新品が買える位の金額を提示されました。修理は人件費などで高いことは理解できますが、あまりにも高く納得いかないので購入店に交渉してもらったらなぜか無償になりました。)
    • good
    • 24
この回答へのお礼

ありがとうございます。
山崎潤一郎さんの情報発信サイトとても参考になりました。
実はあまり電化製品に拘りが無かったのですが、皆さんに色々聞きとても参考になりました。

お礼日時:2005/07/29 01:01

電気製品の寿命は、製造打ち切り後約7年で部品の供給を保証しないとなっています。

(カタログ後ろなどに注意書きとして記載されています。)そのためバックライトがおおよそ7~10年で寿命が来た場合その時点でバックライトを交換できるか保証できないとゆう根拠からきています。



寿命には突発的な故障は含みません。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そういう考えもありますね。
とても参考になりました。

お礼日時:2005/07/29 01:04

ごめんなさい、質問を取り違えていたので補足します。



店員さんの根拠は経験と知識(メーカからの説明や風評も含める)でしょうが、10年までとしたのはPL法が関わっていると思います。

実際は購入一年目から修理されている方もたくさんいらっしゃいます。

それから電化製品の場合、使用年数と修理費用を見合わせて「寿命」とするだけなので、使う人によって寿命は大きく変わります。

壊れる原因は同じ液晶テレビでも、そのシリーズの特性などによって、主に壊れるところも変わってきます。
たとえば、この機種は「リレーばっかり壊れるな~」とかいう感じなので、お使いの機種がまずどこから壊れるかは、今の段階ではだれも解らないと思いますよ。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

ありがとうございます。

実はテレビを買った後、妻の兄にこのことを話したら
「液晶ってもっともつやろ。いい加減なこと言ってんじゃねぇって言ってやれば良かったやん」
と言われたことがここに質問した動機です。

僕は店員に横柄な態度をとる人間が嫌いだし、店員には店員なりの考えがあって言っていたかも知れないと思っています。

妻の兄に対する「オメエこそ知ったかぶりしてんじゃねぇ」という思いから質問しましたが、なんだか僕が店員に寿命を聞いたこと自体が間違っていたような気がします。

>お使いの機種がまずどこから壊れるかは、今の段階ではだれも解らないと思いますよ。

おっしゃる通りです。

お礼日時:2005/07/29 00:54

約60,000時間というのは「液晶テレビの寿命」ではなくて、「液晶パネル(部品)の寿命」ですよ。



そもそも液晶パネルといえども品質はありますから、一様に6万時間持つと言わんばかりの説明文なんかをみると閉口しています。

テレビという商品として考えますとたくさんの部品とたくさんの人の手が加わります。
故障なく7~10年目をむかえたら喜んでいいと思いますよ。
    • good
    • 19

インバータが先に壊れそうな気がしますけど。


7~10年の根拠はわかりませんが、メーカ修理が
可能な期間かもしれません。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とにかく色々壊れる原因はありそうですね。
どこが壊れるか分からないという意味で店員は少なめに言ったのかもしれませんね。
逆に多めに言われるより親切だったのかもしれません。

お礼日時:2005/07/29 00:23

元々液晶の構造自体に無理があるつくりなので耐熱面ですとか薄型にしている分負担がかかっています。


後は重心の関係ですとかでポッキリいってしまったり、質問にもあるバックライトなどの寿命によりが一番の原因ですね。

元々バックライトの交換もそのバックライトがまだ生産されている範囲内に限られてしまうので、5年6年すると新型発売などに伴いそれバックライトの変え事態が販売していない事があります。ですのでそういったサポート面も含まれているかと。。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ありがとうございます。
構造自体に無理があるというのは興味深いです。

>バックライトの交換もそのバックライトがまだ生産されている範囲内に限られてしまう

そうですよね。数年後も同じのがあれば良いのですが・・・。

とても参考になりました。

お礼日時:2005/07/29 00:15

ハード的なことはわかりませんが、転倒してパネルが割れることが結構あるかと思いますよ。



そのほか長年使っていると次第にドット抜けが出てくるようなことを言っていました、修理の人が・・・。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございます。
小さい子供がいるので転倒には気を付けようと思います。

お礼日時:2005/07/29 00:11

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビの寿命

自分は14型ブラウン管テレビを16年くらい使っていますが、まだしっかりと映っています。
地デジのこともありそのうち液晶テレビに変えることになると思いますが、
液晶だと実際ブラウン管より寿命は落ちますかね?
大体何年くらいが限度なんでしょう?あと長く持つメーカーととかあったら教えてほしいです。

Aベストアンサー

電化製品というのは、どんなに高品質なものでも
その製品事態自体の”あたり”と”はずれ”と言うものがあります。
そのために、あたりの製品がくればトラブルなしで何年も使うことが出来ます。
しかし、はずれの製品がくればトラブルだらけということも考えられます。

さて本題。
液晶の寿命と言うのは、大体5万~10万時間になっているはずです。
これは、液晶を後ろから照らすために廉価なものでは蛍光灯を使用しているからです。
10万時間が寿命となっているものは、毎日6時間使用したと仮定すれば
大体45年程度
5万時間のものは、その半分で22年程度

この蛍光灯が切れると、画面が暗くなってしまう上に交換するとなったら数万程度の費用がかかるために大抵の人は買い替えてしまうので寿命として表現しています。

近頃の液晶テレビの上位モデルになると、このバックライトがLEDに変わっているものもあり
それらの寿命は10万時間をはるかに越える時間使用できることになっています。

長く持つメーカとなると、やはりシャープなどの国産メーカのものがいいでしょう。
液晶のパネル自体の性能で言ったら、サムソンなどの国外メーカが有力になりますが
テレビに使われている部品一つ一つが高品質で安定しているものを使用しているので日本製のもののほうがトータルで見たら長い寿命になります。

あくまでも、これはメーカが考えている耐久時間のためにものによってはこれよりも短くなることもあれば逆に長く使えることもあります。
こういうのって机上の理論だけでは語りきれない話なんですよね

電化製品というのは、どんなに高品質なものでも
その製品事態自体の”あたり”と”はずれ”と言うものがあります。
そのために、あたりの製品がくればトラブルなしで何年も使うことが出来ます。
しかし、はずれの製品がくればトラブルだらけということも考えられます。

さて本題。
液晶の寿命と言うのは、大体5万~10万時間になっているはずです。
これは、液晶を後ろから照らすために廉価なものでは蛍光灯を使用しているからです。
10万時間が寿命となっているものは、毎日6時間使用したと仮定すれば
大体4...続きを読む

Q液晶テレビの画面の明るさと寿命・消費電力の関係

ブラウン管テレビの場合、画面を明るくするほど消費電力は大きくなり、寿命も短くなりますが、液晶テレビの場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

液晶テレビの場合もバックライトで使われている冷陰極管(蛍光灯のようなもの)で明るさをコントロールしています。
当然ながら明るくすると電力は大きくなりますし,寿命は短くなります。
6万時間とよく言われますが,あれは,冷陰極管単体で測定したときに明るさが半分になる寿命です。
実際にの使用状態では温度が高くなっているので6万時間はもちません。
寿命に関してはまだまだブラウン管にはかないませんよ。

Q今のプラズマテレビや液晶テレビの寿命

8年前にプラズマテレビを買うときに、プラズマTV6年、液晶TV25年と寿命を宣伝して、当時価格差のあった液晶TVをPRしていました。とてもその価格差が吸収できないと思い、当時パイオニアのプラズマTVを買いました。たしか70万円くらいと85万円くらいの差だったと記憶しています。

本当にパイオニアのプラズマテレビは今年寿命を迎えました。ただプラズマディスプレイの寿命というより、プラズマを発光させるための電源回路が調子悪くなったようで、数時間使用すると画面の上の方に緑色の部分が出てくるようになりました。後ろに扇風機で冷却してやると、その緑色の部分が減ります。

つまりTVの寿命となると、ディスプレイ単体の寿命より、そういう電気回路の寿命の方が大きいのかなと思いました。

液晶テレビの場合、蛍光灯式は減りLEDになったので、本当に25年くらい持つような気がします。

そこでお聞きしたいのは、今のテレビの寿命というのは本当は何に依存して実際、何年程度なのかということです。私見や経験談でも良いので、お教えください。

簡単に書くと、46インチTVでプラズマを買うか液晶を買うか悩んでいて、機能はあまり変わらないので、価格差は、寿命の安心代と思って買おうかなと思っています。

8年前にプラズマテレビを買うときに、プラズマTV6年、液晶TV25年と寿命を宣伝して、当時価格差のあった液晶TVをPRしていました。とてもその価格差が吸収できないと思い、当時パイオニアのプラズマTVを買いました。たしか70万円くらいと85万円くらいの差だったと記憶しています。

本当にパイオニアのプラズマテレビは今年寿命を迎えました。ただプラズマディスプレイの寿命というより、プラズマを発光させるための電源回路が調子悪くなったようで、数時間使用すると画面の上の方に緑色の部分が出てくるよ...続きを読む

Aベストアンサー

液晶テレビの寿命は、バックライトの寿命が輝度の半減でだいたい5年ほど(5万時間~8万時間ほど)です。これは、CCLF(冷陰極管)であってもLED(発光ダイオード)であっても大差はそれほどありません。ただし、CCLFは輝度が低くとも、寿命はほとんど大差ありませんがLEDの場合は輝度を抑え温度が低く抑えられると、半導体と同じ設計手法を採っているため、発熱が減少し、寿命は場合によっては倍以上に延びるケースもあります。即ち、ピクチャーとブライトネスを暗めにすれば、輝度寿命が若干なり延びる可能性があります。

ただし、パネル以外の画像処理エンジンの寿命は、プラズマと大差はありません。

どちらかが良いかというと、後は画質で選ぶか、電気代や大きさなどの部分で選ぶかでしょう。
一般に、高画質を選ぶなら、プラズマには一日の長があります。これは、明るさこそ液晶に劣りますが、自発光のドットであることで、フリッカーが少なく、よりコントラストの高い色再現性を実現できるためです。ただし、消費電力は液晶よりは大きくなりますし、同じ画を表示すると焼付きにも気をつけねばなりません。


それに対して、液晶は単価が安く、電気代もお得なのが特徴です。最上位であれば、画質面でもローカルディミング(エリア駆動)によって、比較的高いダイナミックコントラスト(一般的なコントラスではありません)が得られます。家でも液晶が主力ですが、パネルの寿命はだいたい7年から10年ぐらいです。CCFLで長時間使用しているパネルなら半減寿命はもっと短い可能性もあるでしょう。

はっきり言いますとメンテナンスフリーで25年は、常識的な数値ではありません。LEDバックライトでも、輝度を落として10年持てば良いでしょう。後は、パネルというより、半導体パーツや、冷却ファンの寿命、そして半導体基板がどれほど持つかの問題です。
今の液晶にしても、プラズマにしてもロジックとして登載されている、職人芸が光るメカニカルな部分はほぼありません。そのため、基本はパソコンと同じ技術が使われています。

結果的に価格が安く、高画質で、高性能なグラフィカルメニューや、高度なイコライザサウンド、画質調整などが登載されます。しかし、それは逆に言えば壊れる原因は、コンデンサや半導体パーツに依存する可能性が高いことを意味します。
熱(消費電力)の問題とサイズの問題をクリアさえすれば、プラズマと液晶なら、プラズマの方が現実には軍配が上がるはずぐらいの代物なのです。

そういうことを考えると、液晶だjから長持ちとは限りません。ただ、輝度面での寿命と焼付きでは液晶がコスト面でリードします。後は、現行のバックライト液晶の次であるEL素材がどれだけ進化するかに委ねられるでしょう。

液晶テレビの寿命は、バックライトの寿命が輝度の半減でだいたい5年ほど(5万時間~8万時間ほど)です。これは、CCLF(冷陰極管)であってもLED(発光ダイオード)であっても大差はそれほどありません。ただし、CCLFは輝度が低くとも、寿命はほとんど大差ありませんがLEDの場合は輝度を抑え温度が低く抑えられると、半導体と同じ設計手法を採っているため、発熱が減少し、寿命は場合によっては倍以上に延びるケースもあります。即ち、ピクチャーとブライトネスを暗めにすれば、輝度寿命が若干なり延びる可能性があ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報