APECで宣言された、ボゴール宣言について教えてください。

今後の段階的関税引き下げなどを決めたらしいのですが、
内容について知っている方、
小さなことでもいいのでお願いします。

p.s.ドゴール宣言ではなくてボゴール宣言でした。
失礼しました。

A 回答 (1件)

こんにちは。


下記URLに、概要があります。
ご参考になると良いのですが。

参考URL:http://www.ckp.or.jp/apec/basic/gaiyou_d.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAPEC

APECの正式な名前と日本語訳を知っている方にお願いします。

これはアジア太平洋経済協力機構?

ですか?

いや、正しい名称を教えて下さい。

Aベストアンサー

とりあえず 外務省の説明より
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/apec/soshiki/gaiyo.html

APEC(アジア太平洋経済協力:
Asia-Pacific Economic Cooperation)

Q中国の預金準備率引き下げについて

中国の預金準備率引き下げについて、この時点で引き下げてくるというのを予想できた人は少なかったと思うのですが、これからどうなると思いますか?
預金準備率引き下げ(金融緩和)→バブル崩壊の防止→インフレの助長→更なる経済格差の拡大

この政策では、強きものを守り、弱きものを切り捨てるような気がするのですが、世界の工場として、安い労働力で発展した国が、インフレの助長のような政策を取ったら、暴動でも起きるのでは?と思うのですが、それ以上に景気後退の危機感が強かったとのことでしょうか?

もう世界中が、今のシステムにていっぱいいっぱいになってる気がして、
崩壊する期間をただ先延ばししてるような気がしてならないです。。

皆様は、世界のこれからの鍵を握りそうな、この政策をどう思いますか?
それとも大したことはないでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

中国の(上海の)不動産バブル崩壊はすでに昨年に起こり、そしてそのバブル崩壊後処理もなされました。つまり中国のバブル崩壊はすでに終わっています。

普通の民主主義国において資産のバブル崩壊が起これば、そこから信用リスクが高まって資産デフレや金融収縮へ向かい、経済システム破綻崩壊の危機に陥ります。

ところが中国は民主主義の国ではなく通常の資本主義国でもない一党独裁の国であるため、金融収縮に対し「金融収縮してはいけませんよ」との命令をだして、それで貸出が増えて金融収縮など起こらないという、何とも笑えるほど合理的なことになっています。共産党が金融機関に貸出抑制をやめ積極的にお金を貸し出すように命令が出され、それで各金融機関は一斉に貸出を積極的に行うという自体です。通常の国同様のバブル崩壊からの多くの矛盾を噴出するわけですが、一党独裁の力技でねじ伏せてそれで済んでしまうのが中国という訳です。

QAPECの活動と私たちの生活について

APECの活動と私たちの生活について

APECの目的として、「貿易の自由化・円滑化」とあります。
これは、私たちの生活の身近なところでどんな効果や影響をもたらすのでしょうか。

私は貿易の自由化、という言葉の意味がよく理解できていないところもありまして、よく分からないのです。
できれば、生活に身近なところで教えて頂きたいです。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

APECがどんな決議をしても、二国間ないし多国間で「条約・協定・覚え書き」等の国際・国内法規上強制力のある決定が国会(条約・法律)、閣議(政令)、各省庁(省令・規則)で決まらないと、実際上「念仏」にしかなりません。
だからAPECと同時に「裏」で行われる首脳交渉の方が重要なのです。

Q今後東京化が進む地域について 今後、地方活性化によって東京化(というか東京と変わらない位都会化)が

今後東京化が進む地域について

今後、地方活性化によって東京化(というか東京と変わらない位都会化)が進む県はどこだと思いますか?実際に今自分の地元に活気がでている!移住者が増えてる!とかの実感でも構いません。今後の移住先検討として参考にしたいので教えてください^^

Aベストアンサー

東京化とは
1.高層ビルおよび、下駄ビル化のこと
※下駄ビルとは1Fが店舗のビルのこと。

田舎では高さ規定があるのでまずそれがあるかないかで違います。

2.地下鉄と環状鉄があること
3.新幹線が通ってること
4.高速道路のジャンクションが近くにあること
5.卸売市場と青果市場と魚市場があること

Qムーディーズによる日本国債の引き下げについて

今回のムーディーズによる日本国債の格付け引き下げの妥当性について、

どなたか、教えてください。。。

Aベストアンサー

No.2の方のたとえ話を、私なら少し修正します。

収入よりはるかに多いお金を使いつづけ、
年収の10倍の借金がある親がいます。

でも、その親は子供は貯金しているから大丈夫だと
言い張ります。(もちろん子供は国民です)

子供は親を見限る事もできますが、
親の知り合いにばかり貯金していますから、
親が強引にこの貯金をチャラにすることができます。
(ハイパーインフレなどで)
今も、自分の利払いを減らすために
子供の貯金の金利を減らしているんですから、危なくなればやるでしょう。

で、この親に貸してよいかどうかを評価しているのが
格付け会社の国債に対する格付けです。

この低金利下で年に30兆円(年間税収の半分)も
国債が増加した事、これを見ても、親の放蕩ぶりが伺えます。

格付け会社に文句を言う前に、生活を改めるべきでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報