私の家の壁や天井裏に入れてある「ロックウール」という断熱材のことですが、アルミホイルのセメント袋のような形態で中に綿状の線維が入っています。ロックウール工業界のホームページで見ましたら「JIS A 9521 住宅用 人造鉱物繊維断熱材」に分類されているものだと思いますが、成分の説明がありません。 先日、家庭内LANケーブルを敷設するために天井裏に入って(暑かったので裸で、マスクもせず)たまったホコリだと思うんですが、吸い込んでしばらく咳がでて、皮膚がちくちくしました。 中脾腫の潜伏期は20年くらい?でしょうから、天寿の方が先ですので私自身は恐れていないのですが、子どもや次世代の家族が毎日天井裏から落ちてくるアスベストを吸い込み続けるのではと心配しています。 で、質問「断熱材「ロックウール」はアスベストでしょうか?」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ご質問の内容に関しては下の方々がお答えになっているように、ロックウールは「岩綿」、アスベストは「石綿」であり、繊維の大きさが違うので人体に影響が無いとされているものです。



ただし、goo_s_gooseさんのお宅に使われているのは、

>アルミホイルのセメント袋のような形態で中に綿状の線維が入っています。
>皮膚がちくちくしました。

という事から察するとこれはグラスウール(ガラス繊維)です。繊維そのものは致命的な原因にはなりませんが、袋が破れているという事は、グラスウールのバインダー(つなぎ材)であるフェノール樹脂からホルムアルデヒドが放出されているはずです。別の視点で(シックハウス症候群)ご注意ください。
    • good
    • 4

ロックウールとアスベストの違いは他の方が書いています。


しかし、#4の方の参考URLにもある様に、昔のロックウールには、アスベストを混ぜているものがあります。
ですので、ロックウールであるから安全とは言えません。

今回、質問者さんの自宅で使用しているJISA9521のロックウールについては、現行の規格ですので混入はされていないでしょう。
    • good
    • 2

下にロックウール工業会のHPを添付しました。


Q&Aをヒットすれば、成分や石綿との違いもわかるはずです。
ロックウールは基本的には石綿が体に害があると解ってから、それにとって変わった商品ですので、問題はないですよ。

参考URL:http://www.rwa.gr.jp/HtmlFiles/FAQ.html
    • good
    • 1

アスベストは『石綿』。



ロックウールは『岩綿』。

言葉は似てますが、マッタク違う物だそうです。

ロックウールの繊維はアスベストに比べてはるかに大きいので肺がんなどの原因にはならないと言われてますが、果たしてどうでしょうか?

あと何年かして、やはり危険でしたなんてことにならなければいいのですが。
    • good
    • 2

ロックウール自身は、石綿とは違うようですが、石綿含有ロックウールという商品もあるようですので、私も、実は、本当のところが解からない状態です。



石綿も成型品をそのまま、成型状態ですと、それほどの危険性は無いとも言われていますが、その商品も、カットしたり、割ったりすれば、内部の石綿が飛散するとのことです。20年前製造中止になったときは、100%石綿製品のみ、チェックされましたが、石綿含有成型製品は、まだ、未発見のものは、多いと思われます。

外観のみでは、判断が難しいですね。
    • good
    • 0

ロックウールはアスベストとは異なります。


下記を参照してください。

参考URL:http://www.rockwool.co.jp/q_and_a.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【断熱材】グラスウールとロックウールの違いを教えてください。

【断熱材】グラスウールとロックウールの違いを教えてください。

Aベストアンサー

http://www.mx-eng.jp/cpu/column/theme01/column01.php

Qグラスウールとロックウール、断熱材としてはどちらが優れてる?

現在、断熱材としては、広くグラスウールとロックウールが用いられていますが、どちらの方が優れているのでしょう?、断熱性能だけでなく、経年劣化とか(グラスウールは湿気を吸ってへたるとか聞きますが)差があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

硝子繊維協会
http://www.glass-fiber.net/index.html
「断熱対策 VSロックウール」を見てください。

ロックウール工業会
http://www.rwa.gr.jp/index.html

住宅用の断熱材はグラスウール(黄色いもの)ばかり見かけますね。
鉄骨の耐火被覆は吹付けロックウールが多いです。
両者は特徴別に使い分けられていると思います。

Q断熱材 断熱ウール材について

陶芸の電気の窯を使用しています。
フタにとりつけてある断熱ウール材がとれてしまったので
交換しようと思ったのですが、
ホームセンターなどにおいてある安価な断熱ウール材と書いてあるものと
陶芸の電気窯用の断熱ウール材とは、ちがいがあるものなのでしょうか

窯の中は1250℃まであがります。
電気窯のフタについていた断熱ウール材の色は白いのに対して
ホームセンターの方の断熱ウール材は黄色でした。
もし、ちがいがなければ、消耗品なのでホームセンターの安価なものを購入したいと考えています。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

ホームセンターにある黄色い断熱材って言うのはグラスウールのことでしょう。
一般に出回っているのは下記のように常温での使用を前提にしています。
http://www.afgc.co.jp/faq/faq_performance01.html




超高温用は昔はアスベストでしたが今はこのような製品ですね。
http://www.nichias.co.jp/products/fireinsulation/fiber/high01/index.html



グラスウールでは事故になるかもしれませんから止めておいた方がいいですよ。

参考URL:http://www.nichias.co.jp/products/fireinsulation/fiber/high01/index.html

Q天井裏断熱改修、グラスウールの追加について

現在、天井断熱されており、グラスウール10K100mmが入っています。(室内側防湿フィルム、天井裏側透湿フィルム)
断熱性能が低いため、自分でグラスウールを追加しようと思っています。
安価に抑え施工を簡単にしたいので、ホームセンターの壁用で販売されているフィルム付き100mmのグラスウールの使用を考えています。
これを現在のグラスウールの上に並べておいて、トータルで200mmとしたいのですが、問題はあるでしょうか?
気になるのが、従来のグラスウールの上面(透湿面)に、追加のグラスウールの防湿面がくる形となってしまうため、もし部屋から天井を通ったきた湿気が従来グラスウールを通り抜けようとしても、追加したグラスウールの防湿面があるため通り抜けられず、結露するのではないかと心配です。このような追加は止めたほうがいいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

我が家も自分で10K100mmの上から
同じ10k100mmのグラスウールを追加しました。
当初同じ疑問を持ちグラスウールメーカに問い合わせしたところ、
湿気の滞留も考えられる為、重ねるグラスウールの防湿シート面を
剥がしてから重ねるようにと指示をうけました。

断熱性能を発揮する為には隙間無い施工と間仕切り壁などの
通気止めの施工が重要です。
施工方法などは硝子繊維協会のHPをご覧下さい。

夏場の屋根裏に対する効果的な方法は、
棟換気などの効率の良い換気と遮熱です。

追加したことにより体感的な違いまでは感じられませんが、
天井面の温度はほとんど室温と変わりませんし
エアコンの設定温度も28~29度で十分です。

参考URL:http://www.glass-fiber.net/

Q断熱材ロックウールの袋のやぶれについて

新築中で質問があります。
建築に詳しい方意見をお聞かせお願いします。

断熱材にはロックウールを使用していますが、ロックウールが入っている袋が破れているものがありました。
又、柱と柱の狭い空間にはロックウォールを切って入れています。よって切断面は袋に覆われていない部分となります。
ここで心配なのがロックウールがむき出しでも問題はないのでしょうか?
もし問題がある場合、エアコンを新築後につけるため配管の穴を開ける場合、その部分のロックウールはどうするものでしょうか?
ご意見をお聞かせお願いします。

又、エアコンを取り付ける部分には下地をいれておいたほうが良いのでしょうか?
入れなくても全然だいじょうぶでしょうか?

Aベストアンサー

住宅用ロックウール断熱材の施工要領では切断部などで
防湿フィルムをはがした部分元に戻す様になっています、

断熱材の袋は 室内側は密閉された防湿フィルムですが

室外側は小さな穴が空いたフィルムになっています、

壁下地などに隙間なく しき込事で室内の気密を上げているならば

それが破れてむき出しになっている状態は問題が有りそうです。

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/constneo.html

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/consthm.html

http://www.jfe-rockfiber.co.jp/products/ammat.html

施工時にカッターナイフで 内部の断熱材と外部の防湿袋をカット

してしまったのでしょう。


エアコンの取り付け部分ですが できるなら コンパネで下地を

入れておくと室内機取り付け時に背板がしっかり固定できGJです、


後施工で穴をあける場合は 室内から穴あけの位置決めを行い

外から外壁だけをくり抜きフィルムをカットしてロックウールを

取り除き室内のフィルムを外向きに広げ貫通スリーブを入れる様な事になります、


工事段階でエアコン取り付け位置をしっかり出せるな先行して貫通スリーブを

入れておくことも可能です。

住宅用ロックウール断熱材の施工要領では切断部などで
防湿フィルムをはがした部分元に戻す様になっています、

断熱材の袋は 室内側は密閉された防湿フィルムですが

室外側は小さな穴が空いたフィルムになっています、

壁下地などに隙間なく しき込事で室内の気密を上げているならば

それが破れてむき出しになっている状態は問題が有りそうです。

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/constneo.html

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/consthm.html

http://ww...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報