忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

アスベストが心配。浴室床 磁器タイルの接着剤はどのようなのを使うのでしょうか?

浴室の床のタイルの目地部分が所々欠けてきています。

仕様書を見ると
ユニットバス ステンレスパン 磁器タイル貼
と書いてあります。

ユニットバスの床がステンレスでその上に磁器タイルを貼っているという事でしょうか?

接着剤のアスベストが気になります。
一般的にどのような接着剤を使うのか教えて下さい。

接着剤にアスベストが含まれているとして、
やはり飛散を心配しないといけないでしょうか?
毎日 浴室マットを敷いてシャワーを浴びています。

また、どのように修理をすればいいのでしょうか?

詳しい方 ご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

床のタイルの目地部分に接着剤なんて使わないから心配ないです。

    • good
    • 0

接着材にアスベスト製品がつかわれているのですか?


いつのユニットバスなのですか?
昭和50年アスベスト製品は既成されたと思いますが?
その後各メ-カ-は対応しておそくても10年間ぐらいですべてなくったと思いますが?
住宅等に使用UB(ユニットバス)がでたのはそれよりあとと記憶しているのですが?
現在は通常ステンレスでも鉄でもタイルをはることができます。
通常はカチオンタイトというものを塗りその上に下地モルタル等を塗り接着材タイルを貼ってしあげております。
叉現在は接着材もF☆☆☆☆(ホルムアルデヒド対応)あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昭和50年に規制されたのは吹き付けアスベストのみのようです。

昨日、接着剤に関して、このようなページを見つけたので、
問い合わせをしました。

http://www.jaia.gr.jp/press2_file/20070111.pdf

やはり年代により使われている可能性はあるとの事です。
ただ、機械や工具等で解体しない限りは
(少々の欠け)心配ないそうです。

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/11 00:01

ホルムアルデヒドとの勘違いでしょうか?


その場合はF☆☆☆☆表示のものが安心できるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホルムアルデヒドも気になりますね。

家を建てたのは、表示義務がなかった時なので(泣)

ありがとうございます。

お礼日時:2010/06/10 23:54

アスベストは石綿の事です。


一般的に使われた白石綿は蛇絞石と言う石で危険度は低い石綿です。
危険度の高い青石綿の使用例は少ないと言われてます。
まず、石綿を接着剤に使用する事はあり得ません。
タイルの目地を補修するのでしたら、シリコンシーラントと言うコーキング剤がお勧めです。
色はタイルの目地に合わせて選んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

残念ながら、アスベストは色色んなところで使われていたみたいです。

http://www.jaia.gr.jp/press2_file/20070111.pdf

ホームセンターで探してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/10 23:51

アスベストを誤解しておられるようです


接着剤にアスベストを使いません
アスベストは断熱材であり接着剤に混ぜて壁などに貼り付けたのです
タイルの目地はセメントです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

残念ながら、アスベストは色色んなところで使われていたみたいです。

http://www.jaia.gr.jp/press2_file/20070111.pdf

目地はセメントでうめればいいのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/06/10 23:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお風呂場のアスベスト使用について

我が家は築21年の鉄筋コンクリート一戸建てなのすが、
お風呂場にアスベストが使用されています。
壁に細かいカビのようなものがあり、それがアスベストなのであまりこすらないようにと点検の際に言われました。
こするなと言われても、こする程度で飛散してしまうと考えるととても怖いです。
調べたところ、吹き付けアスベストでなければさほど神経質になる必要はないとのことでしたが、
こするなと言われたということは危ないということですよね…。
とても心配で怖いです。
また、キッチンにも使用されているみたいです。
吹き付けは70年代に原則使用禁止になっていますが、我が家はどのような状態で使用されているのでしょうか。
とても不安です。
詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。建築関係の者です。

お話の文脈から考えますと、恐らく「石綿板」のことを仰られているのでしょうか?
もし石綿板のことであれば、その主な目的は建築基準法にもありますが「耐火・防火」で、一般的には浴室やキッチン周りに使用します。

石綿板であれば築21年のご自宅でも使われている可能性がありますが、点検の際に言われた通り「過度の衝撃」によって粉塵が飛び散ってしまうような状況にならない限り心配する必要はないかと思います。

例えば、マンションのバルコニーとバルコニーを仕切る隔壁がありますが、あれは「珪酸カルシウム板」というものになり、「石綿板」もまたそういった「成形板」の類になります。あの隔壁は、火災の際に体当たりして避難することが前提となっています。浴室やキッチン周りで体当たりする程の衝撃が起こり得る環境ならば話は別ですが、基本的にはそのような環境はあまりありません。

恐らく、点検された業者さんが言いたかったポイントはそこだと思います。ただ「アスベストが使われています」と言われても恐怖ですよね(笑) 業者さんの説明不足でしょう。


仮にもし吹付けアスベスト(石綿)のことでしたら、築21年の鉄筋コンクリート造で、お風呂場にアスベストというのは、まずそもそもその状況が考えにくいです。吹付けアスベストというのは、主に鉄骨造の耐火被覆や防音・断熱などを目的に使いますが、あえてわざわざお風呂場のRC壁に使用するのが考えにくいです。

アスベストは、1975年を最後に原則として禁止になり、その後はロックウール(岩綿)が主流となっており、似ていますがこちらは発ガン性物質を含まない材料です。禁止後数年間だけは、ロックウールに多少のアスベストを混合していた話も聞きますが、それを考えても築21年には及びません。


「石綿板」のことだと思いますが、もしどうしても心配ならば、部分リフォームを承っている業者さん等に「下地壁の交換」を相談してみてもよいのではないかと思います。詳しい業者さんは解りませんが、インターネットで探せば見つかると思います。

長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。

はじめまして。建築関係の者です。

お話の文脈から考えますと、恐らく「石綿板」のことを仰られているのでしょうか?
もし石綿板のことであれば、その主な目的は建築基準法にもありますが「耐火・防火」で、一般的には浴室やキッチン周りに使用します。

石綿板であれば築21年のご自宅でも使われている可能性がありますが、点検の際に言われた通り「過度の衝撃」によって粉塵が飛び散ってしまうような状況にならない限り心配する必要はないかと思います。

例えば、マンションのバルコニーとバルコニーを仕切る...続きを読む

Qアスベスト(石綿)を含む壁の見分け方

我が家(2階建て一軒家)の室内の壁の一部が砂壁なのですが、
アスベストを含んだ砂壁状吹きつけの壁があるということを知って、そうではないかと不安になりました。
見た目でアスベストを含むものなのかそうでないのかを見分ける方法はありますか?
築約30年です。
よろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

確かに見てもわかるとは思えないです。
このページには写真が豊富にあり、解説もついています。

参考URL:http://www.asbestos-center.jp/asbestos/byphoto/

Q建具の枠見込について教えて下さい。

建具を選択する際ですが、内部建具、サッシともに枠見込によって枠を選択します。例えば、内部建具の場合、固定枠90、155、169などとありますが、訳も分からず壁厚を上回る寸法で枠見込を選択しています。どなたか意味が分かれば教えて下さい。すみません、建築の知識が乏しいので、噛み砕いて説明して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

1の方がお答のように壁の仕上げ面から枠の端(ちり寸法)をどの位とるかで内部建具の見込みを決定します。例えばLGSで45角のSTUDを使って12.5mmの石膏ボード両面仕上げの場合壁の厚さは45+12.5x2=70mmとなります。これに90mmの枠を取り付けると(90-70)/2=10mmがちり寸法となります。ちりは10~15mmくらいが普通ですからこれでOKです。このように、柱(あるいは間柱)+両側の壁の仕上げ厚に10x2~15x2を合計したものが枠の見込み寸法となります。


人気Q&Aランキング