なぜ100vと200vと電圧を使い分けているのですか?またそのメリットはなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

>ですから、100Vの半分の電流で済みますし、電気料金も安いです。



200Vだからといって、別に電気料金は安くなりません。
電気料金は、電力量(kWh)で算出しているため、電流が半分になっても機器のワット数と使用時間が同じであれば、電気代は変わりません。

電力量(kWh)=電力(kW)×時間(h)

200Vが有利な点は、同じ配線の太さでも100Vの2倍の電力(W)を送る事ができるため、配線太さを変えずに出力の大きい機械を使える点です。

全て100Vだけの場合、大きな機器を動かすためには、太い配線と容量の大きなブレーカーが必要になります。
その分、配線にお金がかかってしまうという訳です。

例えば、3000Wの機器を動かす場合、
200Vなら、15A流せる配線とブレーカーを付ければ良いが、100Vだと、30A流せる太い配線と大きなブレーカーを付けなければなりません(実際には、機器容量よりも大きめのブレーカーを付けます)。

そのため現在では、対地電圧が100Vのまま、必要があれば、安全に200Vが使える単相三線式100V/200Vの配線が一般的になっています。
    • good
    • 7

200Vのメリットが多いので100Vのメリットを中心に・・



100Vの場合、感電のリスクが少ない事、絶縁の設計が容易、感電防止のための機器側の接地抵抗ゆるくできる、などが考えられます。
(現在では絶縁材の発達で昔ほど差はないですし、漏電遮断機も高性能になっているので接地抵抗の著しい優位性ではないかもしれませんが)

昔のことで当事者ではないので推測ですが、・・
最初のころは、
1)主な用途が電灯数個で大電力が必要なかった
2)木造、多雨、絶縁材料の性能が良くない、ヒューズでの過電流を防止するのみで漏電遮断機が無い状況では感電や漏電のリスクが少ない100Vのほうが有利(別の理由かも知れないが昔に民家の屋根裏の配線はヤクルトのビンくらいの碍子に単相の配線を1本ずつ分けてしていたのをみたことがあります。当時のレベルが感じられます。)

こんな理由で一般家庭用は100Vになったのではと思ってます。
(50/60Hzみたいに別の理由かもしれませんが・・)
    • good
    • 2

間違った回答をされている方がいますので、補足させて頂きます。


感電は200Vの方が危険です。
電流が100Vより少なくなるのは、仕事量(W)が同一であるとき、電流値が半分程度になるということです。
同じ抵抗値(Ω)の場合、電流は電圧に比例しますが、間違った回答によると、電圧が上がるほど安全になることになります。対地電圧で比較して同じであるといいのは一つのケースであって、線間を短絡するような回路形成で感電した場合は、危険度が増します。
    • good
    • 5

純粋に効率を考えれば200Vに統一したほうが良いのですが、既存の配線設備や電気機器の多くが100V対応なので、すべてを切り替えるのは現実的に不可能ということで、次善の策として用途に応じて使い分けているわけです。



ちなみに、最近は単相3線式200V対応の配線が増えているので、機器毎の200Vへの切り替えは極めて簡単にできます。

単相3線式200Vの場合、電圧線の対地電圧は100Vなので、危険性については100Vと同等です。
http://www.tepco.co.jp/life/custom/q_and_a/setub …
    • good
    • 2

感電の時、電圧は無関係で「電流」のみが関係する。



こうなると、200Vの方がむしろ危険が下がるのです。

同じ100ワット出力でも、100Vは1A。
200Vは0.5A

大出力を必要とする大型機械の場合、200Vを選択した方が、発熱ロス、効率(電気代)、安全と有利だからです。
    • good
    • 0

最初国内で家庭で電気が普及するときに100Vだったので電気製品の殆どが100Vのために100Vがあります。

しかし大電力を使用する機器が多く出始めた為に200Vを扱う機器がでてきました。200Vにすると電流が半分になりロスが減り電線も細くなります。ヨーロッパでは、パソコンも蛍光スタンドもテレビも200Vを超えています。国内のノートPCや髭剃りの一部などでも230Vや240Vまで対応しています。単に日本が電気が普及するとき100Vに統一した為です。 しかし200Vを使用するものは家庭ではエアコンの一部とIHクッキングヒータ程度ですので100Vは統一電圧で200Vは大電力用として2つあります。

参考URL:http://www.swallow.co.jp/world.htm
    • good
    • 0

多くの海外のように200~240Vにしてもよかたのでしょうが、市場に照らしてそれが物理的に(移行、変更)出来なかったから、日本では使い分けが顕著になったのではないでしょうか。



逆にいうと、明治時代の頃政府は電圧に関して規格をどうするか考えた際、すでに民間経済(企業)が先に100Vの電球などをかなり普及させてしまっていたため、100Vに統一したという話は聞いたことがあります。
その時に200Vに無理にでも以降していたら、日本のメイン電圧は200Vになっていたかもしれません。

ちなみに200V台の海外でも、ホテルなどでは110Vのコンセントを用意しているところは多いです。100~120V対応のシェーバーを持ち歩く人が多いからだと思われます。
    • good
    • 0

No.3です。



電流をたくさん流すと、配線での損失が出て、省エネに逆行するというのもあります。

なので送電線などはできるだけ高電圧になってます。
    • good
    • 0

配線容量ですね。



200VはIHクッキングヒータとか大電力機器に使う場合が多いです。

例えば消費電力1000W(1kW)だとすると、100Vだと、電流が10Aも流れますが、200Vだと5Aで済みます。

電気配線は、電流に応じて太くしなければ容量が足りなくて発熱して火事などが危険です。

10Aと5Aでは配線の断面積で2倍もの違いが出てくるわけです。これは安全性もそうですがコスト的にも重要。
それに太すぎると線を曲げたところが劣化して発熱する場合もあり。

とにかく大電流を流すというのは危険なので、200Vも使ってるんですね。
    • good
    • 0

電圧を高くすると、それだけ大きな電力を少ない電流で送る事ができるから…では。


例えば10A流せる(それ以上は電流が多過ぎてケーブルが焼け落ちる)電線があった場合、この電線に200Vを掛けた場合は、100Vで20Aを送電した場合と同じ電力が送れますし。

ただ日本では現行の家電製品は概ね100Vで動くよう設計されているので、200Vの電源に繋いだら「電気が流れすぎて」壊れちゃいますけど。

工場の工作機械は大量に電気が必要なので、細い電線で多くの電力を送れる様、200V単層とか三層交流が供給されていますね。
で、工場用の機械は最初っから200Vで動くように設計されてるので壊れることも無く動く。
この辺りは過去の質問に詳しい話を見つけました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=670884

ただ最近では、IHクッキングヒーターのように、家庭内でもある程度大量の電力を必要とする機器が出てきたので、それ専用に200Vが供給される場合もあるようで。

なんか日本の家庭用電源が100Vなのは「昔からの慣習」による所が大きそうです。
世界では色々な電圧で供給されてますね。

参考URL:http://www.p-alpha.co.jp/flag/volt/volt_top.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧不平衡率とは?

(3相の)電圧不平衡率について教えてください。

電気工学ハンドブックでは、電圧不平衡率は、単に
逆相電圧÷正相電圧 としか書いてありません。

まず逆相電圧÷正相電圧の物理的意味もよくわかりません。
なんで上記の式で求められるかもわかりません。

電圧計で3相の線間電圧のみわかっていたとして電圧
不平衡率はどのようになりますか?

Aベストアンサー

正相電圧は三相の相順どおりに回っている平衡電圧成分、逆相は電圧の大きさは平衡してるのだけど、相順が逆に回ってる成分ですね。両者(と零相電圧)の和で、任意の三相電圧をあらわすことができると。
で、逆相電圧/正相電圧 というのは、電圧不平衡率の定義式かと。

三相の線間電圧がわかっていれば、(+電圧には歪が無ければ)
・各線間電圧を辺とする三角形を書く。
・(とりあえず、零相電圧は0と仮定して、)三角形の重心を基準点とする。
・基準点から三角形各頂点までのベクトルが各相の電圧
・各相の電圧と位相差が決まるので、正相電圧、逆相電圧を計算できる
・これから不平衡率を求める。
という手順で算出できるかと思います。
(零相電圧を0と仮定せずに、基準点を任意に置いても正相、逆相電圧は求まるような気もするけど、、)

QAC200Vの電熱線にAC100Vを流した場合

AC200V 500Wの電熱線があります。
この電熱線にAC100Vを流した場合、電熱線の出力はいくつになりますか?
また、100Vの場合、何Aの電流が流れますか?

電熱線の接続に必要な電線の許容電流を調べたいので、100V時の消費電流が知りたいです。
200V時、500Wなので、2.5A
同様に、100V時は、500/100=5A?

100V時も同様に、電熱線は500Wの出力をするのでしょうか?
何となく、200V時よりも出力が低下する気がしました。

接続する電線の許容電流が高くなるだけで、電熱線の出力は同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

 電熱線はよくコイル状になったりしていますが、交流の周波数が同じなら、コイルの抵抗(インダクタンス)が同じで、電熱線の電気抵抗も電圧(最終的に温度)に関係なく一定だとします。

 200Vのとき500Wですから電流は、500÷200=2.5A流れています。すると、抵抗は200÷2.5=80Ωです。

 100Vにすると電流は、100÷80=1.25Aとなり、電力は100×1.25=125Wです。200Vのときの1/4になります(※要は抵抗が同じなら、電圧が半分になれば電流も半分になり、電力は電圧×電流なので半分の半分で1/4になるということです。

P.S.

 以下、実際にやるのは危険ですが、思考実験、あるいは予想として。

 もし電熱線を半分の長さにすれば(それでリアクタンスが変わらないとして)、抵抗は1/2になり、電流は2倍になりますから、100Vのときには電流は1.25A×2=2.5Aとなり、電力は250Wで200Vのときの半分になります。電熱線の温度は200Vのときと同じになります。電熱線メーカ・販売元の保証外、さらには禁止事項であると思いますが、工学的に考えると電熱線の温度は200Vと同じになるはずで、電熱線は耐えられそうです。

 もし電熱線の長さを1/4にすると。抵抗も1/4になり、電流は4倍です。電力は電熱線が耐えられれば500Wになりますが、過熱で切れる恐れが多分にあります。電熱線の温度は200V時よりずっと高くなり、その点でも危険です。

 電熱線はよくコイル状になったりしていますが、交流の周波数が同じなら、コイルの抵抗(インダクタンス)が同じで、電熱線の電気抵抗も電圧(最終的に温度)に関係なく一定だとします。

 200Vのとき500Wですから電流は、500÷200=2.5A流れています。すると、抵抗は200÷2.5=80Ωです。

 100Vにすると電流は、100÷80=1.25Aとなり、電力は100×1.25=125Wです。200Vのときの1/4になります(※要は抵抗が同じなら、電圧が半分になれば電流も半分になり、電力は電圧×電流なので半分の半分で1/4になるということで...続きを読む

Q物体に印加可能な電圧の限界について

物体に印加可能な電圧の限界について

こんにちは、
ある物体Aに、高電圧を印加しようとした場合、物体Aが伝導体でも絶縁体でも、印加可能な電圧の限界があるのでしょうか?(高電圧発生装置自体は、無限に出力可能とします。)
(1)高電圧発生装置⇒導線⇒物体A⇒導線⇒高電圧発生装置とした場合、物体Aに超高電圧を印加する場合、導線には高電圧が印加され短絡し溶ける。
(2)導線が短絡しないように、抵抗値を増やす。すると導線の電圧が上がる。
(3)全体の電圧の按分により、元々物体Aに印加する予定の電圧が下がる。
(4)予定の高電圧発生装置の電圧を上げる。
(5)(2)⇒(4)の繰り替えし。

Aベストアンサー

下記以下のように考えてみてはどうでしょうか?

電流=電圧/抵抗でRが小さくなり発熱するのは、導線間の電圧が一定のときの話(ショート)です。
今高電圧装置からある一定の電流(ACかDC)が供給されるため、電圧=抵抗×電流により
導線間に電圧が生じます。よってこの場合、発熱=電圧×電流=抵抗×電流×電流

ですので、抵抗が大きいと発熱します。抵抗を小さくすると
(2)導線が発熱しないように、抵抗値を減らす。すると導線の電圧が下がる。
(3)全体の電圧の按分により、元々物体Aに印加する予定の電圧が上がる。


>電流=電圧/抵抗なので、電圧は関係あると思います。
>発熱=電圧^2/抵抗
>とも書けますので
 上式から電流と抵抗の関係を考える場合は、導線に流れる電圧は変化しない時です。

>但し、導線が融けそうになっても周りを絶縁体で囲って強烈な圧力をかけて液体にならないようにすれ>ば、幾らでも電圧を印加できるのでは?と考えております?
 無理です。

Qコンセント(AC100V)にソケットにはめた豆電球(耐電圧9V)をつな

コンセント(AC100V)にソケットにはめた豆電球(耐電圧9V)をつなぐと

、、、爆発するって本当?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考URL
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1286180276/810

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
810+1 :名無しさん@十一周年 [] :
2010/10/05(火) 01:00:18 ID:rZDfBDmiO [携帯]


同じ小学4年生でコンセント(AC100V)にソケットにはめた豆電球(耐電圧9V)つないで
豆電球を爆発させたことはあるおれは阪大通ったw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Aベストアンサー

やったことあります。

パーンと音がして、ガラス部分に穴が開きます。破裂はしなかったです。
ガラス部分が多分タングステンが付いて、真っ黒となります。ガラスの内面なので
見た目鏡ぽくみえます。

Q3端子レギュレーターの入力電圧と出力電圧

3端子レギュレーターは、入力電圧が出力電圧+1.5V程度以上ないと定電圧にできないとのことですが、入力電圧が出力電圧に満たない場合の出力電圧はどうなるのでしょうか。
例えば、7805の場合、入力電圧が4Vであれば、出力電圧は4Vとなるのでしょうか。それとも、それより低くなるのでしょうか。

Aベストアンサー

メーカーのデータシートで調べるか、
実際に実験されてはいかがでしょうか。

手元のTA78L005AP(最大150mAなので参考程度に)のデータシートでは、
最小入出力間電圧差(つまり電圧降下) 標準1.7V(40mA出力時) となっており、
出力電流が増加すると電圧降下は大きくなります。
また、温度が低下しても電圧降下は大きくなります。

入出力電圧のグラフを見ると、4V入力時は、
出力1mAで2.4V、出力100mAで0.1V程度の出力となっています。

Q100Vポンプを200Vに変換して使用したい。

お馬鹿な質問していたらお許し願いたい。
現在、手元にほぼ同じモデルの6台真空ポンプが有りますが、
1台のみ200Vで使用してます。
ポンプの横の、出力表示を見ると、100V・8A
200V・4Aと表示が有るので、 100Vのポンプの根元部分から
電気コードを付け替えて200Vのポンプとしてできると思うのですが
どうでしょうか?? 間違ってますか?
100V・200V兼用ポンプと考えて良いですか?
来週、最終的には、電気屋さんに相談しますが、遊休品のポンプを
活用できると良いかと思うのですが??

ポンプのカタログが無いので調べれられないので、アドバイス下さい

Aベストアンサー

>100Vと200Vを並列並べて、同時稼動させてますが、大きな装置の真空スピードが200Vの方が早い気がするのです

気がするだけでなく、実際に差があるのならば それは

100V系と200V系の電源設備の違いです
供給電圧と電線の規格を確認してください
200Vでは100Vの半分の電流になります
同じ電線を使用していれば 電圧降下は半分になります
供給電圧が2倍ですから 4倍の影響になります

Q変圧器について教えてください 変圧器の定格電圧について分からないのですが定格電圧とは、 負荷を繋いだ

変圧器について教えてください
変圧器の定格電圧について分からないのですが定格電圧とは、
負荷を繋いだ時に変圧器の二次側から出ている端子に現れる電圧ではないのでしょうか。

http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h26/kikai/h26k_no08.html

この問題の図面の「定格二次電圧」は変圧器のインピーダンスの手前にあります。
これではインピーダンスの電圧降下した後の電圧が負荷に供給されてしまいませんか?
参考書には定格二次電圧はインピーダンスより後に書いてありますが…


また、参考書のように定格二次電圧が負荷に供給される電圧だとすると定格電圧+インピーダンス電圧降下分の電圧が二次巻線に現れるという事でしょうか。
しかしそうなると変圧器の容量(巻線の電圧×定格電流)が違ってきてしまうか定格電略が違ってきてしまうような。

Aベストアンサー

> 参考書の図面が合っていてこの問題の図面の「定格二次電圧」はおかしいということでしょうか
「定格」という言葉にだまされないように。
文章をよく読んでリアクタンスによる電圧降下を引いた電圧(添付図のαV2)を意味しているのか、降下する前の電圧(E1)を指しているのかを理解することです。それがわかっていれば騙されることはありません。ともかく言葉に騙されないように気をつけましょう。

このような誤解を防ぐため現場では「無負荷電圧」とか、「定格負荷電圧」と言います。前者はE1のこと、後者は定格負荷時のαV2です。
変圧器の理論ではE1が基準ですから本の著者によってはこれを定格電圧と言っているのかもしれません。ご存知のようにE1は変圧器の巻数で決まります。
ともかくどんな言葉であっても「どこと どこの間の 電圧」なのかを把握しておくことが大事です。

QAC100VからDC100Vを作る方法

先日、鉄道部品を入手しましたが「電圧DC100V」と書いてありました。
ここで質問させてほしいのですが、家庭用AC100VからDC100Vを簡単に作る方法はないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
部品を壊すといけないので少し・・

>電圧が無負荷で140V近くありました。上の説明通りにつないで起動させると100V近くまで下がるでしょうか?
 ・・・電流はそんなに流れていないと思います。
電流が流れなければ,おっしゃっている通り,ほぼ140Vのままです。

先の方の「実行値は100Vなので負荷をつなぐと100~110Vくらいになる」は
220μFに対して負荷電流が充分大きいと,近似的にそのような電圧になります。
でも負荷電流に関係なく瞬間的には140Vの電圧が部品にかかってしまいます。

こういう場合,普通は巻き線比が1:0.75~0.8くらいのトランス+数千~数万μFでDC100Vを作ります。
これだと負荷電流の大小に関わらずほぼDC100Vのままです。(と言っても安定化電源のようにはいきませんが・・)

以上,部品を壊すといけないと思って出しゃばっただけで,先の方との議論を目的とした回答ではありません。(念のため)

では。

Q負荷電圧と回復電圧をオシロスコープで測定できますか?

車のバッテリーなんですが、負荷電圧と回復電圧を測定することでバッテリーの寿命を予測できるとありました。
バッテリーアナライザは安くないし、理屈をみるとオシロスコープでも測定できそうな気がします。
来週オシロスコープが到着するのですが、測定可能でしょうか?

オシロスコープをバッテリーにつないだまま、エンジンをかけて、最低電圧(負荷電圧)と一定の電圧に回復(回復電圧)した電圧で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
基本的な理屈は、ご質問者さんが書かれているとおりではあるのですが、アナライザーでは同時にバッテリーの内部抵抗の測定や回復に要する時間などのデータも取り込んでバッテリーの現状や寿命の予測をしています。
オシロでも直流の電圧測定は可能ですが、画面では横一直線の棒線が0.5秒ごとに上下する様子を観測できるだけになるのではないでしょうか。(普通のオシロでの掃引時間は最大でも0.5秒程度だったはずです)
電圧の変化を観測するだけであれば、ごく一般的なアナログ(指針式)のサーキットテスターで電圧(指針)変化を見るのと同じことになりますので、そちらのほうが簡単ではないでしょうかね。

QDC100VをAC100Vに変換する方法

DC100Vの部品ををAC100Vにて使用したいと思っています。
部品は電磁コイルです。実際は60V程度で動作できます。
電流値は0.5A程度だと思います。

ダイオードブリッジ等で簡単なものでいきたいのですが、アドバイスお願いします。トランス無しも考えています。トランスなどもいいものが見つかりません。
また、販売しているところも、紹介いただけると助かります。

Aベストアンサー

電解コンデンサは電圧を上げたい時だけの処置。
電磁コイル系(マグネット、ソレノイド、クラッチブレーキ、電磁弁、他)は脈流で使用可、市販のDCコイル使用AC接続タイプはダイオードのみ(コイル電圧を低く選定、半波整流で平均電圧低減降下をうまく利用等)です。
今回はDC100V仕様コイルで供給AC電圧と同じ、半波では足りなくブリッジ整流を使う、コンデンサ無しから始めて必要時に付加して下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報