月と蛇は、関係ありますか?
 民間伝承、おとぎ話、古代信仰、何かを象徴したもとか。何でもいいです。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

「女性」を介した関係があると思います。

ただし、ひとつの伝承中でそのような関係のあるものは、私は知らないのですが。

仏教の五戒には「邪淫」がありますが、「邪淫の性」といわれるのは女性です。これは仏教を学ぶものが男性に限られたことが背景にあると思います。能の「道成寺」などがそうです。地獄には不邪淫戒を犯した男が落ちる、双頭の女の両頭蛇がいる池もあるとか。(↓最下段)
http://www.ai.wakwak.com/~kentaro/travel/kanagi/ …

蛇が昇華(レベルアップ、神格化)されると、竜の子太郎の母や、青森県田沢湖の「たつ子」のように龍になります。No.3の方が述べていらっしゃるように、道教系のジョカ(↓)が古来よりあり、その呪術を快く思わない仏教徒もしくは儒教徒が、女性と蛇を結びつけて悪としたのが始まりではないかと、私は思います。
http://www.edu.t.soka.ac.jp/~kkubota/goddess/lis …

邪淫とされるのは、雄の性器が入りこんだら離さない構造になっている部分であるからと言われます。また、蝮のように、子どもが親の体から出るときには親蛇と同じ姿(卵ではないということ)であったり、蛇の脱皮を繰り返す姿が「再生」の象徴であったりするので、子どもを産む(=命を再生産する)性であり、血を流し再生する生理のある女性と結び付けられているようです。ヘルメス、錬金術と関連する2匹の蛇の加えあう姿やらせん状に絡み合う姿は、この「再生」「無限」を象徴しているみたいです。またそこから「豊穣」を象徴もしているようで、もともとの大地の神である場合もあります。

大地、なんですけど、ご存知のように女性の生理は「月経」と呼ばれ、女性とはその性器の名前からもわかるように、陰陽で言えば、「陰」の存在だとされています。これは女性が「月」に大いに影響されると考えられていることと関連しているようです。

キリスト教と仏教において、「龍」およびその発展途上だと考えられる「蛇」の扱いが全く逆なのは、もともとの「地母神」的な存在である龍を二元論的に否定し、男性的に敵対化したキリスト教に対し、アジアではその陰陽を生かし、混沌のまま受け入れたところにあるのではないかと思います。こういったお話に関しては、小説の「創龍伝」(田中直樹)や「竜の柩」(高橋克彦)で脚色されています。

知っていることはそんなところですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 i-junkieさんのお話を拝見して、ピンとくることがありました。「かぐや姫」です。
 彼女は、前世で犯した罪が消える日まで地上に落とされていたそうです。この罪がどうやら「邪淫の性」ともいうべきものだった。竹を「蛇と似た生物」と考えれば(#4 obahukuさんのお話より)さらに関係ありと思われます。月からやってきて月へ帰る。母の子宮から生まれ再び子宮へと帰る。富士(不死)山も登場しますし。
 月=子宮=再生と復活=不死=蛇
 なんとなくつながった気がします。
*ご意見聞かせてください。

お礼日時:2001/10/29 18:06

三度失礼します。


やっと ご希望の 月と蛇 について 関係あるとしているものが見つかりました。

i-junkieさんがおっしゃるように【蛇】という本も持っています…ただ太陽と蛇の神話に関しては別の本にも載っていますから。単なる神話関係の本なのですけど…
解説関係以外手元にないので、調べるにも限界が…。


蛇と再生は関連があると考えられていますし、
女性は再生と関連があると考えられていますし。
あとは 蛇と月 ですが 女性を地母神 とし この結びつきを考える説がありました。
今回は「日本の神々」と言う本からです。(今までもなのですが、原文のまま はかけませんので…多少文を変えています。おかげでわかりにくくなってると思います)

土偶は多くが女性の特徴を示している。中には蛇の模様の取ってなどの装飾のあるものもある。そして土偶はこわしやすく作られている。
蛇が冬眠から目覚めることを、よみがえり。脱皮を若返り。毒蛇から死を人に与えるもの(毒にやられた状態を神がかり)と考え、生死をつかさどるものとして神格化し地母神と結びつく。原始時代の女性像の推測として『枯れては芽生え、死んではまた生まれてくる生命を、満ち欠けする永劫不死の月の運行と関連して考え、人たち生き物の生成繁殖を促す呪能を、月なる母性の生殖力に求める思想は後期旧石器時代にはすでに存在していたのではないか』と考えがある。土偶をこわすのも新たなる蘇り(欠けた月の復元)を予想してのものと考えられる(殺される女神の神話は存在する)。
幼児の甕棺葬;土器(大地の土から作られたもの)を母胎と見立て、その中に幼児を入れて葬ることは、児へのいたわりだけではなく、新しい命を生み出すものとしての女性像に願いを込、死んだ幼児の霊魂の再生を願ったものではないか。

と、しています。文の並びを変えたらさらにわかりにくくなりましたね~
この方の説は、再生に関して 太陽 ではなく 月 を持ってきています。

あと、蛇と月 に関して別の本でまた少し見つけましたので…

中国の馬王堆帛画の中に
人身蛇尾の神と共に、龍の背にのり月を支える常義(12の月の母)が描かれているそうです(でも月の中にいるのは蛙♪)

キリスト教から
月は 聖母マリアや十字架に欠けられたイエスの人間的な側面を表現するのに用いられている。月をつかさどる天使としてエリミエル ガブリエルなどがあげられる。
天使の中で階級のうち上に位置する 熾天使セラフィム という階級があります。
セラフィムの語源は「燃える」「蛇」
セラフィムの指揮官としては諸説あり 上記の ガブリエル も上げられています。(他の月の天使たちはよくわからないのですけど…)。そして女性とする説もあります。そして大天使が交代で自分の所属する惑星の影響を地上にもたらす、としている説でも ガブリエル は 月 に属しています。
また 墮天する前のサタン もセラフィムの指揮官としてあげられています。
サタンは巨大な竜、年を経た蛇と同格で黙示録にかかれているそうです。
そして サタン と双子 とされる 大天使ミカエル は太陽 に所属しています。

サリエルという天使は邪視・邪眼であったとされています。彼の役目は「人の霊魂を監視する」と「月をコントロールする」とされてます。この本で月に関して「月は創造→成長→衰退→破壊という、命の宿命をあらわす」「人間の霊魂は月に保管されていて、霊魂は、誕生時は月から送り込まれ、死す時は月に帰る」そのことから「地母神信仰」に結びつく ともかかれています。ちょ~とこの本は真面目な本ではないのでどうかと思うのですけど…。 ちなみにサリエルは人間に月の秘密を教えたからと…堕天使にされちゃってます…



あと蛇に関して
トグロ(渦巻き)巻く形を陰=女性 。姿を 陽=男性 とする思想があります。
で、竹は陽 になるのです。

天照大神ですが…女神…ではないでしょうか…
ある本では伊勢に祀られているのは、豊受大神とあわせて曼荼羅の二元論に呼応させ、天照大神は 日天子 にして 陰神 とされているみたいです。
あと別の本でも 日の妻=太陽の妻 であったものが やがて日神としてあがめられるようになった とされています。
それと、記憶からだけなのですが、卑弥呼から伊予への世代交代を 天照が岩戸に篭もり(卑弥呼の死)また出てきたこと(伊予)と関連付けて考える説もあります。

もっともこの手のものは諸説ありますし、だからこそ面白いのだと思いますけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 月と蛇は、その満ち欠けと脱皮の様子が「死・再生・復活=不死」の象徴のようだとわかりました。大収穫です。
 アイヌ語では太陽・月ともにチュプ(cup)といい、案外近しいのかもしれません。
 miyakoodoriさんをはじめ皆様方、長々とご教示ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 21:29

「蛇」「竹」「月」を調べてみました。



まず「蛇」ですが、古来日本では、福神として奉られてきてますね。白蛇の神様はポピュラー。お稲荷さんと同様に、神としても崇められ、また憑き物として恐れられた土着の神であるようです。これはアジア共通に言えるようで、中国とベトナムに同系列の民話があります。キリスト教圏ほど劇的ではないにしろ、仏教や儒教によって土着の神が排他的に扱われてきたのではないでしょうか。きっと道教の存在、もしくはそれを存立させる精神風土が、完全な悪化(堕ちた天使化)を押しとどめているのでしょう。そう考えると、むしろ西洋の(元・神であった)妖精の存在に近いのかも。

蛇の婿とサンメイ(中国民話)
http://www.wnn.or.jp/wnn-s/world_m/death/hebi.html
神の蛇(ミャオ族の話・ベトナム民話)
http://www20.tok2.com/home/vietnam/sub/mukashi/t …

http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/77/7742/774206.htm
↑のサイトでは 、蛇は、「脱皮による生命の更新」「鼠の天敵故に稲の守護神」という理由によって蛇が祖霊として,また福神として古代日本人によって信仰され続けてきたものと推測される、とあるんですが、もう一つあげられた理由が「男性自身に相似の故に,種神としての信仰対象」とあり、「蛇」「女性」つながりには、miyakoodoriさんがおっしゃる通り、?が付きそうです。同サイトでは「竹の異名=蛇祖」、「筍の異名=稚竜・竜孫」という言葉も紹介されているので、「竹」「蛇」つながりは強そうですね。鞍馬山で毎年6月20日に行われる「竹切り会式」と呼ばれるイベントでも、蛇に見立てられているのは「青竹」ですし、「竹」を「蛇」に模すのは、形状上、難しいことではないのでしょう。

http://homepage1.nifty.com/moritaya/hebi.html
↑上記のサイトでは日本の蛇信仰が紹介されています。(miyakoodoriさんは、この本をお持ちかもしれません。)ここで「蛇」は「太陽」の象徴とされており、難しいところですね。「蛇」と「竹」の関係は否定されていませんが。

「竹と月」の関係は↓に詳しくありました。もう少し発展させて調べられると思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~wr5t-nmr/pub/ohsumi. …

「竹」と「蛇」をいろいろ見ていてちょっと?だったのは、「蛇」にはあるマイナスイメージが、「竹」にはあまりないことでした。「竹」は、節度、まっすぐな成長、開運・長寿の象徴として、↓のサイト等でも述べられています。

竹はたとえ中が空洞でも強くて柔らか、素直、道徳的、貞節の強い、上品、魔除け
http://www.lifeinkorea.com/culture/patterns/patt …

清浄さ、根強さ、節により苦難に耐え忍ぶ姿、冬も青々とした葉を付け、更に竹林の生命の無限性、旺盛な繁殖力など、そこに強い生命力と神秘性を感じとり、神霊が宿るとさえ信じられていた。
http://www.imamiya-ebisu.net/htm/toukaebisu.html
↑の「強い生命力」と「神秘性」は、確かに「蛇」とも関係しているようなんですけれども。

それから確かに、伏儀の存在を忘れておりました。↓(失礼しました。)
http://member.nifty.ne.jp/kyousen/china/3k5t/3k5 …
↓のように陰陽道に基づいた「竹の雄と雌」の話題もありましたから、性別のある「蛇」にも、もしかしたら両極端な意味付けがあるのかもしれません。
http://www.bii.ne.jp/~bamboo/bet/unchiku.html
たとえば、雄の蛇が太陽だとしたら、雌の蛇は…というような捉え方。(強引?)
そうやって「竹取物語」を読むことも、できなくはないのかもしれませんね。
    • good
    • 0

再度お邪魔します。



もう一つ別の神話の記述を見つけましたので…

ギリシア神話
原初の宇宙の表現として蛇オピオンがいて、混沌の中を這いまわっています。
”何かを求める情熱”が混沌に火をつけ、まず 月の女神 エウリメル が生まれます。
オピオン蛇とエウリメルは 太陽 地球 その他の生物を生み出していく

というものです。


再生と言う意味では 太陽 と関連付けられるようです。そういう神話などのは 月 と関連あるものを探すより容易に見つかります。 
そして 太陽は再生を意味し、また蛇も関係してきます。
天照大神も蛇神という説もありますから…あとインカ・ヒッタイト・エジプト…


あと五行の解説での十二支と限定しますが
(ただし動物としての十二支は後世当てはめられたものですけど…)
「巳」(ミ)について
この字は「子どもが子宮膜にある形を象ったもの」で、もともとは胎と同じで胎児のこと
また 「巳者已也。故體洗去於是、已竟也。三禮義宗云、巳起也。物至此時、皆畢盡而起。」と説明されています。

 
月 を無視した場合 女性と蛇 の関連について
男性社会から来た偏見的な物ではなさそうなものとして

前述した中国の ジョカ ですが もう1人 人面蛇身 の男神 伏犠 もいますので、女性だけ…ということにはならないです。ただ「蛇」を男女の「性」そのものとしているという考えがあります。
日本でも 男祖神 としての 蛇 はいて、女蛇巫(人) との間に子をなす話は幾つかあるようです。
蛇は脱皮をします。これを生命の再生と考えます。人には脱皮は出来ません。これに代わるものとして 種族の再生 という意味で 出産 があげられてくる。 出産をするのは女性。 故に神話において命を生み出す女神は蛇体をとるものがあり、蛇は脱皮をするため女祖神としての 性格を持つようになる


それと蛇に似た生物 とされていますが…
蛇に見立てられるものとして
 蒲葵
  ほか 藤 竹 梛 黄心樹 松 杉 檜
 蔓植物 酸漿
 梶
生き物ではないですが、山 などがあります。
でも…竹は…女性としての蛇ではなく男性としての蛇の象徴…だそうです。

以上 長くなりましたが  手元の本からの抜粋でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
>天照大神も蛇神
 驚きです。今、私たちがアマテラスと思っている神様ではないような。何だか神格が途中ですりかえられたような感じですね。アマテラス、男のような感じがします。(単なる直感)
>竹は女性としての蛇ではなく男性としての蛇の象徴
 竹は、中が空洞になっていてちょうど子宮のイメージだなと納得していたんですが。う~ん、何とも残念。

お礼日時:2001/10/31 16:07

月については分からないのですが、蛇についてなら少し知識があります。


世界の神話を調べると必ず蛇とそれに似た生物を人間が剣を用い殺すという話があります。
日本ではヤマトタケルノミコトが草薙の剣を使い“やまたのおろち”を殺す話が有名です。
西洋東洋に共通する蛇殺し、聖剣による蛇殺しは人間の手に入れた鉄、鉄精製技術が自然を凌駕したということの象徴だという解釈があります。

月は人が常に見ることが出来る神秘、そしてすでに脅威ではない蛇
この2つを結びつけて憎悪を持った超越した存在を作る。
それにすべての悪徳を結び付け自分達の責任を逃れようとした。という解釈もあるらしいです。

この回答への補足

 >蛇とそれに似た生物を人間が剣を用い殺す
 月と蛇の関係を月と蛇に似た生物とに置き換えができるかもしれません。
 似た生物とは、どんなものなのでしょう。生物というのですから、動物も植物もありですか?

補足日時:2001/10/29 17:29
    • good
    • 1

私もこちらの回答楽しみに見させていただいています。



…少ししかない本を見直してみましたら…少しだけ関連しそうな内容が有りましたので…神様の名前 漢字変換できないものもあったので ひらがなです…


古エジプトの神ホルス 右目を日 左眼を月とし 巨蛇アペプを剄る

日本神話 イザナギ がミソギをし 左の目 から アマテラス  右の目から月読 鼻から スサノオ が生まれた
イザナギの「ナギ」蛇を推測させる文字  ミソギは 蛇の 脱皮に重ねあわされる 
もっともこれは太陽と蛇と鏡の関係を示している話のようなのです


あと宮古島に
月と太陽が人間に長寿を、蛇には死(寿命)を与えようとしたが死者のミスで蛇がスデ水(長寿)を浴びてしまい、このときから蛇は脱皮していくようになった
と言う話も本で紹介されていました


中国神話の天地開闢の女神 じょか
人頭蛇身
手に「コンパス」あるいは「月」がある棒を持っている図で描かれることがあるそうです

この程度しか見当たりませんでしたが、他の本もまたみて見ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 蛇の脱皮と月の満ち欠け。再生と復活=不死という概念でくくれそうですね。
 

お礼日時:2001/10/29 17:26

こんにちは。

非常に苦しいこじつけを展開しますね。
古代から中世にかけての錬金術で、月は女性原理のシンボルとされていました。
水銀のシンボリズムでもありました。

さて、同じ錬金術なんですが、
水銀には上記の女性原理に加え、受動性、揮発性を意味するとされています。
これを図像で現すとき、
有翼のサンダルをはいた、ギリシア神ヘルメスをモチーフとします。
その手には「2匹の蛇がからみあう杖」を持たせるのが定番です。
この杖の名は、カドゥケウスといいます。

蛇の杖を持ったヘルメス=水銀=月

なんとか繋がりましたね。ああ、苦しかった ( 笑 )
もっとストレートな回答があるかもしれませんので、
私も楽しみに待っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 月も蛇も女性をあらわすようですね。

お礼日時:2001/10/29 17:21

こんばんは。



月と蛇の、何らかの関係・・・・非常に難しいですね。
例えばですよ、日本の神話、古事記などからは・・・

月・・・月読命=夜の支配者、月の神、陰的要素が強い。
蛇・・・祖先の象徴、征服される側の頭目の象徴(例えばやまたのおろち・沼、山の主)どちらかと言うと陰的要素もある。

ただ、仏教伝来、大陸宗教の渡来で、他の解釈もありますが、直接関係を物語るのは、ちょっと解りかねます・・・・勉強不足です・・・、手がかりがありましたら再投稿します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうがざいます。太陽信仰族にとっては、陰のイメージで共通性があるのですね。
 とすると、日本でいう「アマテラス」天孫族とは対称的な存在。
 ありがとうございました。
 

お礼日時:2001/10/29 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいるかのイラストのフリー素材を探しています

いるかのイラストまたは写真のフリー素材を探しています。マイクロソフトのクリップアートは見ましたがいいのがありませんでした。そういうイラストサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

http://emu.main.jp/

http://www3.to/doldol

上の二つは、いかがですか?
duckcallさんの、好みの素材が、見つかるといいですね☆

Q古代の技術伝承

 律令下の、古墳造営、造都、そして道の造営などの労役は土地の一般民衆の強制労働だったのでしょう。
 でも技術などは渡来の方なのでしょう。その技術の後世への継承のされ方はどのようなものでありましたでしょう。
 どうかよろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

技術の継承は、現代にも通じる話ですね。
技術屋の端くれだったのでとても興味深いです。

技術の継承がうまくいっている例として、伊勢神宮の式年遷宮があります。
20年ごとに内宮、外宮の正殿など数十の建造物をそっくり同じ姿に建てかえることが営々
と続けられて、62回目となる次回は2013年です。
同時に、装束や太刀、馬具など714種1576点も新調されます。
テクノフォーラム21
http://www.techno-forum21.jp/science/sc060302.html

伊勢神宮には、「火起こしの儀」や稲作にまつわる祭典が今も続けられていますが、大昔の最高のハイテク技術を継承するために「儀式」という形で技術を伝承していると思います。

さて本題の古墳造営といった土木技術の継承ですが、よく分かりません。
以前「古墳時代の人のコミュニケーション方法」という質問があって回答しましたが、少し関連がありそうなのでその一部をもう一度書きます。
http://okwave.jp/qa3980369.html

古墳時代は、古墳だけに大きな関心が寄せられる傾向にありますが、この時代は、日本列島の大開発時代であると思います。
古墳築造以前に、住むための環境を整備することが先決ですね。
土木技術をもつ人々が大陸や朝鮮半島から渡来してきて、原野を開墾し、河川に堤防を築き、用水路を開削し、ため池を造成して農地を拡大していったと思います。
これらの技術は、石材と木材が豊富な日本の風土に合うように改良され、発展して、蓄積された技術・技能は、「口伝」で集団の一部有力者に残されていったと推定します。
この技術の蓄積、例えば荒れる河川を土木工事で制御した経験の積み重ねが、古墳の造営につながったと思います。

反対に、技術の継承ができていなかった例として、鎌倉初期の「大仏再建」があります。
焼け落ちた大仏の頭部と腕を造ることが当時の日本人の技術ではできず、宋人・陳和卿を惣大工に頼み込んでいます。
そして弟の陳仏寿以下中国人七人、日本の鋳物師草部是肋ら十四人の工人たちで再建しています。
防長歴史紀行 大勧進・重源の足跡
http://www.i-unic.com/web-content/boucho/chogen/chogen_02.html

技術の継承は、現代にも通じる話ですね。
技術屋の端くれだったのでとても興味深いです。

技術の継承がうまくいっている例として、伊勢神宮の式年遷宮があります。
20年ごとに内宮、外宮の正殿など数十の建造物をそっくり同じ姿に建てかえることが営々
と続けられて、62回目となる次回は2013年です。
同時に、装束や太刀、馬具など714種1576点も新調されます。
テクノフォーラム21
http://www.techno-forum21.jp/science/sc060302.html

伊勢神宮には、「火起こしの儀」や稲作にまつわる祭典が今も...続きを読む

Qイラスト用フリー素材のサイト知りません?

今日の午前中にパワーポイントでプレゼン資料を作る羽目になってしまいました。(泣)

できるんだろうか・・・・・・
<他人事みたい

もし、フリー素材のサイトをご存知でしたら、教えて下さい。
特に人のイラスト(ちょっとマンガ風)なら、うれしいです。
たとえば、歩いている姿とか、バンザイしている姿勢etc...

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フリー素材のサイトをちょっと検索してみました。
下記に何点かURLを紹介します。
検索サイトで紹介されているフリー素材をあたってみてはどうでしょうか。

○使える!!イラスト・素材集
 http://www.unyuroren.or.jp/home/menu/otoku/illst/cut.htm
○イラスト・写真のリンクです。(検索サイトより)
http://dir.lycos.co.jp/computer_internet/internet/authoring/image_collection/photo_illustration/

http://search.goo.ne.jp/computers/00665/00770/00784/00787/

Qゴボウに関する民間伝承をご存知ありませんか。

大阪市西淀川区の野里住吉神社では一夜官女祭が行われています。
昔、神に対して村の女性を生贄としてささげるという習慣があり
これによって風水害を防ごうというもののようです。
この儀式の中で、生贄の官女がゴボウを食べるんですが
なぜ「ゴボウ」を食べるのかが気になりました。

(1)ゴボウに関する民間伝承をご存知でしたら教えて下さい。
(2)官女がゴボウを食べるのはなぜだと思いますか。
あなたの考察を聞かせてください。

Aベストアンサー

ゴボウは繊維質が多く不消化なので、オナラがよくでます。
これに関する伝承はよくあるようですが。
ゴボウによるオナラの音や臭いがどのようなものか知りませんが、生贄のオナラに驚いた神が官女をもういらないと帰すからではないでしょうか。
 以上当てずっぽうですが。(笑)

Q官公庁HPにWord等フリー素材のイラスト掲載は?

官公庁に勤めています。


担当部署のホームページを修正する役割を任ぜられたのですが、上司にイラスト等を挿入し、見やすくしてくれと言われました。

そこで、著作権等に抵触することなく、利用者が見て楽しく、わかりやすいホームページにするには、何を利用すればよいかを教えていただきたく思います。


自分なりに調べると、Wordの「クリップアート」か、ネット上の「著作権フリー素材」ならば著作権等の問題なく掲載できるのではないか、と思いました。

広告代理店勤務をしていた友人に相談すると、「Wordの方はまぁ問題ない、著作権フリーの方はなんか微妙かなぁ。」とのこと。「自分の会社のHPならどちらも使っていたが、役所はどうかなぁ。」とも言っていました・・・。


どなたか、このような役所と著作権等の兼ね合いにお詳しい方、どうぞお知恵をお貸しください。
私としては、Wordのクリップアートだけでも使えれば問題ありませんが、著作権フリーのものが使えれば、なお良いなとは思います。

また、イラストの加工は全くするつもりはありません。
そのほか、もっと違った切り口でイラスト掲載できるような方法があれば、そちらもお教え願います。

どうぞよろしくお願い致します。

官公庁に勤めています。


担当部署のホームページを修正する役割を任ぜられたのですが、上司にイラスト等を挿入し、見やすくしてくれと言われました。

そこで、著作権等に抵触することなく、利用者が見て楽しく、わかりやすいホームページにするには、何を利用すればよいかを教えていただきたく思います。


自分なりに調べると、Wordの「クリップアート」か、ネット上の「著作権フリー素材」ならば著作権等の問題なく掲載できるのではないか、と思いました。

広告代理店勤務をしていた友人に相談すると、「Wor...続きを読む

Aベストアンサー

官公庁HPでも企業HPでも、「著作権フリー素材」ならば著作権等の問題ないと思われますが、
心配でしたら、「著作権フリー素材」を製作者に、メールでの承諾確認をしたほうが良いですね。

「著作権フリー素材」の使用目的は原則個人を対称にしていると思われますので、政府(役所)や企業で使う場合は、「著作権フリー素材」が收入等に繋がる使い方と判断されますので、「著作権フリー素材」の使い道に承諾しているかどうかは、「著作権フリー素材」製作者に確認して下さい。

そう言った事から、友人は「自分の会社のHPならどちらも使っていたが、役所はどうかなぁ。」っと言われた物と考えられます。

正直に申告すれば、「著作権フリー素材」製作者さんは丁寧に返事してくれると思います。
「著作権フリー素材」製作者さんのメールアドレスが全然分からない場合は、オールOKでしょう。
「著作権フリー素材」は個人使用に限るとか、收入目的に使う事は禁止とか、フリーでも使い道に条件をつけていないかよくご確認下さい。
 
 
P.S.
ANo.1さんの回答は悲しい回答ですね。
 
 
 

Q古代、”日本”は、”ひのもと” と読まれていたのですか?

現代では、”日本”は、“にっぽん” ないし “にほん” と読まれています。
古代でも、“にっぽん” ないし “にほん” と読まれていたのですか?
それとも、”ひのもと” と読まれていたのですか?

Aベストアンサー

孝徳天皇が7世紀の半ば、朝鮮三国の使者に対し、「日本天皇(にほむすめらがみことらま)」という御名で詔書を発したのが、おそらく我が国が自国を「日本」と表記した最初の例でしょう。8世紀初めの古事記や日本書紀はこの国のことを「倭(やまと)」「日本(やまと)」と表記していますが、いずれもニホムではなくヤマトと訓みます。ニホンではなくニホムと言うのは、当時の日本人は「ん」の発音がうまく言えなかったからだと思います。また「ホ」の発音は万葉仮名の当時のシナでの読み方から「フォ」或は「ポ」に近かっただろうとも推定されています。
孝徳天皇が外国の使者に対し、この国をヤマトではなくニホムと表記したのは、朝鮮三国は漢字を用い、漢語をシナ語に近く発音していたからでしょう。この国をヤマトと呼ぶなら「邪馬台(ヤマト)」と書けば、三国志は朝鮮人もよく知っていたので、そのまま通じたでしょうが、当時の日本人は「邪馬」に軽蔑的な意味があるのを知っていました。
しかし、日本の国名「日本」をヒノモトと訓む例は江戸時代中期以降です。もちろん万葉集などには、「ヒノモトのヤマトの国の・・・」などという表現が出てきますが、このヒノモトは国の名前ではなく、文字通り「お日様の下にある」という意味で使っています。国号としての「日本」はシナや朝鮮に対しては「ニホム」、国内では「ヤマト」と訓み分けていたことになります。ヒノモトとも訓んだのは近世以降です。

孝徳天皇が7世紀の半ば、朝鮮三国の使者に対し、「日本天皇(にほむすめらがみことらま)」という御名で詔書を発したのが、おそらく我が国が自国を「日本」と表記した最初の例でしょう。8世紀初めの古事記や日本書紀はこの国のことを「倭(やまと)」「日本(やまと)」と表記していますが、いずれもニホムではなくヤマトと訓みます。ニホンではなくニホムと言うのは、当時の日本人は「ん」の発音がうまく言えなかったからだと思います。また「ホ」の発音は万葉仮名の当時のシナでの読み方から「フォ」或は「ポ」...続きを読む

Qフリー素材こんな風なイラスト。

こういうイラストの画像が置いているサイト知りませんか?

Aベストアンサー

こんなの?
https://www.google.co.jp/search?tbs=simg:CAES2AEa1QELEKjU2AQaAggBDAsQsIynCBpgCl4IAxIo_1A6iHKccoRzjG7sOnAX6BNwb-g7JI_1Ej8yPXLO8j7COzI7Yg1Cy0IxowEiXIBl4SBO_1txL3oIofw3PTv7bEMENUo5pj5cBnnwFWBtYQokfuLV2yaqFlzVYKSDAsQjq7-CBoKCggIARIEy7R6UwwLEJ3twQkaRQoFCgNhcnQKFwoVc3VwZXJuYXR1cmFsIGNyZWF0dXJlCgcKBWFuZ2VsChEKD3BlcmZvcm1pbmcgYXJ0cwoHCgVkYW5jZQw&q=angel+wallpaper+hd&tbm=isch&sa=X&ei=LlsCVZnbAYOxmAWeyoLQAg&ved=0CCgQsw4&biw=1920&bih=956#imgdii=_

画像をクリックすると、更に他の画像も見る事が出来ますよ。

Q山岳信仰自然信仰は日本固有なのか

山頂に神社なんて作っているのは日本だけなのでしょうか。ふうつ山頂には何もありませんよね。

Aベストアンサー

自然信仰と言うのは、原始的な社会では普通に見られます。
イギリスのスートンヘンジも天文学的な機能があるといわれていますが、巨石信仰の一種であることは間違いありません。

ただ世界的に見て、日本のような山岳信仰を含めた自然信仰が残っている近代国というのは非常に珍しいといえます。
ヨーロッパについていえば、古代ローマ時代は多神教だったもの、その後発現したキリスト教が普及したために、一神教の世界で自然神が信仰されることがなくなり、多神教と共に消えていきました。
ただ土俗的な宗教観と微妙に習合して、今でも痕跡があります。たとえば、イタリアでは道祖神(日本で言う道端のお地蔵様)が古来から道々にあり、それが今ではキリスト教の聖者に姿を変えていたり、ハロウィンは古代のドルイド教のお祭りであったりします。ドルイド教は木や森に精霊が宿ると考える一種の自然信仰です(映画ロードオブザリングに出てくる、オークの古木神はドルイド教を手本にしているようです)

ほかの地域も似たような自然信仰があったものの、大陸でつながっている為、キリスト教・イスラム教・仏教が伝播して自然信仰と習合し、見た目では自然信仰の形は残っていません。
特に南アメリカ大陸はスペイン・ポルトガルの植民地政策のおかげで、土俗宗教が壊滅的な打撃を受けました。
また自然信仰は科学の発達により、「不思議」じゃなくなると消えていく運命にあります。
ギリシャ世界では太陽神アポロがかなり高貴な神であるものの、天文学の発展により、当時には太陽の運行や日食・月食の予想ができるようになっていましたので、だんだん自然信仰は(特に太陽信仰は)廃れていったようです。

その点、日本は海があったため宗教の伝播が遅く、古来からの宗教観が残っているのだと思います。

自然信仰と言うのは、原始的な社会では普通に見られます。
イギリスのスートンヘンジも天文学的な機能があるといわれていますが、巨石信仰の一種であることは間違いありません。

ただ世界的に見て、日本のような山岳信仰を含めた自然信仰が残っている近代国というのは非常に珍しいといえます。
ヨーロッパについていえば、古代ローマ時代は多神教だったもの、その後発現したキリスト教が普及したために、一神教の世界で自然神が信仰されることがなくなり、多神教と共に消えていきました。
ただ土俗的な宗教...続きを読む

Qフリー素材について

代理質問ですがよろしくおねがいします。

社内の文章をWORDで作ることになり、WORD内に画像やイラストを挿入したりしたいのですが、インターネット上にあるフリー素材となっているものをWORDに挿入したりブログにアップしてしまうと著作権にひっかかってしまうのでしょうか?

それとおすすめのフリー素材を置いてあるホームページを教えてもらえないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フリー素材のサイトを管理されている人によると思います。
サイト内の規約や、ご利用上のご注意、等を熟読ください。

フリーでも、いろいろです。
 加工も、再配布も、個人の趣味ならOK
 個人の趣味ならOK。加工はダメ。
 個人の趣味ならOK。ただし、リンクを貼ることが条件
 個人の趣味で、アフリエイトまでならOK。
 ダウンロードした本人が使う時はOK。代理はダメ。
 商用もOK。
 商用はリンク。
 商用や、ある分野のサイトは使用不可。
 商用は、不可。
 メールはリンクをはればOK
商用とは
 サイト作成業者の作成代行
 金銭のやりとりが1円でもあれば、商用
 アフリエィト程度なら非商用
 お店の名前が1箇所でもあれば、商用
 郵送・料金支払い方などのページがあるサイト
 その素材をキャラクター商品にする。

ざっとあげるとこんな感じです。管理人さんによってまちまちなので、使いたいページの規約やよくある質問などを熟読して、わからなければ、メールなどで問い合わせしてください。管理人さん(=著作権者)の意に反していれば、著作権にひっかかる(?)可能性が高いです。

「社内の文章」はたぶん想定外だと思います。フリー素材はホームページ用の画質の荒いものなので、印刷というと嫌がられるかもしれません。確認された方が確実でしょうね。

フリー素材のサイトを管理されている人によると思います。
サイト内の規約や、ご利用上のご注意、等を熟読ください。

フリーでも、いろいろです。
 加工も、再配布も、個人の趣味ならOK
 個人の趣味ならOK。加工はダメ。
 個人の趣味ならOK。ただし、リンクを貼ることが条件
 個人の趣味で、アフリエイトまでならOK。
 ダウンロードした本人が使う時はOK。代理はダメ。
 商用もOK。
 商用はリンク。
 商用や、ある分野のサイトは使用不可。
 商用は、不可。
 メールはリンク...続きを読む

Q古代ギリシアと古代ギリシア文明について

「古代ギリシア」と「古代ギリシア文明」って同じ意味ととらえてよいのでしょうか?調べると「古代ギリシア」が多くでてきて、違いがよくわかりません。違うのでしたら「古代ギリシア文明」について詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

古代ギリシャと古代ギリシャ文明とは、厳密に言いますと別物です。
古代ギリシャは、アテネやスパルタなどといった都市国家の時代を指します。
一方古代ギリシャ文明と言った場合、主に先古代キリシャの時代を指します。
具体的には、ミノア文明(クレタ文明)やミケーネ文明といった青銅器文明の時代を指します。
ただし、古代ギリシャ文明に、古代ギリシャ時代(鉄器文明時代)を含める場合もあります。

古代ギリシャと言った場合、基本的にヘレニズム文明以前を主に指しますが、マケドニアがローマに滅ぼされるまでの間も古代ギリシャに含める場合もあります。

古代ギリシャに対し、あまり言いませんが、中世ギリシャとか現代ギリシャという言い方もあります。
中世ギリシャとは、ビザンツ帝国時代を指します。
ビザンツ帝国は、本来東ローマ帝国なのですが、完全にギリシャ化した国家です。
その中心は、現在トルコ領のイスタンブール(当時はコンスタンティノープル)です。


人気Q&Aランキング