過去のレスもいろいろ参考にさせていただいたのですが、どうしてもハッキリ理解できないので、教えて下さい。
例えば「10月31日に退職すると資格喪失日が11月1日になる為、10月分まで給料から天引きされるので、30日とかにすると良い」という内容があります。
退職後しばらくの間は再就職しないとすると、当然国民年金と国民健康保険に加入するわけですが、30日退職の場合は10月分の社会保険料が天引きされていないわけですから、10月分から国民年金と国民健康保険を支払うということですよね。
31日退職の場合は11月分から国民年金と国保(略)を支払うわけですよね。
そうすると、厚生年金の期間を1ヶ月伸ばす方をとるか、もし高給の方なら天引きされる額のほうが多いので、それを嫌って月末を避けるとかという選択で、「単に月末が良いというわけではない」という結論で良いのでしょうか。
解釈が違っていたら、ご指摘をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 退職月日は、社会保険料や厚生年金の損得で決めるものではありませんが、ご質問にあるように1ヶ月分が会社負担になるかどうかと言うことですので、会社にとっては月末よりも少し早い日を退職日とした方が負担が無く、個人にしてみれば月末までにしてもらった方が得と言うことになるでしょう。

ただし、一人一人の個人負担額と会社負担額、更に個人負担の国保と国民年金の各負担額を合計しての損得計算になりますので、一概に損得は決められません。
 解釈は、正しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。会社負担分があることは忘れていました。
けっこう周りでは以前からの言い伝え(?)のように「月末じゃない方が良い」なんて言われてきていて、調べ始めたら解釈にいきずまってしまいました。

お礼日時:2001/10/26 15:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月末退職と1日退職

教えて頂きたいのですが、月末退職と翌月1日退職ではどういった違いがありますでしょうか。
会社の保険料負担やその他の処理など大きな差がありますか?
できれば1日退職したいという後輩がいるのですが、キリが悪いなら
月末付でも構わないとのこと。
ネットで色々調べたり、周りに聞いてもよく分からず・・すいません・・教えて下さい。

Aベストアンサー

それは、退職日8/30と8/31の違いのことを言っているのではないでしょうか。
(1)退職日8/30の場合、社会保険資格喪失日8/31
(2)退職日8/31の場合、社会保険資格喪失日9/01
となります。
(1)の場合、社会保険料は資格喪失の日が含まれる月の分の保険料が発生しません。ですので、あなたの手取り額が増える他、会社負担分の保険料も安くなります。
ちなみに、あなた自身の手取り額が増えたとしても、今度は国民年金が1ヶ月払う必要があります。国民健康保険の保険料にも影響する場合があります。
さらに、平均的な賃金・給料の場合の将来の年金等については
厚生年金>国民年金
ですし、
ご結婚されていて配偶者を社会保険の扶養にしている場合の第三号被保険者(年金保険料の負担なしに国民年金に加入)が1ヶ月早く切れるため、その分の保険料負担もあります。

若い方などの場合、独身であったり、国民年金保険料の未納を含め、まずは手取りが多くなることを望みます。健康保険も一時的に親の扶養などに入ることもありますしね。

私の経営する会社では、退職する社員に上記のような説明を行い、希望を確認して、退職日の調整をすることもありますね。

さらに給料の閉め日が月末の場合に、1日分の給料計算をしなければなりません。小さい会社の場合には給料計算を外部委託(税理士や社労士)している場合には、一人いくらで費用がかかる場合もありますね。

良く考えられることをお勧めします。

それは、退職日8/30と8/31の違いのことを言っているのではないでしょうか。
(1)退職日8/30の場合、社会保険資格喪失日8/31
(2)退職日8/31の場合、社会保険資格喪失日9/01
となります。
(1)の場合、社会保険料は資格喪失の日が含まれる月の分の保険料が発生しません。ですので、あなたの手取り額が増える他、会社負担分の保険料も安くなります。
ちなみに、あなた自身の手取り額が増えたとしても、今度は国民年金が1ヶ月払う必要があります。国民健康保険の保険料にも影響する場合が...続きを読む

Q退職日は月末にすべきものなのですか?

先日もこのサイトでお世話になり、貴重な回答を頂いて問題の解決に
至ることができた者です。

「4月末で退職の予定です」と以前の質問に書きましたが、
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=492309)
4月30日は母の一周忌法要で実家に帰るために丸一日休むので、
「28日付けで退職します」と会社に申告してしまいました。
(29日は祝日ですので)
申告と言いましても、退職することを言い出しにくかったので
社長の自宅にFAXを送ったんです、「28日付けで退職します」と。
退職願は提出していません。
FAXを流した直後に社長から電話があり、口頭でも退職の意思を伝え、
「退職願は書いたほうがいいのでしょうか?」と問うたら、ウチはもともと
就業規則のない会社だからそんなの書かなくてもいいよと言われました。

前置きが長くなりましたが、このサイトでの退職日についての質問を
いろいろ読んでいると、月の末日で辞めるのが正解、のようなことを
どなたかが回答されていたので、
「・・・どうしよう、私、28日付けで辞めると言ってしまったのに」
と思っているのですが・・・。
補足しますと、
■私のお給料は月末〆の翌月10日払い(現金手渡し)
■社会保険、年金は一昨年から全額自費で毎月支払っている
■いまの勤め先には有給休暇という制度がない

以上、4月28日付けで辞めると何が不都合になり得るのでしょうか?
28日で勤務を終わるけれど30日付けで退職したことに・・・できる
んでしょうかそんなこと?
友人に相談しましたが「わからない」と言われてしまい、他に相談できる
人がいません。
どなたかアドバイス、体験談などお寄せください。
ややこしい話をして申し訳ありませんが、これを読んで話の筋をわかって
いただけるか不安ですが・・・

先日もこのサイトでお世話になり、貴重な回答を頂いて問題の解決に
至ることができた者です。

「4月末で退職の予定です」と以前の質問に書きましたが、
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=492309)
4月30日は母の一周忌法要で実家に帰るために丸一日休むので、
「28日付けで退職します」と会社に申告してしまいました。
(29日は祝日ですので)
申告と言いましても、退職することを言い出しにくかったので
社長の自宅にFAXを送ったんです、「28日付けで退職します」と。
退職願...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

補足欄拝見しました。またお邪魔してしまいました。


>・・・いま書いていて気付いたのですが、28日で辞めると
>お給料は「日割り計算」とかになってしまうのでしょうか?


○これまで休みたい日に休んでも、その日の分を引かれたこと
 はなく、有給休暇代わりになっていた。
○タイムカードがない。
○正式な退職願がない。
○お給料は、毎月月末締め。

から推測するに、#5にも書いたのですが、何も言わなくても
社長さんは、4月末日離職と認識しておられるような気がしま
す。28日までの勤務だけれど、30日のお休み分はいつも通
り「有給休暇風」に…と。離職日をきちんと申し出通り28日
としているのか、30日となさるおつもりなのか…どうなので
しょう。

ですが、結局その1日分(有給扱いになるかも)のことを考える
と、やはり30日離職の方が「得するかも」しれないわけで。
それならやはりおっしゃるように「30日」にしましょう(笑)

そこのところ改めて「4月30日に離職しますが、勤務は28
日までで、30日は休みます」のように伝えておいた方が、そ
の1日分のお給料が、プラスされている確率は高くなりますね。

まぁ、言うだけ言ってみて、結局28日離職で最後の日の分が
ない (30日とはっきり申し出ればこれはないと思うが…) か、
30日離職で1日分引かれているか、それとも思った通り有給
扱いになるか…はわからないので、思うことは言っておいた方
が良いですね。もともと有給休暇がきちんとあるならば「30
日離職で30日は有給で…」と言えるのにねぇ…^^;



なお、4月30日になると、雇用保険の失業給付の手続き等な
さる時に、当然「離職日平成15年4月30日」となるわけで
例えば、失業給付の基本手当を受給出来る期間は、平成16年
4月30日までとなります。前回のご質問により、給付制限も
なくなったことですし、1年後の期間満了日が2日早くても遅
くても変わりはないですが、28日離職だと当然4月28日迄
になるわけです。受給期間=離職の日の翌日から1年間。

あと、今後の参考までに、雇用保険の被保険者期間は、社会保
険の被保険者期間と同じく、月を単位として計算することはす
るのですが、その計算方法は社会保険とは異なり、○日~○日
となるのです。

ですから、もし今回4月28日に離職し、失業給付を全くもら
わずにいたと仮定して、この次に就職し雇用保険に加入するの
が約1年後になった…などということがあれば、被保険者資格
の喪失から新たな資格の取得が1年以内(来年4月28日まで)
であれば、被保険者期間は合算されます。ですから、仮に次回
の資格取得日が、来年の4月30日などということがあれば、
28日と30日では、大きな違いがあるということになります。

今回のケースにはあまり関係なく、現実味のない話ですが、結
局、社会保険関係では離職日による違いは特にないと思われま
すので、他の面で何か違いを見つけるとすれば、このようなこ
とも有り得る…ということですね。

こんばんは。

補足欄拝見しました。またお邪魔してしまいました。


>・・・いま書いていて気付いたのですが、28日で辞めると
>お給料は「日割り計算」とかになってしまうのでしょうか?


○これまで休みたい日に休んでも、その日の分を引かれたこと
 はなく、有給休暇代わりになっていた。
○タイムカードがない。
○正式な退職願がない。
○お給料は、毎月月末締め。

から推測するに、#5にも書いたのですが、何も言わなくても
社長さんは、4月末日離職と認識しておられるような...続きを読む

Q4月分の給与が昨日振り込まれました。 賃金締切日が20日、

賃金支払日が月末の場合、5月分は、何月何日から働いた分の給与が振り込まれるんでしょうか。

Aベストアンサー

支払日にかかわらず、締め日が20日ならば毎月20日までということになります。
5月分は4月21日から5月20日までの分ということになりますね。

Q厚生年金と退職する日

9月に退職します。
厚生年金の加入期間を1月分でも長くしたいと思い、
9月末日に退職したいと考えています。
そこで気になったのですが、9月末日は土曜の為、
会社での最終の手続きが29日(末日の一日前)になってしまいます。
この場合は末日扱いにはならないのでしょうか?
また、退職願いに書く「9月○日をもって退職…」の日付は30日の方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

末日が休日であっても末日付けで退職願を書く場合が多いと思いますが、会社側が末日扱いしてくれるかどうかは、会社次第です。

Q総務している人に質問したいんですが、9月分から厚生年金保険料が上がると

総務している人に質問したいんですが、9月分から厚生年金保険料が上がると思うんですけど年金事務所から標準報酬の決定の通知の通り標準報酬額の設定を変えたんですが、等級が上がってる人がほとんどで健康保険料も一緒に上がるんですかね?
前任者は引き継ぎもしてくれなくて他部署に異動したので聞ける人がいなくて困ってます。

知っている方ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

標準報酬月額は毎年1回、定期的に標準報酬の見直しが行われ、新しい標準報酬月額が決定します。(定時決定)



毎年7月1日現在の被保険者について算定対象月の4・5・6月の3ケ月間の報酬月額を年金事務所等に提出し、給料の実態に合った標準報酬月額が決定します。この届け出を”報酬月額算定基礎届”といい、決め直された標準報酬月額はその年の9月から翌年8月まで、あるいは随時改定が行われるまで適用されます。



昇給や降給、賃金体系の変更等で従前の標準報酬月額と原則として2等級以上の差が生じた場合等は差が生じた月の4カ月目から標準報酬月額が改定されます。(随時改定)

改定された標準報酬月額は1月から6月に改定した時はその年の8月まで、7月から12月に改定した時は翌年8月まで適用されます。



今回のケースだと”定時決定”により、健康保険・厚生年金保険の標準報酬月額の等級が上がっている人は当然どちらの保険料も上がり、下がっている人は当然どちらの保険料も下がります。

等級に変動が無い人は通常ですと保険料には変化はありませんが、厚生年金保険料率が9月分より増加しているため、厚生年金保険料のみ上がります。



私も同業種で入社して5年程度経過していますが、入社した時に前任者より引き継ぎもなく、尚且つ上司からも教えてもらえず、今回のようなケースだと現在のけんぽ協会や年金事務所などに電話やネットで調べて独学で学んで行きましたのでYUKKO0018さんの困っている様子が痛いほど分かります。これから色々と大変だと思いますが分からないことがあれば、勇気を出してどんどん関係官署等に聞いて行くと丁寧に教えてくれますので良いと思いますよ。

標準報酬月額は毎年1回、定期的に標準報酬の見直しが行われ、新しい標準報酬月額が決定します。(定時決定)



毎年7月1日現在の被保険者について算定対象月の4・5・6月の3ケ月間の報酬月額を年金事務所等に提出し、給料の実態に合った標準報酬月額が決定します。この届け出を”報酬月額算定基礎届”といい、決め直された標準報酬月額はその年の9月から翌年8月まで、あるいは随時改定が行われるまで適用されます。



昇給や降給、賃金体系の変更等で従前の標準報酬月額と原則として2等級以上の差が生じ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報