土地を購入するにあたって、共有名義について調べていたところ、「権利価額」というのが出てきました。
「権利価額」について、さらに調べると、

「換地計画(又は換地設計)において、従前の土地に対してどれだけの換地を交付すべきであるかを計算しなければならないが、この計算上交付すべき換地の評定価額を権利価額という。」

と、書いていましたが、私には何の事やら分かりません。
「権利価額」・「換地・換地計画」とはどういう物なのでしょうか、わかりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

実際に読まれたものを見てみないと確かなことは言えませんが、


共有名義について調べられたときの「権利価額」というのは、
「換地計画における権利価額」だと規定してあるのでしょうか?
換地というのは、農地などの基盤整備事業で、入りくんだ土地を
耕作しやすいように整地するためそれぞれの所有者の土地を交換することを
いうのだと思います。
一般に、「権利価額」というのは、所有権であれ、地役権であれ、
何らかの権利を評価した価額をさすように思います。
つまり、所有権しかなければ、所有権の価額のことだと思われますが、
共有名義と言うことで、何人かの権利者がいるため、そのような
説明があるのだろうと推測されます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の発想で、「権利」(right)は"come true"するものでしょうか?

高校生用の検定教科書に次の問題がありました。

日本語の意味になるように、語句を並べかえなさい。
・彼女は自分の権利が実現するよう求めた。
(for, asked, true, to, her right, she, come)

正解はShe asked for her right to come true. としか考えられませんが、英語の発想ではたしてright(権利)はcome trueするものなのでしょうか? 直感的には変な英語のように思いますが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

google 検索で下記の "right to come true" の文例を見つけました。如何でしょうか。

According to the UN Declaration of Human Rights, every person has the right to social security but much work is needed to make this right to come true. At the moment social security covers less than one fourth of the world population.

Q土地の購入計画

一区画85000円で土地を購入した場合、1年後にはその土地の値段は一区画91000円になっていると確実に予想できる。金利が年利10%の場合、この土地を買う計画を作用すべきかどうか?

Aベストアンサー

85000円x1.1=93500円(金利10%の時)
85000円→91000円(土地購入の時)

貴方の好きな方を選んで下さい。

Q私たちが権利を与えられることで責任を感じるためでもあります。 英語で言うとどうなりますか?

私たちが権利を与えられることで責任を感じるためでもあります。

英語で言うとどうなりますか?

Aベストアンサー

Rights given are always with responsibilities taken.

Qその土地の値段というものはどうやって調べるのでしょうか?

その土地の値段というものはどうやって調べるのでしょうか?


一般人が…
例えば『東京都新宿区〇〇町…』の土地の値段はいくらかな?

とか

兄貴の持っている家の地価はいくらなんだろう?とか思った際に

調べるのにはどういう方法があるものなのでしょうか?

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

普通この辺でしょうね。
かなり正確ですよ。適正価格の0.7倍ぐらいなら
飛ぶように売れるでしょうし、
1.2倍も払うといえば、近傍の土地なら、
すぐ手に入ると思いますよ。
即、金になるからです。

http://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=1&TYP=2
http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h21/index.htm

Q権利、フィーに関する覚書を英語で

始めて質問をします。
プロダクトデザインの仕事をフリーでしているのですが、最近海外からの仕事が増え、きちんとした英語表現に困っています。
「デザインフィーはFOB価格の・・%とする」
「生産中も生産終了後も著作権はデザイナーに帰属する」
を覚書としての英語にしますとどうなりますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕事上の覚書ということですから、将来問題ないように『~する』は法律文書では義務を表すshall を使うべきと思います。従って、

「デザインフィーはFOB価格の・・%とする」
The design fee shall be xx% of the FOB price.

「生産中も生産終了後も著作権はデザイナーに帰属する」
The designer shall retain the copyright (of the product) during and after its production.

Q土地の路線価が下がっているのに土地の固定資産税が上がっているのはなぜ?

土地の路線価が下がっているのに土地の固定資産税が上がっているのはなぜ何ですか。(実際去年と比べても数万円上がっています。)

Aベストアンサー

 こんにちは、一応専門家です。(^^;)

 No1のhama-tさんのおっしゃっていることは、ちょっと違います。

 まず、公的な土地価格には、公示価格、地価調査基準地価格、路線価、固定資産税評価額があります。公示価格は国土交通省、地価調査基準地価格は都道府県、路線価は国税庁、固定資産税評価額は市町村が公表します。この中で最も重視されるのが、公示価格で、この公示価格に合わせて他の価格が決められています。公示価格を100とすると、地価調査基準地価格は100、路線価は80、固定資産税評価額は70の割合で評価されています。つまり、全体としては均衡が保たれており、機関が異なるから、「路線価が下がっているのに固定資産税額が上がる」のではありません。

 では、なぜ路線価は下がっているのに固定資産税額は上がっているのでしょうか?

 これは端的には増税をしているからです。

 詳しく説明しますと、国はH6年に固定資産税評価額を公示価格の70%と決めました。それまで市町村は独自に評価していましたが、その実体は安いものでした。仮に20%程度で評価していたとしましょう。そうしますと、一気に3.5倍(70%÷20%)の増税になります。これでは、土地を持っている人は怒るでしょう。そこで、国は段階的に税額を引き上げることにしました。毎年少しずつ税額を引き上げることにしたのです。

 路線価はご存知のとおり下がっています。固定資産税評価額も下がっています。でも、固定資産税額はこういう理由で上がっているのです。

 地価の下落が大きい土地はそろそろ税額アップは止まるでしょう。地価の変動の小さなところはまだまだ税額アップは続きます。

 こんにちは、一応専門家です。(^^;)

 No1のhama-tさんのおっしゃっていることは、ちょっと違います。

 まず、公的な土地価格には、公示価格、地価調査基準地価格、路線価、固定資産税評価額があります。公示価格は国土交通省、地価調査基準地価格は都道府県、路線価は国税庁、固定資産税評価額は市町村が公表します。この中で最も重視されるのが、公示価格で、この公示価格に合わせて他の価格が決められています。公示価格を100とすると、地価調査基準地価格は100、路線価は80、固定資産税評価額は70の...続きを読む

Q譲渡証書の登録権利者と登録義務者の英語

商標登録を譲渡する際の譲渡証書ですが、登録権利者と登録義務者の英語で悩んでます。
obligee of registration, obligor of registrationで良いでしょうか?
商標権の登録の際の権利と義務なので、他に特別な英語があるのではと。。。

Aベストアンサー

補足のコメント見ました。

ある州では次のように書いてあってとても分かり易いと思います。

Assignee (new owner of trade name)
Assignor (current owner of trade name)

日本の頭の固い人の中にはもっと堅苦しい言葉のほうがいいと思う人がいるかも知れませんが、英語に決まった言い方はないようなので、堅苦しく分かりづらいよりは簡単明快のほうが良いと思います。

Q処分価額って何ですか?

処分価額って何ですか?

すみません、調べてもわかりませんでした。。。
処分価額っていうのは、処分するときにかかる費用ですか?
それとも処分した際に売れる値段のことですか?

例えば仕損品の処分価額が30000円と見積もられたというときの処分価額ってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

>処分するときにかかる費用ですか?

「かかる費用」なら「処分価格」ではなく「処分費用」と言います。

なので「処分価格≠かかる費用」です。

>それとも処分した際に売れる値段のこと

「かかる費用」ではないとしたら、こっちしか残ってませんよね。

Q英語キーボード

適当な中古PCをネットで探していたところ、英語キーボード/WIN-XP(英語版)付き、というものを見つけました。

仮に、このPCに日本語アプリをインストールすると普通に使えるのでしょうか?また、OSを日本語版に入れ替えた場合キーボード操作等で不都合が出てくるのでしょうか?
他に考えられる不都合も含めて教えて頂ければ幸いです。
尚、OSを使用する上での権利等についての問題は省いて頂きたく思います。

Aベストアンサー

>このPCに日本語アプリをインストールすると普通に使えるのでしょうか?
文字化けする可能性は在ります。
又、市販の日本語ソフトは、英語OS上での動作を保証していない場合が多いです。

>OSを日本語版に入れ替えた場合キーボード操作等で不都合が出てくるのでしょうか?
日本語変換に関するキーが無いので、一部制限は有りますが、使えます。
結構英語キーボードを愛用している人も多いです。

尚、リカバリディスクしか無い場合、OSを市販のモノに入れ替えると、ドライバが入手出来ない場合もあるので、事前にご確認下さい。


尚、保証やサポート等も確認した方がいいですよ。

Q経済学(資本還元の方法を使って擬制資本の価額)

資本還元の方法を使って擬制資本の価額を求める
(1)いま保有している2万株の株式から得られる配当が年間10万円えあり、現在の市場利子率が2%であるとすると、この2万株の株式の価額は、理論的にいくらであると考えられるか。
(2)所有している500m2の駐車場から得られる駐車代が年間120万円であり、現在の市場利子率が4%であるとすると、この駐車場価額は、理論的にいくらであると考えられるか。

ーーーーー
すみません、解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今日持っている10万円と1年後の10万円の価値は同じではありません。もし、市場の利子率が2%であるとすると、その2%で10万円を運用すれば1年後には10万2千円になっているからです。今日の10万円は1年後の10万2千円と同じ価値なのです。
このような、時間による価値の差を時間価値と呼びます。では1年後の10万円は今日のいくらと同じ価値なのでしょう?
2%の利子がついて10万円になるのですから、利子がつく前の価格は
10万円×1/(1+2%)≒98039円
となります。これが1年後の10万円の現在における価値です。
これを2%で割り引いた現在価値と呼びます。
今日の98039円が1年後の10万円と価値が等しいので、1年後に10万円を得られる権利は今日の98039円でなら売ったり買ったりしても妥当な価格だということになります。


(1)毎年10万円の配当が得られるわけですが、1年後に得られる10万円の現在価値は、上記のように98039円です。
2年後にも10万円の配当が得られます。2年後の10万円の現在価値は
10万円×1/(1+2%)×1/(1+2%)≒96117円
になります。
3年後にも10万円得られます。4年後、5年後にも10万円ずつ配当が得られます。それぞれの現在価値は
10万円×1/(1+2%)*3
10万円×1/(1+2%)*4
10万円×1/(1+2%)*5
となります。ここで*3や*4は3乗、4乗などを表すことにします。
2万株の株式を持っているとこれらの配当が未来永劫にわたって得られるので、その配当を貰う権利を売り渡すとしたら、その配当の現在価値の総和が妥当な価格であるということになります。これが理論株価です。したがって

理論株価=10万円×1/((1+2%)+(1+2%)*2+(1+2%)*3+・・・・)

となります。そこで、
1/((1+2%)+(1+2%)*2+(1+2%)*3+・・・・)
がいくつなのかを計算しなければなりません。
そこで、利子率をrとして、
1/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
を計算することにしましょう。
ここで
x=1/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
とします。「=」の両辺に(1+r)を掛けると
(1+r)x=(1+r)/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
=1+1/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
になります。下の式から上の式を引くと
(1+r-1)x=1
rx=1
x=1/r
となります。ですから、将来にわたって毎年10万円の配当が得られる株式の価格は
10万円/2%=500万円
となります。

(2)4%で計算してみましょう。

今日持っている10万円と1年後の10万円の価値は同じではありません。もし、市場の利子率が2%であるとすると、その2%で10万円を運用すれば1年後には10万2千円になっているからです。今日の10万円は1年後の10万2千円と同じ価値なのです。
このような、時間による価値の差を時間価値と呼びます。では1年後の10万円は今日のいくらと同じ価値なのでしょう?
2%の利子がついて10万円になるのですから、利子がつく前の価格は
10万円×1/(1+2%)≒98039円
となります。これが1年...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報