著作権的に、「原権利者」というと、一般的にどういう意味に解釈されますでしょうか?
現在現時点で権利を持っている人?
あるいは、大元の著作物を作ったそもそもの原著作者と同義?
ちょっと混乱していて。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

著作権法に、「原権利者」という言葉は存在しません。

著作権法に関する議論でも、ふつう、そういう言葉は使いません。すなわち、法律用語ではないということです。したがって、「一般的にどういう意味に解釈されるか」は、不明といわざるを得ません。そもそも答えがないのですから、混乱しても当然です。

おそらく、契約書か何かの中で出てくる文言だと思いますが、その場合、「ここでは」どういう意味で使われているか、を考える必要があります。一般的な用語法は、その参考にはなりますが、あくまで参考に過ぎません。そもそも一般的に使わず、法律的にも使わない言葉が書かれていることもあるので、その場合には前後の文脈とか、契約に至る過程とかから考えるほかありません。

あり得る可能性としては、

(1) 著作権などを譲渡した場合の、譲渡人=もと権利者の意味(ただ、「もと」=「元」なので、「原」の字を充てるのは違和感がある)

(2) 二次的著作物が創作された場合の、原著作物の権利者

が考えられますが、上述の通り、別の意味で使われている可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
著作権法の文中には、「原権利者」という言葉はご指摘の通り、見かけた記憶はありません。それとは別に、法学上、一般的に定義される意味がある用語なのかな?と思った次第です。
やはりその都度どういう意図で書かれてるかを、文脈や状況から判断するしかなさそうですね。逆に自分が契約書等に盛り込むときには、その辺きちんと意識しておかないと後で混乱の元かもしれないので、注意したいと思います。
大変参考になりました。

お礼日時:2009/09/18 10:39

相対的な関係での意味合いも含まれるでしょうか。



たとえば、著作権ということなので
著作物で考えると、

たとえばCDなどの版権の場合
「Aさんが自分の作詞作曲したものの権利を、
 Bさんに売却した」
この場合、
この売却した作品に対して、
原権利者はA、、、
売却を受けて作品に対する権利者となったBに対し、
Aは原権利者となります。
もともとその作品に対する権利を持った人ということですね。

ただ作品の権利を今度BさんからCさんに渡すと、
Cさんにとって、Bさんは原権利者となりますね。。。

あんまりイメージわかないですが、、、

作者では、・・・盗作者やフィクションを加えた場合、盗作品もしくは加工作品に対しては、これについて原作者は原権利者

とも言えそうに感じますが
自信ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに、一般的にかっちり定まった意味があるわけではなくて、その言葉が用いられている契約書とかの状況や定義付けにより変わってくるのかもしれませんね。

お礼日時:2009/09/17 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアムウェイの”権利的収入”て 何?

あのアムウェイに誘われています

なんでも努力して続けていると権利的収入が入るようになり
アムウェイを止めても、継続的に収入が入るばかりか
本人が死んでも、子供にその権利的収入が引き継がれるとの事

本当でしょうか?
どなたかご存知の方、教えて下さい
法律的には問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

やめたほうがいいでしょう。↓

参考URL:http://www.sam.hi-ho.ne.jp/mayuri/maruti/Maruti/top.htm

Q原著作者と著作権者と著作者の違いは

原著作者と著作権者と著作者の違いは

ネット販売(商品を仕入れて自分のサイトで販売)をしたいと思っています。
商品の紹介ページには、仕入先のオリジナル商品を扱うので、著作権の問題が
不可欠になると思います。

ネットに記載するにあたり、原著作者と著作権者と著作者は何が違うのでしょうか?

直接販売に関係ないかもしれませんが、勉強の為によろしくお願いします。

Aベストアンサー

著作者は著作権が発生するような物を作った人を言います。小説の作家とか音楽家ですね。
著作権者はもともとは著作者とイコールですが、著作者から権利を受けた人も著作権者です。
以前問題があった小室哲哉氏のように著作権を譲渡してしまうと譲渡を受けた人や会社が著作権者になり、小室氏は著作者であっても著作権を持っていないと言うことになります。
通常は譲渡しないことが多い(使用許可を出して著作権料をもらう)ので著作者=著作権者となることが多いです。
原著作者は海外の小説の翻訳物の原作者とか、小説から作ったゲームソフトや映画の小説の作者のことを言います。翻訳小説は翻訳した人が日本語の著作者になり、原作を書いた人が原著作者になります。
ゲームだとゲームを作った人(または会社)がゲームの著作者で原作を書いた人が現著作者です。

QNTTドコモで権利収入があるって本当ですか?

ある、ビジネスの情報として叶姉妹はNTTドコモの権利収入であれだけお金を稼いでる。このビジネスも同じような方法で、お金が儲かると本当か嘘か分からないような話を自信たっぷりに話されます。
その人たちの話によると、所ジョージも、そうしてNTTで財産を築いたそうです。
でも、私は実際、そんな話聞いたこともありません。
それは私の社会性がないからと、常識がないようにも言われましたが、本当にそんな権利収入ってあるんですか?
過去の質問を見ていると、叶姉妹の収入源は謎に包まれているよですね。本当にNTTドコモほどの大きな企業からの権利収入なんでしょうか?

Aベストアンサー

MLM、つまりマルチ商法の従事者はダウンライン構築のためにはウソも言いますし、事実であっても誇大に伝えます。

これを食べると癌が治る(医薬品でない限り、薬事法違反)
権威ある公的機関の認証ずみ(どの公的機関か、と聞いても答えない)
「必ず儲かる」(MLMを規制する特定商取引法違反:断定的推奨の禁止)
「最初は苦しくても、アップラインがサポートする」(商品を知らないからダウンが出来ないのだ、と商品をすべて買わせる)
「すぐに儲かるのだから、サラ金から借りても返せる」(買い込みの強制)
「有名人の○○さんもこれを始めて豪邸を建てた」(真偽は別にして、あなたにも出来る、ということにはならない)

そして「頑張れば儲かる」と締め括る。収入がない、少ない、と後でアップに言うと、「それはあなたの努力が足らないからだ」とお決まりの逃げ口上。

この他にも有名企業の名を挙げて、この会社もMLMをやっている、国も認めている合法なビジネスだ、などありとあらゆるウソを交えて勧誘するのが彼らのやり方です。

MLMなどという、常に社会から怪しげな視線を向けられるビジネスにNTTドコモが参入しているとは到底思えませんね。

第一、「権利収入」なんて言葉自体が実に曖昧です。その人に、それはいったい何なのかと問い詰めて下さい。「頑張れば儲かり、あなたがそれ以降働かなくても一生お金が入ってくるビジネス収入だ」なんて返事は、No!ですよ(笑)。MLMは国力を衰退させる悪魔のような商法です。無から有は生じません。

フォーリーフそのものはただのサプリメント食品に過ぎません。ウチにもあります。どんなチンケないい加減商品でも、マルチの商材になる典型的な証拠ですな(苦笑)。

MLM、つまりマルチ商法の従事者はダウンライン構築のためにはウソも言いますし、事実であっても誇大に伝えます。

これを食べると癌が治る(医薬品でない限り、薬事法違反)
権威ある公的機関の認証ずみ(どの公的機関か、と聞いても答えない)
「必ず儲かる」(MLMを規制する特定商取引法違反:断定的推奨の禁止)
「最初は苦しくても、アップラインがサポートする」(商品を知らないからダウンが出来ないのだ、と商品をすべて買わせる)
「すぐに儲かるのだから、サラ金から借りても返せる」(買い込みの...続きを読む

Q日本では著作権の権利継続期間は権利取得者の死後50年と聞きましたが、ア

日本では著作権の権利継続期間は権利取得者の死後50年と聞きましたが、アメリカでは、いつから何年間権利を継続することができるのですか?

また、日本のように継続できないものなんでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカは死後70年、法人所有の場合は死後95年です。

日本は死後50年ですが、映画著作物に限り死後70年です。

Q権利収入について

先日、あるホームページで権利収入の事が書かれてありました。読んでいると、なんだか出来過ぎた話のようにも
思えるのですが、興味もあるんです。
ですが、権利収入っていったいどういうものなのか?と
いまいち意味を把握できません。
どういうシステムになっているのか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

権利収入とは・・時間の拘束なく未来に向けて入ってくる収入・・とでも言いましょうか?、まぁ、印税的収入と言われるものなのですが。

権利収入のタイプは大きく3つに分かれます。
1.才能があることによって得られる収入。
2.土地や建物など不動産によって得られる収入。
3.お金があることによって販売権等を手に入れ、その販売権等で得られる収入。

1.はいわゆる印税ですね。特許や実用新案等。それから曲を作ってCDを出したら売れたという作曲家、作詞家、歌手、著作権絡みの作成者。

2.は簡単に言うと家賃収入ですね。例えばあなたが麻布に駐車場を持っていたとして、10台入るので一台8万円で貸すとあなたには毎月80万円の家賃収入が入ってきます。しかし、だからと言ってあなたは毎日駐車場に通勤することもなく、毎日時間を自由に使っていても勝手に?入ってくる80万円。こういうタイプの収入を権利収入と言うのです。

3.は物の販売権をお金で買った場合ですね。日本船舶振興会の会長だった笹川さんがコカコーラの販売権を持っていたのですが、そのため私たちがコカコーラの自動販売機でジュースを買うと、そのうちの幾らかが笹川さんのもとに収入として入っていたのです。以前タバスコの権利を持っていたアントニオ猪木もしかりです。
あなたの知らないところで勝手に売れていくもの・・・これらの販売権を持っていると、売れた量に応じてロイヤリティとして収入が得られます。

これ以外にもある種の・・・きちんとしたネットワークビジネス等も権利収入を得られます。あなたが見たHPがどういうものかわかりませんが、権利収入という文字に惹かれて前が見えなくならないように気をつけて下さい。
権利収入が取れるようになるためにはやはりそれだけのモノがないと無理ですからね。

権利収入とは・・時間の拘束なく未来に向けて入ってくる収入・・とでも言いましょうか?、まぁ、印税的収入と言われるものなのですが。

権利収入のタイプは大きく3つに分かれます。
1.才能があることによって得られる収入。
2.土地や建物など不動産によって得られる収入。
3.お金があることによって販売権等を手に入れ、その販売権等で得られる収入。

1.はいわゆる印税ですね。特許や実用新案等。それから曲を作ってCDを出したら売れたという作曲家、作詞家、歌手、著作権絡みの作成者。

2...続きを読む

Q【著作権】無名(変名)の著作物に係る権利の保全について

著118条についてなのですが、無名(変名)の著作物の著作者のために、著作物の発行者が権利の保全をできるのはわかるのですが、「著作権者」の為にも発行者は同様のことをできることになっています。

なんで、「著作権者」も含まれているんでしょう?

著作権者≠著作者の場合には発行者が権利の保全をする必要性ないのではないかと考えるのですが、如何でしょう。

理由をご存知の方、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

#4です。調べてみたらちょっと違ったようです。

どういうことかというと、
著作権者がその権原を示すためには、必然的に誰が著作者かを公にしなければならないので、著作者の誰かを知られたくないという利益が害されるため、
ということのようです。
(田村善之『著作権法概説』p.256)

どうも失礼しました。

Q独立、起業して成功すれば権利収入は貰えますか?

独立、起業して成功すれば権利収入は貰えますか?

Aベストアンサー

すべての業種で権利収入が発生するわけではありません。

特殊な技術やノウハウを特許や著作権などにしないと、難しい部分もあります。
権利収入に含まれるかわかりませんが、特殊なノウハウをフランチャイズ化して加盟料などを得るのも、権利収入に近いかもしれません。しかし、すべての業界でフランチャイズが一般化されていませんでしょうから、あなたがその業界で初の人になることでしか、権利収入的なものにはならないことでしょう。

最後になりますが、事業の成功って、見る人によって異なりますよ。
経営者としての収入が年収1000万円を超えた時点で成功と感じる人もいるかもしれません。だって、大手企業の管理職以上など立場でない限り、年収1000万円は難しいでしょうからね。経営者になった人の感じ方と外から経営者の収入のみを見てうらやましがるような人でも、判断は異なるでしょう。

Qこれは違法?(現時点で)

まず海外のサイトで無修正動画をダウンロードします。
その動画をDVDに記録して友達に売るもしくはあげた場合罰せられるのでしょうか?もし違法だった時は売る場合とあげる場合両方とも違法なのでしょうか?罪になる場合はどんな罪になりますか?

Aベストアンサー

「売る」は販売なので違法ですが、親しい友人に無料であげるのも違法でしょうか?

「頒布」は、goo 国語辞典で調べると、頒布とは「配って広く行きわたらせること」だそうです。

大審院ですが、刑法715条における頒布とは、不定多数の人に対し配布することを必要とする(大判大正15年3月5日刑集5巻78頁)との判例があります。

また、戦後の裁判例にも、「わいせつ図画の頒布罪が成立するためには、わいせつ図画を不特定または多数人に無償交付することを要する」(東京高判昭和47年7月14日判タ288号381頁 )というものがあります。

著作権の問題はありますが、友人にあげた程度で、715条の適用はないと思います。(だからといって、猥褻画像を友人にあげることを推奨しているわけではありませんが。)

Q権利収入について

ずっと前なんですが、アムウエイのビジネスをしている方(とその友人)から、権利収入の素晴らしさについて色々話を聞きました。結局私はそのビジネスに興味がないのと、別に商品にも興味を持てなかったのとで会員にはなりませんでした。
何度か講習にも行き、アムウエイのビジネスで成功している人の話も聞きました。「そんなに上手くいくもんかなあ」とちょっと疑いましたが、実際成功している人はいるんですよね。
私に話をしてくれた方の友人も、成功者の一人のようで定職にはつかず、その権利収入とやらだけで生活しているとのことでした。まあ定期的に講習やグループミーティングを行なっているようで。
その権利収入とやらを得るとホントに何もせずともお金がどんどん入って来るのでしょうか?でもそこに到達するまでには大変な労力と時間と(お金と)を要するんですよね?
別に皆様のお答えによっては自分もやろかなとは思っていませんが、アムウエイではなくても、権利収入とやらについて知っている方、色々教えて下さいまし。

Aベストアンサー

「権利収入」マルチの専門用語ですよねぇ。過去の仕事に対して、ずっと収入が得られることを指してこういいますね。マルチの場合は、まず、口コミでネットワークを作らなくてはなりません。で、ネットワークがある程度の規模になればそのネットワーク内で商品の流通が起こります。その流通に対して報酬が支払われます。つまり、自分の構築した組織内で商品が流通し続ける限り、何もしなくても報酬が入るわけです。マルチ業界ではこれを権利収入といいますが、彼らはそれを、過去に携帯電話を販売し、将来通話料からインセンティブが入る代理店の収入モデルと同様にとらえているようです。(正しいかどうかは別にして)
しかし、考えてみればわかりますが、例えば単価1000円の商品が流通する、その報酬を自分の組織内(当然アップにも)分配するので、生活を満足するだけの収入を得るのは莫大な組織を構築する必要があります。少なくても数万人クラスでしょう。なので、「権利収入」で生活できる人は一握りになるわけです。しかもそれがずっと継続するかどうかは甚だ疑問ですよね

Qレコード製作者の権利について

レコード製作者の権利について

著作権について基本的なこととは思うのですが、「レコード製作者の権利」の意味がわかりません。

まず、著作権法第2条第1項第6号には、
「レコード製作者 レコードに固定されている音を最初に固定した者をいう。」とあります。

そして、複製権として第96条に
「レコード製作者は、そのレコードを複製する権利を占有する」とあったり、

送信可能化権として第97条に
「レコード製作者は、そのレコードを送信可能化する権利を占有する」とあったりします。

しかし、これだと、たとえば、私が誰か有名アーティストのライブに行き、MP3レコーダーなどで演奏を録音した場合、私は、(「録音」は、第2条第1項第5号で定義するところのレコードの一種なので)、著作権法で言うところの「レコードに固定されている音を最初に固定した者」にあたるので、この録音を自分のホームページにアップロードしても、送信可能化権を持っているので、違法にはならないことになってしまいます。

私の解釈のどこに誤りがあるのでしょうか。よろしくご指導ください。

Aベストアンサー

簡単には、(1)著作者は演奏権を専有する(第22条)ので、(2)実演家はその許諾が無ければ演奏できない。言い換えると許諾がなく演奏すると侵害。
実演家は著作隣接権を持ち録音権を専有(第91条)するので、(3)レコード製作者はその許諾がなく(業として)録音すると侵害。

レコード製作者は以上の条件を満たさないと、レコード製作者としての権利を主張できない。
以上の、(1)(2)(3)には明らかな異なる権利範囲があります。

>第2条第1項第6号の、
「レコード製作者 レコードに固定されている音を最初に固定した者をいう。」
は、
「レコード製作者 レコードに固定されている音を最初に【適法に】固定した者をいう。」
と読みなさい、

その通りだと思います。


人気Q&Aランキング