痔になりやすい生活習慣とは?

自民党は小さな政府は目指すといってますが、日本以外の国で大きな政府で失敗している例というのを説明してくれないと説得力がありません。
そこで、自民党に代わって、現在の社会で、小さな政府の国と大きな政府の国の具体的な名前を教えてください。
出来れば、小さな政府で経済が成功している例、失敗している例、反対に大きな政府でも経済が成功している例、失敗している例を説明いただければありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 まず、「小さな政府」「大きな政府」の概念規定を明らかにしたいと思います。


 政治学・行政学においては、
 「小さな政府」とは、国家・政府の役割を国防と治安維持に限定し、国民のそれ以外の社会生活には介入せず、従って政府機関の規模が小さく財政的なコストも小さい国家・政府をいいます。
 「大きな政府」とは、国防・治安維持以外にも、国家・政府が積極的に社会政策・経済政策を推進し、社会福祉を増大させる形で国民の社会生活に介入し、従って大規模・大コストになる国家・政府を言います。
 そして、「小さな政府」は19世紀の「自由放任主義」「夜警国家」の時代の国家・政府であり、「大きな政府」は1930年代のニューディール政策以降の「福祉主義」「福祉国家」時代の国家・政府です。
 つまり、1929年の大恐慌以降、自由放任経済ではうまく行かないことが明らかとなり、かつ、社会の大衆化・有権者の増大から社会福祉を求める声を無視できなくなったため、「小さな政府」は、積極的に社会政策・経済政策を実施する「大きな政府」に転換したのです。
 このような意味から言えば、現在において「小さな政府」は一つも無いと言えましょう。どの国・政府も、国防と治安維持だけすれば良いというものではなく、社会政策・経済政策を実行せざるを得なくなってますから。また実際に実行してますから。
 つまり、「小さな政府」を「目指す」というのは、「小さな政府」成ってしまおうとしているのではなく、社会福祉の切捨て等により財政削減しようとしているに過ぎません。
 これは、社会政策・経済政策の実施コストが増大し、財政破綻したため、言っていることなのです。
 このようなことから、御質問の「大きな政府」で失敗した国を挙げるなら、
 アメリカ・イギリス・日本が代表でしょう。(ここにソ連を入れるのは妥当でないでしょう。そもそも、社会体制が違うのだから)
 そして、アメリカ・イギリスはそれに対処しようとして「小さな政府」を「目指し」レーガノミックス・サッチャリズムといわれる改革を行い、一時的に財政は回復しました。
 しかし、レーガン・サッチャー以降のアメリカ・イギリスが「小さな政府」で成功した例と言えるのか・・・私は疑問ですね。
    • good
    • 4

「小さな政府」とは現在の規模の大小を言うのでは無く、「膨れ上がった政府を小さくする」という解釈が正解と思います。


この最大の成功例はアメリカ合衆国。
レーガノミックスと称されるレーガン時代の政策。小泉内閣の竹中平蔵大臣はこの「レーガノミックス」の信奉者。
レーガノミックスを簡単に説明すると以下の通り。

****
財政赤字と貿易赤字で苦しむアメリカ経済の再生を目指す為、民間活力による経済政策体系。
大幅減税・財政支出削減・規制緩和・安定的な金融政策を主な内容とし、スモールガバメントの実現を目指した。
結果は、90年代後半のクリントン政権時代に不可能と言われた財政赤字の解消に成功。
****

小泉首相及び竹中平蔵氏が推し進める郵政民営化とはこの政策に則った政策。

ちなみに、質問とは離れますが・・・
日本では、『小さな政府』を標榜すれば、行き着く政策は『道州制の採用』だと思います。
冷静に考えれば判りますが、現在の47都道府県は100年以上前の「廃藩置県」がベース。私見ですが、行政単位の見直しが都道府県レベルで無い事自体が理解不能です。

ちなみに、面積でどうのこうの言う気もありませんが・・・
日本と同じような面積のカリフォルニア州の知事は何人でしょう?
1名なんですよね。ご存知A.シュワルツネッガー氏。日本はここに47名の知事が存在するんです。せめて、「北海道」「東北」・・・「九州」でいいのでは?

小泉首相が言う・・・「これからの大改革」とは行政改革面ではこの事だと思います。(おそらく小泉政権期間内では無理でしょう。何故なら今度は役人との対決になるからです。。。)

一方、「大きな政府」の代表は皆さん言う通りの一党独裁の共産主義国家。基本的に既に失敗しています。
    • good
    • 2

大きな政府の代表例は共産国家、社会主義国家が挙げられます。



旧ソビエト連邦、中国、北朝鮮などがその代表例ですね。
みな財政的には失敗しています。但し中国は市場経済を取り入れて何とかやりくり出来るようになって来ましたが反面、中央政府が十分にコントロール出来なくなりつつあります。

なお、大きな政府・小さな政府の区別は単純に公務員の割合を指し示すものではありません。
従来の日本は比較的大きな政府に分類されますがここに来て色々な弊害が言われる様になってきました。
その特異性から人によれば日本は最も成功した社会主義の国と表現されることもあるようです。

ご参考まで
    • good
    • 1

自民党の「官から民へ」ってのはNPOとかじゃなくてお金の話だったと思います。


まぁとにかくもうじき各党のマニフェストが出そろうので、その辺りについても比較してみることですね
    • good
    • 1

個人的な解釈ですが.


小さな政府を目指すというのは,上の判断を仰がなくても,個人の裁量で判断が下せるような社会を目指すということだと思います.
「お役所仕事」というのはとにかく判断が鈍くて,社会の素早い変化に追従できないのです.だからこそ,小さな政府にして,直面している問題について一番詳しい人が,その責任において世の中を動かせるようにしていく必要があると思います.

さて,小さな政府で成功しているところですが,欧米では,NPOに大きな期待が寄せられています.
アメリカでは,政府が積極的にNPOを支援して,雇用問題,都市計画までを市民団体に担当させているところがあります.また,ヨーロッパでは,私が知る限りでは,ブレア政権のイギリスがNPO重視への流れを積極的にすすめています.
日本では,官から民へ,というキーワードがありますが,世界的に見れば,まぁ標準的な流れではないかと思いますが.

極端な反例で申し訳ないですが,北朝鮮は,なにからなにまで政府の意向に沿って行動しなければならず,私の考えでは,一応,大きな政府に分類されます.
例えば,農政に関しては全くの素人である北朝鮮政府が余計な口出しをしたために,95年以来北朝鮮は深刻な食糧危機に見舞われています.
    • good
    • 0

直接の応えではありません:見方です



大きな政府、小さな政府で比較されるのは、アメリカの共和党政権と民主党政権です。
共和党は民主党を「大きな政府」を標榜している、と政治キャンペーン非難します。

今のブッシュ政権は共和党政権で、前のクリントン政権は民主党政権です、ね。
でここで、民主党(多きな政権)、共和党(小さな政権)の違いは、政権を構成する人・組織の大小かというとそうとは言いきれません。

違いは、「お金の使い方」です。1929年大の「大恐慌時代」、時の政権民主党のルーズベルトは、「巨額の国家予算」を公共事業に振り向け、失業者救済、経済の建て直しに成功しました。(日本は植民地に経済復興の活路を求め、中国東北部の植民地経営に走りました)

日本も、「公共事業」に多大のお金を使った時代が、自民党政権で行われてきました。新幹線や高速道路に代表される公共事業です。ですから、その意味では自民党は「大きな政府」ということもできます。

そして、今まで、自民党内で、「大きな政府」と「小さな政府」を唱えるグループが、それぞれ政権をたらいまわしにしてきました。(個人的な見方です)

小泉さんの、「大きな政府」でなく、「小さな政府」はキャッチとして分りやすいのですが、その違いや実態は「何も説明」していません。

大事なのは、「お金の使い方」です!
    • good
    • 3

自民党が小さな政府を目指すっていうのは建前論。



2003年衆議院戦のマニフェストを比較してみると、政策コストや財源をきちんと示していないのはむしろ自民党のほうであるということがわかります。
コスト・財源明示)自民党:1、民主党:19
数値目標設定)自民党:15、民主党:29
公共事業の見直しも限定的で財政赤字削減の実効性が不透明です。

株式会社 日本総合研究所調査部経済・社会政策研究センター『自民・民主両党のマニフェスト比較-SMART基準からの評価分析-』
http://66.102.7.104/search?q=cache:SgN7DILs9ocJ: …

自民党・民主党マニフェスト比較
http://www.hirake.org/kouyaku/2003syu/comp2/inde …

2004年度の参議院選でのマニフェストでも、
自民党案では、年金改革について、増税の方向性が示されただけで、年金改革の方向性については不透明で、グリーンピアなどのムダ遣いには触れられているものの、議員年金の問題や、未納議員の問題、消費税の取り扱いについて明言を避けており、かなり見劣りする内容になっています。

「自民党=小さな政府」、「民主党=大きな政府」
という口から出任せと、現実とは符合しません。

今回の衆議院選挙では、まだ両者ともマニフェストを出していないので、現段階でどちらがどうと断言することは出来ませんが、今までの実績を踏まえ、イメージ戦略に躍らされず、是非ご自分の目で確認・比較されることをオススメします。

自民党重点施策2004
http://www.jimin.jp/jimin/saishin03/seisaku-012. …

自民党公約2003
http://www.jimin.jp/jimin/jimin/sen_syu43/sengen …

民主党2004年度マニフェスト
http://www.dpj.or.jp/manifesto04/index.html

民主党2003年度マニフェスト
http://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/manifesto/inde …

Yahoo!Japanカテゴリ、【マニフェスト(政権公約)】
http://dir.yahoo.co.jp/Government/Politics/Parti …
    • good
    • 0

日本は「小さな政府」で成功した稀な国ですよ。

このことは国民一人当たりの公務員の数をそのほかの国々と比較すれば明らかです。日本の中央省庁はヨーロッパのそれと比べると、かなりの省エネシステムが採用されています。(もちろんだからといって現行のシステムを全肯定する気はありません)自民党が「小さな政府を目指す」とか言ってるのは、適当なイメージで国民を欺こうとしているんですよ。

問題は政府そのもの以上に、その外延に広がる官民曖昧な構造です。そこで大きな利権を得てきたのが自民党です。

多少偏ったのでアドバイスということで。
でも行政学の入門書を読んでみてください。日本の政府が決して「大きい政府」でないことが書かれているはずです。
    • good
    • 0

大きな政府が悪く、小さな政府が良いというものではありません。



大きな政府が目指すものと、小さな政府が目指す方向が、異なるだけの話しです。

大きな政府と言われるものは、国民の平等を主目的とします。
一方小さな政府は、個人責任によるお金儲けを重視します。

政府が大きすぎると、労働意欲の低下から、経済停滞や低下がみられます。
またあまりに政府の規模が小さいと、無政府状態になり、極端な治安の悪化、貧富の差の拡大から、経済混乱が起こります。

比較的うまくいっている大きな政府としては、北欧諸国をあげたいと思います。
失敗した大きな政府は、旧ソ連です。

小さな政府の失敗は、サハラ以南のアフリカ諸国、特にソマリアやジンバブエなどでしょう。
小さな政府で、成功している国は知りません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大きな政府と小さな政府のメリットとデメリットをお教えください。

政治経済の勉強を始めたばかりの者です。

政治経済の教科書に「大きな政府と小さな政府」という言葉が出てくるのですが、説明が具体的でなくてよく意味がわかりませんでした。

またメリットとデメリットについてあまり記述されていないので、こちらもよくわかりませんでした。

初歩的な質問でとても申し訳ございませんが、お教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネットで検索すればすぐ出てくるんですけどね。 他人のブログのコピペですが、どうぞ。


大きな政府とは?

経済や社会政策を強力に推し進め、積極的に経済に介入しようとする思想、政策です。 市場に積極的に介入するので財政規模が非常に大きくなります。だから大きな政府と言います。

具体的に何をするのか?

税金を高くして福祉を強化する
財政費用を増加する
富の分配
計画経済(国が市場をコントロール)
完全雇用を目指す
保護貿易(関税をつける)

などです。

高福祉なのが大きな政府の特徴です。

デンマークやノルウェーなどの北欧国家が大きな政府です。1970年以降に、新保守主義のサッチャーやレーガンらにより「小さな政府」へ移行されました。 

大きな政府のメリット

困った時に政府がいろいろ見てくれる。
生活保護を受給しやすい
所得、資産が低い人にとって見返りが大きい。
怠惰な人間には最高

大きな政府のデメリット

国に財政赤字をもたらす
経済が非効率化する
支払う税金が多くなる
所得や資産が多い人は、見返りが少ない

以上がメリット、デメリットです。

小さな政府とは?

これは、大きな政府と逆です。 経済や社会政策にできるだけ関与せず
民間の自由競争や自由主義的経済観で経済を発展させる思想です。財政規模を縮小させようとするので小さな政府といいます。

具体的に何をするのか?

税金を安くして低福祉
財政費用を縮小する
自由貿易(関税を設けない)
自由経済
自己責任
国営企業の民営化

自己責任になるのが小さな政府の特徴です。

これに関しては、福祉を切り捨てるとの批判もあります。小さな政府は、イギリス、アメリカ日本です。

小さな政府のメリットやデメリットは?

小さな政府のメリット

税金が安い
社会保障費が安い
国の財政費用縮小
所得が多い人は納得できる
意欲が高い人間にとって一攫千金のチャンス

小さな政府のデメリット

犯罪の増加、治安の悪化
格差拡大
福祉切り捨て
以上がメリット、デメリットです。

ネットで検索すればすぐ出てくるんですけどね。 他人のブログのコピペですが、どうぞ。


大きな政府とは?

経済や社会政策を強力に推し進め、積極的に経済に介入しようとする思想、政策です。 市場に積極的に介入するので財政規模が非常に大きくなります。だから大きな政府と言います。

具体的に何をするのか?

税金を高くして福祉を強化する
財政費用を増加する
富の分配
計画経済(国が市場をコントロール)
完全雇用を目指す
保護貿易(関税をつける)

などです。

高福祉なのが大きな政府の特徴です。
...続きを読む

Q小さな政府とはなんですか?

ずばり小さな政府とは何かを教えてください。
経済に政府が出来るだけ介入しないってことでしょうか?

出来るだけ詳しく、具体例など(国とか政策の)だしてくださると有難いです。

Aベストアンサー

こんにちは。
 #2さんがざっくりと説明している通りです。「民間に出来ることは民間にまかせる」=「政府のやることを減らす」ことです。
 質問者さんの言うように、経済に介入しないという面もありますが、政治的にもやることを減らしていきます。

 因みに、過去の政権で「小さな政府」を目指したことで有名なのはイギリスのサッチャー政権、アメリカのレーガン政権、日本の中曽根政権です。
 (彼らの主張は「新自由主義」と呼ばれて、結構研究も進んでいるので、検索すると多数ヒットすると思います。興味があったら検索してみてください)
 これらの政権で行われたことは、規制緩和、国営企業の民営化(日本だと国鉄の民営化ですね)、文教・福祉予算などの削減、減税などです。
 このような政策をとると、減税で収入も減るし、予算の削減で支出も減ります(扱うお金の量が減る)。規制緩和や民営化で仕事も減るので、政府の規模は小さくなります。ですから、このような政策をとる政府を「小さな政府」と呼びます。

 因みに、「小さな政府」の反意語は「大きな政府」なのですが、これは必ずしも非難されるべきものではありません。
 上でも「小さな政府」は、減税を行い、文教・福祉予算を削減したと言いましたが、近年の国家(「大きな政府」)は、このようにして、国民から税を徴収し、貧困層に生活保護などと言う形で再分配を行ってきたのです。そのことによって、国民全てが最低限の生活を保障されてきました。(反面、富裕層は、税金をたくさん取られる割に見返りを得られませんでした)
 市場の競争原理が働かない政府による保障は、画一的で非能率的なものになりがちだという批判があるのも事実ですが、私は、「小さな政府」「大きな政府」というのは、良い悪いの問題でなく、現状を見てどのくらいの規模の政府をつくろうと考えるのが重要なことだと思います。

 最後の方は私の感想になってしまってすいません。。。
 最後に、検索に役立ちそうな語を挙げておきます。
○レーガノミクス
○小さな政府=安価な政府≒消極国家≒夜警国家
○大きな政府≒積極国家≒福祉国家≒行政国家

 
 
 

こんにちは。
 #2さんがざっくりと説明している通りです。「民間に出来ることは民間にまかせる」=「政府のやることを減らす」ことです。
 質問者さんの言うように、経済に介入しないという面もありますが、政治的にもやることを減らしていきます。

 因みに、過去の政権で「小さな政府」を目指したことで有名なのはイギリスのサッチャー政権、アメリカのレーガン政権、日本の中曽根政権です。
 (彼らの主張は「新自由主義」と呼ばれて、結構研究も進んでいるので、検索すると多数ヒットすると思いま...続きを読む

Q日本政府は「小さな政府」?

戦後、中曽根内閣や記憶に新しい小泉内閣が公社の民営化を行ってきました。そして、日本は先進国の中で最も公務員の比率の少ない国だと言われています。日本は「小さな政府」なのですか?
誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的には2番の方の意見が正しいでしょう。日本は先進国の間では、かなりいびつな会計比率を持っています。

公共事業費が突出しているのは、直接的には田中角栄が作った開発型政治システムの結果です。つまり都市部から吸い上げた税金を、公共事業の形で地方に還元する。こうすることによって、地方振興、失業者・福祉対策が同時に行えたわけです。

これは高度成長期の間は実に効率の良いシステムでしたが、低成長期から縮小期に入り、財政赤字が累積してくると、逆に日本の足を引っ張る厄介なシステムに変貌していきます。

というのは公共事業というものは往々にしてコストパフォーマンスが無視され、サルしか通らない高速道路や、空気を運ぶ新幹線などが増設されることが多いからです。それは地元政治家の利益誘導、官僚の硬直的な計画の結果からですが、財政の豊かな時期なら兎も角、現在においては税金のだだ漏れでしかありません。

またかつては分配された公共事業費を、最終的には関係労働者らが使うことによって地元経済が潤ったものですが、日本経済が土木建設業からサービス業中心へ移行するにつれ、彼らが幾ら消費しても経済全体への波及効果が薄れるという事態も出現してきました。実際、小渕内閣時に大規模な公共事業投資を行ったのですが、それによっても経済は浮揚しませんでした。

そこで小泉内閣では道路公団民営化を中心に、公共事業削減が断行されたのですが、族議員・官僚・地方政治家・土建業者らの猛反発を受けて民営化はするものの道路は造り続けるという、実に中途半端な改革に終わってしまいました。

その点が追求されると、小泉氏は郵政民営化という不急の改革に論点をずらし、挙句の果てに民営化反対派を抵抗勢力(敵役)に、自分の新派をチルドレン(主役)に配役するという「小泉劇場」を演出し、国民を喜ばせるという一幕があったのはご承知の通りです。

基本的には2番の方の意見が正しいでしょう。日本は先進国の間では、かなりいびつな会計比率を持っています。

公共事業費が突出しているのは、直接的には田中角栄が作った開発型政治システムの結果です。つまり都市部から吸い上げた税金を、公共事業の形で地方に還元する。こうすることによって、地方振興、失業者・福祉対策が同時に行えたわけです。

これは高度成長期の間は実に効率の良いシステムでしたが、低成長期から縮小期に入り、財政赤字が累積してくると、逆に日本の足を引っ張る厄介なシステムに...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qソ連崩壊をはじめ、共産主義や社会主義はなぜ衰退したのですか?

世界には共産主義、社会主義国家はわずかしかありません。
なぜ人類のユートピアを目指したはずのこれらのイデオロギーはここまで衰退したのですか?
また、今後このイデオロギーが復活することはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

復活するのは難しいと、私個人としては思っています。

確かに、思想的にはそんなに悪くないのですよね。ただ、社会主義・共産主義がうまくいくためには、「皆の能力が平等である」ということが必要になります。日本でもそうですよね?社会保障が必要なのはたいがい弱者です。そうではない人にとっては、社会主義的な政策は足かせ以外のなんでもありません。

平等という考え方は難しいです。たとえば消費税。今の日本では一律5%です。スーパーで100円のお菓子をかったら5円の消費税を払うのは、大金持ちでも、無職無収入の人でも一緒です。みんなが5円を払うというのは平等ですが、その5円の持つ価値は平等ではありません。

所得税に扶養控除というのもあります。30万の給料をもらうというところまでは平等でも、Aさんは独身で、Bさんは子どもが6人もいたりすれば、納める所得税にかなりの差がでます。実際にはAさんは所得税は払わないような勘定になります。これを不公平とみるか、扶養家族がいるんだから当然とみるかは、その人の立場によって違います。会社から家族手当が支給されて、国からも児童手当が支給されますので、実際の支給はBさんの方が多いのに、税金はAさんの方が多い、Aさんが??と思うのは当然ですよね。しかしAさんも子供6人だったら、??とは思わないでしょう。同じだけの恩恵を受けるわけですから。

公務員は、主に勤続年数と階級によって給料が決まってきます。ようするに年功序列ですね。ものすごく能力の高いAさんと、昼寝ばかりのBさん、どちらも階級が同じなら同じ給料です。どんなにAさんの評価が高くても給料は同じです。Aさんだったら???と思いますよね。

このような??となる人が増えてしまうと、共産主義・社会主義は成り立ちにくくなります。正当に能力を評価してくれるほうが、誰だっていいですからね。

ユートピアの社会主義思想は、民主主義でも社会政策として残っています。これとて、いつまで生き延びるかはわかりませんけれど、社会的弱者がいる限りはずっと続くでしょうね。

復活するのは難しいと、私個人としては思っています。

確かに、思想的にはそんなに悪くないのですよね。ただ、社会主義・共産主義がうまくいくためには、「皆の能力が平等である」ということが必要になります。日本でもそうですよね?社会保障が必要なのはたいがい弱者です。そうではない人にとっては、社会主義的な政策は足かせ以外のなんでもありません。

平等という考え方は難しいです。たとえば消費税。今の日本では一律5%です。スーパーで100円のお菓子をかったら5円の消費税を払うのは、大金持ちで...続きを読む

Q「小さな政府」の長所と短所を教えてください。

最近、よく「小さな政府」といわれていますね。政府は小さな政府を目指し改革をめざしているようですが、どんなことにも長所と短所があると思うんです。
この「小さな政府」の長所と短所をわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

フランス革命直前、フランスでは不景気、財政難という状況にあり、その中で王妃マリーアントアネットやその周辺が贅沢三昧な生活をしていました。それが ちまたで噂になり、マリーアントアネットが税金を無駄に浪費し、その為一般庶民が苦しい生活を強いられている というストーリーが定説になって行きました、やがてその噂話も原動力となり、暴動に発展、そしてそれを利用した一部の勢力が革命へと発展させました。
その後、戦争のカリスマであるナポレオンが現れるまでの長い間、革命を先導した者を含め、多くの政治家がギロチン台に送り続けられる事態が続きました。
しかし、実際はマリーアントアネットの浪費などは税収の氷山の一角であり、一国を傾かせる様なものとはほど遠く、財政難とは何の関わりもありませんでした。

誤った情報が定説化する事で問題の本質に雲を掛け、いつまでも本題に手をつけられない状況、これが本当に恐ろしい事態を招くのです。


日本は民主主義ですので、民がそれら本質的なものに目を向けなければ、耳障りのよい事を話すだけの政治家が権力を握り、問題にはいつまでも手がつけられず事態はますます悪化していく事態になります。

天下り問題でいえば、財政再建とは根本的には関係がありません(精神論としては関係がありますが)。
官僚に天下り先が存在する問題は、好景気時には安月給であくせく働かされ、サービス残業はあたりまえ、景気が悪くなったらマスコミや世間から目の敵にされて給与を下げろ、首を切れと、なっているのが現状。
今までの官僚らの負担を認めず、または知らずに、官僚ばかりを無邪気に批判しても何の意味もないのです。むしろ反日本的な官僚を作り出すのに一役買う事にすらなりかねない。
天下り先が存在する源は、労働に見合った給与を、いままで国が払ってこなかった事が全ての原因であり、だから政治家も天下り先をなくそうとはしないわけです。(天下り先がないと官は生涯賃金という視点で見ると民業の半分ほど所得になるそうです)

基本的にはバブルがはじけて不景気がここまで長引く事を前提に多くの制度が作られていなかったという事です。これらバブル期を引っくるめ政治判断の失敗であります。また、西武、ダイエーなどの大手スーパーなどを見ても分かるように、民間でも同じように大きな判断のミスがあり、これだけ長い間の不景気と、そこから生まれる財政難という事態があるわけです。

また、官僚、公務員のように厳しい公務員法の規定があるなかで動いていれば、国民の代表である政治家さえしっかりしていれば、さほどの問題ではないのです。しかし民営化され公のものであるべき存在が、企業に独占される事は大きなブラックボックスとなる可能性があります。


公務員をただ減らしたって何の意味もありません。公的にやらなければならない事は沢山あるわけで、人員不足という状況を招けばこれこそ問題を肥大化させます。必要なのは公務員の「仕事」を減らす事です。
官の仕事の合理化がどこまで可能なのか、どの程度 官の仕事をへらして一般国民へ負担を回すのが可能であるのか、または望ましいのか、これが公務員改革です。

フランス革命直前、フランスでは不景気、財政難という状況にあり、その中で王妃マリーアントアネットやその周辺が贅沢三昧な生活をしていました。それが ちまたで噂になり、マリーアントアネットが税金を無駄に浪費し、その為一般庶民が苦しい生活を強いられている というストーリーが定説になって行きました、やがてその噂話も原動力となり、暴動に発展、そしてそれを利用した一部の勢力が革命へと発展させました。
その後、戦争のカリスマであるナポレオンが現れるまでの長い間、革命を先導した者を含め、多く...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q大きな政府・小さな政府とはなんですか?

大きな政府・小さな政府とは何なのか?
明確な説明の出来る方いらっしゃいませんか?
いらっしゃいましたら、是非、回答お願いします。

Aベストアンサー

大きな政府とは、ケインズの考えを受け継いだ供給側が理想とする政府のありかたであり、小さな政府たは、スミスの理念を受け継ぐ需要側の理想とする政府のありかたです。

大きな政府とは、公共の福祉や、財政投資を盛んにする政府であり、小さな政府とは、民営化や規制緩和等を行い、市民が形成する市場です。例えば、労働の面から言えば、生まれながらに人は平等ではないから就ける仕事も違うので個人の失業にも寛容的であり、失業者のためにいろんな救済の手(失業保険等)を差し伸べるのが大きな政府であります。それに対して小さな政府はそのような行き過ぎた福祉に甘んじて個人の自発的失業(就職口はあるけども、もっといい職に就こうとして就職しない事)が発生するので、それを防ぎ、強い個人を育成し、強い個人が市場を形成すると考えているので、行き過ぎた福祉な反対し、救済の手は差し伸べません。また、供給側はみんなが基本的に平等であるという原則の上に成り立っているのに注意です。ちょっと前にあったアメリカの大統領選挙はまさに大きな政府を理想とする党派と、小さな政府を理想とする党派の対立でした。(共和党が小さな政府でしたかな??自信ないです・・・)

さだかな知識ではありませんので、参考程度に、調べ物の手助け程度に活用してください!私はただの学生ですのであしからず・・・

大きな政府とは、ケインズの考えを受け継いだ供給側が理想とする政府のありかたであり、小さな政府たは、スミスの理念を受け継ぐ需要側の理想とする政府のありかたです。

大きな政府とは、公共の福祉や、財政投資を盛んにする政府であり、小さな政府とは、民営化や規制緩和等を行い、市民が形成する市場です。例えば、労働の面から言えば、生まれながらに人は平等ではないから就ける仕事も違うので個人の失業にも寛容的であり、失業者のためにいろんな救済の手(失業保険等)を差し伸べるのが大きな政府であり...続きを読む

Q日本って何主義?

よくわからないのですが、
日本は民主主義なのですか?資本主義なのですか?

Aベストアンサー

みんな上手いこと言いますね。全員セイカイでしょう。

質問に対する答えは、日本は民主主義だし資本シュギです。
民主主義で社会主義を選ばなければ資本主義なのです。民主主義によって資本主義を選んだという二つの主義があっていいのですよ。
民主主義で共産主義を選んでもいいのです。民主主義で自分たちを役人と外人のための奴隷にしてもいいのです。

民主主義で資本主義の日本は同時に「個人主義(格差)=良くない」主義なので、その実態にふさわしいのは社会民主主義です。
北朝鮮がやむを得ず共産党独裁を続けながら目指している理想の国は私有財産権のない日本の姿です。ですからこの豊かな日本においてまだ格差だなんだと所得再分配を訴えている連中は理想が北朝鮮と同じなのです。
韓国と台湾以外の東アジアは社会主義です。そう、天皇がいましたね。日本は民主主義で資本主義である社会民主主義王国です。
つまり私たちが暮らす日本という経済大国は、その民主主義も含めて、ちゃんとした主義なんてもんがない自然な国ちゃんです。行儀のいいアニマルランド。

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/


人気Q&Aランキング