現在、私はPCを2台所有しています。セキュリティー強化のためファイヤーオール
とウイルス駆除ソフトを購入予定しているのですが、このソフトを私の2台のPCにインストールするのは、著作権に触れるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

著作権というよりは、ソフトの使用契約に違反するというところでしょう。



ですので、そのソフトが2台のPCにインストールして使うのを認める
契約内容であれば、全然問題ありません。
(もちろん、2台にインスルールを認めていないソフトも数多くありますよ。)

最近はモバイルのノートパソコンを使用することも多いので、
家のデスクトップパソコンと持ち歩きようのノートパソコンの2台に
インストールして使うことを認めるソフトも出てきています。

今一度、お使いのソフトの使用契約書を確認してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。ソフトの使用契約を確認してみます

お礼日時:2001/10/28 00:31

普通パソコンソフトは1台1ソフトが前提になり、たいていの店頭販売ソフトはパソコン1台にしかインストールしてはいなけなようになっています。



例えばNortonのInternetSecurity2002などは、
標準パッケージ        9,800円
2ユーザーライセンスパック 15,800円
5ユーザーライセンスパック 38,300円
というように、複数台のPCにインストールするための商品を用意しています。

2台にインストールしてもソフト会社には分からないではないかと言えば、そうです。
ただ、最近はみんなインターネットに接続していますので、アップグレードとかのサポートをインターネット経由にしています。こうすれば1台契約なのに2台にインストールしているのがバレバレです。

では、2ユーザーライセンスパックが必要かというと、ちょっと疑問です。
インターネット接続で家庭で2台のパソコンを使っている環境と言えば、ルータを使用した家庭内LANを組んでいるはずです。ウィルス駆除ソフトはかまわないですが、ファイアウォールソフトは家庭内LANのパソコンにインストールすると、LANで組んだパソコンからのアクセスも不正アクセスとして拒絶してしまいます。注意して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。当家ではCATVでモデムからハブを使い分けてます(プロバイダーがルーター使用不可とのこと)

お礼日時:2001/10/28 01:02

基本的にはお店でパッケージとして売っているものは、


1台にのみインストール可となっているので、
多分、お持ちのソフトはダメだと思います。

サポートセンター等で相談してみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。ソフトの使用契約を確認してみます

お礼日時:2001/10/28 01:02

suzu1968さん、こんばんは。



そのソフトに1ライセンス1台と書いてあれば当然のことですが法に触れます。
その辺の話は詳しい人がいるからこれから回答がつくでしょう。
別の観点から一言。
どちらのソフトを購入予定なのですか?
基本的にファイヤーウォールはともかくとしてウィルス駆除ソフトは常にアップデートしていないと意味ありませんが、複数のPCにインストールしても両方アップデートはできないはずですよ。
最近は複数のPCにインストールできる複数(例えば2)ライセンスパックというのが少し割安になって売られていますので、素直にそれを買いましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。一応ノートンのインターネットセキュリティー2002を購入予定です。ライセンス調べてみます

お礼日時:2001/10/28 00:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q著作権や所有権或いは肖像権の国際法の解釈について教えてください。

著作権や所有権或いは肖像権の国際法の解釈について教えてください。

台湾ヤフーや香港やフーのお買い物コーナー関係それも
主にファッションですが
ほぼ100パーセント日本人のモデルの写真が使われています。

これらの写真などはライセンス料金を支払って掲載しているのでしょうか?

日本の雑誌やネットに掲載されている写真なので膨大な数の写真になりますが
どないなものでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何かが「国際法」によって守られると思うのは危険な幻想です。
二国間協定によってしか「強権による取り締まり」は担保されません。
大韓民国はベルサイユ会議で日本の強権による支配を訴えた(訴えようとした、が正しいかも)が、だあれも武力はもちろん言論でも日本に圧力を掛けなかったのです。

Q著作権の所有者は?

学生時代に研究の一環として作成した技術的な解析ソフトを、仕事で使っていたところ、評判だったので、入出力関係を見やすく改良して、他の人でも使用できるようにしました。
この場合著作権は誰のものになるのでしょうか?

会社などでソフトを作成した場合、著作権は会社に属するようですが、上記のような場合も著作権は会社のものになってしまうのでしょうか?
それとも主要部分は学生時代に作成したものなので、個人のものなのでしょうか?
または、技術解析部分は個人のもの、職務上作成した入出力部分は会社のものと、部分によって権利が分かれたりするようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 『補足』から「業務上作成した著作物の著作権をあなたに与える社内規定が無い」と判断されます。(特許権と著作権はまったく別物の権利です。)
 従って、改良が「会社の発意で、業務命令によりあなたが仕事として行ったもの」ならば、「改良版の形で完成した状態のソフト(二次的著作物)」の著作権は会社にあります。
 そうでなければ、二次的著作物の著作権はあなたにあります。

 どっちであれ、「改良版ソフト」の著作権は、原著作権(あなた)に二次的著作権(あなたor会社)が「くっついて」あるいは「乗っかって」創作されたものですから、原著作権はあなたが会社にそれを譲渡していない限りあなたが保有しています。

 あなたが会社に原著作権を譲渡していなければ、改良版ソフトを使いたい人は、両者の許諾を取ることが必要(法28条)なので、どちらかが拒否すればそれを使用することはできません。
(これは、著作権法上、まったく疑いの余地はありません。)

 無断使用すれば著作権法違反で、ユーザーが「会社が良いと言ったから」と主張しても理由になりません。(著作権者は誰かを調べて許諾をとるのは、ユーザーの義務だから。)
 あなたはユーザーに損害賠償請求し、ユーザーは会社に「合法的に使わせてもらえるはずだったのにそうならなかった」ことを理由に債務不履行ないし不法行為に基づく損害賠償請求することになります。

 以上、法的にガチガチに考えるとこういう結論になります。

 なお、当方は、残念ながら「特許権」の知識は持ち合わせておりません。「特許申請」がされている場合は、専門家たる「弁理士」「弁護士」にご相談された方がよろしいかと存じます。

 『補足』から「業務上作成した著作物の著作権をあなたに与える社内規定が無い」と判断されます。(特許権と著作権はまったく別物の権利です。)
 従って、改良が「会社の発意で、業務命令によりあなたが仕事として行ったもの」ならば、「改良版の形で完成した状態のソフト(二次的著作物)」の著作権は会社にあります。
 そうでなければ、二次的著作物の著作権はあなたにあります。

 どっちであれ、「改良版ソフト」の著作権は、原著作権(あなた)に二次的著作権(あなたor会社)が「くっついて」ある...続きを読む

Qプログラムjの所有権、著作権について

弊社(以下P社)が開発したプログラムを納品した際の所有権についてお教え下さい。
下記の関係でP社にプログラム開発の発注が行われました。

■A社(プログラムの大本の発注者/開発したプログラムを使用)
 →B社に発注
■B社(プログラムの受注者/開発者がいない)
 →P社に発注
■P社(プログラムの開発者)

納品はP社→B社→A社の流れになります。

この形態でプログラム開発を行った場合、下記の考え方で正しいでしょうか。

・著作権はP社にある
・所有権はA社、B社、P社にある

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

プログラムそのものの著作権はP社にあります。
でも、仕様などの著作権はA社(役割分担によってはB社)にあるので、ご注意ください。

http://www.indigobullet.com/info-d/programCopyright.html

Q著作権(知的所有権)は誰にありますか?

公立学校教員が,勤務時間中に貸与されたパソコンで作成した指導案や教材等の著作権(知的所有権)は誰にありますか?

私(教諭)が勤務している市立小中学校でも,本年4月より,全教職員に対し,1人に1台ずつのノートパソコンの貸与が始まりますが,セキュリティの関係で,「貸与されたパソコンで作成したすべてのデータは市のネットワークの外へ取り出すことができないようなシステムの設定にする」ということです。となると,市外へ転出する場合,貸与されたパソコンで作ったデータは自分では持って行けない,ということになります。著作権(知的所有権)が作成した本人に帰属するならば,自分で持って行く権利があると思うし,市に帰属するのであれば,持って行く権利はないと思います。
セキュリティの関係もあるかとは思いますが,市外転勤によって自分が作成した指導案や教材等のデジタルデータを失する,というのは納得できない話なので法律的にはどうなのか,ということをぜひお伺いしたいと思います。

Aベストアンサー

職務上作成した著作物は、契約等に規定されていない限り、その法人等になります(15条1項)。
ここで質問者さんの場合、指導案や教材の作成が職務に該当するか否かが問題となります。
「職務上」とは、自分に与えられた仕事として著作物を作成することを意味し、職務遂行の過程で、職務との関連で作成したものは含まれません。

Q示談書の所有()所有数)について

すみません。度々教えて下さい。
事故を起こしてしまい示談書を書く必要があります。
丙運転の自動車(当方)が乙運転、甲所有の車を損傷させ修理を要した場合の事故の場合、
1)示談書二通を作成し甲丙各一通を所有する。
もしくは
2)示談書三通を作成し甲丙丙各一通を所有する。
のどちらになるのでしょうか?
また別の質問になりますが甲乙丙の使い方として甲は加害者として使うのが普通なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.先ず事故証明書の場合本件の場合加害者甲(本質問上では丙)被害者乙(本質問上も乙)のみです。(事故証明上は事故当事者のみ記載)
2.示談書等でも通常加害者甲は被害者乙に対して幾ら幾ら支払います。という形式が多い。
3.本件のように物損のみで加害者(被害一切なし)所有者以外が運転(現実の被害者は被害車両所有者の場合)の場合加害者と(被害車両所有者)被害者間の示談契約と言う事。
つまり示談書2通作成し加害者と被害者(本質問上は甲と丙)各一通を所有する。
4.例:加害者○○ ○○(甲)は被害者×× ××(乙)(但し、運転者は△△ △△)所有の車両の損害賠償金として~~~~~円を支払います。以下真正に異議なく和解・示談した文を入れる。
甲 住所
  氏名           印

乙 住所
  氏名           印


人気Q&Aランキング

おすすめ情報