外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

池の金魚(和金、りゅう金)に水草のバケツに涌いたボウフラを放り込んで食べさせても病気とかにならないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昔は防火水槽に蚊が湧かないよう(ボウフラ退治)にわざわざ金魚を飼っていました。



蚊とよく似たユスリカの幼虫は赤ボウフラ(赤虫です)

ミジンコ(タマミジンコ,マルミジンコ,ケンミジンコ等種類多数)
アカムシ(赤ボウフラ→ユスリカの幼虫)
イトメ(糸ミミズ)
ブラインシュリンプ
等が金魚飼育の生餌なので、問題ないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2005/08/24 12:54

ボウフラを食べさせることについては全く問題ありません。

むしろ食べさせた方がよいです。

ですがバケツの水ごと入れてしまうのであればその水が悪くなっていると問題がおきる可能性はあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
水を捨ててからやるようにしました

お礼日時:2005/08/24 12:53

No.1さんのご回答の通りです。


金魚を飼っていらっしゃる池にも、当然ボウフラが沸いていると思いますよ。それが気にならないのは、金魚が食べてしまっているからだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2005/08/24 12:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメダカの水槽に大量ボウフラが!!

みなさん、こんにちは。

一ヶ月ほど前から母が庭でメダカを九匹を飼っているのですが、今日掃除をしようと底にすいていた赤玉土を取り出して洗おうとしたところ、大量のボウフラが土の陰から出てきました~(泣)

買い始めて二週間ほどしてから、水の表面に蚊の抜け殻のような物が浮き出し、おかしいと思っていたのですが、水の中を見てもボウフラがいないのでどうしてだろうと思ってはいたのですが、こんなに沢山潜んでいるとは。

「メダカはボウフラを食べる」と言われて安心していたんですが、メダカの種類にも寄るのでしょうか?飼っているメダカの種類はたぶんヒメダカじゃないかと思います。小さなメダカです。

対処法をご存知の方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かにメダカはボウフラが大好物ですが、食べる量より発生する量の
ほうが多かったのでしょう。
しかも底の赤玉土の隅間に隠れる場所があるようなので、メダカから
逃れることができたと思います。

私なら、金魚を追加で1匹入れます。
金魚がボウフラを食べる量はメダカの比ではありませんので
あっというまにボウフラを食べつくしてしまいます。

あとは、ボウフラが隠れる場所が多いような状況なのでなるべく
水桶の中には何も入れないほうがいいですね。
いまのままでは、たとえボウフラを全て退治しても、すぐに
次のボウフラが沸いてきますので注意です。

Qめだかと金魚を同じ水槽で飼ったらダメですか?

以前からめだかを水槽に入れて飼っております。
水草も入れておりますし、空気も送ってます。お部屋に置いてあるので決まった時間に餌をあげたり水が濁れば取り替えるなどして、めだかは元気でした。

しかし、数日前子供が金魚すくいをしてきまして、3匹だったので同じ水槽に入れてしまいました。
ただし、水槽の真ん中にネットを張って魚どうしが喧嘩等しないように気を使ってました。
ところがだんだんとめだかの元気が無くなり、餌もあまり食べなくなったんです。そして今日めだかが数匹死んでました。
金魚に変わった様子は見られないのですが、網を張ってあったとしても同じ水ではめだかと金魚は飼えないのでしょうか?このままにしておくとめだかが全滅してしまうのではないか心配です。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境等で、ある程度飼育できる魚の数やサイズ
が決定します。一定の数を超えての飼育は著しく環境を悪化させることがあるため、
それが原因の可能性があります。このサイズの水槽なら何匹といった、絶対的な数
値はありませんが、下記URLを目安に考えてみてください。
参考URL http://www.koketaisaku.com/sakananokazu.html

次に寿命、めだかの寿命は一般的に二夏一冬といわれ、一年程度です。5年近く生
きる事もありますが、環境がよくても2~3年程度が普通ですので、去年生まれた
めだかであれば、寿命を全うしたと考えることも出来ます。

他にも、ネットを張ったとありますが、ネット付近に近づいためだかが、金魚につ
つかれた可能性も考えられますね。(すみません、勝手に柔らかいネットを想像し
てます)

私が思いつく原因はこれぐらいでしょうか・・・

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境...続きを読む

Qメダカはボウフラを食べる?

庭の水龜(動かせません)に雨水が貯まって、ボウフラがわいてきて困ってます。メダカはボウフラを食べてくれると聞いたので、飼ってみようかと思っています。

・外でも育てられるものでしょうか?(雨水が入る場所なので…)
・どんなメダカ(オス/メス/種類等)でも良いものなのでしょうか?
・飼うにあたってどんなことに気をつければよいのでしょう?

熱帯魚類を飼うのは全くの初めてなので、教えて下さい!

Aベストアンサー

メダカはボウフラを食べますよ。大好物です。
うちに庭に睡蓮鉢が2つ有るのですが、片方はメダカが数匹、片方は魚はいません。
この2つの鉢を比べると、何もいない方はボウフラ、ミジンコが沢山わいていますが、メダカのいる方は全くわいていません。

そんな訳で、ボウフラの駆除にメダカというのは良いアイデアだと思います。

その上で、

・外で飼育できますか?
日本在来のクロメダカやその改良品種のヒメダカであれば、全然問題なく飼えます。夏に直射日光が当たって水温が高くなるなら、ホテイ草を浮かべたり板などで日陰を作ってやります。冬も水深がある程度あれば大丈夫です。

・どんなメダカもで良いものでしょうか?
どんなメダカでも良いです。
基本は、値段も安くて丈夫なヒメダカが良いと思います。
絶滅の危機なんていわれているクロメダカを飼うのも良いかもしれませんね。
あと、グッピーに近い仲間でカダヤシ(タップミノウ)っていうのがいますが、これは実際にボウフラの駆除に利用されていましたし、東南アジアの国でグッピーを使っているのを見たことがあります。ただしグッピーの場合は、雄雌ペアで300円位で買える外国産のものにしましょう。それから冬の間(10月~4月)は室内で飼うことになります。

・飼うにあたってどんなことを気をつければ?
先ず、今入っている水をかきだして、新しい水にします(古い水だとどんな水質になっているか不安なので)。
それから数日したらメダカを購入します。
匹数は出来るだけ少な目に。10リットルの水で1~2匹位の割合が良いと思います。
飼ってきたらすぐに水龜に入れる様なことはせず、袋ごと水龜につけて、少しずつ温度が同じになるようにします。それから、少しずつ水龜の水を袋に入れて、水を捨てる、というのを繰り返して、いっぺんに水質が変わらない様に気をつけながら水龜にメダカを放します。(水合わせといって、温度や水質が違う所に急に入れて弱ってしまうのを防ぎます。)
それから、えさやりは出来るだけ少なく。その方がボウフラを食べる効果が大きいし、水質も悪化しません。メダカの数が少なければ水換えは殆どしなくても大丈夫です。
一番の問題は夏の暑さだと思いますが、先ほども書いた様に日陰を作ったり、ホテイソウを浮かべたりすれば大丈夫でしょう。(水龜の大きさにもよりますが。)

少しは参考になれば良いのですが・・・。

メダカはボウフラを食べますよ。大好物です。
うちに庭に睡蓮鉢が2つ有るのですが、片方はメダカが数匹、片方は魚はいません。
この2つの鉢を比べると、何もいない方はボウフラ、ミジンコが沢山わいていますが、メダカのいる方は全くわいていません。

そんな訳で、ボウフラの駆除にメダカというのは良いアイデアだと思います。

その上で、

・外で飼育できますか?
日本在来のクロメダカやその改良品種のヒメダカであれば、全然問題なく飼えます。夏に直射日光が当たって水温が高くなるなら、ホテイ...続きを読む

Q金魚の塩浴いつまでやれば?

金魚を金魚屋さんで7匹買ってきました。コメット3匹、流金2匹、和金2匹です。初心者なので扱いやすいものにしました。
購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。立ち上げ後5日に購入した金魚を水温に注意しながら水槽中に放流しました。次の日から和金2匹が死んでいき、流金も死んでいきました。流金は体に白い点々をもっていて、おそらく白点病だったのでしょう。残りのコメットも最近白点病の症状が表れたのでばけつに隔離し、塩浴を始めました。0.5%の塩でエアーポンプをしています。塩浴2日目、3匹中1匹はひれがほうきのようになって(おそらく尾ぐされ病?)死んでしまいました。残りの2匹は白い点々の数が多くなってきて、治るどころかよけい大きくなって、しかも多くなってきて、ひどくなってきているように感じます。市販の薬は近くの店に売っていなくてすぐに手に入れることはできないのでできれば塩浴でなおしたいのですが、もっと長く浸けておけば治るものなのですか?水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。あと、一度金魚を入れた水槽の水はかえた方がいいのでしょうか?菌や寄生虫は水槽の中で増える一方なのでしょうか?アドバイス、お願いします。

金魚を金魚屋さんで7匹買ってきました。コメット3匹、流金2匹、和金2匹です。初心者なので扱いやすいものにしました。
購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。立ち上げ後5日に購入した金魚を水温に注意しながら水槽中に放流しました。次の日から和金2匹が死んでいき、流金も死んでいきました。流金は体に白い点々をもっていて、おそらく白点病だったのでしょう。残りのコメットも最近白点病の症状が表れたのでばけつに隔離し、塩浴を始めました。0.5%の塩でエアーポンプをしています。...続きを読む

Aベストアンサー

guluguluさんの御希望通り白点病は、塩水浴だけで治す事が出来ます。が、水温を28℃以上でキープする必要があります。一時的にでもサーモスタットとヒーターを用意し、完治するまで水温を28℃以上に保つようにして下さい。また、餌は少量なら与えても構いません。それから、質問内容から気になった点を簡単に書いておきますので参考にして下さい。
>水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。
白点病などの水カビ菌は、比較的高い水温では活性が鈍くなりますが、いくら菌の活性が低くても水温が大幅(短時間で2~3℃以上の差)に変化するような状況では、魚そのももの免疫力が低下し、菌に感染し易くなります。
>菌や寄生虫は水槽の中で増える一方なのでしょうか?
水カビ菌その物は空気中にも漂っておりますので、あまり気にしなくても良いです。
>購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。
生物濾過バクテリアの定着(増殖)を考えられての事と思われますが、バクテリアは生体から出る糞や死骸など、餌となる物が無い以上生物濾過としての効力はありませんので、生体投入前での水槽の立ち上げ(塩素除去の目的は除く)は、何の意味もありません。逆に生体投入と同時に水槽を立ち上げ、少量又は絶食と少量づつの毎日の水換え又は活性炭などでの吸着濾過の併用が有効です。

guluguluさんの御希望通り白点病は、塩水浴だけで治す事が出来ます。が、水温を28℃以上でキープする必要があります。一時的にでもサーモスタットとヒーターを用意し、完治するまで水温を28℃以上に保つようにして下さい。また、餌は少量なら与えても構いません。それから、質問内容から気になった点を簡単に書いておきますので参考にして下さい。
>水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。
白点病などの水カビ菌は、比較的高い水温では活性が鈍くなりますが、いくら菌の活性が低くても水温が大幅...続きを読む

Q金魚の色が抜ける?のはどうしてですか?

らんちゅうを飼っています。一匹がみるみるうちに色が抜けてしまい、ヒレなどは赤いですが、ウロコの部分はみんな白くなりました。

一匹だけならまだしも、最近またもう一匹も色が抜けはじめました。

もともとカラダに白い部分がない、真っ赤な子達はそんなに色が落ちたとか、薄くなったという印象はありませんが、白と赤のブチ??の子は薄くなってきた感じです。

消えた色はもう戻らないとは思いますが、今の色を保つにはどうしたら良いでしょうか?餌も一応「色揚げ用」みたいなのをあげています。病気でもないと思います。何が原因かなど詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

金魚の色は一度薄くなっても元に戻す事が出来ます。

金魚の色素、とりわけ赤色はカロチンを多く与える事で鮮やかになりますが、金魚は胃が無いので
ちゃんと消化吸収させるには、飼育環境を改善しなければなりません。

餌は、カロチンを中心にバランス良くビタミンが配合された物が色揚げ用として販売されていますが
金魚によって合わなかったりするので、いろいろ試してみて下さい。
消化吸収という面では、フレークタイプの方が優れている気がします。

また、関連して太陽光もある程度は色揚げに必要になってきます。
水槽で飼うなら直射光は絶対避けて、レース越しなど柔らかい光で日光浴させて下さい。
でも、当てっぱなしは駄目です。
池などと違って水槽は、届く太陽光が強烈なので過度のストレスになり得ます。
イヤがっていると思ったら、もっと弱くしたり時間を短くしたり工夫して下さい。

庭の池などで藻がたくさん繁殖したグリーンウォーターでは、適度な日光と栄養豊富な藻のおかげ
でかなり綺麗に色が出ます。

もう一つは水です。
水換えでストレスを与えると見る間に色が薄くなっていきます。
ほんとに見てる間にです。
質問者さんの仰る白と赤のブチ柄だと顕著ですね。
少なくとも換え水の温度は合わせて下さい。
フィルターにちゃんと濾過バクテリアが繁殖していれば、そんなに頻繁に水換えをしなくても大丈夫
なので、1週間に一度1/3くらい換えれば充分水質は維持できます。
驚かせたり水換えのストレスが頻繁にあると色の為にも金魚の為にも良くないので注意して下さい。

それと、真水での交換は避けたほうがいいです。
ペットショップなどでは魚の体を保護する効果のある添加剤が売られているので、水に適量混合し
てあげるとストレス緩和になります。

金魚は熱帯魚より遥かに強健ですが、ストレスは少ないにこしたことはないです。
強健でも苦しい物は苦しいと思います。

僕が金魚を飼っていた経験上で、色についてのアドバイスが出来るのはこの程度ですが、参考にな
ればうれしいです。

金魚の色は一度薄くなっても元に戻す事が出来ます。

金魚の色素、とりわけ赤色はカロチンを多く与える事で鮮やかになりますが、金魚は胃が無いので
ちゃんと消化吸収させるには、飼育環境を改善しなければなりません。

餌は、カロチンを中心にバランス良くビタミンが配合された物が色揚げ用として販売されていますが
金魚によって合わなかったりするので、いろいろ試してみて下さい。
消化吸収という面では、フレークタイプの方が優れている気がします。

また、関連して太陽光もある程度は色揚げに必...続きを読む

Q金魚の水槽が藻だらけに。そのままにしておいた方がいい?

金魚すくいの金魚ですがベランダで飼っています。簡単なポンプとヒーターを入れている状態ですがもう2年も生きています。最近掃除をしてなかったら中の金魚が見えないくらい藻だらけになってしまいました。
3歳の娘は「金魚が見えないからキレイにして~」と言いますが寒い時期ですし金魚に害がなければこのままの方が良いのでは?と思います。藻の発生は金魚にとっては良いのでしょうか?それともキレイにした方が良いのでしょうか?素人ですので本格的な飼育方法がわかりませんがアドバイスお願いします。また、藻を食べる魚?貝なんかはいるんでしょうか?ペットショップで藻の発生を抑える薬みたいなのを見ましたが金魚に悪そうな気がしてやめました。ちなみにベランダは太陽が当たる場所で結構掃除してもすぐ藻は発生する状態です。

Aベストアンサー

10年、20年と長生きをしている金魚は、たいてい中も見えないような水槽に1尾かせいぜい2尾程度で暮らしていて、飼い主も「水が減ったら水道の水をそのまま入れてる」みたいなものらしいです。バクテリアなどの生物層がそれなりにバランスを保っていて、phとか硝酸塩濃度とかも安定しているのだとか。長生き金魚の大敵は、「急激な環境の変化」なのだそうです。

ただ、ガラスに付く「苔」は構わないのですが、水中に糸のように繁殖する「藻」は、水質を悪くする(臭くなります)ので掃除してやった方が良いでしょう。割り箸などでゆっくり円を描くように水槽をかき回して、絡んでくるようならそのまま引き上げて捨てます。夏場だと、週に1回程度は必要ですね。

ガラス面の掃除については、強力な磁石で水槽の内側と外側を挟み、外側の磁石を動かすと内側の磁石がついて動いて苔が取れるという便利商品があります。スクレイパーでこそげ落とすほどキレイにはなりませんし、苔が厚くなってから急に使ってもうまく取れませんが、手が濡れなくて手軽なので、日ごろから付けっぱなしにしておき、金魚を見るたびにチョコチョコ掃除する習慣にしておくと良いです。キレイにするのは正面のガラスだけでいいですしね。

カラスがキレイでも金魚が見えないほど水が濁っている(緑色になっている)のであれば、やはり水替えした方が(少なくとも人間サイドからは)いいのではないでしょうか。見えない金魚だと、なかなか愛着もわかないでしょう。病気なんかになっても気がつきませんしね。

水替えは、皆さんおっしゃるとおり、水温を揃える、つまり環境の激変を避けることがいちばん肝心です。ヒーターの入っていない季節であれば、バケツなどに汲んだ水を丸1日水槽と同じ場所においておけば、勝手に水温が揃いますし、カルキも抜けます。カルキ抜きの薬品などは使う必要ありません。あとは、水槽の水を3分の1~半分捨ててバケツの水を足すだけ。1週間ほどして同じことを繰り返すと、まあ鑑賞には問題のない水になると思います。

ヒーターの入っている季節には、同じように汲みおいたバケツの水に、沸かしたヤカンをそのまま突っ込んで揺すり、水槽と同じ温度まで水温を上げます。温度計は必需品です。ヤカンのお湯をバケツに加えるのではなく、熱いヤカンでバケツの水を温めると思ってください。ただ、寒い時期は苔もそんなには繁殖しませんから、毎週ヤカンを振り回すような必要はないはずですよ。
金魚、大事にしてあげてください。

10年、20年と長生きをしている金魚は、たいてい中も見えないような水槽に1尾かせいぜい2尾程度で暮らしていて、飼い主も「水が減ったら水道の水をそのまま入れてる」みたいなものらしいです。バクテリアなどの生物層がそれなりにバランスを保っていて、phとか硝酸塩濃度とかも安定しているのだとか。長生き金魚の大敵は、「急激な環境の変化」なのだそうです。

ただ、ガラスに付く「苔」は構わないのですが、水中に糸のように繁殖する「藻」は、水質を悪くする(臭くなります)ので掃除してやった方が...続きを読む

Qタニシが爆殖して困ってます

メダカとミナミヌマエビを飼育してます。
直射日光の当たらないところに置いてますが、水草(アナカリス)にくっついてきたのか原因不明でタニシが私の水槽に密航してきました。
アナカリスにはゼリー状の卵らしき物も見つかりました。
ほかっておいても良いのでしょうか?
飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
知恵を貸してください!!

Aベストアンサー

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geocities.jp/mochisachi/museum/13_aqua/02_re/009_gedou/page.html

> ほかっておいても良いのでしょうか?
> 飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
・スネールは、魚たちには無害ですから、リセットは最後の手段です。
爆繁殖すると、水草を食い荒らします。

スネールは、飼育水中の有機物が増える(=汚れてくると)と爆繁殖しやすくなります。
逆に、飼育水中に有機物の少ない、綺麗な水では爆繁殖することが出来ない生物です。
高水温時期である、夏場は、普段よりも飼育水が汚れやすくなります。
急に増えてきたスネールは、飼育者に水の汚れを教えてくれる、有り難い生物でもあります。

スネールが、急に増えてきた場合は、
・底砂や濾過器の清掃。
・水替え頻度を増やす。
・エアポンプによるエアレーションを強化。
・魚やエビに与えている餌を減が多すぎる可能性があるため、減らす。
・第二フィルターの追加。
などの清水化対策を実施することにより、少しずつ数を減らすことが可能です。
とりあえず、上記の清水化策を行いながら、水槽の横に瓶などを置いて、見つけ次第、ピンセットで瓶へ引っ越し。

それ以外の方法では、スネールは酸性を嫌い、繁殖できなくなります。
酸化剤(天然または化学的)を使い、水槽水のpHを5.5程度の弱酸性に下げることによりスネールを駆逐することも可能です。

天然酸化剤:使用中、水槽水は薄茶に染まります。
http://www.rva.jp/shop/sera/sera3.htm

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geociti...続きを読む

Q金魚とメダカを一緒に飼うために気をつけることを教えてください。庭でメダ

金魚とメダカを一緒に飼うために気をつけることを教えてください。庭でメダカを飼ってきたのですが、ボウフラがわくので金魚をいれてみましたところ、すぐに金魚が死んでしまいました。屋外で金魚を飼うためにはエアポンプが要りますか?屋外なのでかなり難しいです。今はメダカ8匹と金魚3匹を飼っています。水草もたくさん入れてあります。餌はメダカ用と金魚用を与えています。今までは夏場は月に一度水かえをしてましたが、もっと頻繁に水を替えたほうがいいですか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

人間にも色んな性質があるように、金魚やメダカにも色んな性質がありま
す。同じ淡水で生きる魚だから、同じように飼育すれば生きると思われて
いませんか。金魚とメダカでは生育環境が違いますから、金魚には金魚の
メダカにはメダカに適する環境下にして飼育するべきでしょうね。

池に入れる前に金魚は何処で飼育していましたか。水槽で飼育していたと
か、購入した金魚を入れたとかありますが、どう言う経緯で入れられたの
でしょうか。金魚を池に入れて直ぐに死んだのは、その池の水が金魚には
適さなかったからです。金魚を購入して水槽に入れる時も、まず30分間
は袋のまま水槽に浮かべ、30分後に袋を開けて水槽の水をコップ半分位
いれて再び30分間放置します。これを3回ほど繰り返した後に、金魚だ
けを水槽に静かに入れます。今までの環境で生育していた金魚を別の環境
で飼育する時は、新しい環境に慣らしてから入れるのが基本です。
水温が低い環境から高い環境に急に変えられたので、金魚はびっくりして
死んでしまったのだと考えられます。
人間でも寒い場所から帰って、直ぐに熱い風呂に入ると腎臓マヒを起こす
事がありますよね。これと同じだと考えて下さい。

金魚はボウフラは食べませんよ。ボウフラが湧く位の汚れた水では金魚は
生育しません。ボウフラを好んで食べるのは西洋メダカと言うカダヤシと
言うメダカの仲間です。戦時中に溝や川の水質汚染を解消するため、外国
からボウフラを好んで食べるメダカが居るとの情報を得て、大量に輸入さ
れました。実際には効果が出るほどではなかったようで、輸入したメダカ
は無駄になったようです。見た目には日本メダカと変わりませんが、産卵
時に日本メダカは卵を産みますが、西洋メダカは親と同じ姿で孵化をしま
す。

金魚は32℃が限度で、それ以上に水温が高くなると死んでしまいます。
メダカでも34℃程度が限度だろうと思います。屋外では水温の変化には
細心の注意が必要です。

魚は泳ぎが遅い種類を弱っていると勘違いし、攻撃して突っつく習性があ
ります。金魚よりメダカの方が泳ぎは速いので、場合によってはメダカが
突っついて金魚を死なせる事もあります。
メダカは病気には比較的に強いのですが、金魚は意外と病気に弱いので、
出来るだけ一緒に飼育しない方がいいと思います。我家では別々に飼育を
しています。性格や相性が良い物同士や同じ環境で飼育が出来る種類なら
同じ環境で飼育が出来ますが、そうでなければ個別に飼育するべきです。

メダカにはエアーは不要ですが、我家では入れています。金魚には必要で
すね。金魚は水質を直ぐに悪くするので、投げ込み式濾過器等は必要です
よ。

人間にも色んな性質があるように、金魚やメダカにも色んな性質がありま
す。同じ淡水で生きる魚だから、同じように飼育すれば生きると思われて
いませんか。金魚とメダカでは生育環境が違いますから、金魚には金魚の
メダカにはメダカに適する環境下にして飼育するべきでしょうね。

池に入れる前に金魚は何処で飼育していましたか。水槽で飼育していたと
か、購入した金魚を入れたとかありますが、どう言う経緯で入れられたの
でしょうか。金魚を池に入れて直ぐに死んだのは、その池の水が金魚には
適さなかった...続きを読む

Qこの金魚と一緒に飼える金魚・魚・エビ・貝など教えていただけませんか?

この金魚と一緒に飼える金魚・魚・エビ・貝など教えていただけませんか?

そしてこの金魚は何という種類でしょうか?
白色・頭にコブ有・背びれ有、でお祭りで娘がすくいました。

水族館が好きな娘が喜ぶよう水槽をもっとにぎやかにしたいのです。
(金魚や混泳する生き物にお互い負担がかからない程度で・・・)

初心者ですので飼育が難しいモノは無理だと思いますが
アドバイスお願いします。

飼育環境は
40cm水槽(23l)・エアー有(ロカボーイ)・サーモ付ヒーター有・人口水草、で飼育中です。
(外掛けフィルターを設置予定)

Aベストアンサー

初めまして。
画像の金魚の種類ですが、白オランダシシガシラだと思います。
お祭でこのような個体をすくわれるとは・・・羨ましいです。

金魚は雑食性で、口に入るものなら食べてしまいますので、エビとの飼育はオススメしません。
貝はどんな種類でも大丈夫だと思います。

一緒に飼える金魚ですが、
一般的に本には丹頂、茶金、青文魚(せいぶんぎょ)などがあげられています。
一番安心なのは同じような体型のものと飼育することです。
体型にもタイプがあって、それぞれ泳ぎに得手、不得手があるため、タイプを無視して飼うと餌を取れずに衰弱したり、いじめられる個体がでるからです。

経験上、オランダシシガシラでしたらワキンタイプ(ワキン、コメット、シュブンキンなど)以外でなら特に問題なく飼育できると思います。
金魚の飼育が初めて、ということなので私のオススメはポピュラーな「琉金」か同じ体型のものです。
お子様のためににぎやかな水槽にしたいのはわかりますが、23lは正直少ない水量です。
金魚の体長にもよりますが、ちょっと少ないかなと思う程度の数にとどめたほうがよいと思います。
40センチ水槽での飼育はしたことがありませんが、3匹程度に抑えるのが無難かと。
金魚はよくご飯を食べ、すぐに水を汚しますし、ぎゅうぎゅう詰めで飼育してもかわいそうですから。
また困ったことがあれば、ここに質問するのもよいですし、どこか金魚の飼育ブログを訪ねて疑問を質問するのも良いですよ。

微力ながら、私の知識が役立つと嬉しいです。
これも何かの縁、せっかく出会えた金魚ですから可愛がってあげてくださいね。
長文失礼しました。

初めまして。
画像の金魚の種類ですが、白オランダシシガシラだと思います。
お祭でこのような個体をすくわれるとは・・・羨ましいです。

金魚は雑食性で、口に入るものなら食べてしまいますので、エビとの飼育はオススメしません。
貝はどんな種類でも大丈夫だと思います。

一緒に飼える金魚ですが、
一般的に本には丹頂、茶金、青文魚(せいぶんぎょ)などがあげられています。
一番安心なのは同じような体型のものと飼育することです。
体型にもタイプがあって、それぞれ泳ぎに得手、不得手があるため、タイ...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む


人気Q&Aランキング