忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

金魚が喧嘩して困ってます

45cmの水槽に3匹の金魚を飼ってます。
1匹の金魚が他の2匹を追い回してました。
水草に潜り込んで大抵は追い回しは解決しますが、希に売られた喧嘩を買ってしまい負けてきます。最近気性の荒いやつが餌も独占し始めたのでとりあえず隔離しました。(写真の左上の小さな容器に入ってるやつが気性の荒いやつです。)
白点病の治療中ということもあり少なくとも残り1週間は容器を変えられません。
この場合、どうすれば解決しますか?私はできるだけ3匹とも同じ水槽で飼いたいです。

「金魚が喧嘩して困ってます」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

金魚は縄張り意識が強いので、いくつか縄張りが出来るように隠れ家をつくるといいですよ。



縄張り意識をなくさせるために、金魚の数を増やすのも効果的です。

この回答への補足

隠れ家として水草はアナカリスやカボンバを、あと中に潜り込める海賊船や空洞のある岩のオブジェクトを入れてます。

金魚の数を増やすなら何匹程度増やせばいいですか?濾過装置はらくらくeフィルターを使っていて45cmの水槽で飼育しています。

補足日時:2010/08/26 17:55
    • good
    • 5

こんにちは



見たところコメットですよね?

3匹の中に違う種類でもいいので

1匹大きいのを入れるのも手です。

同じサイズの同じ種類だけだと縄張り争いしたりしますが

1匹ボス的存在のやつを入れると以外に仲良くできますよ。

個人的にはランチュウが好きです。

丸々してて、お尻ふりふりがたまらなく可愛いです。

ちなみに白点病のお薬は何を・・・

家では[トロピカルゴールド]と、言う医薬品を使ってますが

結構早く完治してますよ。

ご参考までに。

この回答への補足

種類は祭りとかでよく見かける和金(?)です。

大きい金魚は例えばどんなやつがいいですか?濾過装置はらくらくeフィルターを使ってて性能の限界や水槽の大きさの問題等も気になります。

白点病に使ってる薬はマラカイトグリーン製剤のアグテンです。水草にもさほど影響が無いのでこいつをセレクトしました。投薬しはじめて今日で2週間経ったので活性炭を入れて1週間くらい再発しないか観察します。

補足日時:2010/08/26 17:48
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金魚が喧嘩します

この度、45cm水槽に新しい仲間のコメット君をいれました。
入れた途端に、前から水槽に住んでた和金君が
コメット君を追いかけまわしました。
一時間経ってもいじめが収まらないので、
可哀想ですが仕方なく和金君をバケツに移してます。
和金のサイズは約5cm、コメットのサイズは3cm。
今後、どうすればいいのかわかりません。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

金魚に限った事ではないのですが、
最初から水槽に入っていた魚が新入りをいじめることはよくあります。

これは、水槽全体が、最初の魚の縄張りとなっているため、
あとから来た魚を追い出そうとするためです。

対処方法としては、流木やオブジェで水槽の中を区切り、
お互いに目の届かない場所を作り、縄張りを物理的に分けるか、
魚の数をもう少し増やすかのどちらかですね。

縄張りを分ければ、小競り合いはあるものの、死ぬまで追いかけられるような事はなくなります。
そのうち、お互いの縄張りが確定し、小競り合い自体も少なくなっていきます。

魚の数を増やすのは、縄張り意識そのものを失わせる効果があります。
最初こそ、新入りの魚を追い回しますが、その数が多いと、魚も嫌になって止めてしまうのです。

ただ、魚にも相性があり、これらの手を使っても、どうしても特定の魚がいじめられることがありますので、
その場合は、水槽を分けるしかないですね。

Q金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

家の金魚(娘がお祭りですくった白オランダ)は
時々、水槽の端にある水草(たまにヒーターの配線の隙間)に
挟まってジーッとしています。

頭が下の状態で動かないので最初は病気かと思ってビックリしましたが
普段は元気に泳いでいるし白点病など目に見える病気もないし
たぶんエラ呼吸も普通だし・・・寝ているのかな?思います。

みなさんの飼っている金魚はどうてすか?

飼育環境は40cm水槽・外掛フィルター・ブクブク(エアカーテン)
ヒーター26度・人口水草&水草(マツモ)です。

Aベストアンサー

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している時間帯を睡眠と定義できるようです。
(睡眠の基本的な特徴)
・長い不活動期
・反応の低下・安全な場所の選択
・特有の姿勢
・1日の中でほぼ同じような時刻に眠る
以上より、魚は睡眠状態に入ると、何も考えないでボーとしている。
恐らく目も見えているけど、ボケーとしている。
金魚は、運動機能、脳の活性を最低限まで落とし泳ぎながらボーとしている。
無理やり人間に当てはめると、声を掛けられればすぐに目覚めるくらいの、リラックスして気持ちよい浅い眠りについている状態。
もしも、自分の体に危害が加わるような緊急自体になると即、危険回避行動が取れるように準備しながら休憩している状態のようです。

参考:
井上 昌次郎 著「動物たちはなぜ眠るのか」(丸善ブックス)
http://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000000201_01.html

写真の金魚は(睡眠の基本的な特徴)を示しているようにも思えるので、多分、寝ているのだと思います。

そうすると、次に、何故、このような寝姿なのか?と言う疑問が生じます。
ひょっとすると、金魚にとって、水槽内の水流が強すぎる環境なのかも知れません。
唯一「水槽の端にある水草」部分の水流が弱いく、寝やすい場所なのかも知れません。

3時間ほど、金魚が寝る時間にエアポンプと外掛けフィルターを停止してれば分かります。
(3時間程度エアポンプと外掛けフィルターを停止して問題ありません、一回ではハッキリしないので数日掛けて数回試して見ます)
エアポンプと外掛けフィルターを停止しても、現在の場所で休むことが多いようならば、「水槽の端にある水草」部分が好きなのでしょう。

エアポンプと外掛けフィルターを停止したら「水槽の端にある水草」部分で寝なくなるようならば、水槽内の水流に問題があります。
ブクブクの設置場所や、外掛けフィルターの排水ルーバーの方向や取り付け位置を見直しを行い、水槽内に弱水流域を作った方が良いと思います。

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している...続きを読む

Q金魚は喧嘩しますか?

我が家には4匹金魚います。

2匹は、後に入居してきた金魚で、先に入居済みの金魚より小さいです。
よって、飼い主の我が家族は、見た目で、先発隊と後続隊を見分けられ、便利は便利です。

朝、水槽の前を通ると、4匹が
「えさーーーーーー」
と言って(笑)騒ぎます。可愛いです。

でも、今日になって??4匹のうちのボス???が、一番小さいのを追っかけまわし、NO,2がそれを止めに入るように2匹を追っかけまわし、残りの中間管理職的な金魚は、後を追ったり、追わなかったり。

ボスと、ちびのおっかけっこはすさまじく。
そんなに泳ぐのか?
というほどです。
これは喧嘩ですか?スキンシップですか?

最初は、えさの取り合いか?と思い、えさを追加。しばらくはいつもの餌タイムでしたが。餌を食べつくしたら、またおっかけっこ。

ボスがちびの口あたりをつつく?感じにみられます。
寒い冬を身体を寄せ合って乗り越えた仲良し4匹と思いきや・・・
ただのおっかけっこ?それともそれは隔離したほうがいい仲間割れ?

以前には小指ほどの金魚たちも、今や、ずっしり重くなりました。だからちょっとつつき合いしていてもとても強烈な喧嘩に見えます。

どうでしょうか

我が家には4匹金魚います。

2匹は、後に入居してきた金魚で、先に入居済みの金魚より小さいです。
よって、飼い主の我が家族は、見た目で、先発隊と後続隊を見分けられ、便利は便利です。

朝、水槽の前を通ると、4匹が
「えさーーーーーー」
と言って(笑)騒ぎます。可愛いです。

でも、今日になって??4匹のうちのボス???が、一番小さいのを追っかけまわし、NO,2がそれを止めに入るように2匹を追っかけまわし、残りの中間管理職的な金魚は、後を追ったり、追わなかったり。

ボスと、ちびのおっかけっこは...続きを読む

Aベストアンサー

ケンカというか、自分より小さいおとなしい個体を追い回すことはよくあります。
弱った個体をよってたかってつつきまわしてさらに弱らせることも。

お魚も性格というか個体同士の相性みたいなのがあるようです。
相性がよくない個体同士を仕切り板で分けたり、別水槽へ移してあげたほうが
いいかもしれません。

Q金魚2匹の育て方で困っています

金魚2匹の育て方で困っています

金魚を1匹飼っていたのですが(便宜的に金魚Aと呼びます)、
最近、2匹目(Bと呼びます)を買ってきて水槽に加えたところ、
金魚Bが金魚Aを追いかけ回すようになりました。
24時間ずっとお尻にくっついて追いかけ回しています。

金魚は共食いすると聞いたので、できるだけ大きさが近いものをと思い、
最初からいたAよりも少しだけ小さめのBを買ってきたのですが、
小さいBの方がAより強いみたいで、追いかけ回しているのです。

金魚の種類はそれぞれ、Aはお腹がピンポンのように丸い種類、
Bはコイのような形で尻ビレだけ金魚のように分かれている種類です。

エサにも見向きもせず追いかけ回している時もありますので、
あんまり長く続くようだったら、別々にすべきか迷っています。
ご存知の方、対処法を教えてください。

https://www.youtube.com/watch?v=vkUm_0refNc

Aベストアンサー

添付されている動画を拝見する限り、非常に高い確率で産卵を促す様子でしょう。
水が温かくなる春頃に産卵するケースが多く、雄が雌を追い回すようになります。

特に水質が変わるなどの刺激があるとこのような行動を起こすことが多く、
今回は新しく買ってきた2匹目が刺激を受けたのでしょう。

金魚の場合は種類が異なっても産卵します。
…が流金より和金(和唐内!?)の方が体力的に上回りますので、あまりにも追い掛け
られる方が疲れているようであれば、容器は別にした方が良いでしょう。

産卵させたい場合は、現在の水槽も1/3ほど水替えし、以前から居た雌にも刺激を
与えてみて下さい。数日以内に産卵するケースが多いです。
産卵を数回繰り返すとこのように追いかけ回すことはなくなります。

既に回答にありますように、産卵するとその卵を親が食べてしまいますので、
注意して下さい。

Q金魚の育て方について(いじめ?)

金魚飼育の初心者です。
2週間前から小さい金魚を4匹飼い始めました。そのうちの1匹がかなり元気がよくて、他の3匹を追いかけまわしたり、つついていじめたりしているように見えました。2、3日して、つつかれていた方の金魚に白い斑点ができてきました。白点病ではないかと思い、メチレンブルーを入れるなどの治療をしたのですが、次の日に死んでしまいました。他の2匹も同じように死んでしまい、今では元気な(いじめていた)1匹だけになってしまいました。そこで次の2つのことについて、わかる方がいらっしゃれば教えてください。
(1)死んでしまった金魚は、いじめられたのが原因で弱って病気にかかってしまったという可能性がありますか。それとも、金魚がつついたり、追いかけまわすことはよくあることで、病気とは関係ないのでしょうか。
(2)もう一度、金魚を購入して育てたいと思うのですが、今いる1匹といっしょに育てると、同じようにいじめられるのではないかと心配です。なにかいい方法があるでしょうか。それとも、今使っている水槽にはその1匹だけにして他の金魚は入れない方がよいでしょうか。
よろしくお願いします。

金魚飼育の初心者です。
2週間前から小さい金魚を4匹飼い始めました。そのうちの1匹がかなり元気がよくて、他の3匹を追いかけまわしたり、つついていじめたりしているように見えました。2、3日して、つつかれていた方の金魚に白い斑点ができてきました。白点病ではないかと思い、メチレンブルーを入れるなどの治療をしたのですが、次の日に死んでしまいました。他の2匹も同じように死んでしまい、今では元気な(いじめていた)1匹だけになってしまいました。そこで次の2つのことについて、わかる方がい...続きを読む

Aベストアンサー

(1)については#1さんが仰るとおり、病気になったことと並行していじめられ、結果的に弱ってしまったことが死因だと思われます。金魚は縄張り意識の弱い魚ではありますが、少数で飼うと苛め合いのような行動も見られます。
(2)ですので、改めて複数匹飼いたいというのでしたら全体の匹数を多めに増やすか、別の種類の金魚を混泳させてみてはどうでしょう。流金や出目金などはひれが長く白点病にもかかりやすいですが、一方で図体の大きさと動きの緩慢さが幸いしてか(経験上)ほとんどいじめにあった場面を見たことがありません。60センチ水槽なら10匹程度は飼われるといいんじゃないかと思います。

新しく買ってきた魚は病気のほか寄生虫を持っていることも多いので、薬剤を少し強めに入れた別の小さな水槽でまず1週間から10日ほど飼ってみて様子を見、異常なさそうなら大きな水槽へ移し変えてあげるといいでしょう。その際、隠れ場所となるような障害物(水草や石、置物など)を入れてあげると効果的です。カボンバやアナカリス(リンク参照)が一般的だと思います。水草は薬剤入りの水で軽く水洗いをし、石や流木の場合は数日間水に浸してのあく抜きと日光消毒をしてください。
ろ過装置にも気を配り、こまめな水換えと清掃・消毒、あと充分な酸素供給にさえ注意していれば長生きすると思います。うちでは金魚掬いでとってきた小さな和金がもう20年近く生きてます。金魚の死因では糞詰まりもかなり頻繁に見られるので、餌の量は少なめにしておくといいのではないでしょうか。

参考URL:http://www.petpet.ne.jp/zukan/wplantinfo.asp?page=1&Kind=66

(1)については#1さんが仰るとおり、病気になったことと並行していじめられ、結果的に弱ってしまったことが死因だと思われます。金魚は縄張り意識の弱い魚ではありますが、少数で飼うと苛め合いのような行動も見られます。
(2)ですので、改めて複数匹飼いたいというのでしたら全体の匹数を多めに増やすか、別の種類の金魚を混泳させてみてはどうでしょう。流金や出目金などはひれが長く白点病にもかかりやすいですが、一方で図体の大きさと動きの緩慢さが幸いしてか(経験上)ほとんどいじめにあった場面を見たこ...続きを読む

Q金魚の色が抜ける?のはどうしてですか?

らんちゅうを飼っています。一匹がみるみるうちに色が抜けてしまい、ヒレなどは赤いですが、ウロコの部分はみんな白くなりました。

一匹だけならまだしも、最近またもう一匹も色が抜けはじめました。

もともとカラダに白い部分がない、真っ赤な子達はそんなに色が落ちたとか、薄くなったという印象はありませんが、白と赤のブチ??の子は薄くなってきた感じです。

消えた色はもう戻らないとは思いますが、今の色を保つにはどうしたら良いでしょうか?餌も一応「色揚げ用」みたいなのをあげています。病気でもないと思います。何が原因かなど詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

金魚の色は一度薄くなっても元に戻す事が出来ます。

金魚の色素、とりわけ赤色はカロチンを多く与える事で鮮やかになりますが、金魚は胃が無いので
ちゃんと消化吸収させるには、飼育環境を改善しなければなりません。

餌は、カロチンを中心にバランス良くビタミンが配合された物が色揚げ用として販売されていますが
金魚によって合わなかったりするので、いろいろ試してみて下さい。
消化吸収という面では、フレークタイプの方が優れている気がします。

また、関連して太陽光もある程度は色揚げに必要になってきます。
水槽で飼うなら直射光は絶対避けて、レース越しなど柔らかい光で日光浴させて下さい。
でも、当てっぱなしは駄目です。
池などと違って水槽は、届く太陽光が強烈なので過度のストレスになり得ます。
イヤがっていると思ったら、もっと弱くしたり時間を短くしたり工夫して下さい。

庭の池などで藻がたくさん繁殖したグリーンウォーターでは、適度な日光と栄養豊富な藻のおかげ
でかなり綺麗に色が出ます。

もう一つは水です。
水換えでストレスを与えると見る間に色が薄くなっていきます。
ほんとに見てる間にです。
質問者さんの仰る白と赤のブチ柄だと顕著ですね。
少なくとも換え水の温度は合わせて下さい。
フィルターにちゃんと濾過バクテリアが繁殖していれば、そんなに頻繁に水換えをしなくても大丈夫
なので、1週間に一度1/3くらい換えれば充分水質は維持できます。
驚かせたり水換えのストレスが頻繁にあると色の為にも金魚の為にも良くないので注意して下さい。

それと、真水での交換は避けたほうがいいです。
ペットショップなどでは魚の体を保護する効果のある添加剤が売られているので、水に適量混合し
てあげるとストレス緩和になります。

金魚は熱帯魚より遥かに強健ですが、ストレスは少ないにこしたことはないです。
強健でも苦しい物は苦しいと思います。

僕が金魚を飼っていた経験上で、色についてのアドバイスが出来るのはこの程度ですが、参考にな
ればうれしいです。

金魚の色は一度薄くなっても元に戻す事が出来ます。

金魚の色素、とりわけ赤色はカロチンを多く与える事で鮮やかになりますが、金魚は胃が無いので
ちゃんと消化吸収させるには、飼育環境を改善しなければなりません。

餌は、カロチンを中心にバランス良くビタミンが配合された物が色揚げ用として販売されていますが
金魚によって合わなかったりするので、いろいろ試してみて下さい。
消化吸収という面では、フレークタイプの方が優れている気がします。

また、関連して太陽光もある程度は色揚げに必...続きを読む

Q金魚の塩浴いつまでやれば?

金魚を金魚屋さんで7匹買ってきました。コメット3匹、流金2匹、和金2匹です。初心者なので扱いやすいものにしました。
購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。立ち上げ後5日に購入した金魚を水温に注意しながら水槽中に放流しました。次の日から和金2匹が死んでいき、流金も死んでいきました。流金は体に白い点々をもっていて、おそらく白点病だったのでしょう。残りのコメットも最近白点病の症状が表れたのでばけつに隔離し、塩浴を始めました。0.5%の塩でエアーポンプをしています。塩浴2日目、3匹中1匹はひれがほうきのようになって(おそらく尾ぐされ病?)死んでしまいました。残りの2匹は白い点々の数が多くなってきて、治るどころかよけい大きくなって、しかも多くなってきて、ひどくなってきているように感じます。市販の薬は近くの店に売っていなくてすぐに手に入れることはできないのでできれば塩浴でなおしたいのですが、もっと長く浸けておけば治るものなのですか?水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。あと、一度金魚を入れた水槽の水はかえた方がいいのでしょうか?菌や寄生虫は水槽の中で増える一方なのでしょうか?アドバイス、お願いします。

金魚を金魚屋さんで7匹買ってきました。コメット3匹、流金2匹、和金2匹です。初心者なので扱いやすいものにしました。
購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。立ち上げ後5日に購入した金魚を水温に注意しながら水槽中に放流しました。次の日から和金2匹が死んでいき、流金も死んでいきました。流金は体に白い点々をもっていて、おそらく白点病だったのでしょう。残りのコメットも最近白点病の症状が表れたのでばけつに隔離し、塩浴を始めました。0.5%の塩でエアーポンプをしています。...続きを読む

Aベストアンサー

guluguluさんの御希望通り白点病は、塩水浴だけで治す事が出来ます。が、水温を28℃以上でキープする必要があります。一時的にでもサーモスタットとヒーターを用意し、完治するまで水温を28℃以上に保つようにして下さい。また、餌は少量なら与えても構いません。それから、質問内容から気になった点を簡単に書いておきますので参考にして下さい。
>水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。
白点病などの水カビ菌は、比較的高い水温では活性が鈍くなりますが、いくら菌の活性が低くても水温が大幅(短時間で2~3℃以上の差)に変化するような状況では、魚そのももの免疫力が低下し、菌に感染し易くなります。
>菌や寄生虫は水槽の中で増える一方なのでしょうか?
水カビ菌その物は空気中にも漂っておりますので、あまり気にしなくても良いです。
>購入前に60センチの水槽を購入し、立ち上げておきました。
生物濾過バクテリアの定着(増殖)を考えられての事と思われますが、バクテリアは生体から出る糞や死骸など、餌となる物が無い以上生物濾過としての効力はありませんので、生体投入前での水槽の立ち上げ(塩素除去の目的は除く)は、何の意味もありません。逆に生体投入と同時に水槽を立ち上げ、少量又は絶食と少量づつの毎日の水換え又は活性炭などでの吸着濾過の併用が有効です。

guluguluさんの御希望通り白点病は、塩水浴だけで治す事が出来ます。が、水温を28℃以上でキープする必要があります。一時的にでもサーモスタットとヒーターを用意し、完治するまで水温を28℃以上に保つようにして下さい。また、餌は少量なら与えても構いません。それから、質問内容から気になった点を簡単に書いておきますので参考にして下さい。
>水温は常に25℃以上なのに白点病になるなんて・・・。
白点病などの水カビ菌は、比較的高い水温では活性が鈍くなりますが、いくら菌の活性が低くても水温が大幅...続きを読む

Q金魚のケンカについて

大きな水槽に、7匹ぐらい小さい金魚を入れて飼っていたのですが、1匹が急にぼろぼろになり、病気だろうと思ったので、別の水槽に入れて、治るまで待ちました。暫くすると良くなり、また水槽に戻したのですが、一晩でまたぼろぼろ…。おかしいな…と思ったのですが、また良くなってから入れてみると、みんなに追いかけ回され、つっつかれてぼろぼろになっていて、病気ではないようです…。
今までずっと一緒で問題なかったのに急にこうなりました。また、完全に治ってから戻しても、すぐにいじめられてぼろぼろになってしまいます。もうこの金魚はほかの金魚と一緒に飼う事は出来ないのでしょうか?
そもそも、何故この1匹だけがいじめられてしまうのでしょうか…
ケンカをなくす方法などありますか?ご存じの方、教えて下さい

Aベストアンサー

虐められる金魚の種類が無いので経験上の話です。

#2の方も書いておられますが
琉金(出目金などの丸い体)と和金(鮒やメダカのような体)は同時に飼うと
琉金が虐められ、病気になります。

琉金はその体形から、泳ぐのがヘタなので逃げきれないのです。

これは、魚の個性(縄張り意識の差など)ににもよりますが熱帯魚にも当てはまりますよ。

私の場合は大胆にも熱帯魚とクロ出目金を60cm水槽で仲良く?同居させていましたが、
ある日新規追加した種類との相性が悪く、出目金が水槽の隅にあるポンプのパイプの隙間に頭を突っ込み怯えていました。
しばらくして出目金が松かさ病を発症した結果、別の水槽での治療を行い、回復後は水槽に仕切りを入れ、同一水槽で別々に飼う事になりました。

単純に大きさの違いで虐めがあるなら
小さい魚用の避難所を水槽の中に設けることで虐めを回避できる場合もあります。

避難所は何処か隠れる場所になればよいので、あまり難しく考えなくてもよいですよ。水草を増やしたりするだけでも効果がある場合もあります。

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q金魚が動かなくなりました

室内で飼っている金魚(和金)が水槽の底で動かなくなりました。
最初は眠っているのかなとも思いましたが二日もその状態が
続いているので病気なのではないかと思います。
他の金魚数匹は元気です。
エサを与えると食べようとして上に上がるのですが上手く
食べる事が出来ず(見えないようです)結局底に戻ります。
上手く体勢を保つ事が出来ないようで水の流れによって
水底を移動しています(風船が風で床の上を転がる感じ)
外見上は病気の兆候は確認出来ません。
水温かと思い今朝ヒーターを入れました。

このままでは死んでしまうのではないかと気がかりです。
どなたか対処法を教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

一匹だけ動かなくなったのですから、「寒さ」ではなく何らかの異常だと思います。かなり弱っているようなので、間に合うかどうかわかりませんが、次の方法を試してください。

まず、弱っている金魚は元気な金魚に攻撃されますから隔離します。飼育水の一部を他の水槽かバケツに移し、弱った金魚を移します。その際、金魚は水温の急激な変化に弱いので、十分注意してください。
そして濃度0.5%になるまで少しずつ塩を入れていきます(食塩浴)。
ろ過器は使いません。エアレーション(ぶくぶく)は必要ですが、なければとりあえずかまいません。簡易式のものを後で入手してください。
えさは断ちます。2週間くらいはえさを断っても金魚は大丈夫。えさを与えると、消化器官に負担をかけて、さらに弱るのです。

とりあえず、これで様子を見ます。病気によっては、さらに薬浴が必要になることもあります。

金魚の病気のほとんどは水質の悪化で起こります。特に春先は水がいたんで病気になることが多く、まめに水換えする必要があります。
「金魚の病気」で検索すると、いっぱいヒットします。勉強して、治してあげてください。

回復するといいですね!

参考URL:http://pw.kingyo.info/pukiwiki.php?%C9%C2%B5%A4%A4%CE%BC%A3%CE%C5

一匹だけ動かなくなったのですから、「寒さ」ではなく何らかの異常だと思います。かなり弱っているようなので、間に合うかどうかわかりませんが、次の方法を試してください。

まず、弱っている金魚は元気な金魚に攻撃されますから隔離します。飼育水の一部を他の水槽かバケツに移し、弱った金魚を移します。その際、金魚は水温の急激な変化に弱いので、十分注意してください。
そして濃度0.5%になるまで少しずつ塩を入れていきます(食塩浴)。
ろ過器は使いません。エアレーション(ぶくぶく)は必要ですが、な...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング